トッド・ソロンズの子犬物語の作品情報・感想・評価

トッド・ソロンズの子犬物語2015年製作の映画)

Wiener-Dog/Le teckel

上映日:2017年01月14日

製作国:

上映時間:88分

3.2

あらすじ

病弱な子どもとその家族(母親はジュリー・デルピー)に引き取られるダックスフントだが、無邪気に問題ばかり起こし、たちまち多くの人々の手に渡ることになる。ダックスフントが出会うのは、崖っぷちに立たされた映画学校の講師兼脚本家(ダニー・デヴィート)、偏屈なおばあさん(エレン・バースティン)とその孫娘、そして心優しい獣医の助手ドーン・ウィーナー(グレタ・ガーウィグ)たち。彼らは皆、満たされておらず何かを…

病弱な子どもとその家族(母親はジュリー・デルピー)に引き取られるダックスフントだが、無邪気に問題ばかり起こし、たちまち多くの人々の手に渡ることになる。ダックスフントが出会うのは、崖っぷちに立たされた映画学校の講師兼脚本家(ダニー・デヴィート)、偏屈なおばあさん(エレン・バースティン)とその孫娘、そして心優しい獣医の助手ドーン・ウィーナー(グレタ・ガーウィグ)たち。彼らは皆、満たされておらず何かを強く求めているのだが・・・。アメリカ中をあちこちさまよう一匹のダックスフントと、ちょっと変わった人たちがおくる、底抜けに笑える物語。

「トッド・ソロンズの子犬物語」に投稿された感想・評価

Miki

Mikiの感想・評価

3.5
いつも通りちゃんと不幸だけど笑えてしまうトッドソロンズ
最初の家族の男の子の困り眉といつも悲しい感じすごく良かったイケメンになりそう
きりん

きりんの感想・評価

1.0
ダックスフンドの映画だったので気になって観てみたら想像を絶するB級映画だった。
初めはすごく映像が綺麗と思っていたのに、車中の移動シーンの窓は丸わかりのCGで、BGMの入るタイミングも分からないし途中からダックスフンドの飼い主の移動する経緯が分からなかったのもモヤモヤした。
トッド・ソロンズ監督の作品を観たことないからなんとも言えないけど、良いところを言えばダックスフンドが出てたくらいだったなあ。
KanKawai

KanKawaiの感想・評価

4.0
邦題で勘違いしそうだが、原題ウィンナー・ドッグ(ダックスフント)を媒介に4つの話が展開する。ソロンズならではのブラック・ユーモアは健在。
犬好きは絶対見てはいけない。
犬がエラいことになる。

ダックスフンドを飼う人たちの群像劇だけど、相変わらず色んな不幸を見られてトッドソロンズ映画だなーと。
初トッド・ソロンズ作品。

子犬物語なんてヌルい放題は詐欺みたいなもので、ヒューマンドラマと言うにはバイアスの極限とも言える視点が印象的で想像を遥かに超える作家性に驚いた。

何でもないが美しいとも言える、
日常の延長に過ぎない情景描写、
それでいてどこか詩的。

人間の暗部が、
時に偽悪的なまでに、
時に露悪的なまでに、
時にに優しくぼんやり、
顔を覗かせる。

三幕目の売れない脚本家で映画学校の講師のお話が好き。
ジャズをBGMにニューヨークを舞台に、ウッディ・アレン風味のブラックユーモアが堪らない。
なんて見ていたら台詞にウッディアレン云々とも。
パロディとして撮ってるようでメタ的な面白さもあり。

オムニバスとは言え、馬鹿馬鹿しいインターミッション部分の挿入など、この監督の悪い冗談は好きになりそう。
過去作も見てみたい。

犬好きの方は四幕目は決して見ないで下さい。
esose

esoseの感想・評価

3.5
とてつもない現実感のなかにふと、夢のなかみたいなシーンをぶちこむトッドソロンズ。ちょっと寝てしまったけど白昼夢みたいなかんじになってよかったかも
前半のつながりは分かるんだけど、後半は。。??これは…何だろう…?って思ってたらラストが。

私は犬がそんなに好きではないので、最初の家族のお母さんの淡々とした対応がけっこう好きでした

ここにマークしにきて、グレタ・ガーウィグ出てたんだー!ってなった

主題歌が耳に残るね!
Haruka

Harukaの感想・評価

3.0
邦題のトッド・ソロンズって何かと思ったら監督なのね。「子犬物語」という題からは想像できないような、ヒューマン観察ドラマ。様々な人のしょーもない現場の傍にダックスかいるだけ。犬映画とは言えない。そしてこの犬がかわいくない。
邦題は殴りたいけど、内容はそこまで悪くない。あぁ、人って物悲しいなぁ、なんて思いながらボーッと見る。あらすじに「底抜けに笑える」とあるけれどコメディ要素は感じなかった。かなりシュール。大人向け。
845cinema

845cinemaの感想・評価

3.5
ソロンズの映画世界はどこかでつながりを感じさせる。その意味で「ウェルカムドールハウス」のドーン登場も不思議ではないのだけど、ガーウィグが着てるTシャツのダサさだけで空白が一気に埋まった。色・デザインともに絶妙。

この世の無情を教えてくれるソロンズは意地悪だけどいい人だと毎度思う。わかっていてもラストにはやっぱりぶっ飛ばされる。

このレビューはネタバレを含みます

トッドソロンズ監督は気になってたので観ました。
前半は良かった。人を殺しているTVゲームシーン、ダックスが轢かれるシーンはちと驚いた。パンフレット購入。観客5人くらいだった。
>|