散歩する侵略者の作品情報・感想・評価

散歩する侵略者2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

3.6

あらすじ

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「…

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「地球を侵略しに来た」— 真治から衝撃の告白を受ける鳴海。混乱に巻き込まれていく桜井。当たり前の日常がある日突然、様相を変える。些細な出来事が、想像もしない展開へ。彼らが見たものとは、そしてたどり着く結末とは?

「散歩する侵略者」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

恒松祐里ちゃんのアクティブな動きがよかった。全体的に面白かったが、時折なB級感がむずがゆい。
これすごく面白い!いい日本の映画感満載。日常に近いSF。笑い。
長谷川さんがはまり役。
えつこ

えつこの感想・評価

4.8
完成披露上映会にて鑑賞いたしました。現実には有り得ないことがリアルに描かれているのが、この作品の面白さではないかと思います。長谷川博己さんの演技が素晴らしかったです。
chihiro

chihiroの感想・評価

-
完成披露上映会で一足先に鑑賞。
宇宙人が地球を侵略するっていう突飛な設定の映画。
不仲だった夫が突然別人のようになって妻の元に帰ってくる。
自分のことを宇宙人であると言う夫。
「侵略が始まる。」
人を侵略し、人から概念を奪って知識を得る。概念を奪われた人間は欠落してしまう。
人間の持つある概念の可能性についての映画でした。
シュールさ、コミカルさと切なさのバランスが良かった。
完成披露試写会で、ひと足先に鑑賞。テーマは「夫婦間の愛情」かなと思う。

黒沢監督は舞台挨拶で、この映画、最後には迷いのない答えが見つかると言っていた。

自分の解釈では、それは、夫か妻どちらかにさえ深い愛情があれば、一緒に支え合って生きていけるという事。

だとすれば、夫婦やカップルで観るには本当にオススメな映画かもしれない。
A

Aの感想・評価

4.0
愛の物語
take

takeの感想・評価

3.7
完成披露上映会にて鑑賞。

豪華俳優陣と監督、原作。
人類侵略にきた宇宙人。彼らは散歩する。
概念を奪われることはどーいうことなのか。
物事の理解が1つなくなる。それが人類に及ぼす影響は。そして1番大切なのは。
難しい話だけれど、メッセージ性は強い。
俳優陣の変化する演技が見もの。
あと、アクションかっこいいし、若手2人もすごかった。
hellomelci

hellomelciの感想・評価

4.1
完成披露試写会にて。

俳優さんがズラリと勢揃いした圧巻の舞台挨拶の後に鑑賞(生の長谷川博己が!!男前すぎて!!!!!!)。

淡々としながらもジワジワと得体の知れないものに日常が侵略される不穏な空気の中、「あれっ、フォークボール来た…!?」というひねりの効いた展開が小気味良い。長澤まさみや松田龍平もよかったけど、なんと言っても長谷川博己のアウトローぶり(お前好きなだけじゃん…)!!
味わい深いシュールでコンパクトなSF(!?)とでも言うのでしょうか…。良作。
Mako

Makoの感想・評価

3.5
記者会見後に視聴。
生まさみに感動。

ストーリーは今までにない形で、
あえてダサくあえてゆるい
みたいなずさんさが逆にスリルを生んでた。
舞台でも見てみたいなぁと思った!

WOWOWでのスピンオフドラマどうなるか楽しみ!映画でも、東出さんちょこっと出てました!
チェ

チェの感想・評価

3.6
俳優たちの演技が素晴らしいかった、主演クラスの素晴らしさは言わずものがな、恒松、高杉の若手コンビは、ちょっとびっくりするくらい素晴らしかった。
高杉君、いいぞいいぞ、もっとやれ❤️
ラストが私には少々説明過多だったかもしれないですが、2時間あっという間、それだけで見る価値はあると思います。
>|