散歩する侵略者の作品情報・感想・評価・動画配信

散歩する侵略者2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:129分

ジャンル:

3.4

あらすじ

『散歩する侵略者』に投稿された感想・評価

シュールオブシュールだった気がする。物静かな侵略者の侵攻か。
j3living

j3livingの感想・評価

3.4
これは観たんだけど断片的にしか思い出せない。
松田龍平が宇宙人というのはハマりすぎの気がするな。

内容は淡々としていて、かつショッキングだった気もする。
なんか変な悪夢っぽい夢見た気がするけど、どんなだったかな?みたいな感覚。
住処

住処の感想・評価

3.5
友人から「今からタコスとテキーラでメキシコになるから来ない?」と誘われた道中で鑑賞。初対面の人たちが5,6人いたけど彼らが人間でない証拠がないなと思いながら変な土地でテキーラを飲み、タコスを作った。

人間が持つひとつひとつの概念を奪って、地球を侵略していく宇宙人の話。
筒井康隆の「残像に口紅を」の言葉遊びを思い出した。この手の作品は享受者にあげ足取りをされることが確定しているしそれが評価に反映されやすいから勿体無いと思う。分かりやすいストーリー、考えやすいテーマ、想像しやすいオチで頭空っぽにして観られていいな〜(u_u)zzzて、うとうとしてたけど目ガン開きで愛について語る東出くん怖すぎて目覚めた。
地球侵略と聞くと土地や資源をどうのこうのする話を想像するけど本当に必要なのは意識障害を引き起こすことなんだね、勉強になりました。いつか全てぶち壊したいときのために頭の片隅にメモしておく。

最近行く店に松田龍平がよく来るらしく、マスターとダブルピースして写っている。写真の中の彼は、果たして誰なのか。
ピカル

ピカルの感想・評価

3.6
松田龍平の飄々感が、侵略者に乗っ取られた男にびったりだった。人間の概念を知ろうとする宇宙人はしきりと言葉じゃダメだといっていた。言葉ではなく直接感じとる。相手の悲しい気持ちを言葉ではなくそのまま感じとれたら、私達は、誤解することなくどんなに深く理解し合えるだろうと思った。
5loth

5lothの感想・評価

3.5
すごい。すごいおもしろかった。現実や、正に概念が換骨奪胎されていって頭がグラグラする。後半の車中の会話がほとんどやばい。「仲間がいるなんて言ってなかったじゃん」とか「家族いるの?」とか。あのテンションで真理!イライラしてる長澤まさみ最高。すごいどうしよう。
設定はめちゃくちゃ苦手なんだけど、意外と観れた。B急映画感。SF×ロマンスがなかなかいい組み合わせだった。ハマり役な松田龍平。なぜ君が愛を語る?の東出昌大。僕は信じてる 世界には愛しかないんだ!
日本のSFって、難しいですね(そう感じているのは多分、自分だけだと思いますが)
最終的には、侵略出来たと解釈すべきかな?
★何だか様子がおかしいあの子は、宇宙人に身体を乗っ取られている。

#ジャパニーズSFって、何かこうCGがチャチでアイドルとかイケメン俳優とかばっかり使っててみたいな、負のイメージを持ってしまっているんだけど、もうね、面白い。どうなっちゃうんだろうってわくわくする

#マイルドな寄生獣

#宇宙人、特に生に執着があるわけではなくあっさり死ぬから、そこがまた怖い

#よく付いていくなあ

#“概念を抜き取る”っていうの、怖すぎる。何かが欠落していく人々

#宇宙人の性格がそれぞれ微妙に違うの、面白いな

#何かの概念を抜き取られても基本的にはみんな普通に過ごしているのが良い

#ジャーナリストさん、人生に絶望してるわけでもないのに人類を滅亡させる作戦に言われるまま一役買ってて、怖いとかどうしようとかないのかなあと思ったけど、ずっと他人事なんだよね。目の前で起きていることにリアリティーを感じられてないみたいな。それがかえって生々しい

#まさかの純愛ものだった……。
意外にもかなり面白い。侵略者の侵略の手口もおもしろいんだけど、最後にその言葉を知ってあの結末に向かったというのは、非常によくできたオチなんじゃないかと。
あお

あおの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

めちゃくちゃ面白かった。

宇宙人が乗り移ったり人間が概念を奪われたり、ウソのような話がリアルと織り交ぜられていて、色んな付箋も回収できていたし最後は予想外に泣いた。
ガイドという宇宙人と人間の中立の立場も設定として面白かった。

主演から脇役の俳優さん達が豪華で演技が素晴らしかった。宇宙人役の3人は完全に乗り移っていたし、人間役はそれぞれ個性が際立っていた。

そもそも宇宙人が人類から奪っていった概念は不仲、引きこもり、パワハラ等地球上での問題。
小泉今日子が最後、「人間にとっては必要な事だったのかもしれない」みたいな事を言っていた。ウィルスが人類を侵略して世の中が淘汰される。全然違うけど今のコロナウィルスのご時世とリンクさせてしまって少し怖くなった。


鳴海の人としての「愛」を宇宙人の真治が学び、それにより人類は滅びなかった。

キレイごとかもしれないけど「愛」はやっぱり人間にはなくてはならないもので、人類はそれで成り立っているのかもしれない。

深いような軽いような、シリアスなようなポップなような、ふわふわした描き方が好み。
>|

あなたにおすすめの記事