三度目の殺人のネタバレレビュー・内容・結末

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

3.6

あらすじ

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛…

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷サスペンス。

「三度目の殺人」に投稿されたネタバレ・内容・結末

最後まで よくかわらなかったなぁ。話がすごく深かったんだと思う。機内だったので流し見してしまった。
真実の一端で人を裁くことの問題は複雑だな。

三度目は、最後の死刑のことだろうか。
面白かったというよりは見逃せない映画という感じ

終始犯人である彼に翻弄され振り回された映画である。
結局真実がどこにあるのか?そこを明らかにしないのは現代の司法制度やら裁判や人が人を裁く上での問題点への現れとも言えるのかもしれない。(意図的なんだよな?それとも理解力不足か?)

そんな訳で終始全ての真相は明らかにはならない。誰が本当のことを言っているのかも分からないし何が正しかったのかも分からん。

タイトルの意味も分からないまま終了。

監督が描きたかった上記の司法や裁判なついてのあれこれは特に終盤に如実に表れており、疑問に思う満島は観客の視点とも言えるキャラなのだろう(質問をして登場人物達に説明させているあたりとか)
役所広司の怪演は素晴らしいし、こういう重たい役にも挑んでくれている広瀬すずも好感がもてる

様々な父娘関係が示されたが有効にはたらいていたとは思えなかったがどうなのだろう?

とりあえず他にも見た人間と論議したい映画ではあったが、自身の読解力のなさ故なのか傑作とは言い難い映画でした。
あぁ、もっと深く知りたいものだ。
もう一度見たら理解が深まるか?
是枝裕和監督、出演キャストと惹かれるものがあり映画館で視聴。
公開日から少し経ったためか観ている方々は割と50代後半の方々が多めの印象。
映画の中身としては今の日本の法制度や人間性を問いかける作品になっていだなと感じます。真実よりも勝敗にこだわる重盛(福山雅治)の演技はどこか目の前のことよりも結果だけに縛られてるためか淡々なものでした。しかし三隈(役所広司)が起こした事件によって重盛の熱や感情が湧きはじめます。やがて真実に興味をもちはじめる重盛をあざ笑うように三隈の供述はちぐはぐで、近辺周囲を調べれば調べるほどどうしたらいいのかわからなくなっていく展開は観ている側もそれぞれで感じ方が変わるとおもいます。
個人的には福山さん、役所さん、広瀬すずちゃんが三人雪の中はしゃぐ姿のシーンが意味をなすようななさないようなシーンでそれまでの流れを一度断ち切り頭の中の整理をもらったとも思えました。
また観たくなる作品でした。
記録
この映画はサスペンスとしては微妙だった。是枝作品としては非常に稀にみる甲乙つけがたい作品だ。役所広司さんの役は多分サイコパスの役なんだろうけど、明快が見えて来なかった。広瀬すずも推測だろうけど、絶対に殺人に関わってるかもしれない。映画でそこを描いていたけど、全然解決になっていなかった。法廷劇ではあるんだけど、これはちょっと…

是枝監督自身も明確な結末を決めてないと
(あくまで関係者から)聞いて、ああ観た人それぞれの考えに託しますよってことね…。真実なんて誰にもわからないのね…。と口惜しくなった。

というのも自分なりに答えを出すのが苦手で、意図された解釈をしないとスッキリしない私なので、この映画とは相性が悪かったのかもしれない。

それでも役所広司さんの怪演は見事で、惹き付けられるものがあった。
また時間があれば小説を読んで、もう一度、映画を鑑賞しようと思う。
オーストラリア→日本の飛行機で。
壮大な映画だと思っていたら、刑務所、法廷シーンばかりの中で「信じる」について狭く深く考えさせられる映画だった。福山雅治演じる重盛が、初めは罪人の私情なんてどうでも良い、ただ勝訴すれば良いと思っていたのが役所広司演じる三隅のコロコロ変わる自供に翻弄され、感情的になり、三隅の私情を探っていく姿に、真実を知って「信じたい」がゆえに人間は性格まで変わってしまうのかと知ることが出来た。2017.12.31
20代の頃殺人を犯し、そしてまた人を殺した男。一転二転する供述。被害者の娘との関係。三度目の殺人とは?男の弁護人は、男を理解する必要などないと言っていたが、次第に真実を追い求めるようになり、振り回されていく。
一体何が真実だったのか、明かされぬまま終わります。受け取り手次第、考えさせられる映画とも言えます。私は、男を、犯人を理解し、真実を知りたいと思いました。殺人快楽者なのか。何か言いえぬ過去があったのか。自分に生という罪を感じているのか。原作があれば読みたいと思いましたが、無いようなので、私の読解力ではあと2〜3度見れば何かわかるのかも知れません。
役所広司の演技は、いつ見ても圧巻。引き込まれます。広瀬すずも良かったです。満足感はありますが、もやっとしているのが正直な感想です。
なんかモヤモヤする映画でした。
まぁ、そういう映画好きですけど。
最後の結論がモヤモヤするので別にそこまでだった中盤とかの結局、広瀬さんの演じていた役の足の原因は何だったんだろうとか役所さんの役の言っていたことはどれが本当だったんだろうとかのことが終わった後に再燃してきてなんかもうモヤモヤのオンパレードだった。
撮影が印象的。
素晴らしいし、最後らへんのあるショットなんかは鳥肌もんでした。
役所広司さんと福山雅治さんの面会のシーンは迫力が凄く引き込まれました。
役所広司さんが不気味な三隅を好演していて自分も惑わされてる感じだった。
結局、こういう感じで真実がうやむやにされる感じなんかは今の日本ってこういうことがあるよねという感じで考えさせられました。
タイトルをどう解釈するかで評価が別れる作品だと思います。
好きな作品です。
是枝さんの作品の中で
1番好きだなと思った作品。

結末の決まった映画に
慣れている人からすると、
真実が知りたくて
やきもきするようなエンド。

でも、作中で描かれていたように、
事件の「真実」などどこにも存在
しないのでは?

1つの物事も、経験する人によって
異なる「真実」が生み出される。
どれも間違いじゃなく、正しい本当もない。

あの結末のおかげで、作品のテーマに
ついて考える人はたくさんいると思う。
考えるべきは結末ではなく、
この作品に込められた〝問い〟だと感じさせられました。







(でも本当は結末が明快な作品の方が好き)
>|