三度目の殺人の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

あらすじ

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛…

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷サスペンス。

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

伏線がパシッと回収され真相が明らかになるミステリーかと思いきや、全く違った。
よい意味で裏切られ、味わい深く後々まで引っ張る作品だった。
観た人とあれこれ語りたい作品だなあ。

犯人が本当に殺したかどうかは問題ではなく、伏線もどうでもよく、全てが曖昧で誰が本当の事を言っているかも分からない状況で、ただ判決だけが出る。

事実より勝ち負けに拘りシナリオを作る弁護士たちと、この裁判に早くケリをつけたい裁判官たち。

この国の司法に対する監督の思いをぶちまけたような作品に思えた。
事実はこれよりもっと酷いのだろうと思う。
こんなやり取りで裁かれ、人ひとりの運命が決まるとは何と恐ろしい。

「この人を裁くって誰が決めたの?」
私には響かなかったけど、いい映画だと思う。
子供いるorアラフォーなら見て楽しめると思う。
える丸

える丸の感想・評価

4.0
勝利にこだわる弁護士が供述が毎回異なる殺人自供犯に翻弄されるミステリーサスペンス。

殺人犯に翻弄され続ける。
主人公もそうだし、観てる側も!
何が本当なのか分からない。

翻弄され、なかなか真相が見えてこないながらも、少しずつ全体像が感じられる構成が面白い。

あとは、犯人役の役所広司の演技が見応えあり。
嘘ばかりで不気味な犯人を上手く演じて、作品をより重厚なものに!

最後までハッキリとは真相が分からないんだけど、こうだったら良いな。という所までは丁寧に描いてくれてる。
最終的にどう感じるかは観てる人に委ねられるんだけど、個人的にはカッコいい漢気を感じたええ映画でした。
烏賊飯

烏賊飯の感想・評価

4.4
司法に少しでも興味があるならオススメできる。あくまでも淡々としているがたくさん考察したくなるボリューム。

1人の刑事事件の弁護人視線で進むがとても合理的。いわゆる裁判ドラマなのだが法廷がずっと舞台ではなくそこでの裁判までの過程がとてもしっかり描かれていることがすごい。同じ殺人でも動機で刑が違ってくるなどある意味正論であり、違和感があるところをきれいに描いてる。

印象的なのは手の描写。物理的に手にしたり手放したり、目に見えないものを手に入れようとしたり、自分の手の内にあるかと思いきやもう戻ってこなかったり。そして結果手に入れるものは二度と拭えないものだったり。この辺りの考察は延々とできそう。

是枝さんらしくない内容かと思いきや、軸はやっぱり人間の心にあるところはさすが。終わった後にタイトル見返すだけで色々考えさせてくれる。司法に全く興味ない人だと動きが小さい上にスッキリしなくて微妙かもしれないけど、少しでもかじっていればリアリティがジワリとくる。フジとアミューズでこんな作品作れるんだといい意味で裏切られた。
ryoma

ryomaの感想・評価

4.2
法廷サスペンスというかサスペンスに不可欠な「事件の真相」に迫るわけではなかった作品だった。真相の部分に関して最後の最後に「地球だったのかー!」的などんでん返しがない、というか肝がそこじゃなかった。

作品の中で「真実を明かす」とか「正しさ」とか「裁きが下る」ということが現実になればなるほど自分達の常識から離れていくように感じて、でもこれで人が人を裁くことが愚かだとか逆にそれでも人が人を裁くことは正しいともならない。

これから事件報道の見方が間違いなく変わる気がする作品でした。大学で法学部かじっててよかった(笑)
yu

yuの感想・評価

3.7
光と影を利用した演出一つで魅せてくれる。ストーリーや結末の曖昧さは、ドキュメンタリー的というか観客側に監督自身の考えていることを映画で提示して解釈に関しては観る側に委ねている部分があるのだと思う。接見室と法廷が多くの部分を占める作りになっているけど、いろんな解釈ができる作りとなっている。是枝作品の雰囲気づくりも作品のテイストは変わっている部分もあるけど踏襲されている部分もあると思う。
真実なんて分からなくて、見てない限り予測するしかないんだなと思いました。シリアスだけど終始引き込まれました。役所さんと福山さんの2人の会話シーンは圧巻でしたね。
これ原案是枝監督なのですね…凄まじいですね。ずっと小説原作かと…

わたしもこれを見てコクソンを思い出しました。こーゆーストーリーの切り口はきっとアジアらしい世界への挑み方なのかなと。

『手を握るという行為はいつの時代から繰り返されてるか知っていますか?
”アダムとイヴの時代からです”』

ステラ・アドラーの言葉。そこまでクローズアップされているのなら是非とも宗教観にもっともっと繋がってくれてたら好みなのになぁ…と。でも日本での宗教って難しいですね。

拘置所でのクリアボードを挟んでの会話、弁護士側が曇ってて熱気を感じれて面白かった。

三度目の殺人。
誰が殺し誰が死んだのか。
渡部亮

渡部亮の感想・評価

3.6
是枝監督にしては、珍しく家族のテーマでは無く、殺人犯と弁護士の話。

んー、少し凝りすぎと言うか、相変わらず深いとこ攻めてるのは充分分かるんだけど、これじゃ伝わりにくいんじゃないかな?

淡々とした緊張感と役者の演技力は良かったけど、いかんせん内容が重い上にテンポが変わらんから、眠くなった笑

廣瀬のおすずさんは怒り以来のシリアスな役どころ。

個人的に◯倫を最近認めた斉藤由貴さんが言ってたセリフで笑いそうになった。

ゆれると真実の行方が観たくなった。
>|