50年後のボクたちはのネタバレレビュー・内容・結末

50年後のボクたちは2016年製作の映画)

Tschick

上映日:2017年09月16日

製作国:

上映時間:93分

3.8

あらすじ

14歳のマイクはクラスのはみだし者。同級生からは変人(=サイコ)扱い、両親の仲もうまくいっていない。そんなある日、チックというちょっと風変わりな転校生がやって来た。夏休み、2人は無断で借用したオンボロ車ラーダ・ニーヴァに乗って南へと走り出す。 旅の途中で訪れる、いくつもの出会いと別れ。 やがて無鉄砲で考えなしの旅は、マイクとチックにとって一生忘れることのできないものになっていく――。

「50年後のボクたちは」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ベタで真っ当な青春映画じゃなくて、シュールでゆるくてコミカル。音楽とか、全体的にダサかわいい感じ。

主人公が14歳なんだけど、意外にもすんなり感情移入できてしまったのは、わたしも彼と同じく昔から集団生活に馴染めなかったせいだろうか。

50年後に友達に再会するという約束があれば、それまでなんとか生きなきゃな、とか、もうちょっとちゃんと生きようかな、とか、思ったりするのかな。

友達できてよかったね、マイク。
クラスのはみ出しっ子同士が仲良くなり、成長する。この手の映画大好きですね。

妄想の世界では何でも出来ちゃうモテ男マイク(プールで手を銃の形にしてパパを撃つシーン最高です。)だけど、実際は何をするにも勇気がない弱気な少年。

そんなマイクを強引に連れ出し変えてくれるチック。チックは何をするにも横暴で恐いけど、憎めないとてもいい奴ですね。

チックと一緒だと何でも出来そうな気がするし、周り(パパ)から理解してもらえなくても2人の中だけ分かち合えてたら大丈夫。そんな風に思える仲。とても羨ましい世界です。

50年後の再会の時も変わらない3人で居て欲しいです。

そして、アルコール依存なママと過ごす優しい時間とても好きです。
自由、青春、友情、冒険の詰まった映画。
強引だけど何事も自由に生きてる転校生に巻き込まれて、人生が少し変わる変人の主人公。
転校生に振り回されながら変わっていく主人公、主人公と転校生の冒険の中で芽生えていく友情は必見す
ファティアキンということで観ました
そうでもなかったです(個人的見解です)
天国の口、終りの楽園みたい
【良かったところ】
マリオゲッツェ!
ロイヤルブラッド
妄想ガンマン
チックの白ジャケット
親父のジャンピングパンチ
うーわ、ヤバイの見た。
この映画はクール。
人生の教訓になる何度も見たいやつ。
なかなか良い邦題。
(原題は『チック』かな?)

「50年後、またここで会おう」
と若い彼らは約束できる。
では私は?
めちゃめちゃ長生きしてれば生きてるかもしれないが、ほぼほぼ死んでる。
年々早くなって行く一年の体感速度。
50年なんてあっという間だ。
人間の人生なんてあっという間だ。

夏休み前、タチアナに夢中だったマイク。彼女の誕生会に自分だけ呼ばれないと悩んでいたマイク。
風変わりなロシアからの転校生、チック。
彼との出会いと、彼と過ごした夏休みは少年を大きく変えた。人生には限りがあるから、必要のない人間、必要のない悩みに煩わされることをキッパリとやめたのだ。
14歳でこの気づきは羨ましい。ずいぶん年上の私は、まだくだらないことで時間を無駄にし続けているというのに。

少年たちのひと夏を描くロードムービーはよくある。これは結構ガツンとくる。初っ端から血まみれで病院に運ばれているのも、カーチェイスっぽいシーン(ピアノの貴公子、リチャード・クレイダーマンの華麗なピアノの調べがミスマッチすぎてツボだった)も、このテのジャンルでは今までになかった刺激を受けた。

チックはとっくに“経験済み”と思っていたが、なんとゲイだったとは。ドイツ系ロシア人とかなんだろうけど、思いっきりアジア系の顔立ちで流暢なドイツ語というのが面白い。チックはその後どこに行っちゃったんだろう。
14歳の男の子2人が車内で長距離ドライブ中、恋やエッチの話のひとつも出ないのが不自然だなぁーと思ってた。どうりで。
マイクの夏休み明けの、キリッとした男らしい表情も良かった。
イザの、透き通ったエキゾチックな水色の瞳と、ばっさり切った黒髪のショートヘアも良かった。
(文化の違いだけどドイツ系の人は結構胸出すのに抵抗ないね)。

