散歩する侵略者のネタバレレビュー・内容・結末

散歩する侵略者2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

あらすじ

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「…

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「地球を侵略しに来た」— 真治から衝撃の告白を受ける鳴海。混乱に巻き込まれていく桜井。当たり前の日常がある日突然、様相を変える。些細な出来事が、想像もしない展開へ。彼らが見たものとは、そしてたどり着く結末とは?

「散歩する侵略者」に投稿されたネタバレ・内容・結末

哲学的だなぁという感想。


人間とは。 愛とは。


概念が人間の行動とか考え方を規格していて、それによって社会性とか秩序が生まれている一方で、人間はそれによってがんじがらめになっている

だから概念を奪われた人間はみんな楽しそうだった


けれど人を人たらしめていたのは結局愛だったらしい
長澤さんが愛の概念を私から取ってほしいとお願いするシーンが好き。
地球が終わって、そして自分もいなくなってしまうのなら、私の愛を全てあなたに貰ってほしいと、捧げたいと思えること‥素敵だな〜。
愛の概念でいっぱいな状態ってどんななんだろうか‥。
「愛は世界を救う」をこれまでの日本映画にはなかった
テイストで描いた映画。
アメリカの宇宙のSF映画っぽさも感じた。侵略とか。
その点がこれまでの邦画にはなかったんじゃないかなあ

でも鳴海の視点で見ると、世界の侵略とかどうでもよくて
ただ、不仲だった真治が宇宙人になった(体を乗っ取られた)
ことでこれまでより身近に、恋人だった頃の二人に戻りつつ
あることが幸せで、真治と再び寄り添って過ごしたかっただけ。
そう思ったら、最後の真治(宇宙人)に「愛」の概念を身を
呈して教えるシーンは感情を揺さぶられた。
こんだけ愛してるってことをたった一人真治だけにわかってもらいたいって。

事前情報を一切見なかったので、すごく探り探りで観たけど、
小泉今日子さんのセリフがこの映画のまとめになっていたよう
に思って、物語の後半のすごく短いシーンだったけど大事な
シーンだから小泉今日子さんだったんだなあって納得した。

ほかにもたくさん感じたことはあったけど、
「愛」について改めて感じることができる映画でした。
2回目観たら、別視点で見たらもっと違う点に気づけるんだろうなあ
長澤まさみ、松田龍平サイドよい。
長谷川さんサイドは観る人を選ぶかなぁ。自分は??って感じになった。
黒澤監督がこういう感じなんだね。嫌いじゃないよ。好きだわ。監督の他作品も気になった。
松田が長澤から奪うもの、心に残った。
女子高生のアクションシーン◎
物語の抑揚や盛り上がりは少なかったですね。出てくるキャラクターは皆濃いものの、出番が少なくて、魅力を活かしきれていない節がありましたね。オチに出てくる唐突なキョンキョンによるザックリと今回のことをまとめました的な解説と長澤まさみの他の人とは違う謎の後遺症などなど、ガバガバ設定や疑問点が多かったのが残念かなぁ…。
良かったところは作中に醸し出される不気味な雰囲気。これは絶妙と言わざるを得ず、特に冒頭のシーンからタイトルが出たところまでのワクワク感はたまらなかった(笑)
もともとこの題材の演劇を見たのがきっかけで好きになった作品。

映画化されると知ってずっと楽しみにしてました。

期待通りでした。
概念を奪われる下りの長回し 。
侵略者と分かってても愛してしまう長澤まさみ
その愛を知ってしまった真司。

個人的には、侵略者自身が侵略対象である人間に体をかりなければならない時点で、彼らも概念でしかないという逆説的な感じがとても好きです。

そりゃ長澤まさみも
侵略者なら侵略者らしく目からビームでも出してよ
と言っちゃうよな笑

だからか侵略者達の殺害シーンは少し残念。。

彼らはあくまでも概念を奪う散歩する侵略者であって欲しかったなと。。
殺害したらただの侵略者な感じがしました。
朝鑑賞。期待せずに行く。キャスティング良し。日常の中で静かに迫る宇宙人の侵略、概念を盗まれるという特殊な能力、日常が少しずつ壊れていく。映像では血しぶき、殺戮、非日常が繰り広げられるなか流れるBGMは穏やかな曲が流れ、そのギャップがかえって恐怖心をそそらせる。終わり方は納得いくものではなかったが。あと小泉今日子の使い方があっさりすぎて驚きでした。
 侵略計画を練る宇宙人と彼らのガイドとなる地球人の交流の話。

 大真面目に突拍子もないことをやる展開が続いて全シーンが笑える最高のコメディ映画でした。冒頭の金魚からおばあちゃんが家の中に引きづりこまれて、家の中では惨殺死体があり、女の子が道路の真ん中を歩いてトラックが横転してタイトルどーん! というツカミから最高でここから130分ノンストップで楽しめる最高の娯楽映画になっていたと思います。次から次に予想外の出来事が起こって、それが笑えて楽しくて不気味という黒沢清作品ぽさもありつつエンタメ映画としても両方の味を楽しめました。

 概念を奪って自分のものにするという宇宙人。というSFの設定も新しくてどんどん奪っていく姿も斬新でフレッシュなのもよかったです。

 概念を奪われて解放されていく地球人に概念を奪って考えが変わっていく宇宙人たち。次はどうなるんだろう? という興味の持続もしっかりあったと思います。

 役者さんたちも主役から端役まで全員がフィットしていて素晴らしかったです。演劇ちっくなお芝居をする長澤まさみさんにいつものひょうひょうとしたお芝居が宇宙人っぽい松田龍平さんに女の子の宇宙人役の人も物凄いアクションを披露してくれてそこも最高でした。自分と他人の違いの答えに窮する学歴コンプレックスの刑事のアンジャッシュ児嶋さんや家族の概念を奪われて自由になる前田敦子さんに引きこもりで所有の概念がなくなり解放される満島真之介さんに出てきた瞬間怪しくて愛を教えようとする東出昌大さんなど全員が最高でした。

 個人的にはエピローグの「2か月後」の展開が蛇足で良い映画っぽく終わらせようとしているのかなとか考えてしまっていらなかったですが、クライマックスに活劇としてのアクションがしっかりとあって、SFでありアクションでありラブストーリーでありという日本映画をあまり見たことがなかった新鮮さとかつ全部が上手くいって化学反応を起こしているエンタメ映画で面白かったです。
深い内容だった。「愛」をテーマにした作品です。人間って「愛」をなくしたら何が残るんだろ……。音楽が個人的に好きでした。でもなんか終わった後モヤモヤが残ってしまった。長谷川博己は結局どの立場なんだ??
監督ファンとして、ワールドを楽しめました。役者陣はとても良かった。最後のちょっと間延びしちゃった。オープニングは最高です。あと、笑えるシーンが沢山あって、演劇でも見たいと思った。
>|