ヤコペッティの大残酷の作品情報・感想・評価

「ヤコペッティの大残酷」に投稿された感想・評価

諒

諒の感想・評価

1.0
城にカンディードという心優しき無邪気な若者が住んでいた。
そしてそこに住むクネゴンダという身も心も美しい姫。
二人は恋仲であったが、二人でいる所を王に見つかってしまい快く思わない王に城から追放されてしまう。
外の世界は、今までの世界と違っていた。
やがて戦争が起き、クネゴンダも犯された挙句に殺されてしまう。

世界観やノリについていけず面白さが分からなかった。
クネゴンダがとても可愛い。
マコ

マコの感想・評価

-
ロッキーホラーとエルトポを足したようなクレイジーな映画だった。キレーなおねーちゃんがいっぱい見れたので大変満足です。
主人公がマイコラスに似てる。
楽天家の青年の地獄巡り。ちょっとフォレストガンプに似てる。コントっぽい後半が好き。
ヤコペッティモンド映画を作った人ということは知ってたがこんなに映像センスが高い人とは
愚かで過ちを繰り返すのが人間

原因と結果?
そういう話になると私の頭の中もお花畑になりそうでした

2018 2 レンタル
観客にとって大残酷

どんな映画がわからずに見て、どんな映画がわからずに終わった。でもそれなりに楽しめるよ。ホーリーマウンテン楽しめるなら。
ヤコペッティ作品を観るのは初めて。タイトルに惹かれて鑑賞するも思っていた感じとちょっと違った。もっと野蛮で残酷な映画かと思えば、悪趣味でこそあるものの哲学的でどこか高尚な感すらある。原作の『カンディード』にまつわる記事や本作の解説、私見を調べると面白い。本作を観るにはいささか不勉強だったかなあ。それでもお花畑の銃撃戦や変態趣味はそれなりに楽しかったり。
TICTAC

TICTACの感想・評価

-
ホドロフスキーのエルトポみたいで、開始30分で脱落した

鑑賞したうちに入らない 笑

こーゆーの唯一苦手な映画だ
tonemuff

tonemuffの感想・評価

3.8
邦題からしてただの昔のエログロカルト映画かと思いきや、中身は愛する姫クネゴンダを探し求める何世紀もの時空を超えた滑稽かつ壮大な戯曲でした。


てかクネゴンダめっちゃ美人。エレキギター弾いてる中世の騎士との濡場は正直ガチで興奮しました。
ヤコペッティ初めて観た!

カオス全開でワケ分からないけど謎の説得力あるのがホドロフスキー映画みたい。

映像も綺麗だし音楽もカッコイイ!
hk

hkの感想・評価

3.5
なんだ、この頭湧いてる映画は...
少々衒学的すぎる演出でメッセージ性が強すぎるように思えた。

なるようにしかならない不条理な世界は、必然かつ必要で、価値判断の対象とならない最善の世界。嫌なこともあるだろうけど、決まった流れに進んでいくのだから、逆らってもしょうがない。見方を変えれば楽しむ道も残されている、といったところか

人類の歴史の不幸なイベント(戦争、奴隷、異端審問、宗教対立)を総ざらいしておいて、特に慰める類の映画にもせず、別段の救いの道を残すわけではなかった。
諦めに近い所があって、そこが多少ダサく感じられる節になっている...
>|