オン・ザ・ミルキー・ロードの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

オン・ザ・ミルキー・ロード2016年製作の映画)

On the Milky Road

上映日:2017年09月15日

製作国:

上映時間:125分

3.8

あらすじ

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去…

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去によって、村は襲われてしまい、2人の逃避行がはじまります。

「オン・ザ・ミルキー・ロード」に投稿された感想・評価

前半の巨大な時計に人間が弄ばれるくだり、残酷さとユーモアが見事に共存していて、クストリッツァにしかできない技法を目撃した。
後半、次々と移りゆくロケーションが揃いも揃って素晴らしい。一緒に世界を翔けているような気分。

クストリッツァ組は一体どんなロケハンをしているんだろう。
石

石の感想・評価

4.5
夕食後、突然見なきゃいけないような気がして自転車かっ飛ばして下高井戸シネマの最終上映へ。
今の私が求めていたもの、知りたかったこと、知っていたこと、欲しかったもの、手に入れられなかったものが全部詰まってた。
ずっと心地よく見れた。
私だって何事も見落とさずに生きていきたかった。
rico

ricoの感想・評価

3.4
初期の頃のようなネタと演出のオンパレード、なのだが、ノレない。面白くないことはないのだけども、、、。
どこかで見た顔だなあと思ってたらオープニングのクレジットで本人と確認。痩せたんだねえ。クマにまで餌やれて、動物好き部分はだいぶん満たされたのではないだろうか。
(パンフみようとしたら「販売元が品切れで入ってこなかった」との事だったので、結構盛況なんだろうなあとおもいました◎)
面白かった。
動物と景色がとにかくよくて、基本的に絵がかっこいいのでそれだけでも楽しい。正直言うとよくわからない展開もあるんだけど、コメディ側面として面白くてかわいくて許せてしまう。しかもそれを反転したあっさりとした残酷さがあってそれもいいんだよな。
しかし動物の演技すごいなあ。
空撮と音楽もすごくよかったな。
関係ないけど館内が寒くて震えながら観てました。
ポスターの雰囲気で観に行ったら、本編全く違った。
やられた〜!!!!
soramame

soramameの感想・評価

4.2
やっぱりこのゴチャゴチャした感じが、好き。
実際、エグみが強くて若干引きそうになるシーンもあったものの。
お祭りな音楽とか、可愛くて煌めいた音楽とか、本当に良かった。
生と死と、自然と人間と。
戦争と平和と。
二人の愛に絡めて、断続的にメッセージが綴られている感じ。
残虐な戦争によってゴチャ混ぜになってしまった、現実と虚構。
虚構はロマンチックで神秘的で、心揺さぶられる。
血まみれのアヒル、踊るハヤブサ、蹴っちゃうロバ、ミルキーな蛇、キッスな熊さん、モッフモフな羊、、もう動物愛が止まらない。
動物は友達で、愛は永遠だった。
もこ

もこの感想・評価

3.6
まさか生きてるうちにクストリッツァ作品が劇場で拝めるとは……!もうこの事実だけで幸せ。内容は今まで観てきた作品たちが良すぎてちょっと物足りなかったけど、相変わらず騒がしくて目まぐるしくて、でも戦争の悲惨さや残酷さも描かれていて見応え十分だった。モニカ・ベルッチはほんと男を惑わす美しさだ……あんなに荒野が似合う女性もそういない。CGの出来が信じられないくらいちゃっちかったけど、その分大自然の迫力や動物たちの躍動感、戦場の臨場感などの生々しさが伝わってきて、それもわざとなのかなと思った。この調子でどんどこ新作出して欲しいな〜。
犬

犬の感想・評価

-
動物全種類出てきた。もちろん犬も。ありがたい。壮大過ぎて目がまわる。
buccimane

buccimaneの感想・評価

3.5
動物をハームしてないですよって言うためにCGワザとらしくしてる感じでそんな印象悪くない。
後半のいつ死んでもおかしくなさ見事だったしすべてが全てがひとつのメッセージに集束していくの感動的。
酒場でのビッグブラザーがいる限り戦争は無くならないて曲名演だったし金持ちだったらこないだノンスモーキングオーケストラ来日公演行きたかったな。
!!!!!
めちゃいいじゃないですか!!
ユーモアが予想を遥かに越えていく!!
音の使われ方もすきです!
あぁ監督のファンになりました

2017.12.14 京都シネマ◇055
>|