HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKYの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY2017年製作の映画)

上映日:2017年08月19日

製作国:

上映時間:124分

4.0

あらすじ

SWORD地区──。 「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」「達磨 一家」という5つのチームが拮抗するエリアは、それぞれの頭文字をとってそう呼ばれていた。バラバ ラだったSWORDのメンバーたちは、伝説のチーム「ムゲン」のリーダー・琥珀(AKIRA)率いる湾岸連合軍との“コンテナ街の戦い”に辛くも勝利。街は束の間の平和を取り戻していた。そこに突然、彗星の…

SWORD地区──。 「山王連合会」「White Rascals」「鬼邪高校」「RUDE BOYS」「達磨 一家」という5つのチームが拮抗するエリアは、それぞれの頭文字をとってそう呼ばれていた。バラバ ラだったSWORDのメンバーたちは、伝説のチーム「ムゲン」のリーダー・琥珀(AKIRA)率いる湾岸連合軍との“コンテナ街の戦い”に辛くも勝利。街は束の間の平和を取り戻していた。そこに突然、彗星のごとく最凶の集団が現れる。暴力で人を束ね、街全体を震え上がらせていた暴君・林蘭丸(中村蒼)率いる悪名高いスカウト集団「DOUBT」。絶大な力で監獄に君臨していた王者・ジェシー(NAOTO)を筆頭とする武闘派集団「プリズンギャング」。新たな敵は、恐怖によるSWORD支配を目論んでいた。さらに権力と癒着してカジノ建設の野望を持つ反社会組織「九龍グループ」と、その陰謀を暴こうとする琥珀、九十九(青柳翔)、雨宮兄弟(TAKAHIRO、登坂広臣)の激闘も絡み、SWORD地区はかつてない事態へと突入する。

「HiGH&LOW THE MOVIE2 / END OF SKY」に投稿された感想・評価

HiGH&LOWは此処から見始めた。

王道的展開で満足。

初見の人間に優しい10分程度の人物紹介がありより本編が楽しめた。

推しは強いて言えば鬼邪高😎
ユイナ

ユイナの感想・評価

4.3
達磨一家のボンネット芸に⭐️4.3付けます
2作目も観てしまった…
そしてまたしても面白かった。

体力の有り余った若者にとっての格好の活躍の舞台であり、ハイテンションな音楽とまるで役者が憑依したみたいに生き生きしているキャラクター達による超絶アクションの連べ打ちでテンションをぶち上げてくれるHIGH&LOW the movie。このシリーズにとって脚本が酷いとかストーリーが無いという指摘は完全に野暮なのではと思えてしまう。

前作同様最高なシーンと最低なシーンの落差が凄まじい。編集や話運びや展開は何なら前作以上に酷いんじゃないかってくらいのクオリティ。オープニングの「USBを巡って新たな戦いが始まる!」という余りにも適当なナレーションで初っぱなから何それ?って爆笑した。その後もみんながUSB、USB言ってて本当に頭悪くなりそう。山王連合の溜まり場でのほのぼのシーンなどドラマパートは本当に観てられない。クソダサくて阿呆らしい演出も多いけどこのシリーズにおいてはそんなシーンも可愛らしく思えてしまうし魅力の一つにもなってる。

ではやっぱりキャラ立ち、音楽、衣装、アクション、カメラワークのレベルはかなり高いし前作同様ラストの大混戦でちゃんと盛り上げてくれる。

沢山いる新キャラで特に最高だったのはNAOTO演じるジェシー、NAOKI演じる源治、中村蒼演じる蘭丸。
NAOTOは身体が小さいけれど身体能力がかなり高く軽やかな身のこなしと鍛え抜かれた肉体美がマジでかっこいい。
逆にNAOKIは身長が高くて風格もあるのでビジュアルだけでも満点。日本刀も似合う!琥珀さんに立体駐車場から外へ蹴り飛ばされてもほぼ無傷な不死身っぷりに笑ってしまった。
中村蒼はアクションではそんな感心しなかったけれど今までの可愛らしいイメージを完全に忘れさせるような極悪キャラを見事に演じてた。
他にもプリズンギャングの一員のナイフ使いの人の動きが凄かった。
メンディは風格の割に声が高過ぎだったしもっと怪力アクションを見たかった。
ELLYは相変わらず樹木希林並に自然体で楽しそうに演技していたので最高だった。

