オン・ザ・ミルキー・ロードのネタバレレビュー・内容・結末

オン・ザ・ミルキー・ロード2016年製作の映画)

On the Milky Road

上映日:2017年09月15日

製作国:

上映時間:125分

3.9

あらすじ

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去…

物語の舞台は、戦時中のとある国。主人公コスタ(エミール・クストリッツァ)は、毎日ロバに乗って銃弾をかわしながら前線の兵士たちにミルクを届けている。コスタは村の人々に慕われ、戦争が終わったら穏やかな将来が待っているように思われたが、ある日、村で一番の英雄・ザガ(プレドラグ・“ミキ”・マノイロヴィッチ)の花嫁になるために現れた謎の美女(モニカ・ベルッチ)と出会い、激しい恋におちる。その女性のある過去によって、村は襲われてしまい、2人の逃避行がはじまります。

「オン・ザ・ミルキー・ロード」に投稿されたネタバレ・内容・結末

クストリッツァの生まれた国の背景からして、彼の映画に「戦争」というキーワードは外せないはず。だからこそ日常的な戦争の中にも、ファンタジーの要素を強くし、きれいな花嫁に派手なパーティー、表情豊かな動物のいるのどかな風景を、暗くすることなく映像にまとめられる人なのだ。しかしクストリッツァという人物を9月にライヴで目の当たりにして、この人は常に戦う道を選んできているのだろうなと思った。戦争を止めることができない世界や人間に対して、映画や音楽という形で戦いを挑み続ける、気骨のある人物である。(2017/10/18 KBCシネマ)
レビューが恐ろしく遅くなっちゃった!いかんいかん。
みんな大好きエミールクストリッツァの最新作「On the milky road」です!いつものクストリッツァらしい騒がしさもありつつ、泣けてしまう大人のラブファンタジーでした。
冒頭から大量のカモがバスタブに飛び込んで豚の血を浴びてハエを食いまくっていたり、表情豊かなロバが人間のように振舞っていたり、音楽好きなハヤブサが肩を交互に揺らして踊ったり、クマにオレンジを餌付けしたり・・・。ヘビが身体に巻き付くシーン以外はCGを使ってないとクストリッツァがパンフレットに書いていましたが、そうとは思えないほどしっかりした役割を持って動物達が生き生きと登場している。この動物達のバカ騒ぎがなんともクストリッツァらしい。もちろんクストリッツァの作品なので音楽も忘れてはいけない。本作では絶大な信頼を寄せいている息子のストリボールが音楽を担当していた。バーで酒を飲んで大騒ぎしながらピアノの上で泥酔した女性がくねくね踊り出す。乱発されるピストルもクストリッツァの映画では楽器の一つでしかない。無茶苦茶にド派手!いつもの感じが楽しくて楽しくて観ている私もお酒が進みます♪♪そんな酒乱騒ぎのあとの可愛いシーンが、洗面器でフィアンセとモニカ・ベルッチのふたりを雨漏りから守るクストリッツァの優しさだ。彼の純朴さに癒されます。そんな優しいクストリッツァに向かってとんでもなく美しいモニカ・ベルッチが牛乳持って走ってくるシーンが堪らん!!50歳超えてあの瑞々しさは何?!豊満な胸もクビレもそのまま!スタイルバッチリやん。今でも全然”現役の女”だった。すごいなぁ・・。そんなモニカ・ベルッチの設定はワケありな超絶ええ女。そして彼女が毎晩観ている映画が「鶴は翔んでゆく」なのです!私が最近ド肝を抜かれたカラトーゾフ監督の1本。モニカ・ベルッチはそれを観て毎晩泣いているんですよ。。めっちゃええ女やん・・・!(本作を観たあと衝動的に家に帰って「鶴は翔んでゆく」を再度観ましたが、何度観ても素晴らしい作品。この映画の感動に慣れることは一生無いでしょう。もう「この映画しか観ずに死ぬまで満足していろ!」と言われても黙って頷けるほど素晴らしい作品でした。改めてこの作品に出会えて本当によかったと心から思いました)
軍に命を狙われ続けている女と親友は動物しかいないような男。人生を諦めかけていたふたりが爆撃音の轟く内戦国で出会い、仮初の恋に燃えて愛の逃避行を実行する。激しくてロマンチックな物語ですね。絵面だけならもっと若いカップルの逃避行の方がもちろんしっくりくるでしょう。ただ、命をかけて愛するような人もいつ出会うかなんてわからない。本当の愛に巡り合わないまま人生も半ばを過ぎたふたりが、やっと巡り会えた生涯の愛に現を抜かしたって良いではないですか。
