オーソン・ウェルズのフォルスタッフの作品情報・感想・評価

「オーソン・ウェルズのフォルスタッフ」に投稿された感想・評価

継

継の感想・評価

4.0
見てください、このパッケージ↗️、こんな鎧よく作ったなって(笑) コレ重過ぎて起きられなくて、二人掛かりで起こしてもらうんです(T∀T)

シェイクスピアが、戯作「ヘンリー四世」で登場させた架空のキャラクター、“フォルスタッフ”。
本作は、BBC『嘆きの王冠』シリーズで言うと「ヘンリー四世」の一・二部と「ヘンリー五世」の序盤に当たり、タイトル通り王様でも王子でもなく、ただの家臣にすぎないフォルスタッフ(オーソン・ウェルズ)が主人公。
そもそも原点のシェイクスピア「ヘンリー四世」がハル皇太子とフォルスタッフを軸に据えたストーリーなので、話自体は同じなんです(笑)。

'65年製のモノクロ。
オーソン・ウェルズはアメリカ生まれですがシェイクスピアが大好きだったようで、本作では監督、主演、脚色、衣装も担当。
元々190㎝の巨漢を詰め物入れて更に膨らませて、もう着ぐるみ⊂(^(工)^)⊃状態。
ジャンヌ・モローが酒場の女役なんですけど、フォルスタッフと抱き合うシーンは顔の大きさが半分くらいしかなくて、食べられちゃいそうでした(笑)。

この人も赤狩りの犠牲者なんでしょうかね?
ヨーロッパ時代の低予算が伺える作りはしかし、才気走ったカメラワークやカットがカッコよくて、主に城内を映す光と影の描写は、折り目正しいシェイクスピア劇を思わすリスペクトを感じさせるものでした。
Tyga

Tygaの感想・評価

4.0
疾走感のあるスペクタクル時代劇。

中盤の戦闘シーンはカット割りも含めて2018年でも全然古くなっていない。
槍がずらーっと並ぶところがキーとなるシーンにあって、さながら柵のような効果を生んでいて良い。

適当なことしか言わないビア樽みたいなフォルスタッフがなんか愛おしいし、惹かれてしまう。
すげえテンポがいい。めっちゃカット割るじゃん!『市民ケーン』『黒い罠』とかと比べて表現の振れ幅がデカい。ウェルズの「バロック」的な重厚さは例の如くだが、騒々しくアクションは激しく、笑いにも溢れていて楽しい

シュルーズベリーの戦いの凄まじさ。突進する騎兵隊や振り下ろされる剣、ハンマーなど、ショックが伝わってくるかと思わせるほどのスピードと打撃の演出。その戦場を、甲冑着けて雪だるまみたいになったウェルズが右往左往してんのが面白い

『審判』に続き、「渡欧」後の監督は群衆の映画への傾向があるのかしら
CHIHIRO

CHIHIROの感想・評価

3.6
学校の授業のために鑑賞。
オーソンウェルズの迫力がすごい笑。
白黒の良さが出ている映画だと思った。
堊

堊の感想・評価

4.3
ウェルズ〜〜〜〜〜↑↑
『さらば青春の光』のベルボーーイ!なラストに普通に感動。とんでもなく編集が早い。
甲冑着たまま馬に乗れないから謎の道具で吊り上げて股の間から馬を通して行く一連のシークエンスが不穏でよかった。
自らの監督脚本主演でで66年にこれを撮りあげるウェルズ凄すぎるよ。

ゲオにDVDレンタルあるよ📀📀
中庭

中庭の感想・評価

3.7
五世の着任を耳にしたフォルスタッフが宿の上階で歓喜の台詞を高らかに吐くショットでのカメラの当たり前のような低さにため息が出る。まるでその事実と美学を強調するかのように、長回しの終盤でオーソン・ウェルズがどすどすと手前に歩み寄れば、固定されていたはずのカメラは大げさなほど上を向き、フォルスタッフの顎を無様に見上げてしまう形に落ち着く。
甲冑を着たフォルスタッフが子供のように可愛く視えるのが面白かった。
点数は好みと機嫌による、再現性のない不確かなものとする。

ウェルズ6本目。
冒頭の林を駆け抜けるシーン、中盤の戦闘シーンを見ただけで価値があった。
戦闘シーンでは、物凄くローアングルだったり、早回しだったり2018年に見てもチャチくないシーンになっていた。

表情のパワーや、シェイクスピアならではの会話のやり取りにも注目されたし。

残り310本
dude

dudeの感想・評価

3.9
「心は命の奴隷で命は時間の道化...」
皇太子の放蕩が描かれる前半は映画が陽気に動き続け、ヘンリー五世として“改心”することになる後半は映画も落ち着く。中盤の見せ場である合戦シーンはその前の森でのチャンバラよりもシリアスに描かれ物語の転換点となる。まあしかし映画的に面白いのは前半でしょとは思うが...。
悪徳の象徴であるように排され顧みられないオーソン・ウェルズ演じるフォルスタッフだが、名誉をあくまで相対的なものとするスタンスに作品内で唯一“共感”できる人物でもある。「彼を追放すれば全世界を失うも同じこと」
commonlaw

commonlawの感想・評価

4.4
感動した。冒頭の神秘的なワクワク感と、最後のフォルスタッフの表情が忘れられない。
masaakib

masaakibの感想・評価

4.8
オーソン・ウェルズの映画の中では、かなり明るい映画。
アレクセイ・ゲルマンを思い出してしまう。
>|