ゲット・アウトの作品情報・感想・評価

ゲット・アウト2017年製作の映画)

Get Out

上映日:2017年10月27日

製作国:

上映時間:104分

3.8

あらすじ

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで…

ニューヨークに暮らすアフリカ系アメリカ人の写真家クリスは、ある週末に白人の彼女ローズの実家に招待される。若干の不安とは裏腹に、過剰なまでの歓迎を受けるものの、黒人の使用人がいることに妙な違和感を覚える。その夜、庭を猛スピードで走り去る管理人と窓ガラスに映る自分の姿をじっと見つめる家政婦を目撃し、動揺するクリス。翌日、亡くなったローズの祖父を讃えるパーティに多くの友人が集まるが、何故か白人ばかりで気が滅入ってしまう。そんななか、どこか古風な黒人の若者を発見し、思わず携帯で撮影すると、フラッシュが焚かれた瞬間、彼は鼻から血を流しながら急に豹変し、「出ていけ!」と襲い掛かってくる。“何かがおかしい”と感じたクリスは、ローズと一緒に実家から出ようするが・・・。

「ゲット・アウト」に投稿された感想・評価

Mamiiiii

Mamiiiiiの感想・評価

3.8
怖かったー!!!!!!
何度ビクッとしたかわからん笑笑
まさかの展開づくしで、更に更に怖くなっていく…。そしてアメリカの白人黒人の差別問題がちゃんと描いてあった。結構深く描いてあったのでそこは見所かも。
何度も言うけどめっちゃ怖かったー!!!
Aya

Ayaの感想・評価

4.8
ただのホラーじゃなかった
差別問題のメタファーが盛り沢山だった
解説読んだ後でもう一回観たい
Zero

Zeroの感想・評価

3.9
周囲に家がない郊外の別荘には必ず何かおかしな雰囲気が漂っとる。

あの黒人のメイドさんがめちゃめちゃえー雰囲気だしてくれとる
ikura

ikuraの感想・評価

4.0
はてな:lovekuzz
「ゲット・アウト」の伏線芸 どうして「鹿」で「綿」なのか
http://lovekuzz.hatenablog.com/entry/2017/10/27/230041

メモ:とくにUSものは、本国版DVD、映画のノベライズ、脚本、原作、受賞作であれば監督のスピーチ、などを合わせて見ると、作品の意図、映像化されなかったこと、日本ではカットされたことなどがわかってよい

このレビューはネタバレを含みます

最後チープだなと思ったらWikipedia見て納得した。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/ゲット・アウト
古く昔から根強くある黒人差別がどうして起きたのか?という深層を少し覗けたような気になりました。とりあえず、サイコパスホラーが好きな人は是非見てほしい。続編もあるらしいなんて噂を聞いたので、楽しみに待ってます!
マオ茶

マオ茶の感想・評価

3.5
恋人のローズ(白人)の家を訪ねた主人公のクリス(黒人)が感じる奇妙な違和感にぞくぞくした。
散りばめられていた伏線が最後には綺麗に回収され、モヤモヤした謎が全て解かれて、すっきりできました。
後味の悪くなるようなホラーではなかったです。

このレビューはネタバレを含みます

90分間くらいズーっと気持ち悪い居心地最悪って感覚なんだけどそのあとから最高にスカッとしましたー‼︎
鹿の剥製にやられるのがアメリカ式爽快感がありましたー‼︎
良い映画でした。
白人の人はどういう気持ちでこれ見んのかなっとはちょっと気になるけど最後エンタメ要素あるから大丈夫なのかな💦

このレビューはネタバレを含みます

なんとも言えない不気味さが漂う作品。使用人さんたちのどこか狂ったような、でも哀愁の漂う演技が作品の奇妙さを際立たせていた。憧れていると言いつつも、黒人をモノのように扱う白人。まだ根底に色濃く残る差別を映し出しているんだろうなと思った。
Ojigi

Ojigiの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

終盤までどういう展開なのか読めませんでした。まさかそんな目的とは…。黒人蔑視を逆手にとっているのでしょうか。最初からみんながどことなく不気味でぞわぞわします。特に黒人女性の表情がこわすぎです。疑惑は高まりラストは血まみれの大乱闘に…。弟は誘拐という強制的な方法を取っていたみたいですが、お姉さんは数ヶ月付き合って連れてくるという方法で随分遠回りかつ労力を使っているなと思いました。でもそれが娯楽の一つなのかもしれませんが。
>|