でもねぇ、後半は切なかった。さっきまで巨大なカボチャを浮き代わりにして川をふわふわ浮いたり、葦の中でどこかの村人が山羊と戦っている様を観て微笑んでいたのに・・そんな幸せも束の間。しつこい軍人の追手からは逃げられない。そして最後は地雷がそこら中に埋まった土地で最愛の彼女は黒い煙になり消えてしまう。二人の隠れ家もキスの最中に崩れながら煙になっていきましたが、煙の描写は美しくも儚くてとても幻想的でした。上手い。逃避行後は前半の騒々しいクストリッツァ調とはかなり異なっていたからか、大きな円を描きながらズームアウトしてゆくラストでは涙が出てくる。。愛する女性を失った男性は神に縋り、彼女の死んだ場所で彼女の愛を何度も反芻しながら彼女を弔う。切ない・・・。鑑賞前「クストリッツァの新作やし♪」と黒ラベルのでかい缶を持ち込んで飲み始めていたのですが、後半は黒ラベルの存在を忘れてハラハラしながら観ていた。これまでのクストリッツァとはだいぶ違った作品のテイスト。でも今のクストリッツァだからこそ撮れた作品ですね。
「自分が監督をして且つ俳優として出るのはしんどいからもうしない」そうですが、これからもオリジナルの映画を撮ってかっこいい音楽を演奏するチャーミングなクストリッツァに私はずっとワクワクさせてもらいます。てかまずは私がセルビアに行かねば!!!
銃弾が飛び交う戦場で、ロバに乗り傘を片手に、ハヤブサをお供にミルクを運ぶ男。生まれて初めてロバをカワイイと思った。あんなチョコチョコ走り回るとは。ハヤブサも音楽に合わせて体を動かしたり、時には頷いてみたりで愛着が湧く。
豚を解体したときの血を、何故か外に置いてあるバスタブに溜め込む。そこにアヒル達が次々と飛びこむ。血まみれで乾いたアヒル達のビジュアルが目を引く。
ヘビがミルクを飲む。体に巻き付くことで、結果助けてくれること2回。
動物の不思議なシーンが印象的な作品。
テイストも何とも独特。暴走した時計のヒモみたいなのに、わざわざ飛び付いて上下したり、歯車に絡まったり。特殊部隊が船で飛ばすシーンでは、波が激しいのか中で隊員が転がっていた。凄い風で隊員が吹っ飛ばされたり、どこまで笑いなのか分からない。
歌を歌いながら千切れた耳を縫い付けるシーン、ハヤブサが目玉を喰うシーンなどグロいシーンもある。
元 体操選手の美女に結婚を迫られ、その兄の婚約者は元恋人らしきモニカ ベルッチ。
モニカ ベルッチは、絶妙な表情で誘惑してくし、体操選手はグイグイ迫ってくる。体操選手のキャラはかなり濃い。随所に体操の技を強引に挟んでくる。倒立とかジャンプとか。酒の入ったグラスをノーハンドで口で咥えて飲み干すのはセクシーなのか笑うシーンなのか。歌って踊って、銃をぶっ放す肉食系で豪快な女性。でも、魅力的なのが凄い。
村が襲われ、体操選手とその兄が殺されてから後半は、ちょっとダレてくるのが残念。美女の板挟みが成り行きで一択になるわけだから、もったいない。雰囲気もかなりダークになる。
特殊部隊から逃げる為に大木に登った所では、何故かフワ〜と体が浮いて難を逃れると言う荒技を使う。呆気にとられた。
地雷原でモニカ ベルッチが地雷で吹っ飛ぶが、ここでもファンタジー。普通に死ぬけど、フワって浮かんで霧散する。
良くも悪くも独特のノリが凄い。
後半のダレが無ければ、4点以上付けれる。
監督が脚本と主演を務めている。今時珍しい。
『オン・ザ・ミルキー・ロード』鑑賞。同監督の『アンダーグラウンド』心酔者なのだが、体調が悪かったせいもありどうにもハマれなかった。悲劇と喜劇の混在というのはクストリッツァの得意とするところではあるが、今回はその喜劇のシーンが雑に作られているように感じた。地雷で羊を殺すシーンや執拗に追ってくる兵士など、必然性の感じられない奇妙な存在や描写である。羊さんかわいそう。。。
前半のクライマックスであろう、結婚式でのぐるぐる回るどんちゃん騒ぎは、クストリッツァ節の炸裂だったが、『アンダーグラウンド』の凄まじさに比べてしまうと見劣りするように感じる。水に揺蕩うウェディングドレスや井戸のシーンなど、『アンダーグラウンド』を彷彿とさせるシーンはいくつかあったが、どれも物足りないなといった印象。うーん、ジブリの詰合せになってしまったポノックのアメリに通じる物足りなさを感じた。
そしてやはりナタリアのかわいさが、私にとってあの作品を特別足らしめている要素なのだとも感じた。期待が大きかっただけに残念……
Emir Kusturicaの作り出す世界は全く読めない。
どのキャラも想像の上を行く個性を持つし、良心とか、常識とかに捕らわれていたら置いて行かれる。
人間を噛む大時計や、毎日鏡に向かって飛びながら卵を産む鶏にも驚かない。
変わり者のコスタを笑う人の方が馬鹿にされる温かさ。
だけど容赦しない展開。
笑えるけど、笑っている次の瞬間には、もう開いた口が塞がらなくなる。
まったく飽きないのです。
そして今回も、ウンザウンザを踊るのね。

