散歩する侵略者の作品情報・感想・評価・動画配信

散歩する侵略者2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:129分

3.4

あらすじ

「散歩する侵略者」に投稿された感想・評価

人気舞台の映像化。
命ではない何かを奪われるというのが実は死よりも恐怖かも知れないし、人によっては解放かもしれない。
侵略者は救済の神だったりするじゃん。
  ――鑑賞後、そんな事を考えて、じわじわと来ているんだけど具体的にどう云う感情なのか問われると言葉が見つからない。
あれっ、何かしらの“概念”獲られました?
LeShinji

LeShinjiの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

公開時に映画館で観ました。
黒澤清監督作品では一番好きな作品です。今日においてなお、低予算でも上質のSF作品は可能であることを証明する力作だと思います(だからこそ、侵略場面のCGがお粗末だったとのが残念です。侵略場面は省略で処理してしまえばよかったのに!)。
赤ちゃんに愛情を注がないで育てると
死んでしまうだとか…

侵略者との間に生まれる愛情と友情
ユかイ

ユかイの感想・評価

3.5
全体的によかった。概念を奪うという設定がおもしろい。
ただ最後の女医のセリフだけが唐突すぎて説教くさくてとてもとても残念。
松田龍平の宇宙人感はすごいな
しかし宇宙人にしてはまわりくどいというか
人類より文明が進んでるんか劣ってるんだか
長澤まさみが良かったからオッケ
Mio

Mioの感想・評価

3.7
果たして、侵略に「概念を奪う」必要あったのかな。いや、まなぶと相手から欠落するだけで奪うことが目的ではなかったのか…
所有、家族、仕事、奪って〜わたしも奪われて自由になりてぇ〜

豪華キャストのなかチョイやく東出がとりわけハマってたな。愛を語る。

このレビューはネタバレを含みます

2000年代にホイチョイの指南役が
『「サービス」をサービス』
『「考え方」の考え方』
という本を出していて、その言葉遊びのようなタイトルの延長を考えた。
即ち、
「概念」という概念
はどうやって獲得したのだろう。

ところで
今井むつみ『ことばと思考』(岩波新書)では面白い指摘をしている。言語ごとに特徴があり、思考よりもずっと前の認識にも何らかの影響を及ぼしている、と。

しかるに、奪われた概念は日本人の話す、日本語という孤立言語の限られた概念だけかもしれない。
世界は我々が認識できないくらい広大だ。
終盤までは淡々と地球が侵略される方へ向かっていく様子が奇妙でわくわくして観ていたけど、この作品を観ていた人皆が薄々もしかしてと感じる終盤「愛を知ってしまった事による侵略中止オチにだけはならないでくれ..」と祈りながら観ていたらそのままのオチになってしまったので少し物足りなさが残ってしまった。

ただ、最後の宇宙人と妻のシーンはすごく良かった。
松田龍平と高杉真宙くんすげぇ。。
キャストがめちゃくちゃ豪華!!

やっぱこういう日常が壊れていく感じの映画すき。。
概念をもらうという行為はSF的というか哲学的で、ストーリーとしてはよくわかんないし必要か?ってかんじだけど、たしかにいろんな情報が氾濫しているこの現実でも、「言葉」には囚われて生きているのが人間だ、みたいな話をたまたま雑談の中でしていたので、かなりタイムリーだった。
自分、他人、仕事、の、家族、そして、愛。

言葉があるから現実が成り立っているという説もあるし、言葉と人間は切っても切り離せないものだからこそ、自分自身の言葉でしっかり選んで発言したり文章を書いていきたいと思った。
saki1

saki1の感想・評価

3.8
愛の力じゃん…松田龍平さんが良すぎる…
全体的に彩度低い画面の中でオレンジのシャツを着る松田龍平…🙏
>|