教誨師の作品情報・感想・評価

「教誨師」に投稿された感想・評価

教誨師

死刑囚6人との対話が始まる。

死刑囚と対話する教誨師を主人公にしたドラマ映画。
大杉漣最後の主演映画で、初のエグゼクティブ・プロデューサーも務めている。

これが大杉漣の遺作となったことにはとてつもない意味がありそうで、この歳になって初めてプロデュースをするくらいに強い思い入れがあるんじゃないかと思った。

教誨師とは、受刑者の心の救済につとめ、彼らが改心できるよう導く人のことである。

今作は様々な立場や環境、背景から大罪を犯し、死刑が決まった性格も全く異なる一癖も二癖もある死刑囚6人と対話する教誨師佐伯保(大杉漣)の物語である。

無言を貫き佐伯の問いに全く答えようとしない鈴木(古舘寛治)。
気のよいヤクザの組長でノリはいいがネジがズレてそうでどこか危うさのある吉田(光石研)。
年老いた文字の書けないホームレス進藤(五頭岳夫)。
よくしゃべるいかにも関西のおばちゃん的な中年女性野口(烏丸せつこ)。
我が子を思い続ける心優しい気弱な小川(小川登)。
日本を斜めから見下ろし自分本位の日本変革のために身勝手に大量殺人をした若者高宮(玉置玲央)。

心の救済は人としての生活を営む上で必要だと思うのだが、そもそも死刑囚に改心できるよう導く必要があるのか、という命題を自身に問い続けながら、死刑囚と対峙していくことで見えてくる現実の厳しさと生きづらさと複雑であるがゆえの生きることの難しさ。
それがひしひしと伝わってくる。

対話していく中で出てくる話が本当のことかさえもわからないことがあるが、死刑囚の中でも本当に様々である。
行為そのものに反省している人、どこか他人事のように語る人、他責にする人、そもそも覚えてない人、自分の正義を盾にして反省を全くしていない人、悪気なくやっちゃったように語る人、宗教や祈りにしか救いが持てない人など…

どんな理由があっても、人を殺してはいけないことは当たり前のことであると頭ではわかっているものの、いかなるときも本当にそうだと言えるのか…死刑囚との対話から出てくる言葉や感情に、正しさが何かわからなくなってくる揺れ動きがある。

世間のことを全く知らないがゆえに親切心でやったことから人生が崩れた人(しかもそれに気づいていない)、逆に世間を知りすぎてるからこそ我慢ならず自分の正義を貫くために大罪を犯した人など、死刑囚の中でも本当に色々なタイプの方がいることがわかった。
その中で、誰もが心底人を殺したいと思って殺してるようには見えないのが逆に怖い。
こんな人でも人を殺めてしまうのかと…。

死刑囚と対話していく中で、徐々に自分とも向き合い始める佐伯。
祈ることでしか救われない人もいれば、祈りなんてものは全く刺さらない人もいる。
その目の前の人とちゃんと寄り添い、向き合わないといけない。
それが自分とも向き合うきっかけとなる。

死刑囚と向き合うことは本当に難しいことであるとは思うが、イエスキリストの借り言葉を並べるだけじゃ本当に目の前の人の心を開くことができない。
それは基本的に人間不信に陥ってるであろう死刑囚ならなおさらである。

人は何かしらの罪を持ちながら生きているもので、そこに背徳感があるからこそ、話したがらない。
佐伯にもそのような過去があったが、それを話すことで、死刑囚たちが少しずつ心を開くようになってきたのは印象的だった。
人間は誰しも誤ちを犯すもので、その弱さを出すことで親近感やちょっとした信頼感にも繋がったのだろうか。

個人的に高宮みたいな人には、特にどうにかしてあげたいと思ってしまう。
頭もよいし、もっと他のことにそれを活かすことができれば…今まで認められてくれるような、引き上げてくれるような人がいれば…
死刑執行直前の高宮の表情と佐伯に抱きついたシーン。
心底怖かったんだろうし、あそこでやっと色んなことを悟ったんだろうな…それがもっと早かったらって何度思ったか。

死刑囚との対話から、生きやすい世の中とは、社会の不条理、怒りの置きどころのなさ、理想の社会とは、救われて欲しい人とそうでない人、無知がゆえに利用されることの怖さ、騙されたことに気づいていない純朴さ、そんな人が救われない辛さなど、様々なことを考えさせられ、でもどうしたらいいかもわからないし、本当の意味でこの状態こそが理解できてない気もするし、当事者意識を本気で持ちにいくことをし切れてないいたたまれなさをとても感じる。

基本会話劇なので大きな起伏があるわけではないですが、ここから考えさせられることは本当に多いし、死刑制度の是非が世界でも問われている今、鑑賞すべき作品だと感じました。

死の側から生を観て感じるとはまさに。
1人でも多くの人のもとにこの作品が何かしらの形で届き、考えるきっかけになれればと思います。

P.S.
大杉漣さん、最後にこのような素晴らしい作品を残してくれてありがとうございます。
もっと映画館で観たかった。
改めてご冥福をお祈りいたします。
キャストは知らない方も多かったが、本当にリアル感があって圧倒されました。
精神的にもっと大人になってからまた観ます。
漣さん。ありがとう。
とろろ

とろろの感想・評価

3.5
どんな理由であれ人を殺める行為は絶対にあってはいけない、これは大前提にある。
ただ、罪人にも其処へ至るまでのプロセスがあるはず。その人その人の理由。
嘘か真実か定かではないが死刑囚から話を聞き寄り添う教誨師と言う存在。
その存在ですら罪のない人生だった訳じゃない。
人間は生きていく上で罪を犯さないで生きるのは不可能なんじゃないか…

