オン・ザ・ミルキー・ロードの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

オン・ザ・ミルキー・ロード2016年製作の映画)

On the Milky Road

上映日:2017年09月15日

製作国:

上映時間:125分

3.9

あらすじ

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去…

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去によって、村は襲われてしまい、2人の逃避行がはじまります。

「オン・ザ・ミルキー・ロード」に投稿された感想・評価

SATOKAZU

SATOKAZUの感想・評価

3.5
映画制作を始めた時に、

自分主演でいくなんてないよなあ、

ってのは
いやあるかもよ、だって自分の世界なんだから体現するには一番早いかもよ、
みたいな話はあるかもしれないけれど、

その過程で出会ったロケ地に、
村を作って
そこを、じゃあ故郷と呼んでしまおうか、なんて、
ないよなあ、

ってことで、
うーむ、
昨今の都会のど真ん中から距離をとってすごそうブームなんてものなんかでは収まりきらない、

なんとゆうか、
超越できた人だからこその発想であって、

一般的な
ヤバイ映画づくり屋さん
ヤバイエンタメづくり屋さん、
ヤバイエンタメ鑑賞屋さん、
な人たちの中には、
決して芽生えることのない、

原点をつくる想い、
とゆうか、
未来をつくる想い、
とゆう
みたいなことなんだろうか、

[エミールクストリッツァ、半端なっ]


そんなことを

映画館には、
俺より絶対に年配の方が多いなあ、
やばい内容とゆうより、
受け取る側のレベルが数段高い、
なんだこのオーラは、

とか出鼻くじかれながら思いながら、

いや、
だとしたら、
おれの方が想像力豊かにこの作品と向き合えるかもしれないし、
なぜなら考えの幅が広いし、

とか思いながら、

アヒルが!
ハヤブサが!
ロバが!
ヘビが!
うわ、
ヘビが!
ああ、
ヤギが!
そう
ヤギが!
いや
ヤギが!

…、
助演動物賞を、
勝手に与えます!

とか思いながら、

じーっと

観てました。

これは、
観た人と話したい映画、
(しかも同世代で、感受性高くて、少し知的な人ならなお良い)
ここ、四半世紀(15年内)の中で、
ナンバーワンの映画
って言ってもいいかも

なあ

そうでしょう

なあ
Kaito

Kaitoの感想・評価

4.5
愛と暴力、生と死、寓話に現実と狂騒的なごった煮で泣き笑いの2時間でした。
「Underground」同様に裏にあるテーマは厳しいけれど、残された者の行動で描く鎮魂の描写は心をうたれました。
ヒロインの姥桜ぶりは「ELLE 」といい勝負で、いい感じに歳をとることの重要さが良く分かります
Rena

Renaの感想・評価

4.6
壮大な自然・風景
愛くるしい動物たち
次々と降りかかる予測出来ない展開

そして、私の想像を遥かに超えたラストは、非常に深かった...

『 アンダーグラウンド 』のラスト・シーンの素晴らしさに、「涙で画面がくもってしまう… 」 と表現した淀川長治さん。同じクストリッツァ監督の本作品を鑑賞していたら、このラストはどう語り継いだのだろうか。

