散歩する侵略者のネタバレレビュー・内容・結末

散歩する侵略者2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:129分

3.6

あらすじ

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「…

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「地球を侵略しに来た」— 真治から衝撃の告白を受ける鳴海。混乱に巻き込まれていく桜井。当たり前の日常がある日突然、様相を変える。些細な出来事が、想像もしない展開へ。彼らが見たものとは、そしてたどり着く結末とは?

「散歩する侵略者」に投稿されたネタバレ・内容・結末

侵略のシーンが微妙だったー
それまで良かったのに
あのシーンで台無しに感じてしまった
TAMA映画祭にて鑑賞。
シリアスな映画だと思っていたが、場面場面で笑えてしまう。

コメディとはまた違うんだけど、映画のカラーは明るくて、長澤まさみの怒りっぷりがハマってた。
すっかり変わってしまった松田龍平演じるしんちゃんに、イライラしながらもやっぱり気になってほっておくことができない。

素直で時折優しさを見せるしんちゃんに、次第になくなりかけていた愛が戻っていく。

宇宙人が人間から奪うものも、命ではなく物事の概念。
なんとも奥深い。
考えすぎてしばられてしまっている概念を宇宙人に取られることで、取られた本人は楽になる人もいる。

物事に縛られすぎずている現代で、大切なのは縛られている様々なものよりも、愛なんだ、とゆう温かいラスト。愛は宇宙人をも変えていく。

松田龍平のあの真面目なんだけどとぼけた感じが面白かった。
ハマり役だった。

長澤まさみの母性のような大きな愛。
愛を失った長澤まさみは抜け殻になった。ずっとそばにいるよ。
長澤まさみの愛全てをもらった松田龍平演じるしんちゃんの言葉。

頭でっかちにならずに、愛情をキチンと日々伝えていける人になりたいなぁと思いました。
『岸辺の旅』で黒沢監督は良好に見える夫婦関係が本当は絶望的ものだったということをどんどん露わにしていった。『散歩する侵略者』では逆に壊れた夫婦関係を先に提示し、そんな状況でもまだ再生の可能性を秘めているかもってことを見せてくれた気がする。後半で夫婦が安心できる場としての日常を持つことが出来ていて良かった。
期待が大きすぎたのかも。松田龍平がだんだんヒトっぽくなっていくところ、長澤まさみのヒステリー演技はとても好きだった。
残念だったのは、途中で落ちが読めてしまって興ざめしたことと、無理矢理タイトルを台詞にしてるところ。
黒沢監督の清のスターマン



脚本(他1名)監督黒沢清。



日本の今や世界の「クロサワ」になりつつあるホラー界の黒沢清監督。

初期ポルノに見せかけながらもゴダールから怪物映画から学生運動までくくるはじめのエポック「ドレミファ娘の血が騒ぐ」

オリジナルビデオ期には、沢山のアクションノワールを哀川翔と撮りあげた「復讐」シリーズや「ヤクザタクシー」等々。

ホラーを撮り、バディ映画「勝手にしやがれ」シリーズ(1作目のみ鑑賞)

伊丹十三とコラボして永久追放マボロシとなったハウスホラー、今や見るの困難。劇場鑑賞した「スィートホーム」

あまりにもびっくりして2度見にいったサイコホラーのエポック「CURE」パンフ、DVD所持。

そのパソコンから世界侵略はソロリとやってくるミドル級傑作で海外リメイク済「回路」

家族物にしてみたけど、どっから切っても冷たい黒沢清「トウキョウソナタ」

役所は木にこだわる、長年積年企画「カリスマ」

夫婦はいつしか幻を求め旅に出る「岸部の旅」

たぐり寄せて見てきた大好きな映画監督、黒沢清監督だ。

そんな清監督の新作、予告鑑賞したとき、なんか黒沢清映画の集大成満載を感じる。

触れる、侵略、イライラ、愛不毛、意味不会話、、、。

原作、芝居上映あり、だが、カンヌ参加!とのこと。

やーこれは気になるということで、2017年9月で1番気になる作品でした。
夕方のかい、イオンシネマ南鑑賞した。




いやあ、爆笑しながらも。完全予算倍増。

まさしく一言
「キヨシ黒沢のスターマンじゃないっすかー!」

これまでの黒沢清集大成世界のよう。「スターマン」は、ジョンカーペンターの優しい人型宇宙人ラブ、ジェフブリッジス宇宙マン物語の傑作だ。

本作もキヨシクロサワのスターマン仕様だす。

原作の概念をイカしつつ、しだいに迫り来る有象無象をかわしつつ、
世紀末が来たー、
終了間近
カウントダウン歩く人
うちらどうする?

という終末感ただよう物語。
勿論ぎりぎりチープなCGでうめつくされつつドラマは、黒澤清節満載!

もうとにかく私はあの女の子が胸に来たなあ。爆笑もしたし、もの凄く小気味よい動きかつすばやい暴力。必見だ!なんかね気持ちよかったね。恒松祐里さん!

ほんと軽々しく殺傷!
だから爆笑!
だから気持ちよしすら感ずる何かを思わせてくれた!
「ターミネーター2」のリンダハミルトンか彼女かってくらい。不気味かつ生意気!笑ったし!

