三度目の殺人のネタバレレビュー・内容・結末

三度目の殺人2017年製作の映画)

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:124分

3.6

あらすじ

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛…

勝利にこだわる弁護士重盛(福山)が、やむをえず弁護を担当することになったのは、30年前にも殺人の前科がある三隅(役所)。解雇された工場の社長を殺し、死体に火をつけた容疑で起訴されている。犯行も自供し、このままだと死刑はまぬがれない。はじめから「負け」が決まったような裁判だったが、三隅に会うたび重盛の中で確信が揺らいでいく。三隅の動機が希薄なのだ。 彼はなぜ殺したのか?本当に彼が殺したのか?重盛の視点で絡んだ人間たちの糸を一つ一つ紐解いていくと、それまでみえていた事実が次々と変容していく―。心揺さぶる法廷サスペンス。

「三度目の殺人」に投稿されたネタバレ・内容・結末

監督は司法のシステムについてメスを入れようとこの作品をつくったらしい

劇中で「訴訟不経済だから…」と裁判官検事弁護士で話し合ってただ効率的に裁判を進めることだけを目的にして、それに反発する登場人物がいるというシーンもあって、究極的には真実は当事者にしか分からないとしても、せめてその真実を見つける姿勢だけは司法になくてはならないのだと作品全体を通して監督は言いたかったのかな
おそらく死刑廃止に賛成とか反対とかではなく、真実発見の姿勢が欠けた司法によって安易に裁かれる人がいるという現状を批判しているんだろう(実際司法がそういう状態なのかは分からないが)
そしてその犠牲となったのが二度の殺人を犯したと思われる役所広司演じる三隅であり、その犠牲こそが司法による『三度目の殺人』である(っていう感じかな?)
ひとつわからないのは、三隅が否認した場合、じゃ誰なんだという話になり、嫌疑が咲江に行く可能性が全く無いとは言い切れない。絶対そんな風には話が進まないという確信が持てるほど、三隅は司法の世界に詳しいのか。そして
2回見た。何が嘘で何が真実か分からず、見終わってももやもや。役所広司の演技に翻弄される。反射を使った撮り方もとても良かった。
難しいテーマをいろいろと投げかけてくるだけでなく、スッキリと終わらないため、観終わった後はモヤモヤしながらあれこれ考えさせられる、実にやっかいで最高な映画だったな、との感想です。観応えがありすぎて、なかなか消化しきれない。

印象に残るのは、他者に関心がなく見て見ぬふりをする人たちと、他者に気持ちが向き、理解しようとする人たちの対比でした。前者は前半の重盛、裁判官をはじめとする司法関係者、咲江の両親、重盛父といった人たちで、後者は後半の重盛、咲江、川島ら若手の司法関係者、そしておそらく三隅でしょう。
事件の真実は煙に巻いた是枝監督ですが、上記の対比についてははっきりと前者に対する怒りを表明しています。本作は法廷ドラマの姿を借りた人間ドラマで、無関心で理解にチャレンジしない人やシステムを「お前ら意味ないぜ」と強烈にdisっているように思えました。

「何を考えているかわからない」と言われた怪人・三隅。しかし、彼の情動は丁寧に描写されている印象を受けました。理不尽な運命への怒り、娘への罪悪感、そのような中でも他者のために生きたいという意味への意志。他者の思いを受け止めて「器」になっても、「裁く」という復讐めいたやり方しかできない悲しさ。三隅を見ていて感じることは、悲しみでした。そこには無視され理解されない悲しみもあります。
なので、三隅は理解しようとしない人間を軽蔑します。だから、彼は合理的という名の下に事を進めようとする弁護士たちをコケにするのでしょう。

中盤、重盛に娘から電話が架かってくるシーン。ここが重盛のターニングポイントで、最も印象に残った場面でした。はじめ、自分の都合を重視し、重盛は娘を捌くように応対します。しかし、途中の無言のシーンで、重盛ははじめて娘の孤独さを思いやれました。彼の「…ごめん。もっと一緒に居れたら」といったセリフのトーンは今までとは異なります。
(福山雅治の演技にも感嘆!)
重盛は無関心サイドから理解サイドへの転回を果たし、ここから物語はドライヴしていきます。

そして、重盛vs三隅のガチンコ勝負へ。
このガチンコ感が本作品のもっとも旨い部分ですね。合理的で上っ面な関係は楽かもしれませんが、やっぱりガチじゃないと人間同士のやり合いは面白くない。保身してちゃ、ガチンコの手ごたえは味わえないです。
また、三隅を演じる役所広司の演技が鬼気迫りすぎているため、緊張感もハンパではない。面接室の仕切り版に映る両者の顔が重なっていく演出など、他者が他者の真実に迫る凄みを感じました。同時に、重盛が三隅との間に自他の境界をなくしていく危うさも描かれているようにも思いました。
勝負の結果は、熱くなりすぎた重盛の完敗でしたが、ラストで重盛が語った「咲江を守るために殺人を否認したこと」は、真実かどうかはわからずとも、三隅はそのように生きたかったように感じます。三隅はその後重盛を突き放しますが、あの時の表情や柔らかい光を交えた演出から、三隅の韜晦なんじゃないの、なんて感じましたね。三隅は重盛の理解しようとしてくれた姿勢を嬉しく感じていたんじゃないかな。

