オン・ザ・ミルキー・ロードのネタバレレビュー・内容・結末

オン・ザ・ミルキー・ロード2016年製作の映画)

On the Milky Road

上映日:2017年09月15日

製作国:

上映時間:125分

3.8

あらすじ

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去…

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去によって、村は襲われてしまい、2人の逃避行がはじまります。

「オン・ザ・ミルキー・ロード」に投稿されたネタバレ・内容・結末

監督自ら主演を務めたのもあってか、今までの作品と比べて淡々としたキャラクターの主人公。

いまだに簡潔にどういう話だったとまとめにくい内容。

映像としてはいつも動物の演出には驚く。
熊はすごい。
羊かわいそう!!
地雷ひどい!!
血まみれのガチョウとかロバとかかわいそう!!

それにしてもモニカ・ベルッチの現役感といいランク感といいイタリアの至宝健在だね。というかモニカに対するロマンがすごかった。モニカに色々したいがためにこの映画を作ったんじゃないかって邪推するくらいにすごかった。

そこそこひっちゃかめっちゃかだしわけわかんない演出もあるけど、クストリッツァの戦争の描き方の容赦なさは凄いなと毎度思う。
正義だの人道だの総合性すらクソ喰らえみたいな理不尽こそ戦争の本質なんだろうと思わせる。

たださ、愛する女を失くして自殺しかける男にかけた「お前が死んだら彼女の記憶はどこに残るんだ」って言葉に締め付けられ、ラストの地雷原を覆う石積みの情景に泣いた。
そうしてたった一人で生きていく男の姿がもうもうたまらなかった。
「お前が死んだら、誰が彼女のことを思い出すんだ!」
永遠の命や未来のことを考えるのは、大切な他者を発見できたときだ。それを見つけていないなら、真摯な発想として、こういったものは湧き出てこない。現実の世界にはビッグブラザーがいつもいて、いつも戦争があっけなくそばにある。いかれた時計が人を咬む村に列車のレールと結婚式、豚の血に浸かったアヒルが蝿を集める。運命をみつける努力を要請する環境。
▶︎
アンダーグラウンド、黒猫白猫、ライフイズミラクルなどとの関係のなかでみてもみれるし、でもそんなの関係なく今作は今作だし、そういう仕上がりになるのは偏に作家性の強靭さだよなあ。毎度のことだけど、あんだけやるとすごい。水滴がシャワーに、渋滞の列がひとつのかたまりにみえるようになる。
▶︎
クストリッツァはいっつも、飲み終わったグラスを叩き割るところがすごい好き。きもちいねえガラスの割れることは。
▶︎
ミルキーロードの上で、こぼれたミルクを飲む蛇が、結局はやさしく強く成長するのに、神父はその情景の伝聞をきちんと受け取らない。アダムとイブにリンゴをもたらした蛇だが、罪を犯したのはあくまでアダムとイブ。蛇の意図はそこではなかったのかもしれない。
▶︎
粉コーヒーみたく麓に並べられる割られた岩たちは、ひとりのための墓ではなくて、大地のための墓、人生のためのモニュメント、おおきな意味での、愛のためのモニュメントなんですなあ…
衝撃的な映像美

ララランド以来

どう撮影しているのか?

1秒1秒が、アーティスティックで、意味を探ってしまうような映像美

意味はあまりわからない

特に追われてからのシーンあんなにいるのかなぁ?

音楽もよかった

バグダッド・カフェやコダクロームの色合い?
愛するひとがここで死んだ場合、目のまえにはそのひとの亡骸があるとおもうのですが、煙とともにそのひとの身体は消えてしまい、決定的なそのひとの喪失ではなく単純に引き算をしたような感覚、かなしい主人公の内面の表出、とかになんだか自己愛を感じてしまった、だから多用される俯瞰にもぎくしゃくしました。
音楽も画も全部綺麗。後半の逃走劇もハラハラしながらもこの2人ならなんとかなるんじゃないかなって望んでしまった。
動物たちがみんな本当に可愛い。特に踊るハヤブサの愛らしさがすごい。
羊の群れに隠れている時にヒロインは地雷で命を落としてしまうけれど、その直前に生まれた羊は生き残っていて、、、羊飼いのおじいさんの台詞が泣けた。
歌詞にビッグ・ブラザーが出てきたからオーウェルの1984年と世界観共有してるのかな?とちらっと思ったり…あとは小川をウエディングドレスが流れていくのはオフィーリアの暗喩?
大人の絵本みたい。もう一度見たい映画。
あんまり乗れなかったけど、喜怒哀楽、全方位に振り切れる感情の波。そして羊大爆破。
ハヤブサと蛇を味方にして信頼関係があったりそういうとこは面白いし、なんとなーくだけど、映画エルトポなりまぼろしの市街戦だったり絵画オフィーリアを感じたりオマージュなのかなぁと感じながらニコニコ観た。

