あしたは最高のはじまりの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

あしたは最高のはじまり2016年製作の映画)

Demain tout commence

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:117分

3.8

あらすじ

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救っ…

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救ったのは、地下鉄で出会った敏腕プロデューサーでゲイのベルニーだった。8 年後、すっかり家族となったサミュエルとグロリアとベルニーの前に、グロリアの母親クリスティンが現れる

「あしたは最高のはじまり」に投稿された感想・評価

あれほどにも真っ直ぐ
人を大事にできるって
素晴らしいと思う!
「最強のふたり」でも観られるように、だめだめだった男が子育てを奮起するうちにまじでいいやつになっちゃう話。コメディ感と感動のバランスが取れてない感じはあったけど、オススメの作品。
kazuかず

kazuかずの感想・評価

4.2
「夢のような人生を送ると決めた型破りの2人」

大人と子供のバディムービー!
思いつくだけでも「ペーパー・ムーン」「アニー」「ギフテッド」「ローガン」などの秀作がありますが、新たなバディムービーの秀作が登場( ´∀`)

遊び人でチャラ男のサミュエル。ある日突然、1人の女性から赤ん坊グロリアを「あなたの子です」と渡され逃げられる。同居人のゲイ ベルニーと共に、8年間グロリアを懸命に育てたサミュエル。2人の間には、親子の愛情という深い絆で結ばれていたが、ある日、赤ん坊を渡して逃げた女性が現れる。サミュエルとグロリア、2人の絆と運命はいかに?

といった良くありそうなストーリーですが、中盤から、予想だにしないまさかの展開に。ラスト10分のシークエンスは、涙でスクリーンが霞むほどでした。
人はみなそれぞれの人生がありますが、こういう生き方もいいもんだと思わせる温かい作品でした。

「最強のふたり」で鮮烈な印象を残したオマール・シーが主演。個人的には、最強のふたりのドリス役より良かったと思います(^^)

おすすめ作品です。
鰯

鰯の感想・評価

2.7
アニメーションを取り入れたオープニングは最高

観光ボートの操縦者でプレイボーイのサミュエルは、過去に一夜を共にした女性クリスティンから「(彼女いわく)自分の子」グロリアを預かる。ロンドンへ向かったという彼女にグロリアを返そうとするが、再会することはできない。そこでサミュエルは、ロンドンで出会ったプロデューサーのベルニーと共に子育てを始める。

子役すごい!喜怒哀楽の表情が本当に豊かで観ていて幸せになる。ベルニー役の男性もピンポイントで出てきて良い味出してる。
映像のつなぎ方もワンカット風に見せるところもあって面白かった

ハイライトはオープニングと異常に短い子育ての記録、であとは惰性感がある。特に預かった当時まだ3ヶ月だった子が8歳になるまで一瞬(ダイジェストのよう)でがっかり。そこは時間かけてほしかった。
後半にクリスティンが再登場してからは、なんというかいろんな映画のつぎはぎのような展開で退屈でした。話の方向、話題も二転三転して集中できない。サミュエルがある仕事を始めたシーン、関係に対する司法の関わり方などは、展開が早すぎるし、しかもラストに対して不要な回り道をしているようでした。そのほか、ボケを入れるためのシチュエーション作りも感じられて不満でした。例えば、ある男性とサミュエルが2人になって、気まずくなるところ。

ラストに関わるある設定も、サミュエルとグロリア(+クリスティン)の関係を考える上で不要では?と思いました。
こういう心情の変化が直で伝わる映画ってゆうのは感情移入しやすくて最後は涙が止まらんかった。
Ayumi

Ayumiの感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

オマール・シーはいつも素敵
話も、カラフルな背景や景色がとても良かった!

けども病気の必要性はなかったんじゃないかなあ
なくても充分感動できる良い話なのに

ダメ女がダメ女すぎて笑う
zlata

zlataの感想・評価

3.4
タクシー代と引き替えに育てることになった存在も知らなかった娘。自分勝手な母親にはあきれました。プレイボーイだった父親が毎日娘と向き合って全力で生きる姿に感動。結末には驚かされました。
サミュエルがグロリアに向ける笑顔がとっても好き。悲しいけど、前向きになれる映画。忘れ物取りに行くシーンが印象的。
自分にも子供が出来、映画アニーのような、ほろっとくる家族となる愛情劇を描いた映画を期待して観に行きました。

私が思っていたものとは違っていましたが、家族の様々な愛の表現が描かれていました。

考えさせられる映画です。

愛する人と一緒に過ごす時間がどれほど価値あるものなのか。

わたしが観たかった主人公が赤ちゃんを受け入れるまでの苦しみや楽しみがあらかたはしょられていましたが、ストーリーはまとめられていました。

登場する父も母もとんでもない奴だけど憎めないのは、きっと自分も感情移入していたからなのか、子供に注いできた愛情は確かなものだったからなのか。

今の自分を改めなければと見終わった後に深く考えさせられました。涙は出ませんでしたが、心に残る映画でした。
moooooo

mooooooの感想・評価

4.0
プレイボーイのあんちゃんが、一夏の女に子供押し付けられて突然シングルファザーになっちゃうけど娘可愛くて仕方なくなって最高の相棒になるが娘が母親に会いたがったりして色々と問題が…な話。
父娘もの弱いんだ……
飛行機で涙腺崩壊✈️超泣けた……