美しい星の作品情報・感想・評価

美しい星2017年製作の映画)

上映日:2017年05月26日

製作国:

上映時間:127分

3.6

あらすじ

大杉重一郎は予報が“当たらない”ことで有名なテレビ気象予報士。悪くない仕事、悪くない暮らし、悪くない家族関係(妻・息子・娘)、悪くないはずの人生。そんなある日、重一郎はあるものと遭遇する。それは――空飛ぶ円盤!?「自分は火星人。世界を救うためにこのホシに遣わされたのだ」重一郎のなかに“火星人”が覚醒する。覚醒は止まらない。フリーターの息子・一雄が水星人、女子大生の娘・暁子が金星人として次々目覚め…

大杉重一郎は予報が“当たらない”ことで有名なテレビ気象予報士。悪くない仕事、悪くない暮らし、悪くない家族関係(妻・息子・娘)、悪くないはずの人生。そんなある日、重一郎はあるものと遭遇する。それは――空飛ぶ円盤!?「自分は火星人。世界を救うためにこのホシに遣わされたのだ」重一郎のなかに“火星人”が覚醒する。覚醒は止まらない。フリーターの息子・一雄が水星人、女子大生の娘・暁子が金星人として次々目覚める。それぞれの母星から使命を受け取った家族はそれぞれのやり方で世界を救おうと奮闘しだすが、やがて様々な騒動に巻き込まれ、傷ついていく――。

「美しい星」に投稿された感想・評価

ゆう

ゆうの感想・評価

3.6
派手じゃないけど個性がちゃんとぶつかっている感じが良かった。原作のアレンジ力も素晴らしい。橋本愛かわいい。
はま

はまの感想・評価

3.5
全部に納得できたわけじゃないけど、わからなさも含めて、もやもやをもやもやのままでいいんじゃないか、と思えた稀有な作品。リリーさんだ、やっぱり。
亀梨目当てで見たけど内容が全然分からなかった。火星人のポーズとか宇宙人と交信したりとか真似したくなった。
ともこ

ともこの感想・評価

3.3
地球環境問題背景のSF映画と思ったけど裏テーマは「洗脳」?
ぶっ飛んでるストーリーだけども、人が外的要因や偶然の重なりによってなにかに目覚める怖さを感じた。
でもそれが単なる洗脳なのか、話のなかでの真実なのか曖昧なかんじが良い。
ところどころ笑いを真剣にはさんでくるあたりが面白かった。
原作を読まなければ正当な評価はしづらい映画かと
Lara

Laraの感想・評価

-
ほとんどしない映画作る人側の視線でついつい観てしまうぐらい、ディテイルまで細やかな作り。画面の切り替え感に何度もハッとされました。車の窓から見える東京の景色の美しさと寂しさ。まるでカプセルの中から見るような感じ、きれい。
奇想天外で不思議な映画。
解釈とかメッセージとかが人によって受け取り方変わるだろうなー。
設定を新しくして"今"の時代に作ったことに大きな意味があると思うし、吉田大八すげぇ。
いやー、変な映画!w
感想、変な映画でした!終わり!って感じですね。勿論嫌いじゃないですよ!全然好きですね。全編に渡って変なテンションのオフビートな笑いがずーっと止まらないないですよ感じでニヤニヤニヤニヤしながら観ちゃいましたね。
圧巻は中盤の覚醒するシークエンスですけどこれはもう完全におかしいw サイケデリックともEDM的とも言えるような徐々にテンションが上がって言ってトリップしていくようなイカれぶりが最高でしたね。音楽の渡邊琢磨さん、才能ありすぎですw
序盤から徹底して家族をバラバラに描写してる分、終盤に「みんな宇宙人になっちゃってるのに逆説的に家族の絆を取り戻していく」くだりが見ていて凄く気持ちいいですし、カタルシスがある。
桐島にしても紙の月にしても本当にこういう見てて気持ちカタルシスを作るのが最高に上手いですね。話の筋はドーンっと放りっぱなしで、それはそれでなんだか語り得ぬところがあるんですが...。
怪作、ですねw
yotaon

yotaonの感想・評価

-
天気予報雑になるところ面白かった
ウルトラセブンオマージュ
そして、水ビジネス!
>|