HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKYの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY2017年製作の映画)

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:124分

4.0

あらすじ

SWORD地区──。 「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」「達磨 一家」という5つのチームが拮抗するエリアは、それぞれの頭文字をとってそう呼ばれていた。バラバ ラだったSWORDのメンバーたちは、伝説のチーム「ムゲン」のリーダー・琥珀(AKIRA)率いる湾岸連合軍との“コンテナ街の戦い”に辛くも勝利。街は束の間の平和を取り戻していた。そこに突然、彗星の…

SWORD地区──。 「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」「達磨 一家」という5つのチームが拮抗するエリアは、それぞれの頭文字をとってそう呼ばれていた。バラバ ラだったSWORDのメンバーたちは、伝説のチーム「ムゲン」のリーダー・琥珀(AKIRA)率いる湾岸連合軍との“コンテナ街の戦い”に辛くも勝利。街は束の間の平和を取り戻していた。そこに突然、彗星のごとく最凶の集団が現れる。暴力で人を束ね、街全体を震え上がらせていた暴君・林蘭丸(中村蒼)率いる悪名高いスカウト集団「DOUBT」。絶大な力で監獄に君臨していた王者・ジェシー(NAOTO)を筆頭とする武闘派集団「プリズンギャング」。新たな敵は、恐怖によるSWORD支配を目論んでいた。さらに権力と癒着してカジノ建設の野望を持つ反社会組織「九龍グループ」と、その陰謀を暴こうとする琥珀、九十九(青柳翔)、雨宮兄弟(TAKAHIRO、登坂広臣)の激闘も絡み、SWORD地区はかつてない事態へと突入する。

「HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY」に投稿された感想・評価

E

Eの感想・評価

3.5
アクションシーンはパワーアップしてるけど、もっと琥珀さん力を感じたかった。
cavernaria

cavernariaの感想・評価

3.0
相変わらず無茶苦茶なストーリーとキャラで、それに対してツッコミながら楽しめる良作。
犬

犬の感想・評価

-
なぜ俺はEXILEファンでもないのに『ハイロー1』も『ハイローTHE RED RAIN』も観ていて新作『ハイロー2 END OF SKY』も観ることを決めたのか、、それは!EXILEグループだからと食わず嫌いするのが勿体無いほど中身は邦画としてトップクラスのアクションを堪能させてくれるからだよ琥珀さんッ!

冒頭からアクロバット集団のRUDE BOYSが華麗なパルクールを披露してくれたあと、ハイロー世界のヒストリーや派閥、そのヒエラルキーなどを前作同様かっこよく丁寧に解説してくれるのだがそれがまためちゃくちゃカッコつけてて面白いんですよ琥珀さんッ!(褒めてる)

大型トラックで何回も突っ込むわ車は何台も破壊するわ、人数がまた何倍にも増えるわ、ターミネーターみたいな新キャラ増えるわ、、前作でも十分凄かったのに、また更に何もかもが邦画最高峰の型破りなスケールでブチカマしてくる。かっこよすぎてダサイと思いきやそこを突き抜けてちゃんとかっこいい。それは、それぞれの身体能力の高さと、パフォーマーとしての見せ方の上手さと、LDHのセンスと膨大な資金あってのクオリティだよ琥珀さんッ!

簡単に言えばEXILEグループ+αの超ロングアルティメットスペシャルミュージックビデオって感じなんだけど、ファンじゃなくても観る価値は十分にあるから、マッドマックスとワイスピが融合するであろう『ハイロー3 FINAL MISSION』も俺は見届けるぜ琥珀さんッ!
EXILE TRIBE(EXILE系グループの総称)の大多数が活躍する映画。カッコいいシーンが飽和状態。あらすじを一言で言うと、USBメモリを巡る争い 笑
冒頭に流れる今作に至るまでのダイジェストは、凝縮されすぎて頭に入ってこない。楽しむ為にはメンバーを憶えた上で過去作を復習する事が必須。その条件を満たせば、彼らが登場する度に感激するはず。
yui

yuiの感想・評価

2.8
アクションはすごいけど中身がない、
むしろ前作から話あんまり進んでない。
一番気になったのはアキラさんの髪型(笑)

