散歩する侵略者の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

散歩する侵略者2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:129分

3.6

あらすじ

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「…

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「地球を侵略しに来た」— 真治から衝撃の告白を受ける鳴海。混乱に巻き込まれていく桜井。当たり前の日常がある日突然、様相を変える。些細な出来事が、想像もしない展開へ。彼らが見たものとは、そしてたどり着く結末とは?

「散歩する侵略者」に投稿された感想・評価

Davy

Davyの感想・評価

3.3
松田龍平が好きだったことと、劇団イキウメが気になって観に行った。

個人的にはラストの病院のくだりが震災を想起させて、しかも人のパワーで立て直せる、みたいな流れを感じてしまってそこは余り好きではなかった。
宇宙人による物理的な侵略と、概念が奪われるという精神的侵略が同時に起きているということはどういうことなのか。

松田龍平が久しぶりにヒゲを剃った役でビジュアル的にも、頼りない感じなのも全てひっくるめて好きな役柄。今回長澤まさみを初めて美しい人だな、と感じた。頭のいい人だ。
ハセヒロはスポットの時は爆発シーンと相まってシンゴジラみがあるんじゃないかと思いきや全然顔も違う。体がボロボロになって起き上がるシーンが最高に気持ち悪い。(褒めてる)
あの宇宙人の男の子が果たしてハセヒロに乗り移ったのか否か、は断定されるようなシーンはないが、あの起き上がるシーンはより鑑賞者を混乱させる。個人的には、宇宙人は乗りうつらなかったが、ハセヒロが自分から精神的に追想した、というのがしっくりくるかも。なりきった、というか。

演劇の方は見ていないから断定は出来ないが、演劇の方があう台本であるような気がする。演劇は一つの舞台上で多くの見立ての中で話が展開する。奪われる概念にしろ、宇宙人の侵略にしろ、映画の中で、「ない」ことが目立ちすぎた気がした。
sayaka

sayakaの感想・評価

3.5
見たいなと思ってんだけどちょっと難しかったな。概念を奪われるとどうなのかしら。光石さんのはわかりやすかったけど。松田龍平と長澤まさみの夫婦はよかったなー。女優賞の受賞理由にもあったけど長澤さんの貫禄、器の大きな感じが素敵でした。恒松さんのアクションすごいです。
tanirio

tanirioの感想・評価

3.7
ちょっと長いなとは感じたんですが、クライマックスが好きです。

「愛」がいかにすごいのか、いかに大事なのか

海を見て綺麗だと言うことも
その瞬間に、海を愛し、海のある風景を愛してるからこそ感じることなんですねーうんうん


高杉くんに一目惚れした作品です!
死ぬ時にはせひろに抱えられた高杉くんほんとに可愛いです。。。

侵略、、、されるのかないつか、、、、


ひえ〜
acwmy

acwmyの感想・評価

4.0
TAMA映画祭

愛の概念

そもそも概念てむずかしいな。
おこめ

おこめの感想・評価

2.5
松田龍平がすごく良い。キャストが豪華。(無駄遣いな気もするが)
ストーリーは面白いけど
ラストの侵略のシーンが?????突っ込みたいところがたくさんありすぎた

概念からの解放、愛、色んな要素が詰まった不思議なSF映画
予告もなんも情報見ないでみたから宇宙人とかの話でびっくり(笑)

女の子のアクションすごかった、あの子好き。

結果、愛のお話?だったのかな
ゆめこ

ゆめこの感想・評価

3.9
面白かったのですが予告編と映画そのものがちぐはぐだな、という感じがしました。
予告編を見るとシリアスものなのかな?という感じだったので、本編見てても笑かしてきてるところに対して笑っていいと思えなかったです。
倫理観がわりとギリギリだなと思いました。でも好きです。
どちらかしか持てない「愛」

昔からのSF映画の良くある設定では日常に潜む宇宙人というのがあります。例えば『ボディスナッチャー』『寄生獣』なんかがあります。こちらは極めて狭い範囲の中で起こった出来事を描いています。そういった意味では『ボディスナッチャー』に近いかも…

概念を奪われるって最初はよく分からないことだったけど、映画を観ているうちに人間が豹変してしまい大変な事だなーって感じた。

前田敦子とか満島真之介なんてちょっとしか出てこないけど、記憶にはかなり残る豹変ぶりだった!
宇宙人侵略というスケールの大きいテーマを、一家庭、一個人の生活に落とし込んだ作品。
「概念」を宇宙人が奪いながら地球人の事を学んでいく設定だが、失って気付く大切さだったり、失ったことで新しい何かに巡り会えたり…を感じられる作品でした。コメディ感あって、そんなにシリアスな感じにはならず面白かった。
しみ

しみの感想・評価

5.0
観終わった時に、うん、意外と好きかも。と思えた映画でした。
>|