中盤のUSB争奪戦のカーアクション、バイクアクションは見たことないようなアイデア満載でかなりハイクオリティだった。

ラストの駅での大混戦も前作は超えられなかったけどそれ同様に興奮した。理由はどうであれ物凄く馬鹿っぽく達磨一家と鬼邪高などのSWORDのメンバーが助っ人に来るシーンはそれぞれの音楽と相まって無条件でテンション上がる。前作よりは控えめだし高低差はないけどロングショットのアクションシーンは至高。

新キャラの登場も含めて3作目が楽しみ。
マ子

マ子の感想・評価

-
とにかく観てるとテンションがブチ上がってくるので最高です

例えるならマッドマックス 怒りのデス・ロードのテンション(こまけぇことは抜きにしてとにかくアガるよう)な作品なので、なんとなく避けてる洋画民もぜひ観て欲しいなって思います。

LDHの手のひらで転がされるのは悔しいのですが、面白いものは面白いのでしょうがないっすHIROさんありがとう感謝永遠に……
根岸

根岸の感想・評価

3.7
どんどん規模がでかくなるもセンターはUSB
and

andの感想・評価

3.7
友人が3代目大好きで
付き添い鑑賞。

1もドラマも何も観てなくて
話とか何も分からんかなーって思ったけど、
初めにキャラクター説明とかあったから
まだなんとか追いつけたかな。


でもストーリーでスムーズに理解するには
やはりちと難しいなと思ったんで
ドラマとかも只今ひと通り観てますの期間。笑

映画第3弾までに全て観て把握できればな。


兎にも角にも、
エリーとナオトがあっちの役柄やったのが
切なす。

ナオトのムキムキマン具合には
惚れ込んじゃいました。きゅん
でも3には出やんのやろなぁ...
出たらさいこー♥


HKのあのムキムキマン好きな人には
たまらない瞬間があるので是非ともそこだけでも笑笑

あー、あんなムキムキマンに
抱き寄せられたいぜ。←

もはや作品の感想じゃない...笑

まあ、アクション的に普通に楽しめました!
あの、バイクの場面!
たかひろとおみの!
なおきが出てくるとこ!
あっこのアクションが一番たまらんかった!!!

まあまあお金もかけてる感じですよな!
これ、1もドラマも3もかけすぎなんじゃないすか?ってなりそー笑笑

他有名な人以外知らん人ばっかやったけど笑笑
俳優陣は皆分かったけど笑笑

アクションとして普通に楽しめました!笑


あ、最後に...
ロッキー役の人の歯
喋ってカチカチならへんのかなぁ
それか音声だけ後で入れてんのかなぁなんて
勝手な妄想(使い方まちがてる)膨らませてました笑笑
sen

senの感想・評価

5.0
アクションに度肝を抜かれた。
日本の映画でここまでやるなんて!と驚嘆。
話の内容や演技は最初のドラマに比べれば上手くなっているけれど、それでもツッコミたいところは幾らでもあります。
でもそれを上回る製作陣の作品の熱量に感動しました。
次回作が楽しみです。
ロタヒ

ロタヒの感想・評価

3.4
点数付けろと言われると決して高い点数にならないが、人に感想聞かれたり言う時に「楽しかった」と言うのがこの映画シリーズ。いっぱい人が出てきてめちゃくちゃやるのという観たいものが観れた。ドラマ観てないし出てる実際の人たちに関してあやふややのに、本当不思議な魅力があるもんやで。
公開終了前に間に合った!
今回はホワイトラスカルズがメインどころでしょうかね、とてもかっこよかったです。
個人的に源治が無敵すぎて怖かったです。
GANTZの綾野剛がやっていた役のような…。
11月の映画が楽しみな終わり方でした。
nobutaka

nobutakaの感想・評価

4.0
えー、、すんげぇおもしろいじゃん、、
好きなキャラは窪田正孝のスモーキーと林遣都の日向!少年漫画的な美少年イカれキャラがここまで完成度を持って具現化されてるところ初めて見たよ!
ビジュアルでいえばすきやきウエスタンジャンゴの堺雅人以来のドンピシャ!