美しい星の作品情報・感想・評価

美しい星2017年製作の映画)

上映日:2017年05月26日

製作国:

上映時間:127分

3.6

あらすじ

大杉重一郎は予報が“当たらない”ことで有名なテレビ気象予報士。悪くない仕事、悪くない暮らし、悪くない家族関係(妻・息子・娘)、悪くないはずの人生。そんなある日、重一郎はあるものと遭遇する。それは――空飛ぶ円盤!?「自分は火星人。世界を救うためにこのホシに遣わされたのだ」重一郎のなかに“火星人”が覚醒する。覚醒は止まらない。フリーターの息子・一雄が水星人、女子大生の娘・暁子が金星人として次々目覚め…

大杉重一郎は予報が“当たらない”ことで有名なテレビ気象予報士。悪くない仕事、悪くない暮らし、悪くない家族関係(妻・息子・娘)、悪くないはずの人生。そんなある日、重一郎はあるものと遭遇する。それは――空飛ぶ円盤!?「自分は火星人。世界を救うためにこのホシに遣わされたのだ」重一郎のなかに“火星人”が覚醒する。覚醒は止まらない。フリーターの息子・一雄が水星人、女子大生の娘・暁子が金星人として次々目覚める。それぞれの母星から使命を受け取った家族はそれぞれのやり方で世界を救おうと奮闘しだすが、やがて様々な騒動に巻き込まれ、傷ついていく――。

「美しい星」に投稿された感想・評価

VIII

VIIIの感想・評価

3.8
リリーフランキー演じる父は火星人、亀梨和也演じる兄が水星人、橋本愛演じる妹が金星人だと気づいた家族の物語。
それぞれに足りなかったものに気づきそれを手に入れると自分の居場所に自覚していく。父は仕事のやりがいに兄は必死で働ける仕事、妹は真の美しさ、それを満たすと自分はそうだったのだと美しくない地球人とは違うと気づく。
一方母は、新しいコミュニティを求めてネズミ講を始める。そこに美しさがないと誰もが感じるだろう。だから彼女は地球人なんだと思う。

人間は自然が美しいと言うがそれは違っていて、自然を美しいと人間が感じているだと謎の宇宙人は言う。人間は山や海には美しさを感じるが人間には感じない。客観的に見れば人間も自然の一部なのに。
だから母は地球人なのだと思った。

最後に車窓からリリーフランキーが人の行き交う光景に「美しい」と言葉をこぼすシーンと橋本愛が金星人と通信するシーンが印象的。
Saeko

Saekoの感想・評価

3.5
久し振りに本当に展開がわからない映画を観たドキドキ感!わけわからんようで、なんかわかった気がする!と思ったらやっぱりどういうこっちゃ…というループ。
星新一のショートショートシリーズにどっぷりハマってた頃を思い出してSF熱が再燃しそうな。
結局理解不能でしたがなんとなくもやもやとこういうことなんじゃないかなーという考察が湧いてるので、誰かと一緒に観た後にわーわー議論したいと強く思う映画。三島由紀夫の原作読んでみたい!
みんつ

みんつの感想・評価

4.5
吉田大八監督の独特の演出で日常生活の延長線上にSFが描かれているのがとても面白かった。身近にあるちょっと不思議に感じる現象や人物はもしかたら宇宙人の影響なのかも…⁈と思えてきてしまう。いろいろと感銘を受けた作品。
tower1209

tower1209の感想・評価

3.3
強烈なメッセージ。独特でなんとも言いがたい映画でした。
tomoko

tomokoの感想・評価

3.0
わけわからないけど、
映像とキャスティングがいい感じ。
ウルトラセブンテイストなところは好きだが、リリーフランキーの決めポーズで毎回冷めてしまって乗れなかった。最後に家族が協力するところは良かった。
コズエ

コズエの感想・評価

2.0
友人4人で見に行ったんだけど、見終わってみんなしばらく無言だった(笑)
シュール?哲学??三島由紀夫作品に触れられたのは良かったのかも
Yuta

Yutaの感想・評価

4.1
誰が何と言おうと私はこの映画に感銘を受けました。
環境問題がどうだとか、戦争がどうだとか、地球がどうだとか、極論どうだっていいんじゃないかと思います。本当に考えなければならないことや大切にしなければならないことはそんなことじゃないしそんなに壮大なことでもないです。僕はこの「美しい星」という映画でその答えをそっと出してくれたような気がして、1人で地元の映画館で涙をおさえることができませんでした。
原作の三島由紀夫も素晴らしい作家だと思います。
ぴの

ぴのの感想・評価

3.7
シュールな映画。異星人の話。マルチ商法への皮肉がよかった。
機内にて。
何これ?しか感想がないくらい、謎な映画だった。
原作が三島由紀夫とのテロップを見て、一番びっくり。
読んでみたい。
>|