美しい星(2017年製作の映画)

上映日:2017年05月26日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:127分
    監督
    吉田大八
    脚本
    吉田大八
    原作
    三島由紀夫
    キャスト
    リリー・フランキー
    亀梨和也
    橋本愛
    中嶋朋子
    佐々木蔵之介
    羽場裕一
    春田純一
    若葉竜也
    藤原季節
    赤間麻里子
    川島潤哉
    板橋駿谷
    樋井明日香
    あらすじ
    大杉重一郎は予報が“当たらない”ことで有名なテレビ気象予報士。悪くない仕事、悪くない暮らし、悪くない家族関係(妻・息子・娘)、悪くないはずの人生。そんなある日、重一郎はあるものと遭遇する。それは――空飛ぶ円盤!?「自分は火星人。世界を救うためにこのホシに遣わされたのだ」重一郎のなかに“火星人”が覚醒する。覚醒は止まらない。フリーターの息子・一雄が水星人、女子大生の娘・暁子が金星人として次々目覚める。それぞれの母星から使命を受け取った家族はそれぞれのやり方で世界を救おうと奮闘しだすが、やがて様々な騒動に巻き込まれ、傷ついていく――。

    「美しい星」に投稿された感想・評価

    環境問題、ねずみ講、恋愛、政治。
    身の回りのふとしたところに、耳障りがよい、落とし穴がある。一度陥ってしまったら、なかなか抜け出せず、その深みに泥沼のようにズブズブはまってゆく。客観的には、おかしな行動も、その人自身にとってはとても正しいことをしている気になってしまう。
    弱い人の心と、見失いがちな身の回りの環境。
    耳障りがよく、遠いところにあるがゆえに美化された問題よりも、身近なものへの感謝と努力をせよ。そう訴えかけられた気がした。
    主観ではどうしようもなくダサい人生でも、たとえ使命を帯びていなくても、客観的にみると君の人生はそれなりに輝いていて、美しい。
    そう、醜く弱く、儚いけど、微弱に美しいんだよ。きっと。
    あれ?橋本愛ってこんなにしゃく…
    やはり吉田大八監督の作品は素晴らしかった。
    そして私が丁度感じていたことを丁度この時期に作品が上映されていて私は「やっぱりあなたもそう思ってたんだ!」と勝手にうれしく思っていた。
    m
    4.5
    おもしろーーーーーかった!!!

    エンドロールで「原作 三島由紀夫」
    と知って驚いた。読もう。

    この内容を50年以上も前に書き上げていたことがすごいし、映像化したのもすごい。しかもこの映画だいぶ分かりやすい。


    哲学ですね、、ライトワーカーだ!
    すきすぎて食い入るように見てしまった。
    日本版SFの傑作。
    役者の良さが出てて良かったけど、むずい。
    『美しい星』
    例えば、完全に現実逃避ができる映画。こちらは確かに文句なく素晴らしい。一方で、何らかのフィルターを通して現実に向き合わされる映画。こちらも確かに価値がある。吉田大八というのは基本的に後者を描いてきた人で、しかも「現実逃避」をテーマに選んできたので語るに歯切れが悪い。
    近藤龍人の撮影はある種この映画にフィクション性を与える役割をしているのかなーとは思う。陰翳を際立たせたり、まるで怪談のような光源不明の照明を当てたり。
    観ているとわりと過去の吉田監督映画のパターンである「現実逃避したはずの先で酷い目に遭い、現実を突きつけられる」がこれでもかってくらいに頻出する。多分だけど、映画ファンには2種類いて、映画を通して現実を見たくない派と、現実を見るのもやぶさかではない派。本来吉田監督って賛否分かれて然るべき監督だと思うんですよね。『桐島〜』の絶賛一辺倒がむしろイレギュラーで。吉田監督作品の中で現実逃避する人っていうのは、やっぱりある種だめな人だってことを念頭に置かれていて、その上で突き放しすぎない距離感を保つ。この距離感は作品によって変わるけど、今回は久々に『パーマネント野ばら』以前の距離感に戻った感触があった。
    自分が物足りなさを感じたのって、戻ったはいいが、『パーマネント野ばら』以前にあったコメディ感覚が戻りきっていない感触があったからなのかもしれない。なんかシリアスとコメディのバランスがとれていない感じはした。
    リリさんのラブシーンに萌えた。

    まあこんな終わり方か~って感じでした。突っ込みどころ満載でした。
    悪い意味でチープ
    TomoyosHi
    3.5
    三島由紀夫原作、ストーリーやオチがどうこうというのはひとまず置いておいて、役者陣の魅力が存分に引き出されていたことが素敵な映画でした。
    >|