劇場版 嘆きの王冠~ホロウ・クラウン~/ヘンリー四世 PART2の作品情報・感想・評価

劇場版 嘆きの王冠~ホロウ・クラウン~/ヘンリー四世 PART22012年製作の映画)

The Hollow Crown: Henry IV, Part 2

上映日:2017年06月17日

製作国:

上映時間:121分

3.9

あらすじ

父ヘンリー四世の軍に参加しホットスパーを倒したハル王子だったが、ロンドンに戻るとフォルスタッフら悪友との関係は昔のまま。そんな折にヘンリー四世が病気で倒れる。ヘンリー四世が死ぬ直前に和解したハル王子は、ヘンリー五世として父の後を継ぐ。ヘンリー五世誕生を知ったフォルスタッフは昔の馴染みとして恩恵を受けようとお祝いに駆けつけるが・・・。

「劇場版 嘆きの王冠~ホロウ・クラウン~/ヘンリー四世 PART2」に投稿された感想・評価

まつこ

まつこの感想・評価

3.8
前編もそうだけど後編もとても観やすかった。

トムヒ好きにはたまらないだろうなぁ。フォルスタッフは私の中でもうちょっと憎めない人の印象があったのだけどトコトンくず男になっていた。そして臭そう。
SAKU

SAKUの感想・評価

4.2
ホロウクラウン第3段!
前作よりフォルスタッフ中心に話が進んでいるかんじで、いいキャラだと思う
トムヒの内面的な葛藤がにじみ出ててかっこいい
後、トムヒの乗馬シーンがすごいかっこいい
結論トムヒがものすごいかっこいい
で、ポインズは?
さと

さとの感想・評価

3.7
フォルスタッフがかなりのパートを占めていて、ちょっと中だるみを感じてしまった。演出はリチャード2世のほうが好みだったなぁー。
とはいえ、衣装やセットは重厚で世界観がしっかりしていて見応え十分。
ゲームオブスローンズの推しの1人、サージョラーことイアン・グレンが出演しててびっくりして思わず声が出た。彼のYour Majesty 、My lord 、Your Grace はテンションあがるな〜。
あん

あんの感想・評価

3.7
あれ、フォルスタッフが主役かな。ってくらいでずっぱりやった
part1がクズやったから今回そんなに気にならんかったけどなー
このヘンリー6世とかの史劇がシェイクスピアの処女作らしくそんなん言われたら本でも読みたくなるよな、

トムが、その涙の一滴を幸せの時間にかえてやる、てセリフが鼻血やった
フォルスタッフを屋根裏から覗きにいくときの顔がいたずらっ子すぎてしんどかった

序盤のフォルスタッフくっそだな!ってイライラしながら見ていたけど、最後の仕打ちは可哀想だと思ってしまった。今までを思えば当たり前の結末だけど。
「体重を減らして、徳を増やせ。」身に染みる…………

圧巻の戴冠式。そこに至るまで父親との和解シーンからすごかった。勘違い涙からの「クラレンス!!!」は声を出して笑ってしまったけど、その後の展開で真顔。ハル王子は人が変わったかのように(心の奥底に眠っていた)強い男になった。美しい。
ジョン王子のやり方ってあり?無駄な血を流さなかったからよかったのか…な?

ポインズは?
atirakuy

atirakuyの感想・評価

3.8
フォルスタッフが吐き気を催すくらい嫌なやつ。(←手厳しい) でもシェークスピアはどの時代にも共通する、人間の醜さ、哀しさを彼のキャラクターに詰め込んだのかも。卑怯さ、臆病さ、肥満、老い、陰口、堕落、身勝手さ…。キャラクターを毛嫌いするだけで終わらず、自分自身を省みるようにしたい…。

ハル王子がヘンリー5世に!こんな神々しい王様見たことないよ…✨(←即位式を遠目から見る平民のテンション 笑)
Masaharu

Masaharuの感想・評価

2.5
今回はいまいち感情移入出来なかった
フォルスタットが憎めない感があまり伝わらなかったので、そりゃそーだ。ってなってしまった
茻

茻の感想・評価

3.5
フォルスタッフ出世したのにダメダメ。悪知恵と其の場凌ぎの処世術だけは健在なのが憎たらしい。

ハル王子は相変わらずの放蕩の割に、責任は増したようだ。楽しいだけの人付き合いも難しい。

最終的には王と和解して、フォルスタッフと決別する王子。

立場を弁えて合理的な判断を下す姿は、Part1で宣言通りの見事な変身だが、なんとも切ない余韻が残る最後だった。

ヘンリー4世は、自分はPart2の方が面白かったかな。

シェイクスピア「ヘンリー4世」は、確かシェイクスピアの父親が亡くなった頃作られたとか。
内乱で大活躍をしたハル王子だけど
また放蕩生活の日々。
そんな折、父親のヘンリー4世が病に倒れて…


パート1、パート2ともに
ハル王子の悪友のフォルスタッフは
大酒飲みで、肥っていて、お金はないのに気は大きく、弁がたつ。
このフォルスタッフがいるおかげで
作中もコミカルな印象が強いです。
そして重要な役どころでもあります。





ネタバレですが
ベッドに横たわっているヘンリー4世の姿を見てハル王子は死んでいると勘違いして
しまうところは早とちりだなー!とも思ったし、ロミジュリでも早とちりが悲劇を生んだり今の時代ではあり得ない状況ですね。
父、ヘンリー4世が死んだと信じ
ハル王子は迷いながら覚悟を決めたら
死んだと思ったヘンリー4世が現れて
びっくり!
そしてヘンリー4世は王とはどういうものかと切々と説いていくところが山場。

結局、ヘンリー4世は亡くなり
ハル王子はヘンリー5世となり
今までの悪友と手を切るのですが
ハル王子を慕っていたフォルスタッフまで
知らないふりをするのでフォルスタッフがとても哀れです。
パート1、パート2を通して
フォルスタッフの喜劇と悲劇の印象が
強く残りました。
asa

asaの感想・評価

4.2
ヘンリー4世Part 1.2
フォルスタッフとハル王子。楽しいのもあるんだけど、それよりも切なさを感じました。
ヘンリー4世は威厳があり、父としての愛も感じ、でも不安に押しつぶされそうな王を見事に演じていたと思う。
>|