散歩する侵略者の作品情報・感想・評価

散歩する侵略者2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:129分

3.5

あらすじ

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「…

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「地球を侵略しに来た」— 真治から衝撃の告白を受ける鳴海。混乱に巻き込まれていく桜井。当たり前の日常がある日突然、様相を変える。些細な出来事が、想像もしない展開へ。彼らが見たものとは、そしてたどり着く結末とは?

「散歩する侵略者」に投稿された感想・評価

邦画SFとしてはかなり良作。
邦画特有の、日常的な落ち着いた雰囲気を使いながら、確実な侵略が行われていく。
「概念」というフレーズは度々出てくるが、実に概念的で言葉的な作品だった。宇宙人とは何か、自分とは何か、愛とは何か。

ただ、エピローグはいらないと思った。最後の科白は重要だろうけど、エピローグはマジでいらない。
これは傑作!冒頭からラストまでどう展開するのかドキドキして観られました。
長澤まさみの普通の奥さん役が、とても魅力的で飽きさせません。
SF映画としての完成度も高いと思います。
オチは読めたけど、なかなかに怖い映画でした

人間もこの作品に出て来る宇宙人のようになる未来がそう遠くなく来そうで怖い
概念を奪う果てに、愛とゆう概念が人から奪われたときに人は人でなくなる結末は面白い。
また、人それぞれに概念が異なり、それゆえに個性が生まれるところも興味深い。
ひでえ映画だ。
時間泥棒というタイトルに変えて欲しいものだ。
おもしろい。てか新しい。

邦画でSFって、漫画の実写化以外でそもそもあんまりないし、あってもチープになりがちだと思うんだけど、これはキャストも豪華なこともあってちゃんとバランス良く成立してるのが素晴らしいと思った。

三体の宇宙人が人間から概念を奪って、学習し、果ては人類侵略を成すという展開。三体それぞれが別々に成長していくところがおもしろい。

ツッコミ所もないわけではないのだけど、天野くんと桜井の友情も熱いし、ラストにかけての加瀬夫婦の愛の概念のやり取りも切なかった。所々笑いもあるし、うまくできている。

まさに「愛は世界を救う」ってのを地で表現した作品。でも押し付けがましくなくて、ちゃんと邦画としても、SFとしても成立している。

長澤まさみホント美人。
松田龍平のかわいさというか守ってあげたい感も絶妙だったと思う。
もし最後の「2ヶ月後」がなかったら、すごくいい映画になると思います。
2人の愛に感動しました
けど、愛は地球を救うなんて、不思議過ぎる(もともと侵略の目的は「愛」というものを理解するじゃなかったからです)
また、その部分は蛇足だけと思います、
愛を失った人類と愛の概念を取った宇宙人、
見るだけで、「この後、どんな発展があるかな」という想像が出るかもしれません
前半はあんまりだったけど、終わりに近づくにつれて面白かった。
侵略ものですと、まっさきに『マーズ・アタック』を思い起こします。『マーズ・アタック』と違い、本作は、宇宙人は人間から概念を奪います。そこで描かれる愛の概念が壮大でとても静かで、じんときちゃいました。黒沢清流のオフィス破壊もあり、とても満足です。
侵略者って
何ちゅう設定や
思って観だしました

展開など
訳わからん感じの
内容やったけど

ちょっとやけど
グロさなどもあって
なかなかでしたね

前のクリーピーよりは
良かったね!!!

予兆 も観てみよかな
>|