三度目の殺人のネタバレレビュー・内容・結末

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

3.5

あらすじ

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛…

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷サスペンス。

「三度目の殺人」に投稿されたネタバレ・内容・結末

結局真実は何なのか?3度目の殺人って三隅自身の事?よくわからない、視聴者のご想像にお任せしますかぁ。
役所さん、すずちゃん、福山さんの演技は素晴らしい。
モヤモヤしたけれど、この話で重要なのは誰が犯人ではないと後で知って、なるほどと思った。人は人を裁けるのか、タイトルの意味。深い映画だった。
俺の読解力が乏しいのか、

映画が難しすぎるのか、


いずれにせよ、結末はやたらとモヤモヤして終わる。

思わず観賞後にネットでネタバレ解説を調べてようやく、あーなるほどと落ち着くことが出来た。


しかしこんなモヤモヤする映画を劇場に足を運んで見た日にはたまったもんじゃない笑

なんて罪な映画を撮る監督だろうと苛立ちさえ覚える笑

ただ、

なんとも不思議な魅力のある映画だなぁ、と思う。

ラストがまるでスッキリしないのに、

延々と散りばめられる伏線だけで、とてもいろんなことを考えさせてくれる映画だ。

現在の司法と言う制度の矛盾、

果たして罪を裁けるものは存在するのか?

…とてつもなく大きなところへ問題提起しているけど、多分この先、どんな大きなムーブメントが起こせたとて変えられそうもない部分だから後味が悪い笑

でも敢えてそこを流したとしても、

劇中で印象深いシーンは数えきれないほどあった。

娘が簡単に嘘泣きが出来てしまうこと、
カナリアの話、中国の目隠しして象に触る話、裁判長を含めて利己的に作業をしていること、殺人に関する解釈、いったい何が罪なのか、レイプ、食品偽装、法廷戦術…そしてラストの、器の話…

もうとにかく盛り沢山、である。


役所広司…まるでアンソニーホプキンスのよう笑
安心安定200点の演技である笑

映像も美しいだけにとどまらず、考えさせられるシーンが多い。

ラストの、接見室越しなのに役所広司と福山雅治が同一方向を向いて重なるシーンはとても印象的。

何度も観れば、また新しい発見がありそうな、いや、きっとある映画に違いないのだけれど…

俺はご馳走さんです笑
うーん、難しい。
1回目だと完璧に理解出来なかったですね。
モヤモヤして終わってしまった。

ガラス越しの2人のバトル
役所広司さんの目の色がどんどん深く変わっていくところは必見

三度目の殺人の三度目とは?
法律とか裁判とかレイプの暴露、はたまた誰からも信じられない時とか、なんだかありきたりなことしか思い浮かばないけど絶対違うんだよなー

雪の中の3人(十.十.大)は殺す人間と殺せない人間の境目なのかなー

ラストシーンのガラスの反射で2人が重なりそうで重ならない所も意味ありげでまだ理解出来ていない…

うーん、とにかく整理してもう一回観ないと分からなそうです。
三隅の命をかけた真実の告白は、司法という大船によって飲み込まれてしまった。

冷徹無比に見える検察官も、中立の執行人の裁判官も、被害者を弁護するべき弁護人も、立場は違えど同じ船に乗っている。

皆で目配せして、場の空気で持って、公判をやり直すのか、直さないのか。量刑をどうするのか、が決まっていく。
見なきゃ見なきゃと思いつつ今になってすまった。自分なりの感想を綴りたいと思います。
全体を通してのトーンは暗めであり見終わった感想は、ん⁉️って感じ。
最後の方でやはり三隅は共感覚を持っていて他人の恨みを自らに取り込むことで殺人を犯したんだと、その後の供述も他者からの影響であることは役所広司と福山の顔を重ねていることでも明白である。
そして随所にキリスト的な暗示がなされており、真っ先に思い立ったのがグリーンマイルである。が、恥ずかしながらあまり覚えていないのでまた後日見直します。
冒頭で焼くシーン、十字架、さらに三人の十字架となればキリストの磔刑である。三人の中心が広瀬すずなれば人々の罪を背負っているのは広瀬すずであり足が悪いのは十字架を背負わされてキリストの暗示か?がしかし物語はそれでも犯人の死刑で終わり三隅もそれで良いといった感じで終わるので司法への批判といったレビューになるのであろうが実際の意図するところは他人の感情を自分のものと思ってしまう一人の悲しい男の話を描きたかったのではなかろうか…そして父になるもそうだけどこちらに投げかれられるものに対しては自分の中で消化するしかないのが是枝作品やね。
町山智浩の言う考えさせられる映画は今の日本人に響くのかなぁ…
これは…ちょっと…難しい…
3番目の殺人は福山雅治によるもの?
2番目はなんだろう…二人によるものって描写は心理的なものなのか、直接的なものなのか
広瀬すずは、ちゃんと証言していたら何を語っていたのか

