教誨師の作品情報・感想・評価・動画配信

「教誨師」に投稿された感想・評価

skitties

skittiesの感想・評価

4.1
牧師と6人の死刑囚との会話劇。
教誨師という職を恥ずかしながら初めて知った。
淡々とした会話のシーンだけで、死刑囚達それぞれのバックグラウンドを上手く浮かび上がらせてる。
死刑囚の苦しみを和らげる教誨師の存在意義を強く感じた。
どこか王道な感じのプリズン会話劇だけど
かっちりしてる

大杉漣さんが、佳い。
   
2018.10.16
今日は欲しい本があったのでブックオフに行ってすぐ帰るつもりだったが、たまたま見たかった映画の上映時間が噛み合っていたので、ふらっと見てきた。
昨年亡くなった大杉漣さんの初プレデュースにして最後の主演作となった「教誨師」だ。

主人公は死刑囚専門の教誨師で、希望する死刑囚と面会して、心の救済につとめ、改心できるよう導くボランティアをしている牧師さん。
なので、とにかく5人の死刑囚との会話劇なのだが、それぞれの役者が本当に自然な演技をしていて、グイグイ引き込まれ、最後には号泣していた。
会話からあらゆる社会問題が浮き彫りになる。ストーカー加害者の問題、格差社会の問題、教育問題、そして障がい者と冤罪と死刑制度の問題。
何だか頭をフル回転して色んな思いを巡らせた。

で、そんな疲れた頭で今に至って、今日は早起きしてこの映画館に来るべきだったと思っている。悔やんでいる‼︎

というのも、私が、いや世界が尊敬する塚本晋也監督が最新作「斬、」の舞台挨拶で来ていたからだ!
私がついた時にちょうど出てきたので写メだけ撮ったけど…あ〜話したかったよ〜(T ^ T)

早起きは三文どころじゃないおトクって思う!
Mmmmm

Mmmmmの感想・評価

3.2
思ったより面白かった
どーゆー感想を持っていいかわからないけど
も

もの感想・評価

5.0
人が人を裁くことの是非について考えさせられました。答えのない問いですが、知ろうとすることが必要なのだろうな…

自分から離れている人を(この映画では死刑囚のこと)を人間として認識していなかったのではないか、そもそもそういう相容れない人たちのことを排除して当然と思っていたのではないか、と気付きゾッとしました。罪があると責めうる資格などあるはずがないのに…

観てよかった映画でした。
サリー

サリーの感想・評価

3.8
大杉漣さんの 最後の主演作品
教誨師目線の息づかいが伝わってきて、次は誰と向き合うのか?ハラハラする。

玉置玲央さんは「麒麟がくる」伊平次 役で出演
これからの活躍楽しみにしてます。
うめ

うめの感想・評価

2.0
たぶん死刑囚あるあるが
満載で、
そこはヘェ〜と思うのだが、
面会室のトークだけでは
死刑囚や教誨師に見えなかった。
教誨師があんなに動揺したり
挑発にのせられたらイヤだな。
as

asの感想・評価

3.1
大杉漣の遺作。
優しさや誠実さが前面に出ていてハマり役だったのではないでしょうか。

罪を犯した死刑囚とはいえ彼ら彼女らも人間。
どんな威張って居ても死を目前にすると態度が変わる。
そんな"人"の部分に寄り添おうとする教誨師の姿がとても良かった。

ラストの意図を汲み取ることができなかった、あれはどういうことなんだろうか、、、
mikaramu

mikaramuの感想・評価

5.0
いやはや物凄い傑作でした。これが大杉漣の最後の仕事か。。。見事過ぎて言葉がありません。
共演陣そして画面のすべてに大杉漣の魔法がかかっているとしか思えない。ある意味究極の映画。
ストイックな物語設定に臆して見逃すのは本当に勿体無い。見始めたら止まりません。心ある皆さんにぜひ。
ひよこ

ひよこの感想・評価

3.3
よく映画なんかで、死刑執行前に牧師さんがちょっと出てくるのは観たことはあったが、この映画のような、【教誨師】の存在を今まで知らなかった。
大杉漣の最後の主演作らしいが、膨大なセリフ量、あっぱれです。
見応えあり。
>|