あしたは最高のはじまりの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

あしたは最高のはじまり2016年製作の映画)

Demain tout commence

上映日:2017年09月09日

製作国:

上映時間:117分

3.8

あらすじ

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救っ…

サミュエルは、南仏コートダジュールの太陽の下、毎日がバカンスのごとく人生を謳歌していた。しかし それは、かつて関係を持った女性クリスティンが、生後数か月のグロリアという“実の娘”を連れて彼の前に現れるまでのこと…。「あなたの娘よ」と告げ姿を消したクリスティンを追って、ロンドン行きの飛行機に飛び乗るサミュエルだったが、言葉も通じない異国の地で彼女を見つけることはできなかった。途方に暮れた彼らを救ったのは、地下鉄で出会った敏腕プロデューサーでゲイのベルニーだった。8 年後、すっかり家族となったサミュエルとグロリアとベルニーの前に、グロリアの母親クリスティンが現れる

「あしたは最高のはじまり」に投稿された感想・評価

Natsuko

Natsukoの感想・評価

3.7
遊び人だった父親が子育てに悪戦苦闘。楽しんで子育てして、素晴らしい。母親は最低。どんな理由が有っても、子供を手放してはいけないと思う。
最高だった。
最初から勢いがあって見逃せなくて、すごく悲しいのに明るく終わる。

スタントマンのプロディーサーのキャラクターも好き。

終盤はひたすらに納得いかない事柄がいくつかでてきてどうにか痛い目に遭わないかな〜っておもってしまったけど、思い通りにはいかず...

いろいろひっくるめて
前向きな気持ちになれる物語
YUUKA

YUUKAの感想・評価

3.7
母親にイライラが止まらないのは置いておいて。
血が繋がってるとか繋がっていないとか、親子の愛や絆はそれを越えることが伝わってくる。笑いあり涙あり、の感動ストーリー。
asuka

asukaの感想・評価

4.3
なぜだろう。アニーのイメージを持って観に行ってしまった(笑)
パパ's(?)の子育て奮闘はほのぼの。
ラストはなんとなくこういうことかなってわかるんだけど、素敵な作品でした。
ayn

aynの感想・評価

4.4
飛行機の中でみた作品だったけど、号泣も号泣。でもなんかクスッと笑えたりして、ほんと、大好きなんだよなぁ、この映画。もっと費用がされるべきだと思ってる
YooMee

YooMeeの感想・評価

3.5
乳飲み子を押し付けて8年間?も音沙汰なしはないだろう。
溢れる愛で娘を育てる彼をサポートするゲイの監督の優しさに胸が熱くなったけど、最後まで母親を理解できなかった。
Yuka

Yukaの感想・評価

3.8
オマール•シーの魅力炸裂!
娘への愛情がいっぱい伝わってきました。
インテリア可愛い❤️
m

mの感想・評価

3.5

今まで観た映画の中でお部屋のシーンは『ヘイフラワーとキルトシュー』が1番可愛いと思っていたのですが、今作が1番かもしれません…♡

大小2つのドア、おっきいふかふかの象のベット、おっきいレゴの人形、滑り台、バスケットゴール…
夢がいっぱい詰まった部屋にはサミュエルのグロリアへの愛が溢れてるんだろうな〜と思いました(^^)


綺麗で良い内容だったのですが、なんでしょう、ちょっと既視感(笑)

親権問題で法廷に立つようなシーンは沢山見たことあるし、子役の子はアニーに見えるし、後半にビーチに座るシーンのサミュエルはワイルドスピードスカイミッションのローマンと完全に一致…(笑)

とりあえずお母さんの言動にいらいらしました〜(*_*)!
そら吉

そら吉の感想・評価

3.0
これは、かなり評価に困る映画やね( •᷄ὤ•᷅)

心がポカポカしてくる映画だけど
一方で決して許せない映画でもあるなぁ。


オマール・シー演じるサミュエルが
「あなたの娘よ。」って言われて
娘の母親にいきなり赤ちゃんを渡されて…

その娘を育てるっていう話。


心がポカポカしてくるシーンはね…

サミュエルが娘グロリアと
だんだんと打ち解けていくシーンかな♡


そして、許せないシーンはね…

同じ女性として赤ちゃんを
置き去りにするこの母親が許せません!!


けど、最後の方で
サミュエルが言うんですよね。

「完璧な親などいない」って。

まぁそりゃそうだよな〜
確かにな〜って思ったよ。


きっとその時は、いっぱいいっぱいで
とにかく娘を無事に育ててくれそうな
サミュエルに娘を託したんかなぁって。


それでも、許せる行為ではないけどね。


あと、裁判沙汰になって親権を争うんだけど…

え?どの口が言いよると!?( ˘ーωー˘ )


裁判になって困るのは、母親業を
放棄したあなたじゃないとですか?

って若干イライラと…( ・ὢ・ ) ムムッ


そして、その私のイライラ度を
加速させるかのように…

ある事実の発覚…( ー`дー´)


これには、開いた口が塞がりません。


そして、さらに追い討ちをかけるかのように
ラスト明らかになる衝撃の事実…( •᷄ὤ•᷅)


これには、え?( ¯−︎¯ )
まじか………って感じよ。

ラストの事実は、イライラではなくて
ただただひたすらビックリやったよ。


ってことで、心の中をいろいろと
かき乱されて、とても疲れる映画でした。


これは、男性目線と女性目線とでは
評価が違ってくる映画かもね〜☆
AYA

AYAの感想・評価

3.3
パパと娘。素敵。2人のお家も素敵。それに比べ、何て勝手な母親。戻ってきた瞬間絶対彼氏ができてると思ったの私だけ?本当に腹立たしい。同じ女性だと思いたくない。男ができて余裕がもてたから娘もなんて図々しい。設定をもっと良い母親にしてくれたら評価も違ったのにって思っちゃう程、私には無理でした。だってどうしても嫌な母親のイメージが消えない。