50年後のボクたちはのネタバレレビュー・内容・結末

50年後のボクたちは2016年製作の映画)

Tschick

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:93分

3.7

あらすじ

14歳のマイクはクラスのはみだし者。同級生からは変人(=サイコ)扱い、両親の仲もうまくいっていない。そんなある日、チックというちょっと風変わりな転校生がやって来た。夏休み、2人は無断で借用したオンボロ車ラーダ・ニーヴァに乗って南へと走り出す。 旅の途中で訪れる、いくつもの出会いと別れ。 やがて無鉄砲で考えなしの旅は、マイクとチックにとって一生忘れることのできないものになっていく――。

「50年後のボクたちは」に投稿されたネタバレ・内容・結末

緑がみずみずしくて気持ちよかったです
マイクとチックのやり取りが良かったな
夏休みを目前にクラスに現れた転校生チックと主人公マイクの街を飛び出したひと夏の物語。

こういう夏!冒険!って映画すき。

とりあえずキスしよっかと言ってしまうイザが可愛かった。14歳にとっては結構な衝撃だったと思う。羨ましい。ひと夏超えたらなんか雰囲気大人になってるやついたいた。

無茶で行動力に溢れた2人の行く先々が、面白くて、とっても魅力的だった。

寝そべってする宇宙の話、湖でじゃれあって結局ダイブ、50年後への約束、どれもアオハルかよ。

それにしても女の子って、ほんとワイルドな男の子が好きだな。(笑)
「何年後にここで」というタイムカプセル要素は素敵だけど、50年後と言わずすぐこの3人を会わせたくなる。

哀愁漂う名曲『渚のアデリーヌ』が最高の使い方をされている。
男同士のドライブで流されたら、そりゃゲイかってなるよ。
secret base 〜君がくれたもの〜 的思春期映画。孤独で素朴で、みんなとなかよくなれない少年たちの旅。とにかく主人公の男の子がかわいい。顔が、かわいい。一緒に暮らしたい。今からドイツ語を猛勉強したらなんとかなるかな…

主人公ふたりは14歳。
で、エンドロールに流れるドイツのパンクロックがまた、これがすげえ14歳っぽい曲なんだ。本編ではリチャードグレーダーマンやステッピンウルフなんかの渋ーいとこ触っておきながら、まあ、聴いてるだけで(バッチリ歌詞和訳字幕あり)胸が疼くような中学生パンクロックなんだよなあ

お話自体のフレームは王道ですから、説明するようになぞることは意味がなく、また文句もない。細かな味付けや、どう物語るか? を安心してみていられる。ギャグやセリフ、色味やつながりの音、、

や、安心してみてられる、は嘘。運転できない車に乗ってパニクる悪夢をみるような自分としては、車にのってふらふらして、アウトバーンを攻め、視界のきかないトウモロコシ畑をめちゃくちゃに走り、っていうか映画の大半が無軌道な暴走なんだけど、こわかった。事故って安心するようなところがある。走ってんのがこわい。そういう危なっかしい激走が14歳やなあ。ふたりともかわいい。チューしたのかな、寝てるあいだに。チューしたのかな。

印象にのこった よいシーン

やさしくてたのしくてアル中なママと過ごす時間のおもしろさの作文を、モラルに反する、親を敬愛していないってカドで先生が怒ってくるってことのリアリティ

パパとモナを撃ち殺すシーン(ヒューヒュー)




ムーライズキングダムからやってきたかのような色合いの自転車貴族たち。自転車貴族ってなんだよ

イザ、何者
どこにいて、なぜとどまっていたのか。
自分でも切れる髪をわざわざマイクに切らせるのは、マイクとなかよくしたいからなんだよね。それはかわいい。
青春ロードムービー

途中からドンドン引き込まれていった

主役3人が味がドンドンでてきてよかった

日本じゃすぐつかまって終わり

パーティーやる中学生もいない

だからこそ、観ていて楽しい

カメラアングルや色合いなどだけは、ミルキーロードの後だと、下に感じてしまう
ロードムービーは最高。
旅する2人の仲が深まる姿が本当に微笑ましい。もっと女の子含めた3人の時間が長いのかと思ったら意外とあっさりだった。でも、3人だと人間関係ややこしくなるしメインの2人の空気感がめちゃくちゃすきだったから満足。
エンディングでアメコミ風(?)にストーリーの補完をしてくれる映画は嬉しい。
好きなシーン
・母親とプールに物を捨てる
・ボンネットで焼いたであろうピザ
・車の運転を教えるシーン
・リジ・ビジの家族、素直にお礼を言う二人
ベタで真っ当な青春映画じゃなくて、シュールでゆるくてコミカル。音楽とか、全体的にダサかわいい感じ。

主人公が14歳なんだけど、意外にもすんなり感情移入できてしまったのは、わたしも彼と同じく昔から集団生活に馴染めなかったせいだろうか。

50年後に友達に再会するという約束があれば、それまでなんとか生きなきゃな、とか、もうちょっとちゃんと生きようかな、とか、思ったりするのかな。

友達できてよかったね、マイク。
クラスのはみ出しっ子同士が仲良くなり、成長する。この手の映画大好きですね。

妄想の世界では何でも出来ちゃうモテ男マイク(プールで手を銃の形にしてパパを撃つシーン最高です。)だけど、実際は何をするにも勇気がない弱気な少年。

そんなマイクを強引に連れ出し変えてくれるチック。チックは何をするにも横暴で恐いけど、憎めないとてもいい奴ですね。

チックと一緒だと何でも出来そうな気がするし、周り(パパ)から理解してもらえなくても2人の中だけ分かち合えてたら大丈夫。そんな風に思える仲。とても羨ましい世界です。

50年後の再会の時も変わらない3人で居て欲しいです。

そして、アルコール依存なママと過ごす優しい時間とても好きです。
>|