オン・ザ・ミルキー・ロードのネタバレレビュー・内容・結末

オン・ザ・ミルキー・ロード2016年製作の映画)

On the Milky Road

上映日:2017年09月15日

製作国:

上映時間:125分

3.8

あらすじ

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去…

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去によって、村は襲われてしまい、2人の逃避行がはじまります。

「オン・ザ・ミルキー・ロード」に投稿されたネタバレ・内容・結末

前々から興味があったクストリッツァ監督作品を初観賞。個性的でパワフルな作品。
ホド爺の方が強烈だけど、パッションは近いものを感じました。

寓話的な作品…ですね。ザックリと全体感で言うなら『世界の縮図』を想わせる壮大な作品でした。そこはアロノフスキー監督のMother!に近いのかも。個人的な解釈なので的外れかもしれませんけどね(^_^;)

『戦争の終わらない何処かの村』を舞台に描かれる、人々の姿。

アヒルや蛇、ロバ、ハヤブサや鳥、蝶、蜂…様々な動物たち。その舞台が『地球』だという実感を与えて、私たち人間も動物の一員だと感じさせてくれます。

象徴的な大時計。人を咬み、傷付ける描写。壊される描写。時は無慈悲で、人にとって有限なものである…そんな事を想わせる。

どこまでも追い立ててくる兵隊たちも、私達が抱く絶望や不安に思えました。

街を焼く描写も、破壊の象徴…環境破壊だったり、そのまんまの戦禍だったりね。

英雄ジャガの存在。束縛や圧力、困難。
制限される自由。
そこから逃れようとする心。

逃避行の末の別離。
どう足掻いても、逃れられないもの。

極彩色の鳥が舞い飛ぶ幻想の光景は…
エデンを感じさせます。

敷き詰める石礫。
積み重ねる事の象徴。
これまでも続いてきたもの。

私達が地球上で行ってる事…だなぁ、と。
どこまでも敷き詰められた石礫を見て、先人たちの作ってきた地層みたいなものの広大さを感じました。

なんというか…地球、動物、人間、人生…小宇宙を想わせてくれる作品でした。

独特な世界観と音楽と…これがクストリッツァ監督なんだね。3つの実話に寓話を織り交ぜて描いた作品らしいですが…まだ全部は飲み込みきれてなくて、取り留めもなく文字を羅列しただけなのでネタバレにしておきます。

他の作品も気になっちゃった。
今度、観てみよう(*´꒳`*)
「唯一 意味があることよ 何があろうとも 誰かを愛するって」
何この世界観?!って思った。最初は独特な音楽が苦手だったけどだんだん癖になる。それにしても動物かかわいそうだけどかわいいな。狂った男と超美女の逃飛行。この退廃的な世界観と少しファンタジックで芸術的な映像が魅力的でいつまでも浸っていたい。あと、所々入る暗くエネルギッシュな歌が格好いい。
監督自ら主演を務めたのもあってか、今までの作品と比べて淡々としたキャラクターの主人公。

いまだに簡潔にどういう話だったとまとめにくい内容。

映像としてはいつも動物の演出には驚く。
熊はすごい。
羊かわいそう!!
地雷ひどい!!
血まみれのガチョウとかロバとかかわいそう!!

それにしてもモニカ・ベルッチの現役感といいランク感といいイタリアの至宝健在だね。というかモニカに対するロマンがすごかった。モニカに色々したいがためにこの映画を作ったんじゃないかって邪推するくらいにすごかった。

そこそこひっちゃかめっちゃかだしわけわかんない演出もあるけど、クストリッツァの戦争の描き方の容赦なさは凄いなと毎度思う。
正義だの人道だの総合性すらクソ喰らえみたいな理不尽こそ戦争の本質なんだろうと思わせる。

たださ、愛する女を失くして自殺しかける男にかけた「お前が死んだら彼女の記憶はどこに残るんだ」って言葉に締め付けられ、ラストの地雷原を覆う石積みの情景に泣いた。
そうしてたった一人で生きていく男の姿がもうもうたまらなかった。
「お前が死んだら、誰が彼女のことを思い出すんだ!」
永遠の命や未来のことを考えるのは、大切な他者を発見できたときだ。それを見つけていないなら、真摯な発想として、こういったものは湧き出てこない。現実の世界にはビッグブラザーがいつもいて、いつも戦争があっけなくそばにある。いかれた時計が人を咬む村に列車のレールと結婚式、豚の血に浸かったアヒルが蝿を集める。運命をみつける努力を要請する環境。
▶︎
アンダーグラウンド、黒猫白猫、ライフイズミラクルなどとの関係のなかでみてもみれるし、でもそんなの関係なく今作は今作だし、そういう仕上がりになるのは偏に作家性の強靭さだよなあ。毎度のことだけど、あんだけやるとすごい。水滴がシャワーに、渋滞の列がひとつのかたまりにみえるようになる。
▶︎
クストリッツァはいっつも、飲み終わったグラスを叩き割るところがすごい好き。きもちいねえガラスの割れることは。
▶︎
ミルキーロードの上で、こぼれたミルクを飲む蛇が、結局はやさしく強く成長するのに、神父はその情景の伝聞をきちんと受け取らない。アダムとイブにリンゴをもたらした蛇だが、罪を犯したのはあくまでアダムとイブ。蛇の意図はそこではなかったのかもしれない。
▶︎
粉コーヒーみたく麓に並べられる割られた岩たちは、ひとりのための墓ではなくて、大地のための墓、人生のためのモニュメント、おおきな意味での、愛のためのモニュメントなんですなあ…
衝撃的な映像美

ララランド以来

どう撮影しているのか?

1秒1秒が、アーティスティックで、意味を探ってしまうような映像美

意味はあまりわからない

特に追われてからのシーンあんなにいるのかなぁ?

音楽もよかった

バグダッド・カフェやコダクロームの色合い?
愛するひとがここで死んだ場合、目のまえにはそのひとの亡骸があるとおもうのですが、煙とともにそのひとの身体は消えてしまい、決定的なそのひとの喪失ではなく単純に引き算をしたような感覚、かなしい主人公の内面の表出、とかになんだか自己愛を感じてしまった、だから多用される俯瞰にもぎくしゃくしました。
音楽も画も全部綺麗。後半の逃走劇もハラハラしながらもこの2人ならなんとかなるんじゃないかなって望んでしまった。
動物たちがみんな本当に可愛い。特に踊るハヤブサの愛らしさがすごい。
羊の群れに隠れている時にヒロインは地雷で命を落としてしまうけれど、その直前に生まれた羊は生き残っていて、、、羊飼いのおじいさんの台詞が泣けた。
歌詞にビッグ・ブラザーが出てきたからオーウェルの1984年と世界観共有してるのかな?とちらっと思ったり…あとは小川をウエディングドレスが流れていくのはオフィーリアの暗喩?
大人の絵本みたい。もう一度見たい映画。
あんまり乗れなかったけど、喜怒哀楽、全方位に振り切れる感情の波。そして羊大爆破。