最大のモヤりポイントは、咲江の意志が尊重されなかったことです。咲江も覚悟を決めていたのに、ガチンコおじさん2人の「咲江を守りたい」という先回りのおかげで、結局その覚悟は大切にされずじまい。これは、重盛が三隅に同一化してしまい、弁護士としてのバランスを失ったことが原因でしょうね。ガチンコも大事だけど、冷静さも大事だな、と思いました。冷静ならば3人で面会するとかも、法的にOKならばできたような。

とにかく、メチャクチャ面白い映画でした。ホント観応えありました。
『目は口ほどに物を言う』
鑑賞中ずっとこの諺が頭に浮かんでいた。

主役3人の目の演技に引き込まれた。
特に広瀬すずのあの瞳は、少女から大人へなろうとしてる10代のうちにしか表現出来ないものだと思う。
足の障害、父親からの性的虐待、母親への不信…ひとりぼっちの17才にとっての唯一の救いは、紛れもなく三隅(役所)だった。
幸が薄いとかそんなチープな表現じゃなく、深い部分から起因する心の陰みたいなものが間違いなく瞳に宿されていて、テレビ等で観る「広瀬すず」のイメージを見事覆してくれた。あの瞳は間違いなく才能で、女優・広瀬すずとして今しか表現出来ない強烈な個性だと思う。蛇足だけど、劇中で何度か『さきちゃん』(役名さきえ)と呼ばれる度に、そわそわした。耳も心も喜びながら「どこどこ?」って言ってる気がした。完全に蛇足。笑

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

劇中数回挟まれる、裁判官と検察側&弁護陣営が方針会議をするパートは、とても良かった。吉田鋼太郎の「立場は違えど皆同じ舟に乗ってるんだよ…!」と諭す台詞が全てで、裁判官のノルマや法廷戦術など、そこに遺族や被告人の「感情や意思」なんかは全く介在されてない。悲しいけど司法の現実。あのパートがあって良かった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

幾度となく出てくる十字架のイメージ。
主役3人がそれぞれ左頬を拭うシーン。
裁いたのか、救ったのか。
夢の中で、3人が雪合戦するシーン。
同じく、広瀬と役所が共じて殺害遺棄するシーン。
中国の小話。象のどこを触っているのか。

すべてのシークエンスが、「三隅の話す真実と嘘の境界線」を曖昧にし、その曖昧さこそが作中最大の魅力になっていた。

個人的には、カナリアのエピソードや窓越しに餌付けするシーン、判決後に歩きながら手から鳥を放すジェスチャーがとても好き。端から見たら残虐な殺人犯のサイコパス面なんだけど、どこまでが三隅の演技で本音なのか…全部嘘だって良いって思わせてくれる程、三隅の掴み所のない心象をうまく表現していたと思う。

広瀬すずの足の障害の本当の理由は?
どうして広瀬すずは北海道への進学を希望したんだろう?三隅の故郷だから?
福山自身が抱える親や娘との確執とか
とにかくあれこれ邪推せずにはいられないパートが毒にも薬にもならず散りばめられていて、
観賞後はすべての事に疑問符をぶつけて悶々としたくなった。
解釈は皆さんに任せますよ系の映画が好きな人にはもってこい。

斉藤由貴のウラがありそうな未亡人も妙にハマってた。話し方から声のトーンから何から、あんな母親嫌だなー。笑(褒め言葉)

エンドクレジットで『バッファロー吾郎A』って書いてて最後もう一回混乱した。笑

橋爪功がパスタ作るシーンで、役所広司出演の某食器用洗剤が不自然にこっち向いてた。笑

こういう遊び心好きです。
あくまで僕の解釈ですが、、、

「三度目の殺人」は、三隅が、三隅を殺したこと、と考えました。

それまでのコロコロ変わる発言、最後に、自分はやっていない、といったこと。全て、自分は生まれてくるべき人間ではなかった、という感情からくる、自分が死刑判決を言い渡されるためのものだと、そう感じました。

とはいえ、僕の中では謎も多くて、でも、話の一本筋というか、そういうものはしっかり通っていて、そこが是枝監督のすごさかと。
誰が誰を、殺したの。助けたの。
そこを委ねるんだね ☆☆☆☆
 
キャストは豪華!!
ただ最後腑に落ちない感が否めない、、
結局どうだったのか気になるし、
翻弄するならするで、もっと重盛が壊れていく感じが見たかった
2017.11.6 in 金沢コロナワールド

滑り込みレイトショーで観てきました。是枝監督のファンなので、題材はあまり興味ないけどほぼすべて観てきたので、今作も期待を込めて観賞

是枝作品の中でも断トツでワーストだった。もう一度観る機会があるのなら、この映画がめちゃくちゃ好きな人と観て、議論したい

是枝監督の持ち味は日本らしい所作や間、雰囲気だと思っていて、いわゆる「曖昧さ」。それが今までと比べてがらりと題材を変えて法廷ミステリーにしてしまったから、持ち味が台無しだった。ミステリーなのにオチが曖昧なのは致命的。観てる人に判断を委ねるを大きく超えて宙に浮いたままだったから、腑に落ちなかった。

役所広司、吉田鋼太郎、広瀬すずなど出演者の芝居がすごいから、演技視点だとおもしろくて全然飽きない。特に市川実日子がインパクトに残る。福山雅治のこういう利己的で勝利にこだわり過ぎる役を多く見てきたせいで嫌いになりそう笑
>|