あしたは最高のはじまりの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

あしたは最高のはじまり2016年製作の映画)

Demain tout commence

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:117分

3.8

あらすじ

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救っ…

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救ったのは、地下鉄で出会った敏腕プロデューサーでゲイのベルニーだった。8 年後、すっかり家族となったサミュエルとグロリアとベルニーの前に、グロリアの母親クリスティンが現れる

「あしたは最高のはじまり」に投稿された感想・評価

KanaOyagi

KanaOyagiの感想・評価

3.4
ストーリーはもうひと声だけど役者の魅力がそれをカバーしていると思う
レビューはあまり良くないけど、個人的には分かりやすい感動もので、嫌いではなかった。でもお母さんはダメだね、あれは。
Yoshitsune

Yoshitsuneの感想・評価

3.9
変え難く、免れ得ぬ暗い過去と辛い未来を抱えながらも、「優しい偽り」と「偽りのない優しさ」で「いま」を幸福に生きようとする父娘の愛情を同性愛やSNSなどトレンドを取り入れながら描いた家族愛ドラマ。

ヘブライ語聖書の「ソロモンの知恵(Ⅰ列王記3)」を踏襲した、引き裂かれた親子と、引き裂かれる親子に対して裁きが下されるエピソードは今春に公開された「ひかりをくれた人 (原題: The Light Between Oceans)」にも通じるところがある。
その作品は第一次世界大戦後を描いていたが、本作は2008年から2016年が舞台であり、EDMやFacebook、そしてゲイカップルによる子育てを取り扱っているのが異なり、コンテンポラリー性を有している。

撮影の手法を効果的に使用しているのが印象的で、自宅のリビングでのシーンと寝室でのシーンが一つのモンタージュとしてシームレスに繋がれていたり、自撮り風のホームメイド感溢れるシーンは父娘のものと、母娘のもので同様のものを用意していたり、「繋がり」を断たないように工夫が凝らされていて感情移入がしやすかった。

深刻な問題もシンプルで明るく楽しく前向きに取り組もうと思わせてくれる優しい作品。
m

mの感想・評価

4.5
オマール・シー最高すぎるよね、、、観終わったあとにひとりでぼーっとしてしまった。泣いちゃうよねこれは。もう一回観たい。
スリーメンアンドベイビーからドタバタなコメディ要素を取っ払ったような作品。まぁ、悪い映画じゃないとは思うんだ。ユーモアのセンスも素敵だし。ただもう一声なんか欲しかったなという印象。細かい設定はともかくストーリーが少し雑な感じが。

主要キャストの魅力で持ってる作品かなと。あ、あとオープニングは最高に好きなので少し加点。
emiri

emiriの感想・評価

5.0
子供が子供を育てられるのかよ!
と言いながら、
全力で愛情を子供に注ぎ続けていたら
いつの間にか自分が“大人”に
いつの間にか素敵なパパに成長していた男の物語

熱い愛には敵わない
愛は無条件

「何があってもきっとふたりなら 明日を変えれる」
ちょっと前にやってた「ボン・ボヤージュ 家族旅行は大暴走」もそうだけど、最近のフランスのエンタメ作品て、アメリカ映画と比べてテンポ良くてキレがある気がする。その分多少ムチャな展開の話でも成立しちゃうと言うか。(以前のハリウッド作品なら同じことができたけど、最近はいろいろと配慮が入ってそういうのが少なくなってしまった感じ。)
 
この作品で言うと主人公の やんちゃ人間 ⇒ 良いパパ ⇒ 親権争い の変わり身がすごい。普通に考えたら、昨日までダメだった彼がいきなり親になったら、それこそ心病みそうだけど。あと、何の準備もなしにロンドン行って定住できちゃうのかよって言う。そういう展開を、うまくギャグで繋いでストーリーが進行したことを観客に納得させるところにテクニックを感じる。
 
あとこの作品で印象深かったのは、アントワーヌ・ベルトランさん演じる主人公のゲイの友達。親心はあるけど親にはなれない切ない役柄を上手く演じている。フランス映画ってゲイのキャラクターの描き方が自然。邦画だったりすると、マイノリティが無理に倫理的なキャラにされてしまったりするけど、このキャラは普通の人として魅力的だと思う。
ktrmrt

ktrmrtの感想・評価

4.0
オマール・シーと子役のグロリアを筆頭にキャストの演技が凄すぎた。オマール・シーよ………
母親役どこかで見たことあると思ったらハリーポッターシリーズのフラーだったのね驚き

ゲイの親友役の人めちゃくちゃファンになったし他の作品も観たい

空気感がよすぎたし、ものすごく泣いたから、作品としてイマイチだった点には触れないです。
KUJIRA

KUJIRAの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

オマール シー と娘グロリア役の子役のやり取りを見ているだけで心が洗われる。やはり、こう言う作品は子役が大事。
親友?のゲイの人も最高。
ただ、ストーリーが弱い。
突然、赤ん坊を押し付けられて、仕事をクビになり、英語も出来ないのにロンドンで暮らす。あり得ない設定なのに、スタントマンとして成功して娘をスクスクと良い子に育てている。
オマール シーのキャラクターに隠れてしまっているし、母親が酷過ぎて麻痺しているが、父親は人としてダメ。朝まで騒いで仕事をサボる常習犯。赤ん坊の面倒を見るからって、マトモに生きていけるのか疑問。
母親のクズっぷりは飛び抜けている。バカンス先で寝た相手に赤ん坊を押し付けて逃走。8年経って今更母親顔して会いに来る上に、裁判で親権を争う。終いには、遺伝子検査を要求して、実は違う男の子でした。映画史上稀に見る身勝手さ。でも、腹が立つし、意味不明だけど、嫌いにはなれないのは演技力なのか。
部屋が豪華かつ遊び心に満ちている。凄く楽しそうだが、こんな部屋で暮らしてたら現実世界に対応できない人間になりそう。
最後は、母親に引き取られる日に父娘が逃走。クビになった船の仕事にサラっと戻れている。しかも、母親が何も無かったかの様に会いに来ている。展開が不自然。
笑いも泣けるシーンも、芯を外している感が否めない。
hinae

hinaeの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

久しぶりに映画館へ行って。
過ごした時間か、お腹から生み出した方かといった、「そして父になる」を思い出すような作品。親子が競争して外へ出たり、なるべく楽しませて色んなこと経験させようというオマールシー演じる父親。それはとにかくいいなと思った。

ただ、母親との関係、母親の身勝手さとか、最後の海のシーンで母親が出てきたときびっくりした。不自然。
ゲイの友人は、母親代わりだ!と言う割には作品内での登場も少ないく端々に出るだけ。その辺ももっとしっかり描いてほしかった。ラストまできれいには描かれているけれど、欠けてるところが多々。

娘のグロリアがよかった。特に表情。自分ホント子役に弱い。。泣いた。グロリア役の子は本当にグロリアというそう。是枝映画みたい。この映画はラストの回想シーンでの父親の言葉がすべてを物語ってると思う。