オン・ザ・ミルキー・ロードのネタバレレビュー・内容・結末

オン・ザ・ミルキー・ロード2016年製作の映画)

On the Milky Road

上映日:2017年09月15日

製作国:

上映時間:125分

3.8

あらすじ

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去…

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去によって、村は襲われてしまい、2人の逃避行がはじまります。

「オン・ザ・ミルキー・ロード」に投稿されたネタバレ・内容・結末

黒猫白猫からきたけど、この監督、いつもこんなに ぶっ放ってんのか?人は死ぬし(これは舞台が戦時中だから仕方ないけど)動物も死ぬし 相変わらずハラハラするけどセンスは好きだ...

鏡の前でジャンプし続ける鶏/セクシーなトランプゲーム/時計に噛まれて大腫れ/ヘアドライヤーで乾かすビールジョッキ/ミルクを飲む蛇(露天風呂入ってるみたいだった)/虹色の結婚式鳥
ハヤブサかわいい。

辛い過去を背負った主人公が、美しい愛する人と出会い、追われ、動物たちに助けられつつ逃げつつ、さらなる愛を知る…。みたいなストーリーで、素敵なファンタジーだった。

なんとなくホドロフスキーのエルトポを思い出した。
舞台はヨーロッパの架空国家。隣国と戦争中の国境沿いで、主人公は戦地にミルクを宅配する仕事を担っていた。ある日、戦地に出ている村の英雄の花嫁として謎の美女がやって来る。主人公はひと目で恋に落ちてしまい…という話。

鬼才として知られる監督の作品だが、この監督の作品は初見。どんな監督だろう?と思っていたら本作の主演の人がその監督だった。

戦争の話なのにどこかシュールでユーモアに溢れている作品。大きな時計に不具合が起きるシーンや音楽や踊りの場面は楽しげで、主人公がロバで戦場を駆け抜けるシーンもコミカルである。そして、何と言ってもほとんどCGを使わずに撮ったという多彩な動物を使った演出はバリエーション豊かで細やかな表現が満載で、これだけでも充分観る価値のある映画だった。花嫁役の女優さんは007のスペクターにも出ていた人だと分かったが、他の役者さんは全然知らない人たちだった。休戦後の中盤からは打って変わって重苦しい雰囲気に。たくさん人が犠牲になるし、逃避行の場面は危機感が半端なかった。そして、衝撃の結末には唖然としてしまった。
羊とか、ホントに死んでないよね…?
動物がたくさん出てくるけど、豚がイヤイヤ連れていかれて殺されるシーン(姿は見えないけど、血飛沫があがる)とか、地雷で羊が吹き飛ぶシーンとかあるので人を選ぶかも。

動物、歯車、ダンスシーンなど予告やフライヤーの雰囲気に惹かれて見ると思った以上にグロい&シビアなので注意。
クストリッツァ9年ぶりの新作!!
戦時中のとある国。
3つの実話に基づき、多くの寓話を織り込んだ物語。

ハヤブサがピュ~、
ガチョウがガーガー、
ブタ、犬、ロバ、鶏…、
相変わらず、動物たちがやかましい(笑)
音楽に合わせ、肩を揺らすハヤブサ、
鏡の自分の姿を見て、威嚇?する鶏、
可愛すぎる~♡

♪ズンチャズンチャ…
いつものリズムが流れれば、
自然と心が踊り出す。
飲めや歌えや宴もたけなわ~
クストリッツァの真骨頂!!

変わり者のミルク売り、
主役をクストリッツァ自らが演じるのは初!?
白馬の王子様ならぬロバの王子様は
なぜかモテモテ。
恋のお相手はモニカ・ベルッチて、、
抱き合ったり、キスしたり、
これは職権乱用でしょ(笑)
いい歳して、こりゃロバもハヤブサも呆れるわな~
舞空術!水とんの術!なんでもごされ~
奇想天外☆二人の愛の逃避行。