戦争 愛 狂喜 ユーモア
そして、そこへ見事に織り込まれていくファンタジー

多彩な才能の持ち主であるエミール・クストリッツァ監督は、俳優としても素晴らしかった!! 彼が演じるコスタの表情から、目が離せなかったです。

ラストは自然と流れ落ちてくる涙を受け止め、自分の感情をただただ受け入れることしか出来ませんでした。

スクリーンをずっと見つめていたかった
美しい旋律を限りなく聞いていたかった
周りを気にせず、思いっきり涙を流したかった

しばらくその場に立ちすくんでいたかったほど、心に響きました。
要再見。
劇場で見たけど、見たことに入らないくらい寝た。こんなはずではなかった…
動物たちが画面を占めるだけで多幸感がある。
初日に観にいくつもりがずるずると。。。やっと観た!そして最悪だった
だいすきな過去作は越えられないて解っているしそんなのは問題ではなく
は?ていうシーンが多すぎて、まぁそれは自分のクストリッツァはこうあるべきだという結局ファンとしての気持ちが邪魔してるのだろうけど感覚的に、は?の連続だったからもう駄目だ
あとから思い返すと言いたいことは...て無理矢理良くすることはできてもやっぱり観ていて違和感覚えたらおしまい
でもクストリッツァは変わらず好き
サッカーを観ていてクロアチアやボスニア・ヘルツェゴビナと聞くたびに『アンダーグラウンド』を思い出します。昔は1つの国だったのにと。エミール・クストリッツァは映画監督、ミュージシャン、そして歴史家です。彼の作品は歴史とともに伝承されるべきものだと思っています。
今作ではこれまで以上に多くの動物たちが驚きの演技で物語を彩っていますが、一方で戦争の被害者となっている部分を見逃すことができません。
一転して監督は紛争に無関心というか、それが当たり前に起こっている日常かのように無抵抗な姿勢でただただミルクを配り、そして愛を語ります。
ウンザウンザの音楽にのって悲劇を寓話的な喜劇に変換する手法は今回も健在ながら、表面的に映るものとは裏腹にある思いを確かに受け取っていきたいと思います。
さち

さちの感想・評価

4.3
2017.10.16


🥛🚁🦅🐍🥚🐓🦆🦋🍯🐝🎃🐑🐐🐞🥛⛑🐈🍊🐻🍇


あーん😩全て絵文字で表現しようとしたけど全然絵文字ない…w ぶどうも黄緑をおくれよ…ガチョウもいないので鴨で代用鶏も蝶も色違うからね…ロバに至ってはないからね…残念w

紛争戦争と混乱、みんなで踊ろうバルカンミュージックも、あらゆる動物ごちゃ混ぜ問題も、全てクストリッツァ節炸裂だったけど、やっぱり🇷🇸の中でセレブ感溢れ出てるモニカ・ベルッチが浮いている気がしてならなかった。手はリアルに歳感じたけどwクストリッツァの自己満?(sorry🙏)
どちらかと言うと、スロボダ・ミチャロヴィッチのほうが輝いてましたね✨
白馬の王子様と夢見る少女の物語ならぬ、ロバに乗った中年男と酸いも甘いも噛み分けた中年女のラブ・ストーリー。
この映画では動物たちが人間と同等の存在感を持って映し出され、人間中心主義の考えに警鐘を鳴らす。
戦争は人間だけでなく、何の関係もない動物まで巻き込む。
地球に住んでいるのは人間だけではない。
人間も動物も等価な存在なのだ。
陽気なバルカン音楽に乗せて語られる前半は面白く、酒場で踊り狂い銃をぶっ放すミレナ(スロボダ・ミチャロヴィッチ)に痺れた。
しかし後半のコスタ(エミール・クストリッツァ)と花嫁(モニカ・ベルッチ)の「愛の逃避行」が始まってからは月並みな物語に堕し、正直退屈だった。
kam

kamの感想・評価

4.0
鑑賞したクストリッツァ監督作品はアンダーグラウンドから2作目。見てれば、知らなくても分かるくらいの個性を感じます。映像もストーリーもキャラも主張も素晴らしい。

戦時中のユーゴスラビアの戦場とかしている村を舞台に、牛乳運びのコスタと村のはずれに住んでいるザガ、ザガの兄の美しい花嫁の三角関係から、コスタと花嫁の逃避行に流れ込むストーリー。

村のあちこちで起こる戦闘の横では、普通にロバに乗り、ハヤブサと戯れながら、牛乳を運ぶコスタ。戦時中でも、普通の生活があるっていう、不思議なリアル感が良かったです。

全編にわたって動物が大活躍の野性味溢れる映画です。グロあり、お色気あり、ドンパチありの悲喜劇。面白いです。
じゅん

じゅんの感想・評価

4.2
混乱に次ぐ混乱笑
なんだかよくわからないけど、面白かった!!

踊るハヤブサ、リュビツアがかわいかった
アヒルかと思ったらガチョウなのね
そして不憫なヒツジさん…
>|