三度目の殺人の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

3.5

あらすじ

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛…

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷サスペンス。

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

満島真之介と共に話しながら食べる牛丼のシーンの尊さ。福山雅治が自身のキャラクター性から解放され、ただの一弁護士の仕事の合間を垣間見れる。真実を炙り出すことは難しく、濁ったままであることを暗喩しているような表現が良く、クライマックスでの仕切りに反射する福山雅治の顔と役所広司の顔が台詞と想像できる心情のオーバーラップしていく様子が、素晴らしかった。
いんつ

いんつの感想・評価

3.5
最後がん???のまま終わっちゃった
出演者は豪華だけど何か物足りないな〜
かい

かいの感想・評価

4.2
映画館で見たかったな〜〜

司法のこと全然わからないしお家で見たので中盤がちょっとだれてる気がしてしまった

内容が難しい
けど悲しくて不気味で、けど温かさもある、、そんな演技ができる役所さんが素晴らしい.....
すずちゃんも演技が良かった

名画座とかで上映するときにちゃんとまた見たいな〜
是枝作品でキャストも素晴らしい!からと言っても、ラストが気に入らない。
「本当のことを教えてくれよ!」福山のセリフを監督に返したい。
なんとも言えない感情になる。哀しいのか…役所さんが素敵な演技!
my

myの感想・評価

2.8
自分にはよくわからなかった。
3年後ぐらいにもう一度みなおさなければならない!と思った。
役所さんすごいな。優しくて悲しい「ただの器」を見事に演じてた。
ミステリーやサスペンスの方向で見るとあまり面白くない気がしたけど
「ただの器」の映画として見るなら
まだまだ受け取り不足なことがいっぱい残ったような深い映画。
kaede

kaedeの感想・評価

4.0
是枝監督の作品を観てる時って、必ず頭の片隅に「※こちらは是枝監督の作品です」というテロップが張り付いてるような感じがするんです。作品を必死で受け止めなくては!という気持ちで観るので、鑑賞後にはどっと疲れてしまう。
まつこ

まつこの感想・評価

3.2
モヤっとする映画だった。
法廷の事はよくわからないけど、人が人を裁く。このことがすごく難しく正しいことばかりじゃないと思った。
是枝裕和監督2017年作品。勝利にこだわる弁護士の重盛(福山雅治)はやむを得ず、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所広司)の弁護を担当することになる。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑。重盛は何度も接見室に通うが三隅は会う度に供述を変え、動機が希薄なことに重盛は違和感を覚え・・・・。

この映画は「人を殺した!この人が犯人だ!」というところから始まる。しかしその後物語を観ていくと、どんどん真相は「藪の中へ」羅生門スタイルなサスペンスと言えようか。この映画を観てどう解釈するか?どう考えるか?鑑賞者に大きく疑問を投げ掛けるタイプの作品。鑑賞者に大きく委ねてくるタイプの映画は、私的には苦手なものが多いが、この作品は少し違ってけっこう良かった。普通のミステリーと違って観れば観るほどモヤモヤするばかり・・・・。

それでもけっこう強く惹きつけられたのは何故だろう。人が人を裁く事、真実を語ることの意味、命の選別について、大きなテーマを深く考えさせられるからだろうか。これだけ翻弄され深く考えていくうちに、犯人は誰(と誰)?動機は何?真実は?と言った疑問が、半ば大きな問題では無いようにさえ思えてくる。重いし爽快なエンタメ性は低いが、人間の持つ闇の部分にも迫っていて観応えはたっぷりだと思う。

法廷が一つのメインの舞台となっているが、最後の裁判では裁判官、検察、弁護士、証人、皆で申し合わせて三度目の殺人をやってしまったようにも観えた。「法廷では本当のことを話す人間なんていない・・・」社会問題のひとつなのかも知れない。

もう一つのメイン舞台である接見室のシーンは毎回凄く観応えがあったと思う。特に役所広司の演技は圧倒的で容疑者三隅の存在が鑑賞者を翻弄しながらストーリー全体を引っ張っていると思う。ラストのガラス越しに映る三隅と重盛の顔が重なるシーンは緊張感のピークだ。「ただの器・・・」印象的なセリフも多かったと思う。重盛は三隅が背負っていた十字架を受け継いでしまったのだろうか・・・・。

どれだけ是枝監督が仕掛けたキーワードに気付けただろうか(笑)

観終わって重たい余韻の中で、これほど他人のレビューを読むのが楽しい作品も多くはないと思う。
>|