散歩する侵略者の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

散歩する侵略者2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:129分

3.6

あらすじ

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「…

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「地球を侵略しに来た」— 真治から衝撃の告白を受ける鳴海。混乱に巻き込まれていく桜井。当たり前の日常がある日突然、様相を変える。些細な出来事が、想像もしない展開へ。彼らが見たものとは、そしてたどり着く結末とは?

「散歩する侵略者」に投稿された感想・評価

moooooo

mooooooの感想・評価

4.2
面白かった〜〜!!
宇宙人が地球侵略しにきて
人間の概念を奪って行く話

「家族」という概念を失うと人はどうなるのか?「自由」という概念を失うと、、?

なるほど…と思える人間の変化が面白い。
個人的に「所有」の概念を失った人の変化が一番面白かった!

終始独特な雰囲気で、ラストはジーンと切なくなる。松田龍平のあの感じ最高だな〜〜

ひさびさにいい映画見たな〜!!ってウキウキした!
SATOKAZU

SATOKAZUの感想・評価

3.3
たしかに散歩していた。

黒沢清ワールドは
わかるところと
わからないところと
わからないでいいやと
わからないからよくわからないのと、
わかるけどわからないのと、
わからないんだけどわかったりするのと、

ってところがある、
だから、
こう思う、
たしかに散歩していた。
sugenon

sugenonの感想・評価

3.9
回路の予測のつかなさ加減
CUREの得体のしれなさ加減
クリーピーの後味の悪さ加減
全てを包括する満足の黒沢クオリティでした。音楽が割とコミカルなのは新機軸かな。侵略者達が淡々と行動を起こしているのを巧く盛り上げていたかと。





以下ちょっとネタバレ





概念を集めることで人間を理解し、侵略しようとするプロットは面白かった。でも彼らが人間に憑依した際の、その人物の基本デフォルト知識はある程度持っているはずなので、多少無理があるなあとも思う。

ただテーマとしている「言葉」として発しているけどその奥にある概念とは?それは人間にとってどういうものか?を改めて考えさせられる哲学的な部分は嫌いじゃない。いや好き。それを奪うとその人からその概念がなくなってしまうというのが物語の最後に非常に活きている。

「家族」「自由」「〜の(所有)」「自分」「仕事」そして「愛」

その概念を人は大事にもするけど、言葉に縛られてもいる。個人だけでなく、国や人種という括りがそれに縛られ過ぎることは、世界を滅ぼす方向へ導いているともいえる。長谷川博己演ずるジャーナリストはそれをブレイクスルーさせたくて、あの行動に出たんだろうな。

全編通して困った顔してる長澤まさみが可哀想なんだけど、松田龍平演ずる夫のしんちゃんへの愛情が愛おしすぎて胸熱。長澤まさみ、やっぱり可愛いなあと感じる映画でもある。

ラスト間際
男「全部変わって見える」
女「何にも変わらない」

のセリフが、もう取り返しがつかないんだよと胸を締め付ける。出来るだけ後悔のない人生を送りたいと思わせる、黒沢清、愛の映画でした。
Kana

Kanaの感想・評価

2.0
のんびりウキウキした感じで地球を侵略して行く宇宙人との交流物語。
感想は一言で言うと″意味わからん″。
話の流れはわかりますが、で?って思ってしまう。
女子高生の異常さは面白い。
長澤まさみはいろいろとかわいそう。
サプライズ舞台挨拶にて。
高杉真宙、全体的にちっちゃい!顔ちっさ!何頭身だよ!
という驚き。いや前にも会ったことあるけどさ、他の人と並んでるところをさらに遠くから見ると際立つ。
長谷川博己も長澤まさみも松田龍平も、実際に見られて感動。

映画は、不思議な映画だったけどアクションもあって、とても興味深い映画だった。
高杉真宙が結構長く生きていたのが嬉しかった。
あのなんとも言えない生意気な、無機質な感じの役が最高だった。
Kano

Kanoの感想・評価

3.7
「寄生獣」、「美しい星」等、近年日常と宇宙人(?)の遭遇を扱った邦画が多いけど、それらの中では一番面白かった。アンチ長澤まさみも、彼女の女優としての魅力と演技力に納得する作品。ところどころ笑いのツボもあって◎ 黒沢清はやっぱ面白い。
アミコ

アミコの感想・評価

3.0
パリへ向かう飛行機の中で鑑賞。男がおかしくなってんのに世話焼く女にイラッとしながら見てたけど、自分に置き換えたら私も世話焼くかもなと思った。
ばま

ばまの感想・評価

3.2
ヒースロー→羽田の飛行機内で観た2本目

ううーーーーん、、、むずい!!!
これは、漠然としすぎて難しい。

合理的すぎる宇宙人が、概念を奪って成長する
ってのは面白い設定やったし、
SFにしてはものすごく文学的やったし、
まぁ実験的ではあるねんけど…

終盤にかけて、
漠然としすぎてるテーマの回収が、
やっぱり難しかったんやろうなぁ。。。


最初はホラーかと思うくらい
怖くて脅威の存在の宇宙人が、
だんだん可愛らしく思えてくる。

若い男女の宇宙人の役者さんが、
初めてみる人にたちやのに、すごく魅力的で、
正直、あの2人やったから見てられたと思う。


ちょっと私には、最後がわからぬ…
やっぱり、
“愛は世界を救う”ってことなのか?
TNP

TNPの感想・評価

1.0
クソ映画!設定とメッセージらしきものだけがあって、それも説教臭いだけだし、時間の無駄!
hara

haraの感想・評価

-
新年一本目、すごく好き。チープな展開や無理矢理なとこも含めて良かったと思う。ぷりぷりしてる長澤まさみ良かった。
>|