舞台のような映像で、映画の9割がその面会室で進行する。
どんな罪で死刑囚となったのか明かされないまま会話を紡いでいく。
その会話でそれぞれの罪が見えてくる。
現実にあるものばかり。

罪とは何か。罰とは何か。
死刑制度とは…
一石を投じる映画でした。

役者陣が熱演でした。
大杉漣さん、さみしいです。
mnm

mnmの感想・評価

4.0
圧倒的演技力に魅せられて引き込まれて、すぐに席を立てなかった。

同じ死刑囚でも自分がしてしまった事に対しての考え方と、それによって決まった己の運命に対する考え方が全く異なる。
教誨師も死刑囚も被害者も警察官も人間で、全員が自分の考えを言葉にしているけど、正解なんて無くて十人十色の考え方に共感してみたり憤りを感じたり、兎に角ぐるぐると感情を掻き乱された。

教誨師の牧師、佐伯さんの目線で描かれているから佐伯さんに対する死刑囚の態度に好感や嫌悪感を抱いてしまったけど、結局みんな重い罪を背負っていて決して許せないはずなんだけど…なんだかねー
動機はどうであれ殺人は絶対に許せないことなんだけど、それに対する罪悪感を抱く姿や開き直っている様子を見てると、死刑制度というもののあり方を改めて考えてしまう。

罪を罪と感じていない死刑囚たちの発言はこの人たち人を殺めてるんだよね?と確認したくなるくらいあっけらかんとしていて恐ろしかった。


死刑囚・高宮の言葉は刺々しくて相手を追い詰める話し方に恐怖を感じたけど、最後の最後に人間らしさを感じたのが救いのような気がした。

私は無宗教だし赦しを得るとか意味分からんけど、それを称える人がいる事は悪いことでは無いと思う。
起きてしまった事は覆らないけれど、それによって罪の重さを実感させる事は大切なことだと思う。

はあああああ何だかんだ何気なく観たけど、とても考えさせられる濃厚な作品でした。
観てよかった。
京都シネマで鑑賞。

まず観る側の年齢によって、まあどの映画もわりかしそうなのですが、特にこの映画では捉え方、感じ方が変わってくるのかなと19歳なりに思いました。歳を重ねたら再び観ようと思います。

演者の演技力、六者六様の演技力。今は亡き大杉漣さんの演技力。とても、引き込まれました。

映画では“死”についてなにかと考えさせられることが多いこの頃です。
致命的ミスで違うモールに行ってしまい、時間ロスしたことで最初の10分くらい見れず。。
舞台のような映画だった。
囚人や死刑制度を題材にした作品は本にも映画にもよくあるけど、教誨師っていう存在は知らなかった。
出てくる死刑囚は皆リアルなのに個性があってぞっとする。
大杉漣さんはとても素敵でした
karin

karinの感想・評価

3.9
佐伯と一緒に人間というものを見つめ、一緒に考える。
佐伯と答えが違ったって良いと思う。
作ってくれてありがとう。大杉漣さん、ありがとう。
kassu

kassuの感想・評価

3.5
専門的な部分で気になる点は多々あれど、とにかく死刑確定者役の演技がすごい。

印象的だったのは、大杉さんと幹部っぽい職員との会話。
死刑確定者たちの言葉を真に受けている大杉さんと、『あいつら基本あんなもんなんで』みたいな職員の姿勢。
ここがやけにリアル。

多くの人にとって非現実な矯正の世界。
矯正の常識、社会の非常識って言葉を思い出したわ。

何度も非常ベル押したくなった。
mura

muraの感想・評価

4.5
疲れているところに動きのない会話劇。音楽もない。寝てしまうなと思った。…けど、違った。面白かった。2時間惹きつけられて終わった。

教誨師と6人の死刑囚。死刑囚は三者三様、いや六者六様。口を開かない男がいれば、しゃべり続ける女がいる。後悔ばかりを口にする男がいれば、社会批判ばかりをくり返す男がいる。死をおそれる男がいれば、生や希望をあきらめる男がいる。そういった死刑囚たちと向き合うのは、はじめて教誨師をつとめる男…

死刑囚は、役柄が個性的なうえに、うまい役者が熱量をもって演じる。一方で教誨師は、大杉漣が「受け」の姿勢で静かに演じる。この対比が面白い。そしてこの教誨師は「大杉漣」そのものじゃないかとも思える。大杉漣の最後の演技だとの思いも重なり、特別な感情がわいてくる。

しかし個性的な死刑囚の言動をひたすら受けるだけだった教誨師が、しだいに個性を見せはじめる。ほんの少しだけ挿しこまれる面会ではないシーンによって。

やはり人間らしい個性や葛藤が見えてこそ寄り添える。そこに徐々に導いてくれる感じがいい。

読み書きできず、不幸な人生を送った老いた死刑囚に「苦労していますね」と言うと、「全然苦労じゃない」と答えが返る。でも今は楽しいこともなく、「死にたい」と。

この死刑囚はどんな罪を犯したのか。それは描かれない。背景も見えない。よくわからないまま死刑が執行されるというのは、現実にもいえることか。
ゆっこ

ゆっこの感想・評価

4.0
ほぼ会話。
BGMなし。
役者さんの圧倒的な演技が素晴らしかったです。
大杉漣さん。
ありがとう。
>|