散歩する侵略者の作品情報・感想・評価・動画配信

散歩する侵略者2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:129分

3.5

あらすじ

「散歩する侵略者」に投稿された感想・評価

べぷ

べぷの感想・評価

1.4
SF映画の新しい概念を作り上げた作品
ということでしたが…そもそもSF映画をあまり見ないので、面白さがよくわかりませんでした。

映画を見て、なぜこの結末になったのかがわからず、Google先生に聞いてやっと理解しました。
最後鳴海がどうなったのかだけ気になります。
それ以外は…もうきっと見ることのない作品です、ね。
去年なんとなく観てみたらおもしろかった。
真治と鳴海の2人がよかった。
概念を奪うってのが面白い。想像してみるけど分かんない。どうなるのか。概念を奪う奪われるってすごいことだ。

予兆 散歩する〜 のほうもすごく観たいのだけど観れてない
から観よう
ほし

ほしの感想・評価

3.2
今時にしては珍しいチープなCG。
悪くないけど、星新一の短編でありそうな話。
概念を奪うっていう設定が面白かった。
でも爆破とかの映像がものすごく嫌だった。侵略とは、、
fiiiiilm

fiiiiilmの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

なんと言ったらいいのか!笑
笑えるようなシーンやツッコミたくなるシーンもあり、怖い雰囲気もあり
俳優陣の演技が光る!
松田龍平の宇宙人感がすごい(笑)

終わり方はなんとも言えなかったなー
映画のテーマは愛
メッセージ性強めだった
夫婦の心が離れてしまうことってあるんだけど、愛を知っている者同士一緒になったのだから、もう一度向き合う余地があるのかも。
面白ェ〜〜!終盤の高杉真宙のクロースアップが良い。長澤まさみが一瞬杉村春子になるのはさすがに爆笑した。
o3o

o3oの感想・評価

-
何作観ても黒沢監督の芯が見えない…
キャストは豪華
1.8倍速のお家映画
Shu

Shuの感想・評価

-
長谷川博己は脳を侵略されちゃったの、?なんかただ監督が爆破させたかっただけとしか思えなかったんだけど.......

東出さんは愛について唱えてたけど取られなかったなぁ
3

3の感想・評価

3.6
概念を盗む宇宙人。
ゴダールの『アルファヴィル』のように近未来の舞台やら特殊効果やらを必要としないアイデア勝負のSFは邦画と相性がいい、はずで、実際この映画もなかなかに良い感じであったのだが、その設定の使い方が結構定型的で想像がつく展開になってしまっていた。

現代的な映像もどうにも分が悪い。「何かがある」と思わせる、90年代の黒沢作品特有の褪せた色彩や当時にしてもありえない古ぼけた舞台などがない分、宇宙人としての乖離ぶりは本人の弁でしか納得するしかなく、それが先述の通りなんとも…という展開。

それとジャーナリストの桜井の行動指針がやや不可解。「そうはならんやろ」は黒沢ワールドの十八番であって、そこを考えることでクリシェから逸脱した作品世界を味わえるところがあるはずなのだが、彼の行動に関しては結局つかめずじまいであった。主演の長澤まさみの「何も変わってない」は非常に含蓄に満ちた精神危機で良かったのだが。

空爆シーンやパニック描写なども含め、カルト的な空気感が一気に世界に充満する緩急からのカタルシスがなかったのが全体的な印象。ただ、こういう作風で突き詰めたらすごい面白いものができると思うので、かなり大々的に告知されて公開されていたことは良い流れだと思う。
>|