死刑弁護人の作品情報・感想・評価

死刑弁護人2012年製作の映画)

製作国:

上映時間:97分

3.6

「死刑弁護人」に投稿された感想・評価

フライ

フライの感想・評価

3.9
日本で一番嫌いな弁護士とアンケートをとったら、間違い無く上位に名前が上がる安田好弘弁護士のドキュメンタリー映画。
何故彼が死刑確定とも思える凶悪犯罪者を弁護するのか?何故死刑制度反対なのか?ニュースでの記者会見を見ても、全く良い印象は無かったし、どう言った人物なのか、以前からとても関心があっただけに興味深く鑑賞できた。

安田好弘弁護士の過去と、これ迄彼が弁護した、誰もが一回は聞いた事のある様な凶悪犯罪の、犯罪者達の過去や犯罪経緯、そして安田弁護士がオーム真理教裁判中逮捕された驚きの理由など、色々な意味で衝撃を覚える話ばかりだった。

どの犯罪も余りのおぞましさに、犯罪者に対し、関係のない自分でさえ殺意を覚えるものばかりだったが、安田弁護士の話を聞くとなぜ矢面に立ち彼らを弁護するのか分かった気がした。
犯罪者の過去、経緯、後悔の念、それを知る安田弁護士の犯罪者への思い、そして真意とも思える記者のゲスな質問に対しての言葉は、「あらゆる真実を表に出す事が真相究明と贖罪、同じ様な犯罪を出さない為」と言う発言に頭を殴られた気がした。安田弁護士の様な人が、真剣に被告達と向き合い、どんな人物であっても彼らを信じ戦う人いる事、且つ真摯に向き合い真実を隠さない事が、真相究明や犯罪の少ない未来に繋がるのではないかと思えた。

本作を見て思ったのは、人生と家族を犠牲にし、凶悪犯罪者の弁護をする安田弁護士を自分の中に悪として植え付けたのは、悪意のあるマスコミの報道であり、権力を振りかざす検察なのだと分かった。そして何より自分自身の弱さと軽率さなのだと感じた。
一番強く感じたのは、彼が本当に戦っているのは、絶対勝てない悪意のある国家権力と法律、一部の一般大衆受けするネタを一方的にばらまくマスコミや日本に根強く残る差別や偏見なのだと感じた。

相変わらず東海テレビドキュメンタリーの凄さを痛感させられた作品だった!
だぶ

だぶの感想・評価

3.5
安田弁護士と担当した裁判を振り返ろうドキュメンタリ

大変そうだわ
mie

mieの感想・評価

3.8
ウ~ン🤔
死刑制度は、被告が万が一冤罪だった時のためとか、更生せずとも罪と向き合う時間を与えるために、廃止したほうがいいと思う。
容疑者が有罪が確定する前(推定無罪)から、さも有罪のように報道するメディアは、報道の仕方考えた方がいい。一人の人間のプライベート壊してもいいのか。 自分がその立場になったらとか考えないのか。バーカ笑
一つの物事について色んな立場の人がいたほうが健全な世の中だと思う。
鷹の道

鷹の道の感想・評価

3.5
光市の事件では嫌悪感しかなかった安田弁護士でしたが、このドキュメンタリーを見て考え方が変わりました。物事をいろんな観点から見つめることの重要性を実感しました。
龍太郎

龍太郎の感想・評価

3.8
国家権力と対峙したら、それなりの力が動くことを再認識させて頂きました。日本の本質は戦前と変わってないのかも。
正直言って、私は死刑制度は必要だと思う側の人間なので、安田弁護士のような人の活動には否定的だったのですが、本作を観てこういう見方もあるのか、と一定の理解は出来ました。
……が、被害者から見れば殺しても飽き足らないほどだと思うので、被害者感情に寄り添う意味でも必要なのでは?
とても考えさせられる作品ですが、共感は出来ませんでしたね。
牛猫

牛猫の感想・評価

3.5
死刑事件の裁判を数多く担当してきた弁護士の安田好弘氏の姿を追ったドキュメンタリー。

どんな事件であろうと一貫して死刑廃止を唱え、死刑囚に寄り添おうとする。光市母子殺害事件の弁護団の会見がニュースで度々流れていたことから、この人の事は知っていた。事件の陰惨さもさることながら、物議を醸したドラえもん発言に代表される被告の証言はあまりにも衝撃的だった。
被害者感情を考えると、死刑になって然るべきと思ったし、こんな輩を擁護する弁護士にも嫌悪感しかなかった。