LDHは特に好きではなく窪田くんが出てるから
ドラマから見てたけど今作出番少なくて
悲しかったな。
九龍グループのおじさま方がいけめんすぎ。
キャストはほんと豪華。
Tak

Takの感想・評価

2.9
LDHは好きじゃないけど、
不良抗争モノが好きなのでドラマからハマってるw

話がデカくなればなるほど、
ストーリーは凡庸さを増してつまらなくなるのは仕方ない。

ただアクションは裏切らない。
冒頭の無名街の圧倒的スケール感に脱帽。
ド派手カーチェイスも海外レベル。
今、日本でこれだけ金の掛かったアクション映画を撮れるのは凄い。
yum

yumの感想・評価

-
思いの外、面白かった。
考える暇(というかそれ以前の話)を与えないジェットコースタームービーな感じ。
イケメン同士の派閥があるので、オタク層にも人気があるのが分かるなーと思いながら。

マイルドヤンキーとティーンの為のデートムービー。
kaito.m

kaito.mの感想・評価

3.5
前作と一緒で身体能力の高い人たちのアクションが迫力あってカッコいい。
特に前半のUSB(メモリ)争奪戦は熱かった。車のフロントガラスにガシャーンと飛び込む無鉄砲さかにときめく。おうちで静かにアップロードなんかしておれん!ってノリですな。
中盤は敵キャラのライブが退屈だった。この映画のアクションは支持するが、音楽のセンスはまったく相容れない。
後半はお約束の大乱闘。相変わらずカメラの動きも縦横無尽。隅から隅まで大乱闘。前作で慣れてたため、前ほどの驚きと感動はなかった。
誰が誰やらよく分からないし、ストーリーは全然進んでない。最後の最後で話を動かして『続く…』なんて、まったく憎いぜチクショウ。
singer

singerの感想・評価

2.5
こういうのは、絶対勢いが肝心だと思って、1作目から間を空けずに観ました。

いやぁ、もう見事に持ってかれたっていう感じでしたね。
濃いキャラクターが続々と登場して、
とにかく突散らかしたまま走り去ってったというのが1作目で、
2作目はもう少しドッシリとドラマを見せてくれるのかと思いきや、
またさらにブッ飛んだキャラが続出して、さらに加速してしまうとは。

もう、正直付いて行けないです。
何から何まで、映画でコレは早過ぎです。

でも、もう本当にここまで来ると潔さを感じるというか。
映像から、キャラクター、その仕草やセリフの細部までに、
カッコ良さを追求し切ってるというか。
それが、作品全体に波及してるのが素晴らしいなぁと。
その美学の追求の為に、ひたすら真面目に取り組んでるのがヒシヒシと伝わってくる。
このブレないトコが、この作品の一番の魅力だと思いました。

この置いてけぼりを食らわすような疾走感が、この2作目で、少し楽しめるようにはなったかな。

後、やっぱりアクションシーンは前作より磨きがかかって、喧嘩が喧嘩に見えない位、アクロバティックで、見応えがありました。

正直、自分の映画観や、カッコ良さの定義とは大分ズレてるし、違う物だけど、
やっぱりこのスピードで走り切るシリーズの着地点を見届けたいんで、
完結編となる3作目も観たいと思います。
コメダ

コメダの感想・評価

1.3

このレビューはネタバレを含みます

関口メンディー出てるwwwwww
しかも回想シーンで、「まいう~」の石塚さんみたいなオーバーオール着てて爆笑
窪田くんのチームがトリッキーですげえ!跳躍力(笑)佐野くんも跳ぶ!さすが鎧武
まじカーチェイスと大乱闘シーンは金かかってるから面白い
メンディー出てるから前作より0.1上げました