あしたは最高のはじまりの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

あしたは最高のはじまり2016年製作の映画)

Demain tout commence

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:117分

3.8

あらすじ

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救っ…

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救ったのは、地下鉄で出会った敏腕プロデューサーでゲイのベルニーだった。8 年後、すっかり家族となったサミュエルとグロリアとベルニーの前に、グロリアの母親クリスティンが現れる

「あしたは最高のはじまり」に投稿された感想・評価

パンダ

パンダの感想・評価

3.6
H29.9.20
新宿ピカデリー

親子の笑顔が底抜けに明るく切なく悲しい。結末は思いの外呆気なく突然に訪れる。最後の表情が何とも言えず胸に残る。笑顔の力を感じる映画。
オマールシー演じるお父さんが最高すぎる
不器用だけど愛情いっぱい!
お母さんは最悪。終始、どの口で言ってんの?て感じだった(笑)
最後がなあ、、😞😞
Hiro

Hiroの感想・評価

3.3
一人の男性が、突然現れた子どもの父親となり、人間として成長する話。
オマール・シーが名演。彼には活躍してほしいと切に願う。
Tako

Takoの感想・評価

3.7
コメディー要素で楽しんでたら、急に泣かされた
オマールシーの最高な父親の役が最高に好き。
今まで観た映画の中で、最も部屋がかわいい。母親は本当にムカつく、身勝手すぎる。
オマールシーみてると、ほっこりする、すてきほんとうに。
よしお

よしおの感想・評価

4.5
優しい嘘。

プレイボーイのサミュエルの元に訪れた一人の女性。あなたの娘ですと赤ん坊の女の子が手渡される。

フランスからイギリスへ母親を追いかけて無一文からのスタートで始まるスタントマン生活と、パパとしての生活。
ゲイの社長に助けてもらいながら娘に母親の事を隠しながら死にものぐるいで頑張るサミュエルの父親愛溢れたストーリーに熱くなりました。
突然現れた母親に娘を返してと裁判起こされたり、家族とは??って考えさせられる感情の起伏が激しいストーリーでした。

終盤にかけて母親への軽蔑新と、サミュエルの娘への愛がひたすら心をゆすぶってきました(T^T)
子育てのシーンが笑顔で楽しそうで本当に良かったです。
歯磨きシーン大好きでした。
でも母親は最悪。
自分勝手すぎて娘も父親も不幸にする存在でした。
特に父親は良くも悪くも彼女の自分本位な行動により人生が大きく変わってしまいました。
彼の周りに良き理解者が複数いたこと、良い子に娘が育ってくれたことが救いでした。
遊び心満載の家と子育てで、それだけで愛情を感じさせられました。
chihiro

chihiroの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

母親の身勝手さと、思い込みでの行動に軽蔑…

最後が映像とナレーションでまとめられてたのが、残念だったような。
Walter

Walterの感想・評価

3.5
自分勝手な母親には嫌悪感を持ったが自由を謳歌していた主人公が突然現れた我が子を懸命に愛情たっぷり育てて行くストーリーは心温まる。切ないエンディングに美しい南フランスの海が寂しくも見えた
sorahi

sorahiの感想・評価

3.0
「心配ない。怖がっちゃだめだ」

子供を育てること、というか、そんなに偉そうなことじゃなくて、子供と一緒に泣いて笑って同じ時間を過ごすことが、周りのみんなの人生を豊かにする。
テーマに共感しました。

テンポが良くて、観ていて明るい気分になる映画ですが、設定も描写もちょっと雑で、せっかく良い話なのにもったいない。

「努力してよ。いつまでも一緒じゃないし」
母にはイラッとしてしまう…
なんとも素晴らしい溢れてる笑顔がとてもいいです