ミルキーロード、これが私の生きる道!?
人を喰らう大時計は長い歴史における戦争のメタファー??
いつの世も争いは絶えず、善良な市民が巻き込まれて、傷を負う。
"花嫁"は犠牲となった者たちの象徴?
ラスト、ひとつひとつ並べられた石は墓石のようでもあり、
戦争で命を落とした者たちへのレクイエム??
戦争中の前半、花嫁(モニカベルッチ)の登場、束の間の休戦、ゲリラによる村人のジェノサイド、追手からの逃避行、花嫁の死、そして15年後、という流れ、、戦争シーンや宴のシーンはアンダーグラウンド的な祝祭性とカオス、特に主人公(クストリッツァ本人)のガールフレンドのイカレ具合はアンダーグラウンドのヒロインと近い、、あとは基本的には動物映画、、ハヤブサ、ロバ、牛、アヒル、蛇、、それぞれ重要な役割を持っている、、逃避行以降のシーンはクストリッツァ的な癖がほとんどなくて、ある意味観やすい、、色彩の禍々しさみたいなものが薄れているからか、あるいは戦争的な主題が抜け落ち、個々人の逃避行という普遍的なストーリー展開になるからか、、民族や紛争というテーマはやはり日本人的には容易にすんなりとは入れないものかもしれない、、あとは全面的には表出してないが、やはり信仰的テーマもバックボーンで常に動いている、、蛇がミルクを飲むシーンは聖書になぞらえた奇跡とされ、主人公の運命を左右する重要な装置である、、主人公はミルクを飲んで大蛇にまで成長した蛇に命を救われるが、花嫁は救われなかった、、彼女が蛇を受け入れていれば地雷で死なずに済んだ、、つまり、これは信仰をもつかもたないかの問題、信じる者は救われるということだろうか、、花嫁が死んだ後、15年後のラスト展開は、個人的にすごくよかった、、どこか異端的な匂いのする宗教建築の中で礼拝を済ませた主人公は、石切作業場から石を持ち出し、一人山頂に赴き回想する、、そして山を下りて、ヒロインと無数の羊たちが死んだ地雷のフィールドに赴き、石を並べていく、、この15年間でフィールドは彼の石によってそのほとんどが埋め尽くされた、、残るは中心部のあと少しだけ、、石は中心から放射状に置かれていったのではなく、周縁から中心に向かうようにして、配置されていった経緯がみてとれる、、拡散ではなく収束、、これは彼の命のリミッター、期限であり、全てを石で埋め尽くした暁に主人公は花嫁のいる天国へと旅立つ、、
ある国の戦時中の話ですが…
ファンタジーです。
シュールな内容を、幻想的でなく現実的に表現する力に圧倒され感動を覚える。
動物描写が美しく、どのシーンも美しい… そのため、羊が吹き飛ばされるシーンは、悲しすぎる。
モニカ・ベルッチ、年取っても綺麗です。あの香る色気はたまらん。
前々から興味があったクストリッツァ監督作品を初観賞。個性的でパワフルな作品。
ホド爺の方が強烈だけど、パッションは近いものを感じました。

寓話的な作品…ですね。ザックリと全体感で言うなら『世界の縮図』を想わせる壮大な作品でした。そこはアロノフスキー監督のMother!に近いのかも。個人的な解釈なので的外れかもしれませんけどね(^_^;)

『戦争の終わらない何処かの村』を舞台に描かれる、人々の姿。

アヒルや蛇、ロバ、ハヤブサや鳥、蝶、蜂…様々な動物たち。その舞台が『地球』だという実感を与えて、私たち人間も動物の一員だと感じさせてくれます。

象徴的な大時計。人を咬み、傷付ける描写。壊される描写。時は無慈悲で、人にとって有限なものである…そんな事を想わせる。

どこまでも追い立ててくる兵隊たちも、私達が抱く絶望や不安に思えました。

街を焼く描写も、破壊の象徴…環境破壊だったり、そのまんまの戦禍だったりね。

英雄ジャガの存在。束縛や圧力、困難。
制限される自由。
そこから逃れようとする心。

逃避行の末の別離。
どう足掻いても、逃れられないもの。

極彩色の鳥が舞い飛ぶ幻想の光景は…
エデンを感じさせます。

敷き詰める石礫。
積み重ねる事の象徴。
これまでも続いてきたもの。

私達が地球上で行ってる事…だなぁ、と。
どこまでも敷き詰められた石礫を見て、先人たちの作ってきた地層みたいなものの広大さを感じました。

なんというか…地球、動物、人間、人生…小宇宙を想わせてくれる作品でした。

独特な世界観と音楽と…これがクストリッツァ監督なんだね。3つの実話に寓話を織り交ぜて描いた作品らしいですが…まだ全部は飲み込みきれてなくて、取り留めもなく文字を羅列しただけなのでネタバレにしておきます。

他の作品も気になっちゃった。
今度、観てみよう(*´꒳`*)
「唯一 意味があることよ 何があろうとも 誰かを愛するって」
何この世界観?!って思った。最初は独特な音楽が苦手だったけどだんだん癖になる。それにしても動物かかわいそうだけどかわいいな。狂った男と超美女の逃飛行。この退廃的な世界観と少しファンタジックで芸術的な映像が魅力的でいつまでも浸っていたい。あと、所々入る暗くエネルギッシュな歌が格好いい。
>|