ただ理由づけにすぎないようなラストの展開に疑問が浮かぶ。
牛乳運びが垂らすミルキーロードと思いきや石で出来た道をミルキーロードと見立てたり、エンドロールの文字組みの白い道はたしかに素晴らしいのだけれど、でもつまるところ全て理由づけに必要だったから用意した感じが否めなかった。
地雷で死ぬ人がいないように石を敷き詰める←彼女の死は地雷によるものだった←地雷に突っ込まなければいけない状況だった。みたいな。後から後からつけて行くかんじが少なくともしてしまったのが残念。
たしかに羊の習性を利用した作りなんだろうけども。うーん。
羊の誕生と羊の死もなんらかあるんだろうな…。
後半を魅せたいのであれば前半のくだりはなんだったんだろうと思ったりもしたし、全てを失っても足る女なのだろうか?とも思う。

ハヤブサが死ななくて本当に良かった。
これに尽きる。

展開の流れは無理あるなとは思うけど、締め方だったりメッセージ性とタイトルの結びつきは個人的に好きな感じなのでこの評価。カルト映画よく動物が死ぬ。

いや、でも、魚の網に突っ込んで行くのあまりにもアホすぎないか


監督の作品が好きなツレと行ったけど、セルフオマージュもあったようで。そういう作りはすきだよね。
好きなシーン
・停戦の夜の宴
・ハヤブサと同じ踊り方のコスタ
・地雷を踏んだ母羊から乳を飲もうとする子羊
動物と汚らしいおっさん達を配置して、ドタバタさせたらクストリッツァっぽい映画作れると思うなよ。どこの二流映画監督だお前…………
エッ……クストリッツァ本人……????

はじめは「そんなに面白くねぇな、★3.7ってとこか……」と思っていたが、中盤ぐらいから「これはクストリッツァの新作だ……これはクストリッツァの新作ダ……」と自己暗示をかけずには観ていられなくなり、終盤になってようやく気づいた。
「あ、これアレだわ。クandソだ」

「みんなに楽しんでほしいなぁ……」と思ってこの映画を輸入してきた配給関係者の皆さんに申し訳ない。善意が木馬責めのようにぼくを苦しめているが、はっきり言ってこんな駄作なら見ないほうが良かった。誠心誠意、時間と労力をかけて、この映画を売り出そうとしている人がいる手前、偏見全開で貶すのは流石にはばかられる。だから、ごく控えめに言いたい。ごく控えめに言って、『オンザミルキーロード』はクandソだ。
エミール・クストリッツァだぞ!? 『アンダーグラウンド』を作った!? 『黒猫・白猫』を作った!? あのクストリッツァだぞ!!? UNDERGROUNDのTシャツ買ったよ俺!?!?
やっぱ、あまり期待して観るのは違うな、と実感した。

序盤、時計に噛みつかれるシーンだが、あそこからしてすんごい違和感がした。これは笑うところか……!? なんだこれ……マジック・リアリズムか!?!?!?
テリー・ギリアムの一番くだらないギャグでも、もう少し笑えるわ。
そういえばホドロフスキーのクandソ映画『ホドロフスキーの虹泥棒』でも、悪い意味で「テリー・ギリアムっぽい」と書いたが、あれにすごく近いものを感じた。多分、ホドロフスキーもクストリッツァも、おのおののカラーを極限まで薄めた先が"劣化版テリー・ギリアム"なんだろうよ。勘弁してほしい。ご自分の専門を見失わないでほしい。
(言うまでもないが、テリー・ギリアム作品は抜群に面白い……ほとんど。)

知人にエロい夢ばっかり見るゴリラがいるんだけど、だいたい最後はめちゃくちゃに大爆発して終わり、っていうオチらしい。まさにそれじゃねーか。夢オチよりひでーぞ。なんなら、中盤の掃討作戦も含めて、2回リセットしてんじゃねーか!! ご都合主義にもほどがあんぞ! 真面目にやってんのか!? 甲子園行くんだろ!!?
主人公とヒロインがなんの説明もなく浮遊しだすところとか「うん、なるほど、わかった!」って感じ。ツッコむのも疲れた。「そっか〜! 飛んじゃったね! マジック・リアリズムだぁ!」っておもったよ、ぼく。
(ところで調べてみたらWebマガジンi-Dが、本作のレビューで"マジック・リアリズム"云々と書いてて、マジック・リアリズム警察のワイ、無事失禁)

あとこれは単純に偏見だけど、ハイファイな画質はクストリッツァと相性が悪いなぁ、と感じた。クandソみたいにチープなCGでも、ざらついたVHSで観ればノスタルジックだが、映画館のスクリーンで観るのはなんか違う。にしてもこのCGは酷い。香取◯吾の西遊記を彷彿とさせる。

日本だとそんなに酷評されてないみたいだが、Rotten Tomatoesではばっちり低評価されていて、安心(???)した。
クストリッツァ本人が主演ということで、これは趣味で作った自己満足映画であって、通過地点であってほしい。アンゲロプロスのアレみたいに、「遺作が一番クandソ」ってのだけは勘弁。カート・コバーンがSmells Like Teen Spiritを背負っていくように、トム・ヨークがCreepを背負っていくように……、たとえそれが作家のプレッシャーであったとしても、クストリッツァは『アンダーグラウンド』を乗り越えていかなきゃアカンと思うんだ。期待してるんだ!! もっとすげぇ映画を観せてくれよ!!