作中に織り込まれた寓話をもっと知っていたらもっと楽しいのだろうと思います。

そう言えば、アンダーグラウンドでバックドロップシンデレラのペリー来航渉さんと一緒にのトークイベントをして下さった方がこの作中にもそう言う物が含まれているのか‥と気にされていたけれど、コレを先に見ていたのだろうか‥?
そうだとしたらあの疑問はもっともね。

川を流れる花嫁・・が好きみたい。
エミール・クストリッツァ作品大好きだけど、今回はあまりはまらなかった。
特に後半が辛かった。

家に帰ってから「ライフ・イズ・ミラクル」を観て、やっぱ最高だなと。
冒頭からのガチョウの跳躍は『アンダーグラウンド』だ!だったけど、豚の血にまみれてハエがたかる。この死臭はクストリッツァが嗅いでいる人間の悪臭なんだろうか。
この人はどうやったら人類が戦争をしなくなるかをず~っと考えてきたんだろな。
『ライフイズミラクル』『黒猫、白猫』とかを思い起こさせるシーンが沢山あって、クストリッツァファンは節々でニヤニヤしたのでは。私はかなりニヤニヤしてました。
『アンダーグラウンド』から20年以上経っても人類の戦争へのスタンスは変わってないのかしら。
「お前が死んだら誰が彼女を思い出すんだ」は次の世代へユーゴの紛争のことを伝えたいんだと勝手に解釈。もう一度あの戦争を振り返ることにしよう。
2017/9/27
@ステーション

夢なのか?現実なのか?
はたまた空想なのか?

動物達の牧歌的な雰囲気の横で、人間が繰り広げる
戦い。。

人生を半諦めた、男女が、今一度
何をもってしても愛したい、一緒に居たいと逃亡する姿は
若い男女とは違う、思いの強さを感じる。
お祭りシーンの音楽は最高!特筆すべき音楽。ビッグブラザーって唄とかめちゃくちゃカッコいい。

花嫁との逃亡生活に入る後半はちょっと退屈。滝からわざわざ落ちても追手にすぐ追い付かれるとか何か微妙な感じ。

映画冒頭で主人公はハヤブサと蛇が出てくる夢を観た。そして、作品の要所要所でハヤブサと蛇が主人公の危機を救ってくれる。最後、蛇は花嫁と一緒に地雷で死んでしまったと思うが、蛇が死ぬ描写は無く、あってもいいんじゃねえの?と思った。

地雷地区に石を敷き詰めるラストは圧巻。
この映画を観て、人生が変わってしまった。

ぶっ飛んだ登場人物が多いけど、羊飼いのお爺さんが一番素敵!
羊の赤ちゃんが生まれて、ぴょんぴょん跳ねて喜んでいる姿は見ていてとても心がほころぶし、自殺しようとするコスタを引き留めるシーンではめちゃくちゃ格好良くてしびれた。
>|