父親の一発(華麗にジャンプしたところで止め絵になるのが笑える)に、私はビックリした。え?ドイツっていまだにこんな体罰してんの?と。
でもマイクのモノローグに納得した。
体罰は良くないっていうけど、ぼくは一発食らうことでなんか変わることもあると思う、的なことを彼は呟くのだ。
確かにそうかもしれない。

裕福そうだけど、母がアル中、父は不在(同僚の若い恋人がいる)って、これアダルトチルドレンになるパターンだけど、マイク大丈夫か??
ひと夏のワラキアへのハードな旅で彼は強くなった。大人になった。
旅の帰路のカーチェイスで、羽目を外して前方のトラックを横転させたがマイクとチック。罪に問われるのは15歳からだと、マイクは警官に向かってタカをくくるが、それはチックの勘違い。14歳から罪に問われるのだ。
罪を負うということは、即ちもう子供じゃないということだ。
マイクは家庭環境に負けず、きっとまともに成長していってくれるだろうと信じてる。

エンドロールで流れるパンクロックもいいなぁ。ドイツ語のラップカッコいい。日本風のアニメーションはもうヨーロッパに定着したね。人の真似じゃダメ。自分らしく生きなきゃ。あっという間に50年経っちゃう!!


※余談
この秋、ドイツ(ベルリン+α)に行く予定で行けなった。たまたま見に来たこの映画はアメリカかフランス映画と思っていたら、聞こえてきたのはドイツ語。そして舞台はベルリン。わーお、ラッキー!!少しだけ旅行気分が味わえた。ワラキアってどこだろう。調べてみよう。同じアジア系の顔してドイツ語ペラペラなチック役の子が羨ましい!!
『50年後のボクたちは』鑑賞。ドイツ発の青春ショタロードムービー。少しみんなと違うが故に気になる異性にアプローチできない弱気な少年が、破天荒な転入生と出会うことで変わっていくという、ミシェル・ゴンドリー監督の『グッバイ、サマー』にかなり酷似した内容であった。そういう意味でどうしても比較せざるを得なかったものの、本作も非常に質の高い作品であった。ロシアからの転入生チックが盗難車で旅をする設定なので、自作した家型車で旅をする『グッバイ、サマー』より多少現実的かなという印象。主演とマドンナは『グッバイ、サマー』のアンジュ・ダルジャンとディアーヌ・ベニアンの方が可愛かったけど、悪友である本作のチック役を務めたアナンド・バトビレグ・チョローンバータルの方に軍配かな、もう完全に主観だけど……
ひとつ異なる軸があったのは、父親との深い確執だ。マイクは若い女性と浮気をする父親とアルコール漬けとなった母親という家族の在り方に嫌気がさしていた。そうした、若い自分にはどうにもならない現状(タチアナから誘われないことも含めて)に我慢がならなくなり、悪友チックとの二人旅に飛び出すのだ。
特に父親への反発精神は強く、父親の浮気相手にも敵意を向ける。そうした男性的なモノを否定するシーンは数カ所に見られ、途中で遭遇する奇妙な家族やゴミ捨て場で暮らす女性イザとの出会いに表現されている。父親への反発で顕著なのは、物語のクライマックス。裁判で悪事は全てチックになすりつけるようにという父親の指示を無視したシーンだ。チックの存在は夏を通して、マイクが不満に感じていたタチアナとの関係や家族のしがらみなどを取っ払う存在となっていたのだ。
失恋した少年が一回り成長して恋愛感情を乗り越えるって設定だけでだいぶ好きなので、採点は甘めだけどかなりオススメ。50年後の今日また集まろう、絶対だ!なんて青春なんだ!羨ましい!!!
青春ロードムービー。
予告編どおりで、想定以上のどんでん返しとかは無し。
それでもグッときたのは監督のセンス?
お母さんは酒飲みとしてグッとくる格好良さと痛さ。
最後のお父さんのジャンプパンチに笑った。
楽しかった

良いタイミングで流れる
渚のアデリーヌも最高

二人の空気感が程よく和んで
途中で出逢った女子もなかなか

ひと夏の経験で顔つきが変わる

ラストは巧い演出で感心

追記
上映後のトークイベントも良かった
成長するというよりはただワルになって帰ってきただけ…私の中のロードムービーに対する期待を超えるものではなかった。でも道中面白かったし、最後に明かされる約束は素敵。実現してほしいな。
>|