散歩する侵略者のネタバレレビュー・内容・結末

散歩する侵略者2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:129分

3.6

あらすじ

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「…

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「地球を侵略しに来た」— 真治から衝撃の告白を受ける鳴海。混乱に巻き込まれていく桜井。当たり前の日常がある日突然、様相を変える。些細な出来事が、想像もしない展開へ。彼らが見たものとは、そしてたどり着く結末とは?

「散歩する侵略者」に投稿されたネタバレ・内容・結末

オープニングからタイトルロールまでのキレッキレな雰囲気で一気に期待度が高まった分、侵略者たちの意外とやる気のない感じと、SFっぽい設定のくせにここがこうで、こうするからこうなるっていう因果関係の詰めが甘い気がしてちょっと消化不良。

彼らが、目的達成(侵略)のためにとるある行動と、それによる人類の反応?の描き方にあまり納得度が行かない&フラグを立てまくりで物語が進んで、先の展開が割と簡単に予想がつくまま最後のオチまで行っちゃうからどうもスッキリしない。。ただ東出昌大さんは最高です。
シャツなんていいよ何だって!!

と言われた後出てきたおじいちゃんがめちゃくちゃツボにはまってしまい、しばらく笑いが止まらなかった。

何かを取られて涙が出る→呪縛から自由になる、という事だとしたら、
あれ、真治が鳴海から奪ったのって、結局何だったんだろう。愛の定義について考えるのは放棄したいが、やっぱ微妙に違う意味合いの概念を取られたんだと思うんだよなー。だって愛情とか献身を取られたなら真治ほっぽりだして避難するよね...
鳴海が愛したのは侵略者であり真治ではない。そこに何かヒントが...あるのか?

ラストで真治に『これからもそばにいる』って言われることで初めて何かから自由になった、と捉えられるけど、うーん、何だろう...悩んでる間に原作何回でも読めたはずなのにもう5ヶ月たつな、何でだろうな....

でも、終末の安っぽいラブホテルでのやり取りに物凄く心を掴まれてしまい、とにかく好きな映画になった。
いつものヘンテコな雰囲気もなんせ心地良いし...

あのめっちゃ動けるあきら役の恒松さんという人、半端ねえな...これからも動いていってほしい。
人間から少しずつspecをもらい、宇宙人は人の心を持つようになる。
なんとも無気力な松田龍平が、いい味を出している。
やっぱり愛が世界を救うんだ(笑)
長澤まさみが人類を救った

トラック横転してるのバックに、女の子が笑いながらスキップする冒頭 感動した
初めて劇場で黒沢清監督の作品観れた 感動

予兆も観たいな〜

キャスト陣はおなじみの方が多くて嬉しい
黒沢清作品!って感じが私はしました。
あのハッピーエンドでもバットエントとも言えない感じが後を引く(?)作品
好きなんですよねぇ~

概念を抜かれた人たちが膝から崩れ落ち涙を流すシーンは統一性があって良かったと思いました。
あと、松田龍平さんの地球に歩きなれてないグニャグニャ歩く感じが松田龍平さんに合ってて良かったです笑

東出昌大さんが牧師役をして愛について説いているのがめちゃめちゃしっくり来ました、東出さんが言うことによって愛の闇も見えてきた気がして良かったです!愛はでかいな、哀しいな。
キャストが豪華で凄いなーと思いましたが、個人的には児嶋さんが一番怖かったですね…目に光無く笑っている感じが…
あとは、最後にしんちゃんが発するのではなくナレーション?でラストのセリフを言ってるのがより後味ひいてました。
・一応「愛は地球を救う」的な着地なのに、そこがやや投げやりな演出なのは何なの?
・仕事の概念取ったら幼児退行化しちゃいましたーっていう、観客に全力でツッコミ入れてくれと言わんばかりの展開は何なの?
・恒松祐里さんの、向かって来る奴全員を余裕でボコる身体能力の異常な高さは何なの?

もうイヤんなっちゃうな!
なるほど。
なんか説教くさい映画だった。いや、わかる。こんな映画を観たあとでも「ふふっ」と笑ってしまう自分がいる。現実味がないから。平和ボケしてる。

ベトナムから日本に核ミサイルが落とされるかも、というニュースを聞く。俺よりもベトナム人が日本のことを心配してる。

同じ戦争を経験している国で、彼らの方が心配している。

情けない。
こういう感じの終わり方も嫌いじゃないって感じの終わり方。長澤まさみ大人になったなと感じる。侵略系映画にしては珍しく宇宙人が意外と簡単に死ぬ。
なんか新しい感覚がしました。
映画として色々提示されるけど最終的に愛というテーマに持っていくのが観ていて気持ちよかった。
侵略の仕方も概念を集めるという独特な感じがよかった。
概念を奪われた人を見ると何かの縛られていたものから解放されているようで、今の日本人を見ている気がしてなんかそういうところもメッセージ性があるのかなと思いました。
役者さん達の演技も素晴らしく、特に個人的には長谷川博己さんがよかったです。
侵略者になってからの歩き方とか最高でした。
SFなんだけどどこかSFでない、色んなのが詰まった人間ドラマのように感じました。
好きな作品です。
タイトルが「発狂する唇」「血を吸う宇宙」系列のように見えたので大変ヒドイものを期待して観始めたら全然違うマトモな映画だった。飛行機でそんなヒドイ映画配信するわけないですね。ごめんなさい。

いかにも黒沢清っぽい J ホラー風の始まり方だったけど、そこ以降は血糊はほとんど出てこず、エイリアン達の強烈なキャラクターで引っ張るシリアスギャグ系サスペンスに。

シリアスギャグのつもりで観ていたので最後の展開は (予想できる範疇の展開だったけど) 真面目か!って言いたくなってしまった。

実はそんなに強くないエイリアンに、馬鹿みたいに隙をつかれ放題つかれて全然勝てないお国の皆さんとか、そのへんはシリアスギャグだからまあまあ許せたけど、長澤まさみとか長谷川博己とかの人間サイドの行動がいまいち理解不能なところがあったのはいただけなかった。

松田龍平と長澤まさみのやり取りは全体的にたいへん良かった。
>|