劇場版 嘆きの王冠~ホロウ・クラウン~/ヘンリー四世 PART1の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「劇場版 嘆きの王冠~ホロウ・クラウン~/ヘンリー四世 PART1」に投稿された感想・評価

継

継の感想・評価

3.5
『嘆きの王冠』シリーズの二作目。
『ヘンリー四世』はレンタルだと、この第一部と第二部に分かれて別々になっています。

この四世が、先のリチャード二世(ベン・ウィショー)を王座から引きずり下ろして王冠を得たわけですが、
本作と第二部は、四世よりは実質的にハル皇太子(トム・ヒドルストン)とその悪友フォルスタッフを軸に据えてストーリーが展開します。
なので、トム目当てならこの一、二部と次の「ヘンリー五世」が要チェックですね(^-^)。

王の教えに耳を貸さず、ワインレッドのジャケットの襟を颯爽と立てて悪友と遊び歩く、放蕩息子呼ばわりされる不良王子、ハル。

物語が進むにつれて凛とした王子へ、やがてはヘンリー五世として王冠を戴(いただ)くわけですけど、ここのトムはまだモラトリアムというか、“オレまだ本気出してないだけ” と呟(つぶや)いては放蕩三昧。
然(しか)るべきタイミングで立ち振る舞いをガラッと変える難しい人物像を、トムがどう演じるかが見所になっていきます。
そういう意味で、前作のベン・ウィショーを始め、このシリーズはキャスティングがピタリとはまった印象を受けますね(^-^)。

そんなハルを悪の道へ引きずり込もうとする家臣・フォルスタッフは、シェイクスピアが作り出した完全に架空のキャラクター。
後に主人公として戯作が作られるほど人気があるんですが、大酒呑みで、女の尻を叩き、小便を垂れ、戦いを避けて市原悦子さんばりに(追悼。希林さんと仲良く\(^-^)) 木陰から戦況を隠れ見る憎々(肉肉も可)しさ🐷。

確かに酒場で思いがけず洩らす本音や、戦地で吐露する真理を突いた台詞は誰よりも人間味に溢れていて、いかにもイギリス人が好きそうなカンジではあります。
第二部で身なりが良くなってるのにはムカつきましたけども(笑)

因みに、
オーソン・ウェルズも自身作で『フォルスタッフ('65)』を演っていて、それに比べるとコッチはまだキレイ(笑)。
アッチはモノクロだから?って思うけどそうじゃなくて、何か凄みのあるゆるキャラ(笑)というか、得体の知れない毒々しさを感じます。
比べて観るのも面白いかもしれません(^-^)
SATOMI

SATOMIの感想・評価

3.5
あゝトムヒ。

トムヒ見たさに鑑賞したところある。やんちゃで悪い子っぽいトムヒ最高。目の保養。尊い。

以上。笑

シェイクスピア作品に詳しくないから感想うっすい🙃🙃
Uendi

Uendiの感想・評価

2.8
-Part1
-赤の革ジャン似合いすぎじゃね、トムヒ
-エッヘッヘって笑う瞬間素敵すぎだろ
-ヘンリー2世の後は本当に辛いだろうか。。。
-反乱たくさん起きてるところを統治するのは本当に大変だな。。
ベン・ウィショーのリチャード2世より現代語だから見やすい!
トム・ヒドルストンかっこいい!
なんで赤いベレー帽みたいなのいきなり被りだしたんだって思ったけど、ヘンリー五世の肖像画見て納得。
まつこ

まつこの感想・評価

3.6
トムヒ版ハル王子。トムヒが好きな人にすすめたい作品に仕上がっていた。

数ヶ月経った今、感想を書くにもどれがどれだか思い出すのに苦労している。せめてジャケットが違えばいいのに。
SAKU

SAKUの感想・評価

4.3
ホロウクラウン第2段!
1よりも歴史物語色が強くて、自分は
見やすかった
以下トムヒへの愛
トムヒ!トムヒやばい!登場シーンからスタイルよすぎてまわりが歪んで見える笑
トムヒが自分のフェチを全てついてきて片足突っ込んでた沼に引きずり込んできた…放蕩な感じと王子って役がほんとに似合うわ
さと

さとの感想・評価

3.9
リチャード2世は荘厳で詩的な作品に感じたけど、今作は人間ドラマになっていて、わかりやすく面白い作品になってると思います。

フォルスタッフがいかにもシェイクスピア的な醜悪なやな奴なんだけど憎めないし、タイトルのヘンリー四世より登場時間も長いし印象も強い…。

トムヒが好きな人にはたまらないと思う。魅力全開。トムヒはどの作品でも笑顔が独特で印象的なんですが、心から笑ってる…?という感じがハル皇子にピッタリ。現代的な要素のある衣装も似合ってて素敵でした。
あと、ジェレミーアイアンズのものまね(ではないけど)すごい上手くてふふってなった。

ホロウクラウン、本当に面白い。
あん

あんの感想・評価

3.6
王子がんばった
敵討った後にかけてる言葉がよきやった
散々堕落してたけど剣術とかは習ってたんかな?急に参戦とかまあまあ無茶振りな気もしたけど!

放蕩していても人のことをよく見ている。
強い芯がある。ただ放蕩しているだけてはなく、多くを吸収しているのだな、と。
闘いとなると立派な騎士になるハル王子。そのギャップ、ハル王子の戦略にまんまとハマった!(お酒でずぶ濡れになっていても格好よかったけど)

先にヘンリー5世を見てしまったから、立派になるまでの過程を見ることができて楽しい。
atirakuy

atirakuyの感想・評価

4.2
ハリー vs. ハリー!"I am the Prince of Wales!!"って格好いいわ。放蕩息子が勇敢な騎士に✨

トムヒのハル王子が、ふざけてても真剣でも格好良すぎます…。

あんまりフォルスタッフ苛めすぎじゃない?って思ったけどフォルスタッフもどうしようもない人間だ…。彼がいるお陰で物語も暗くならないけどね。

ドッカリーお嬢様…!英国スターが次々と…贅沢…✨
>|