清節たる存在感は、まさしく本作の龍平君だ。宇宙人だよ、探すよ、行くよと清節たる

不穏で
迷惑で
常識外れな
おかしな人間が出現。
これが清イズム。
「CURE」の萩原まさと
「岸部の旅」の浅野忠信
「クリーピー」の香川照之
に当たる方だ。
観客を煙にまき
いやあな思いや
珍しい光景や
いらつきや
なにをしてんだよ!おまえは!役割
意味不明言動なげる方々だ。龍平くんにしか、できないよねえ。これね。見た後いろいろかんがえるけどね。つまぶーだったら、佐藤隆太だったらとかね、いやいやなんかねあわないかもみたいな。だから良かった。飄々淡々と演じていた。
必見。

そして本作の受けであり、怒りのイライラ美貌をふりまく長澤まさみ必見!
まさみ様もある意味キヨシイズムの頻出キャラだ。
いらいらいらいらしている人間
なやむ人だ。
「CURE」の役所さんの位置。本作の長澤様は、もう「セカチュー」の手脚の長い若い女優ではない。
立派な悩める
このクソめんどくさい侵略トやらにつきあわされるヒロインだ。ある意味観客視点。

そしてそして本作でもうさんくさい裏ライターを好演した長谷川博己だ。物語のガイドでコンダクター。
ラスト付近良かったなあ!キモ良い酔かったなあ。

黒沢組たる
キョンキョン「トウキョウソナタ」から、ある意味締め役。
東出(爆笑、出方と台詞で。出落ちに近いけど。)「クリーピー」からのある意味未知との巨人異世界キリスト風(笑)

前田敦子(マエアツさんもだんだん色気と演技が成長している気がするというレビューあったが私も納得。「セブンスコード」より)
笹野裏ダークデカ(笑)

総て必見。

なんかね
こんか贅沢で
やりたい放題で
豪華キャストな黒沢清
で、
やりつくした世界観
集大成な黒清世界


とおっても良かった!
だってね
こんな変な映画やっぱりないでしょう!いまどきね。

はいりこめないと全然面白くないと思います。

いやあラスト付近
見たことない清ワールドの到達点で良かったなあ。
「トウキョウソナタ」ともちがうし。
「岸部の旅」とも違うし、岸部よりかもだけど。おもしろかったですね。
けどラブラブなキヨシ
わずかながらもプラス思考のキヨシワールドでは、ありました。


予期せぬ旅が清総括フィルムでした。




さて
黒沢監督の清のスターマン

またの名を
清の散歩するインベーダー
リアル友達編

黒沢清ファンはマスト!

ぜひごらんください。

2017年劇場邦画ベストスリーです!だってこれはね、「クリーピー」よりらしさが出てたよなあ。黒沢イズムがね、出てたよ!だから好き!

いやあクリーピーよりわかりずらいけど断然好き!侵散の方が好き!
概念を奪うという発想はいいと思います。

概念を奪われた時の人間の反応?
涙を流すというのも良いですよね。
でもそのあとのちょっと狂った感じになるのはあまりついていけなかった...始終そんなことになる?どうして?その概念なくなるとそんなはんのうになるかな...。と考えを巡らせてるうちにストーリが進んで...。

もっと何度も見て考えたい。

最初の「家族」を奪われた時の演技はよくできてて、恐怖を感じました。

概念を集める目的がもう少し意味を持っていて、侵略する必要性だとか、共存できない理由だとかがわかると、最後の「愛」がもっと生きると思うし、「愛」をなくした人間の悲しさが引き立つと思います。

最後はもうすこし希望を強く持てるような終わり方が良かったな...愛の力は凄いんだって思いたいし、概念はなくとも感情は生まれるのだから、その兆しを見せて欲しかった。
「愛は地球を救う」ED
長澤まさみは、ヒステリックに怒っていても美しい 。
2017/09/18 丸の内TOEI Sc.1
「言葉の概念」を奪うという設定が面白い。
ある言葉を奪われた者は解放され、ある者は自らを失う。
ヒトが人間たる思考は、全て「言葉」に置き換えることで初めて意識できるのだと感じる。

映画館を出てもしばらく興奮が止まらなかった。
凄まじい映画。ラストを除いて面白すぎる←

「愛」を使うラストの展開や訴えはよさったのだが、その帰結の魅せ方が大仰で、感動を押し売りされるかのような表現が好みでなかった
新宿ピカデリーにて、監督と長澤まさみさんの舞台あいさつ付きで鑑賞。

CM観て惹かれて観たはいいものの、、、うーーーん、イマイチ。「概念を奪うって」設定がそもそも分かりにくい。わざとライティングとか昔の手法に拘ってたけど、かえってチープにしか見えなかった。役者さんたちの演技はさすがでした(笑)

舞台あいさつで面白かったのが「最後の長谷川博巳さんは入られてたのか否か」のトーク。監督は本読みでぼかして説明していて、長谷川さんの解釈であのようなシーンになったとのこと。
松田龍平ファンということだけで前知識なしで見に行ったが、概念を奪うという設定に一気に引き込まれた。
細かい点を挙げれば筋が通らない部分もあるが期待以上で満足。
高杉真宙と恒松祐里の若手二人の最期は当初あっけなさ過ぎ?と感じたが二人には死の概念がなかったと思えば納得。だからこそ二人は人を殺すことに何の抵抗もなかった。
宇宙人の侵略モノとなると、緻密に計画を立てられ圧倒的な力の前に人類は太刀打ちしようのないという作品も多いが、何の知識もなくゆるーい感じに気まぐれにじわじわと侵略してくる感じが妙にリアルだった。
松田龍平は二枚目役もいいけれど、掴み所のないすっとぼけた役が一番しっくりくる!
>|