散歩する侵略者の作品情報・感想・評価

散歩する侵略者2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:129分

3.6

あらすじ

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「…

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「地球を侵略しに来た」— 真治から衝撃の告白を受ける鳴海。混乱に巻き込まれていく桜井。当たり前の日常がある日突然、様相を変える。些細な出来事が、想像もしない展開へ。彼らが見たものとは、そしてたどり着く結末とは?

「散歩する侵略者」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

なんか新しい感覚がしました。
映画として色々提示されるけど最終的に愛というテーマに持っていくのが観ていて気持ちよかった。
侵略の仕方も概念を集めるという独特な感じがよかった。
概念を奪われた人を見ると何かの縛られていたものから解放されているようで、今の日本人を見ている気がしてなんかそういうところもメッセージ性があるのかなと思いました。
役者さん達の演技も素晴らしく、特に個人的には長谷川博己さんがよかったです。
侵略者になってからの歩き方とか最高でした。
SFなんだけどどこかSFでない、色んなのが詰まった人間ドラマのように感じました。
好きな作品です。
面白かった!
高杉さんも恒松さんも今後売れそうだ
東出くんのサイコパス演技が本当に好きです
Sayoko

Sayokoの感想・評価

3.8
SFの枠を超える深い映画だったと思う。概念を奪われたほうが幸せなケースもあるんですね
よそ

よその感想・評価

3.2
予告見た時点では面白そうだと思ったんだけどなぁ。舞台の映画化と聞いて、あぁ、舞台なら面白そうだな、と。。突拍子のない設定がリアルにもシュールにも振り切れてなく、ラストもあんまり好きじゃなかった。
ak

akの感想・評価

3.6
俳優さん目当てで観ました。
宇宙人VS人間、という展開になりがちなのを上手く避けていたなあと感じました。
日常に潜む、ふとした闇みたいなのがポイント的に出てくるので、時々ぞくっとします。
あと俳優陣の演技(特にはせひろさん)は凄かったです。某所のシーンは不気味であり気持ち悪さすら感じるのに、大袈裟な演技と思わせないのは流石です。
色んな関係性が築かれていって、冒頭と関係性が変わるのが好きなのでストーリーの流れは好きです。思いの比重が変わるのも、また人間らしさかなと感じました。
deadcalm

deadcalmの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

タイトルが「発狂する唇」「血を吸う宇宙」系列のように見えたので大変ヒドイものを期待して観始めたら全然違うマトモな映画だった。飛行機でそんなヒドイ映画配信するわけないですね。ごめんなさい。

いかにも黒沢清っぽい J ホラー風の始まり方だったけど、そこ以降は血糊はほとんど出てこず、エイリアン達の強烈なキャラクターで引っ張るシリアスギャグ系サスペンスに。

シリアスギャグのつもりで観ていたので最後の展開は (予想できる範疇の展開だったけど) 真面目か!って言いたくなってしまった。

実はそんなに強くないエイリアンに、馬鹿みたいに隙をつかれ放題つかれて全然勝てないお国の皆さんとか、そのへんはシリアスギャグだからまあまあ許せたけど、長澤まさみとか長谷川博己とかの人間サイドの行動がいまいち理解不能なところがあったのはいただけなかった。

松田龍平と長澤まさみのやり取りは全体的にたいへん良かった。
あおい

あおいの感想・評価

3.5
不思議な映画
グロなのかと思いきや、日常もあり

概念奪われるという設定が面白かった
ゆカコ

ゆカコの感想・評価

2.8
ながさわまさみがすーきー
SFきらいなのにキャストがゆるくてわすれ
てた
不思議な映画でした。冒頭の演出は、ホラー作品かと思いきや後はマイペース映画。謎だらけなのですが、許されるゆるいストーリー展開と役者さん。
不思議な映画だった、黒沢清監督なので当たり前と言えば当たり前だと思いますが。鳴海&真治ペアも、桜井&天野・あきらペアも、侵略者とガイドの関係性が良好でしたよね。この映画観た直後に『予兆 散歩する侵略者 劇場版』も続けて観たので思ったんですが。鳴海と真治はそもそも夫婦なので一から関係性を作る必要がないので良好なのは当たり前と言えばそうだとも言えますが、桜井と天野のペアが特に良かったですね。ドライブのシーン。仲が良くなったのかなんなのか、みたいな。

桜井は最後に天野(を操っていた宇宙人)に乗り移られたのか、本当に真治は鳴海から愛の概念を奪えたのか、鳴海はどうしてああなったのか、そして最後の真治は一体どういう状態なのか…そこらへんが曖昧になってるのが良かったです。我々の概念が崩れ去られるような気がしました。

侵略者たちが人間に静かに語りかけながら概念を奪っていくのは、『CURE キュア』を思い出しました。

あ、あと、長澤まさみの生活感溢れるエロさは最高でした。パジャマ姿!
>|