50年後のボクたちはの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

50年後のボクたちは2016年製作の映画)

Tschick

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:93分

あらすじ

14歳のマイクはクラスのはみだし者。同級生からは変人(=サイコ)扱い、両親の仲もうまくいっていない。そんなある日、チックというちょっと風変わりな転校生がやって来た。夏休み、2人は無断で借用したオンボロ車ラーダ・ニーヴァに乗って南へと走り出す。 旅の途中で訪れる、いくつもの出会いと別れ。 やがて無鉄砲で考えなしの旅は、マイクとチックにとって一生忘れることのできないものになっていく――。

「50年後のボクたちは」に投稿された感想・評価

面白くなりそうで意外に盛り上がらない。整理されず猥雑で、それが狙いなんだろうが、風変わりなロードムービー。ただチックの摩訶不思議なキャラは憎めず。そしてたまに顔出すシュールな映像、リチャード・クレイダーマン、そして自然美が印象的。
Rei

Reiの感想・評価

4.5
面白い!
星空の下で寝転がりながら語り合う14歳の少年二人。
自分と重なる姿を不思議と連想してしまう。
彼らのような冒険はしなかったけど、自分にとっての14歳の冒険を思い出させてくれる、そんな作品。
できればもう一度見たい。
kei

keiの感想・評価

3.5
つくづくわたしは少年たちのひと夏の冒険をテーマにした映画が好きだとおもった
映画44「50年後のボクたちは」Tschick(チック)
「ソウル・キッチン」のファティ・アキン監督。
マイク イザ タチアナ
リシャール・クレイダーマン
ラーダドイツの車
こういうロードムービーいいね!
等身大の14歳らしい。
痛いも汚いも切ないもみんなかけがえないもの。
旅に出る前と帰った後での主人公の変化も良かった
みやこ

みやこの感想・評価

3.4
クラスのはみ出し者二人組の夏休みロードムービー。
やってることは結構めちゃくちゃだが、自分にはあんな大それたことはできないと思うと、マイクとチックの若さゆえの無鉄砲さが少し羨ましかったり……たまには勢いで突っ走るのも悪くないかな、と思えてくる。
一生忘れられないような旅の思い出があるのって、なんかいいなあ。
mpc

mpcの感想・評価

4.0
劇場で観る洋画と言えばハリウッド映画やたまにフランス映画ばかりなので、ナチスや戦争作品じゃない現代ドイツ映画が新鮮!
ティーンも大人もみんなドイツ語喋ってるYO(当たり前か)

内気な主人公と荒くれたアジアン転校生の夏休みロードムービー

ドイツは建築も文房具もインテリアも道路もグラフィックでかっこいい
北欧のようなかわいい要素は無く、機能的で先進的なキッチンもかっこいい!
田舎の景色にもキッチリ整備されたアスファルト道路があるのもドイツならはなんだろね
主人公がアマゾンで注文したJapanの刺繍のドラゴンジャケットがドイツの景色に映えている

男の子二人のかわいい悪さが微笑ましい
こういう話嫌いじゃない。
むしろ好き。
少年たちのひと夏の冒険みたいな、その冒険を通して大人になるみたいな、忘れられない体験みたいな、ロードムービー。

でもこれなら、スタンドバイミーの方が好きだし、去年の同じくらいの時期にやってたグッバイサマーの方が好きかも…

このふたつに比べると主人公たちのやること全てがあまりにも無茶すぎて、いや殴られて当然だろうとか、なんで捕まらないの?とか冷静につっこみながら観てしまう自分が悲しかった…
大人になったってことなんだろうか😭
イザってなんでひとりであんなところにいたの?

でも最後の50年後の約束のシーンで、この作品が一気に好きになった。
こういうね、実現するかわからないけどしちゃう約束っていいよねえ。
そもそもその約束を覚えてるかもわからないし、その切なさと儚さもいいよね。
再会したら、こんなことあったね!って話したり、そんなことしたっけ?なんて笑ったりするんだろうな。
タイムカプセルみたい。
楽しいね、そういうの。
このシーンがなかったらたぶん、観なくてもよかったなこれ、で終わってしまったと思うからよかった!笑

ちなみにわたしは約束とか思い出とか結構覚えてる人なので、友達と話しててなんでそんなの覚えてるの?ってよくびっくりされます。
この記憶力が勉強に活かせればよかったのになあといつも思うw
だからきっと50年経っても約束とか覚えてるよw
そういう意味ではまだまだ子どもの頃の心を忘れていないのかも。笑
幼い頃にしたやりとりや言葉や約束を、純粋に信じてるってことだものね。笑

ずっと中二病なのは痛いけれどw、心は中二病でもいいと思うし、そんな部分がある大人の方が楽しいんじゃないかなあ♪なんて思えました。
無敵の子どもだったあの頃のように、思うように進めばいいのよね。
ときどきドヤ顔になるマイクがたまらなかった〜!
>|