しかし、表面的な事しか報じずに、加害者をただのモンスターとして扱い、生い立ちや背景などは一切無視するメディアのあり方や、加害者や弁護士を一方的に叩く社会の理不尽さ、違和感をこの映画を通して知ることができた。
本当に必要なのは誰かを断罪することではなく、二度と同じことが起こらないようにすること。そのために徹底的に真実を突き詰めていく信念の強さを感じた。
安田弁護士のブレない姿勢は多くの敵も作るだろうけど、いくら国や権力に妨害を受けようとも、社会に非難されようとも、弱者に寄り添おうとする姿には心を動かされた。

普段あまり機会がない死刑制度について考えるきっかけにもなる作品だと思った。
heki

hekiの感想・評価

3.0
人権派弁護士の安田氏のドキュメンタリー。見る前は、正直この人のやり方はあまり理解できないという気持ちも強かったけど、こういう人も必要なんだろうなとは思った。
一貫したリベラルな姿勢の原点は学生運動と。納得。
raga

ragaの感想・評価

3.5
安田好弘弁護士を追いかけるドキュメント作品。凶悪犯罪者には人権はないのか、死刑を宣告された被告人がもしも冤罪だったとしたら誰が彼らを守るのか、被害者遺族は果たして極刑を望むべきなのか、この国の死刑制度そして情況証拠の脆弱を物語る。そこには国家権力の横暴によって私たちの生活も一変すると世間からの制裁が下されるかもしれない恐怖が伝わってくる。決してニュースの向こう側ではない。死刑制度を再考するきっかけになればいいと感じる。
緑

緑の感想・評価

4.0
有名事件を多数受け持つ安田好弘弁護士に密着したドキュメンタリー。

元々は私は安田弁護士を始め、
所謂人権派弁護士の多くは人を信じすぎているように思っていて、
その印象がより強くなった。
死刑を回避して時間をかけて
後悔や反省に辿り着ける人もいる。
それならば全力で戦うという気概は尊いとは思う。
ただ、世の中の理解は得られにくい。

今の日本は「不寛容社会」と言われる。
誰かの罪や失敗を見つけたら徹底的に叩きのめす風潮ができて
どれくらい経つのだろう。

重大事件の犯罪者を赦せとは言わない。
特に多くの犯罪被害者遺族は無理だろう。
でも、大多数の人はその事件に無関係だ。
どんな形であれ正義の鉄槌を下す権利などないし、
そもそも多くが事件を利用して
自分のフラストレーションを発散しているだけである。
そのことに自覚的にならなければ世の中は不寛容なままで、
安田弁護士のような活動が大勢に支持される日は来ない。

光市母子殺害事件での「ドラえもん」で悪名を轟かせてしまったが、
安田弁護士たちは冗談で言った訳ではない。
彼らは常に本気だ。
被告人がそう言うのだから、
そしてその発言が信用できると判断すれば
彼らは法廷でそう述べるのだ。
それを多くの人たちが「ふざけている」と捉えた。
恐らく検事や判事もだろう。

しかしそれは違う。
犯罪者の多くは未熟である。
劣悪な家庭環境だったり、適切な教育を受けられなかったり、
精神的な病にかかっていたり、
様々な理由が複合的に交わり犯罪に至る人が多い。
だから赦せとは言わない。
ただ、これらを理解しないまま安田弁護士たちの弁護を聞いても
正しい理解には至れないのだ。

「法廷戦術として言わないというやり方はなかったのか」と
記者に問われた安田弁護士は、
それでは真相がわからなくなると答えた。
判事への印象を良くすることよりも
なぜこんな事件が起きてしまったのかを
解明するほうが大事だと考えている訳だ。
判事はもっと真剣に受け止めるべきではないか。

「ドラえもん」と言ってしまう被告人であることを考えた上で
死刑の判決を下すならそれはそれで仕方ない。
現状、日本の刑法には死刑があるのだから。

法廷で死刑廃止を訴える弁護士は仕事を放棄していると
安田弁護士は語った。
そうなのだ。
法廷で主義主張をしてる訳ではないのだ。
事件を死刑廃止の運動の一環と見ている人は
多いのではないだろうか。
まずはこの誤解を解いて欲しい。

残念なのは、人は耳に心地いい意見ばかりを聞きたがることだ。
死刑賛成派の多くは死刑反対の弁護士の映画はまず観ない。
>|