三度目の殺人の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

3.6

あらすじ

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛…

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷サスペンス。

「三度目の殺人」に投稿された感想・評価

westtribe

westtribeの感想・評価

3.8
なるほど、噂通りモヤモヤする作品でした。タイトルの意味をいろいろ考えちゃったな。

スッキリとはしないけど、飽きずにのめり込んで観られた。広瀬すずは『海街〜』といい『怒り』といい、こういう影のある役の方が映えるのかもしれない。
aiueooooo

aiueoooooの感想・評価

4.6
終盤の福山さんと役所さんのショットすごくないですか・・・。
びっくりしちゃった。
そして、これがオリジナル脚本だなんて、恐るべき是枝監督!!
顔のアップのシーンが多いんだよね。そこでさ、鼻に反射して輝いている光が綺麗だった。
Riku

Rikuの感想・評価

2.5
意外と普通かなータイトルの謎だけが宙ぶらりんで面白い
mommy

mommyの感想・評価

3.5
何度も何度も私の中で繰り返されるメッセージ。をもらった作品。

こんなに問いが残る作品が、他にもあっただろうか。

“人は結局見たいようにしか見ていない。”
私が感じたことも真実のようで、しかし、私が見たいようにしか見ていないだけで。

となると、真実はどこにあるのか。
真実が本当に必要なのか。
裏を返せば、見たいように見ればいいということでもあり。

たとえ信じがたい事実があったとしても、目を背け、見たいように見てもいいわけで。

どう見たとしても、私の人生。
ということは変わらないのであれば。

生きていて心地いいところをみつけることが、私にとっては正解なのかもしれない。


是枝監督…。
この作品は私にとって、本当に深かったです。
見てよかった、出会えて良かった。
やっぱり、映画っていいもんですね。
yuca

yucaの感想・評価

3.5
(編集中)

裁くのは、司法か、社会か。
あるいは、人殺しか。

真実を求め、そして真実がわからないストーリー。
きっと何度も何度も反芻して、やっと何かが掴めてくるような映画。

観客に解釈を委ねる、所謂正解の存在しない映画だと思うので、以下は個人的な見解で…


【三度目の殺人】
「三度目の殺人」というタイトルに対して、劇中で明示されているのは今回の事件と北海道での事件(前科)の2つ。
では、「三度目」は何を指すのか。


供述が二転三転する三隅は、その中身の不在を感じさせ、善人なのか悪人なのかわからない。
最後の接見室でのシーンで、あくまでも真実を語らない三隅に対して重盛がつぶやいた言葉。

「あなたは…空っぽの器…」

虚無な三隅の正体は、まさしくその「器」なのではないか。


三隅の中に注がれるのは、本人とは関係のない人々の殺意。
北海道の殺人では、借金取りへの恐怖や怒りを持つ街の殺意。
今回の事件では、工場での待遇に不満を持つ従業員、父親への憎悪を秘めた咲江の殺意。
そして、三隅に向けられる司法あるいは社会の殺意。
つまり「三度目の殺人」は、三隅による、三隅自身の殺害のことを指す。

そして三隅の殺人は、単なる人殺しではなく、「裁き」だったのではないか。
ただし、ここで言う「裁き」は、劇中で重盛が使った高潔な、正義の裁きではない。

この映画では司法への皮肉に満ち満ちているが、詰まる所、裁判では真正な裁定はなされないことを示している。
それとは対照的に、三隅の殺人はある意味ではとても純粋で、とても単純な「裁き」であるように思える。


重盛元裁判官は、殺人者とその他の人間の間には深い溝があると言った。

「その他の人間」は、司法で裁こうとする一方で、他人への配慮・忖度によって、皮肉なことに司法は機能しなくなった。司法では借金取りも、工場の社長も、裁くことはできなかった。

溝の向こうにいる人間・三隅にとっての「裁き」には、咲江のためという忖度はない。
ただ、殺害された人間と、その人に向けられた殺意があるだけ。
SAYOKO

SAYOKOの感想・評価

3.0
最後までもやもやが残る是枝監督らしい映画だった。

次々と変わる容疑者(役所広司)の証言。その取り留めのなさがものすごく不気味に感じた。一見すると狂気なんてなくて、ただの穏やかなおじさん。だからこそ感じる笑顔の違和感。

掴めそうでつかめない真実にもやもやが募る。

謎めいた美少女(広瀬すず)と家族(斉藤由貴)との関係にももやもや。容疑者の証言にほんの少しの真実が隠されていそうで、もやもや。

弁護士(福山雅治)と父親との関係も、もやもや。

もやもやしながら、なにか哲学的なことが思い浮かびそう(あたしは浮かばないんだけどね…)。そんな映画でした。是枝監督×福山雅治の最強タッグなものの、好き嫌いは分かれそうだと思った。

ちなみに、この作品で斉藤由貴の出演作品を初めてみた!妖艶!声かわいい!涙の流し方が美しい!一気にファンになりました(*´∀`*)
chi

chiの感想・評価

3.5
予想通りに進んでると思ったら、最後に惑わされた。
nana

nanaの感想・評価

3.5
役所広司さんいい。福山雅治さんもいい。広瀬すずちゃんもいい。でもやたら十字架や鳥らがしつこい。最後の交差点も十字架。作り過ぎてる感がちょっと嫌。
話は嫌いじゃないけど見終わった後モヤモヤした。
みつ

みつの感想・評価

3.6
この作品にミステリー特有のカタルシスを求めてはダメだ。悲しいくらいにもやもやが残る。だが、誰が誰を裁くのか、深く考えさせられる作品。

犯人は誰なのか、どうして殺したのか、そういう推理をしながら鑑賞することはおすすめできない。この映画を観て考えさせられるのは、咲江の言葉に表される「誰に裁くことができるのか」この一言に他ならない。

取材を重ねただけあって法律の矛盾をうまくついている。法律の曖昧さに対する指摘が作品を通して伝わってくる。事務員の女性の「法律ってなんか変ですね」って言葉がまさにそう。
その法律の中でそれを武器に闘う者が真実を知りたくなるほどの嘘の積み重ね。嘘の中に真実が隠れている。嘘とは何か真実とは何なのか、混乱すればするほどに強く考えさせられる。
それに、カナリア、十字架、ピーナッツバター……メタファーの渦に飲み込まれそうにもなる。

重盛の勝利への執着から真実を知りたくなっていく変化、三隅の面会のたびに変わる表情や証言、咲江の一見無垢かつ静かな深い憎しみと心の傷、美津江のずるさ、弁護士たちの誠実さ、検事の正義感と裁判官の事情。
気づくと、考えたって答えはわからないだろうに登場人物たちの感情を推し量ろうとしている自分がいた。
>|