見直せば新たな発見もありそうだけど、そこまでするほど好きな映画ではないのでモヤモヤしたまま終了!笑
この是枝監督の作品は字幕必須^^;

いつも何かを問われる。
その問われている事がなんだろうって考えるのが難しい


最後に役所広司と福山の顔がわざと重なって見えるようにしているところ、がまさにって感じ。

自分が悪いのだが、途中ながら観してしまったので、話をまとめるのが難しかった。
【ストーリー】
ある殺人事件についての話。
社長を殺した三隅(役所広司)を弁護することになった重盛(福山雅治)。
三隅の供述はコロコロ変わり、本当のことがわからない。
検察側は、強盗殺人の容疑で死刑を求刑している。
重盛は死刑を無期懲役にしようと事実関係を探る。
まず、三隅は30年前にも殺人を犯しており、その時の裁判長は重盛の父であった。父からその当時の事件について聞く。
また殺された被害者には娘の咲江(広瀬すず)いて、娘は何度か三隅と会っていた。娘は足が不自由で、引きずって歩く。また三隅にも娘がいて、娘も足が悪かった。
当初、三隅は強盗目的で殺人をしたと言っていたが、ある日、週刊誌に三隅のインタビュー記事が掲載されており、そこには社長の妻からの依頼で保険金目的の殺人をメールで依頼されたというものであった。事前報酬として、報酬金の一部である50万を受け取っていたということ。
更に色々調べていくと、驚くべき事実が発覚する。娘の咲江は父から性的虐待を受けていたということ、社長の妻からのメールは殺人依頼ではなく、食品偽装を隠す為、口止め料として50万を受け取ったということであった。
娘は三隅を救う為、法廷の場で父のことを話すと言った。そのことを三隅に伝えたら、今度は本当は殺していない。最初に検事側、弁護側から罪を認めると刑が軽くなると言われたから、認めたと主張し始める。すでに裁判は始まっていたが、それを尊重することにした重盛。そうすると、咲江の主張は自分の気持ちを忖度して三隅は殺人を犯したということであり、辻褄が合わなくなる為、そのことは伝えないでほしいと重盛は咲江を説得した。
しかし、裁判の結果、三隅の主張は認められず、死刑を宣告された。
後日、重盛は三隅の元を訪れ、話を聞いた。
あの場で主張を変えたのは咲江に辛いことをしてほしくないと思い、言ったのではないかと。
三隅は自分は殺人者でもしそれが本当だったら良い話ですねと伝え、その場を後にする。
重盛は十字路の真ん中で空を見つめ幕を閉じる。

【感想】
真実が明らかにならないまま、視聴者に考えさせる感じの作品の作り方。
恐らく、1回目の殺人は三隅はしていなく、娘が犯したもの?2回目の社長の殺人は咲江が殺したか一緒に殺した?
だから、咲江を守る為、途中で主張を変え、咲江に辛い思いをさせずに自分が死刑になる道を選んだ?3度目の殺人とは、誰も殺していない三隅が理不尽に殺されることを表しているのでは。
あと、重盛が娘と話している時に携帯を聞く耳を左右入れ替えたシーンと三隅との会話のシーンで最初、手を合わせた時は左手で後半、無実の主張をした時、感情的になったシーンでは右手を出していたことから、表面上、感情を表に出て出さないようにする時は右を意識し、感情的、本音を言う時は左側を意識しているように表現しているのかなと思った。
総合的に面白かった。ただ、自分的に真実を視聴者に考えさせるっていう作り方はちょっといやだから、本当のことが知りたかった。
1度目は役所広司、2度目は広瀬すず&役所広司、そして3度目は福山雅治さんが導いてしまった死刑。
人が人を裁く、命の選別についてのお話かなと思いました。

最初は被告の素性なんかはどうでもいいという感情が大きかった福山雅治が役所広司と接触するうちに感情移入してしまい、結局[被告]役所広司を死刑という形で殺してしまう。

取り調べのシーンで窓越しに重なる描写なども、殺意(役所広司が思う自分を殺してほしいという感情)の移行がよく表していると思います。

原作ではよくその辺が描かれているとか。
>|