美しい星の作品情報・感想・評価

美しい星2017年製作の映画)

上映日:2017年05月26日

製作国:

上映時間:127分

3.5

あらすじ

大杉重一郎は予報が“当たらない”ことで有名なテレビ気象予報士。悪くない仕事、悪くない暮らし、悪くない家族関係(妻・息子・娘)、悪くないはずの人生。そんなある日、重一郎はあるものと遭遇する。それは――空飛ぶ円盤!?「自分は火星人。世界を救うためにこのホシに遣わされたのだ」重一郎のなかに“火星人”が覚醒する。覚醒は止まらない。フリーターの息子・一雄が水星人、女子大生の娘・暁子が金星人として次々目覚め…

大杉重一郎は予報が“当たらない”ことで有名なテレビ気象予報士。悪くない仕事、悪くない暮らし、悪くない家族関係(妻・息子・娘)、悪くないはずの人生。そんなある日、重一郎はあるものと遭遇する。それは――空飛ぶ円盤!?「自分は火星人。世界を救うためにこのホシに遣わされたのだ」重一郎のなかに“火星人”が覚醒する。覚醒は止まらない。フリーターの息子・一雄が水星人、女子大生の娘・暁子が金星人として次々目覚める。それぞれの母星から使命を受け取った家族はそれぞれのやり方で世界を救おうと奮闘しだすが、やがて様々な騒動に巻き込まれ、傷ついていく――。

「美しい星」に投稿された感想・評価

natsuki

natsukiの感想・評価

3.8
最初から最後まで先の展開が読めず楽しかった!妄想(だったのか?)が、閉塞感のある世界を変化させるものとして肯定的に描かれるってことは、それ自体作り話である映画ではたまに見るけど、こういう、ちょっとありそうで親がこうなったら嫌だな、って内容なことも珍しい気がして面白かった。
dosukoi

dosukoiの感想・評価

3.5
久し振りに平沢進の金星が聞けたのが妙に嬉しかった
内容を理解しきれてないが何故かラストに震えた

このレビューはネタバレを含みます

127分。見れなくはないけど、感じることも、考えさせられることもほぼなかった。

地球人を救おうとする火星人。

地球を救おうとする水星人。

環境問題に興味を持った小学生が表面的に学んで議論しているような稚拙さを感じた。

火星人のポーズとか、金星人説を交えた親子間の妊娠話とか、シュールで笑えた。

原作は未読。
ハミー

ハミーの感想・評価

2.8
三島由紀夫原作の映画。

配役が良かったね。リリーフランキーと佐々木蔵之介。特に佐々木蔵之介のサイコパス的な無感情人間役はどハマりしてた。

己が宇宙人と気づいた家族は、それぞれの使命を果たすために、人間社会にメスを入れるのだが、その手順はあまりに無理があるだろうとコメディチックだった。さすが吉田監督。(知らんけど)

この点数を付けたのは最後のオチが理解に苦しみ、後味の悪い感じで終わったから…。
やばい。興奮。
なんだこれ。やばい。
こんなに映画を観て興奮したのは初めてかもしれない。

意味わからなすぎるのになぜかどんどん引き込まれてワクワクが止まらないしなぜか心が温まってきて涙出るし総じて''ヤバイ''

これ、吉田大八監督の才能だ。な。
こんなにおもしろく出来るの、すごい。

なんだか原作も読みたくなった。

とりあえず佐々木蔵之介はリアルガチで宇宙人だと思う。
顔がもう地球じゃない。こわい。

しうち

しうちの感想・評価

3.7
邦画でここまで意味のわからない作品を観たのは初めてだが、音楽の使い方やいくつかのシーンの勢いが素晴らしく、楽しめた。こういったアートよりの映画が邦画からもっと出てきてほしい。また原作も読んでみたい。
あまり眠れなくて映画3本も見れた時の2本目。
原作未読でよく理解できていない部分もありましたが、映画的に見ると途中途中のUFO襲来、アブダクションを予期させる演出はカッコ良かったですし、スピード感のある音楽も映像も先の展開を期待させる素晴らしいものでした。予想外にハラハラした!
個人的に思ったことを1つ。確かに佐々木蔵之介の言うことも一理あるな、と…。環境問題が騒がれている昨今ですが、環境問題ビジネスやそれに伴う嘘もちらほら見られることも事実です。異常気象と環境問題を直結させて、直接それとは言わずとも地球滅亡をイメージさせる大仰な言い方をする本やコメンテーターも見たことがあるのではないでしょうか。
周期的に起こる過剰な気象災害に対して「異常」とレッテルを貼って、「やっぱり温暖化のせいだ」とか「環境問題のせいだ」とか言うのは、目先のことに左右されているだけで、何事も長期的な目線で物事を考えなければならないという点は気を付けようと思いました。
udon

udonの感想・評価

3.9
面食いました。
面白いのは間違いないですが、
なんだこれって感じ。

リリー派として試聴してましたが、
佐々木蔵之介の話に面食らってしまい、
映画見終わったあとも、
世の中のあらゆる議論が
上っ面に思えてしまうという、
後遺症に苦しんでいます。
独特すぎる世界観、でもなんか面白い。

馬鹿馬鹿しいようで、真剣。

いい意味で最後はよく分からない感じで終わった。しかし、ハッピー。
のり

のりの感想・評価

3.0
面白くない、わけではない。
なんか不思議なもやもやが残る。
亀梨くんと橋本愛ちゃんが美しかった。
リリーさんの天気予報は当たらなさそう(笑)
>|