散歩する侵略者の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

散歩する侵略者2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

あらすじ

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「…

数日間の行方不明の後、不仲だった夫がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・加瀬真治(松田龍平)は毎日散歩に出かけて行く。一体何をしているのか…?同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「地球を侵略しに来た」— 真治から衝撃の告白を受ける鳴海。混乱に巻き込まれていく桜井。当たり前の日常がある日突然、様相を変える。些細な出来事が、想像もしない展開へ。彼らが見たものとは、そしてたどり着く結末とは?

「散歩する侵略者」に投稿された感想・評価

sebalove

sebaloveの感想・評価

1.5
舞台の映画化らしいです。それにしても…

松田龍平のファンなので、内容は別にして観に行くつもりでしたが、松田龍平を愛でるだけではとにかくキツい映画でした。

この作品はジャンルとしては何に該当するのでしょう。SF?それはさすがにないな。宇宙人が出てくるだけじゃSFにならないし。SF風恋愛映画ぐらいかと。

何故侵略の前のりとして来たのが3人でしかも全員が日本にきたのかとか、何故母船と連絡するための通信機器を地球の材料でわざわざ作らなきゃいけないのかとか、何故概念を一人の人間から一つしか取らないのかとか、突っ込みどころ満載です。

この映画を観たら、エイリアン・コヴェナントのスコアをあまりにも低くつけてすぎてたことに気付き、深く反省し、修正しました。

それなりの俳優さんが出演しているのに、ずいぶん残念な映画になっちゃった気がします。長谷川博己はあんな中途半端な立ち位置じゃなくて、地球側か宇宙人側かもっとはっきりさせたほうがよかったんじゃないでしょうか。途中で映画のタイトル「散歩する侵略者なんだ!」って叫ばせるのはあかんでしょう。小泉今日子に宇宙人の侵略のおかげで色々問題があった地球も団結できたみたいな台詞を言わせてるけど、映画なのにその台詞一つで終わらせるのはどうかと思うし。長澤まさみは「しんちゃん、しんちゃん」と言いながら松田龍平演じるしんちゃんにちっとも向き合わないからイライラしました。

最後は「愛」という概念を宇宙人が知ることによって地球侵略を断念したということだと思うんですが、その概念がどんなものかもはっきりせず、ただ愛が…と言ったって何の説得力もないと思うんですが。愛の過大評価だと思います。

松田龍平だけではフォローしきれないものもあるんですね。
帰省やらなんやらで少し間が空いてしまい、映画観たい欲求が高まっていたので109シネマズの最終上映に滑り込み。
 
この手の映画、異常な状況をいかに現実的に見せるかがキモだと思うけど、そこが見事に失敗しちゃってる感じ。足りなかったのが技術なのか演じる側の気持ちなのかは分からんけど。恐らく予算がだいぶ少ないであろう「美しい星」が、普通のドラマの中に「異常」を上手に滑り込ませているのと対照的。
 
台詞が仰々しかったので、観てる間はてっきりマンガ原作だと思い込んでた。けど実際は演劇原作なのね。演劇であれば「ここはそういう前提で」というところを、演じる側も観る側も踏まえることができるけど、映画だとなまじいろいろな映像を出すことができる分、バランスが崩れてしまったのかな。
 
長澤まさみさんとか高杉真宙さん、長谷川博己さんはそれぞれストーリーに惹き込むシーンを何度が作っていたと思う。あまり報われていないのが残念。東出さんとか前田さんとか、無理矢理出番作ったような感じで出てるのに違和感。プロモーション用?
Yoshimune

Yoshimuneの感想・評価

3.8
そういえば松田龍平がめちゃくちゃよかった。
鈴吉

鈴吉の感想・評価

3.1
良くも悪くも舞台作品だなぁと感じ
好きな人はとことん好きだと思う
私には全体的に少し長く感じてしまった
あと安っぽいCGでちょっと興ざめ

役者さんは良かった
RsK

RsKの感想・評価

3.4
ひたすら松田龍平が可愛い。

「あの犬に話し掛けるのは控えた方が良さそうだ」とかしんちゃんとまるお君とかシュールな笑いが多くてクスッとした。


最後はちょっぴり切なめ。
YuutoSoumi

YuutoSoumiの感想・評価

3.0
突然宇宙人に目覚める人々と、それによる家族の崩壊と再生の物語という、なぜか『美しい星』と通ずる部分が多い。おもしろい。
とみぃ

とみぃの感想・評価

4.5
テーマとしてはよくあるような感じなのに、誰も考えつかないような視点。だから今まで観たことのないタイプのSFで展開の予想もつかず、面白かった。
若手の宇宙人二人組をはじめ役者陣が皆素晴らしかった。特に松田龍平がハマっていた。飄々として人間なのか宇宙人なのか曖昧な感じと、月日が経つと人間らしくなっていく様が良かった。あと、シーンとしては数十秒だったけれど、爆破を受け片足を引きずり(見事だった)、死にかけたのに笑顔でゾンビのように蘇るハセヒロがめっちゃ怖くて頭から離れません。
ひー

ひーの感想・評価

3.7
愛は大切ということを教えてくれた気がする。
なにがいいのか、、、
支離滅裂だった。

普通につまんない映画
m

mの感想・評価

3.7
9.20/ハーバーOS/スクリーン5:E11

・微かにそよぐ半透明の遮光物が怖い。
(カーテン。病院。出ました倉庫のジャバラ。)

・エキストラがいちいち気になる。
(今回絡んでくる。New清)

・車中の穏やかさと裏腹な車外の劇画。
(マイフェイバリットムービーのモテキ長澤が清の車の中にいる!)

・全体的に青白く見えるキャストのメイク。
(東出くんのサイコパスにさえ見える神父の表情完璧か)

・はい出ましたミューズ前田敦子。


よっ待ってました〜伝統芸能、清・黒沢 節。
これだけでも劇場にお金を払う価値ありますよやっぱり。

p.s
黒沢監督全く知らない長澤ファン、松田ファンは大丈夫かしらんと心配した。。。
(西島秀俊、竹内結子の「クリーピー」は脚本上、話自体に推進力が付いてたからなあ
>|