50年後のボクたちはの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

50年後のボクたちは2016年製作の映画)

Tschick

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:93分

3.8

あらすじ

14歳のマイクはクラスのはみだし者。同級生からは変人(=サイコ)扱い、両親の仲もうまくいっていない。そんなある日、チックというちょっと風変わりな転校生がやって来た。夏休み、2人は無断で借用したオンボロ車ラーダ・ニーヴァに乗って南へと走り出す。 旅の途中で訪れる、いくつもの出会いと別れ。 やがて無鉄砲で考えなしの旅は、マイクとチックにとって一生忘れることのできないものになっていく――。

「50年後のボクたちは」に投稿された感想・評価

やまち

やまちの感想・評価

3.8
クラスのはみ出し者の2人が夏休みにバカする話。
音楽もよくて雰囲気もいい感じだけど、出会う人との中身がなさすぎたかなー。自転車貴族ってなんだったん…
おっぱい見れたし、サイフォンの原理使ったところとかはテンアゲだった。笑

今までの長期休暇無駄にしてきたなーって思ったから来年は一生思い出になるようなことしたい。
SageKino

SageKinoの感想・評価

4.5
14の夏。
何をしていたんだろーと
自分ことを思い出してみる。
なーにも思い出せない。

マイクは14の夏を忘れないだろうね。
誰にでも忘れられない時ってきっとあると思いますが。

謎めいた出会い、
こころ優しい出会い、
女の子との出会い…
出会いはいいね。
何かが変わるから。

マイク、君が正直でうれしいよ。
最後のマイクの心の中のセリフがいらない。全部わかるからいらない。あとはよかったのに…。チックはニクイやつ!かっこいいね!
夏休みが終わって、新学期にクラスメイトと会うと、たった一夏でこいつの人生になにがあったんだ!みたいな別人に見える子とかいたけど、14才のマイクはまさに、夏休みに人生がひっくり返るような体験をして帰ってきた。

転校生のチックに連れられて旅に出るのだが、とにかくチックが魅力的。
破天荒で型破りで、なんのしがらみも怖いものもなさそうに見えて、実は聡明でセンチメンタルな心を秘めてたりして、
あー俺も車でどこでも連れてってって。
何からか抜け出す勇気を後押ししてくれるような存在。2人にはぜひ、50年後なんて言わずに、すぐ会って欲しい。
マイクとアル中のお母さんとの時間が、凄く微笑ましく、寄り添いあう2人をずっと見ていたくなる。
mince

minceの感想・評価

3.9
ハハハ14才。思春期真っ盛りクラスから弾き出された男の子ふたり。時間と面倒を窓から放り投げ若い狼達は雄叫びをあげ盗難車で南へ向かう「50年後のボクたちは」塚口2。野生、考えない、衝動、大人目線の純真なんて差別?原発?勝手にやってろ!金満左利き日本映画じゃあ絶対に撮れない弾けた爽快感。2017年11月15日イージーライダーから半世紀、やさしい若者の反逆。オマージュというより映画によるカバーオルタナバージョン。あの映画の主人公が今もし若くラストがハッピーだったらという希望的楽しさ満載。
y

yの感想・評価

3.8

友達になる瞬間みたいな、表情の緩み、変化。
繊細さ。
時々見えるロマンチスト感、想像で広がる会話。
2人が渚のアデリーヌをばかみたいに楽しそうに口ずさむシーン。

よかった。好かった。
2人の会話に垣間見える賢さにぐっときちゃった。

ただひとつ、14歳の彼らに23歳のわたしは少しだけ置いていかれてしまったような気がして、寂しくなった。
そしてちょっと、期待値が高すぎたかも。

きっとまた、見る。
チックがいいよなあ。好きだなあ。




お気に入りのミニシアターで。
最後列のセンターに、わたしひとり。
2017.11.14
mar88

mar88の感想・評価

3.4
よくある青春のロードムービーなんだけど、劇中流れる曲が秀逸。

遠く昔に14歳たっだ人たち置いてけぼりにしないで、ぐっと引き寄せる「渚のアデリーヌ」

正直、わたしにはその曲が合っているのか合っていないのかがよくわからなかっくて、ちぐはぐだなぁ。と感じたのですがのですが、
「14歳」という混沌とした年齢にあっているかもなぁと思いなおした。

マイクの家庭環境や学校でのポジションは今では特段珍しいことではなく、キャラとして目を惹いた訳ではありませんでしたが、もう一人の主役チックの風貌や立ち振る舞いがわたしはすぐに好きになった。

彼の家庭環境などは一切明かされないが、それでも観ているだけで楽しく彼の存在自体が「大丈夫、きっと上手くいく」と勇気付けてくれるような気がする。
エンディングもアメコミ仕様で最後まで楽しめた。


「ケンタとジュンとカヨちゃんの国」を思い出した。そしたら、エンディングの「私たちの望むものは」という曲は、この映画にもぴったりだった。
ドイツで220万部を売り上げたベストセラー小説「14歳、ぼくらの疾走」をファティ・アキン監督が爽やかに仕上げた青春ロードムービー。

少し前に観たドイツ映画「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」に展開は似ていましたが、前提も違うし、こちらはこちらで良かったです。14歳、二人の少年が羽目を外して悪いこともするけど、最後は爽やかなんですよね。そして少し切なくて。月並みだけどノスタルジーを掻き立てられる映画って感じがしました。
自分勝手やってる両親とか、普通に生きている友人たちとかは、彼らを引き立てる存在でしかなかったですね。

主役のマイク(トリスタン・ゲーベル)とチック(アナンド・バトビレク・チョローンバータル)のコンビはサイコーでした。特にチックはビジュアルといい、行動といい、素晴らしいですね。途中で出会うイザ(ニコール・メルセデス・ミュラー)も最初表情がわからないのですが、途中から変わるところとか、上手い演出でした。

リチャード・クレイダーマンの音楽も良かったです。
そして今回もあった...ドイツ人、どんだけトウモロコシ畑好きなんだ~(笑)
pfmg

pfmgの感想・評価

3.2

「グッバイ、サマー」に激似でした。
こっちのほうが法的にぶっ飛んでるけど…(笑)

いろいろやりたくなる時期なんですね、きっと。
Yuri

Yuriの感想・評価

3.7
たまたま時間が合うので見たのでなんの予備知識もなかったけど、これは良い!よくある青春物なんだけど、適度にスパイス効いてて、キャラクターも個性的!チックが好きになる!
>|