孤狼の血の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

孤狼の血2018年製作の映画)

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

あらすじ

「孤狼の血」に投稿された感想・評価

こっえぇからよそ見しながら観た、直視できなくてごめんなさいおもしろかったです
haru

haruの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

お話の筋としては、面白かった。
うん、必要悪ってあるよね。権力に飲み込まれずに、独自の正義で戦ってる役所広司カコイイね。でもそれはあまりにも過激だし泥臭すぎないかい?
最後自分の意思を理解してくれるクレバーな松坂くんが後継者になってくれてよかったね。

だけど、すみません。やっぱりこういう設定にハマれない!ディティールにハマれない!
私が女性だからっていうのは少し乱暴かもしれないけれど
男性の多くが女性より、プラダを着た悪魔にイマイチハマれないのと同じように、私はこの手の話は苦手だなぁ。
親分

親分の感想・評価

4.2
役所広司にハズレなし。
けど、『渇き』のときの壊れっぷりには届かず。
広島を舞台にしてるところがいい!
やっぱりヤクザ映画といえば仁義なき戦い!
梅宮辰夫や菅原文太とかが出てきそうだった。
しかし松坂桃李は いただけない。。。
ええのぉ!面白いんじゃ!
さ!エセ広島弁は置いといて最高でしたよ〜!
『サニー/32』が個人的に年間ワーストなクソ映画過ぎて白石監督への信頼が揺らぎかけていたんですけども、やっぱり監督流石ッす〜!マジ半端ねえっす!やってくれる漢だと思ってましたよ〜!すりすりすり!
"東映"波ザッパーンでテンション上がりますし、仁義なきリスペクトを感じさせるナレーションベースも良いですね〜!
役所広司と松坂桃李が恐ろしくカッコいい!ホントこれ!役所広司は演じる刑事の大上は汚職まみれのダークヒーロー。「警察じゃけぇ。何をしてもええんじゃ。」まさにこのセリフに大上というキャラクターの全てが詰まってますね。ヤクザ相手にもガンガン行く怖いもの無しのヤバい奴ですよ。そして、松坂桃李が演じる日岡はそんなイッちゃってる大上とコンビを組まされる事になった新人デカ。当初は正義感溢れ正しい道を歩もうとしていた日岡が次第に修羅の道へと足を踏み出していくところがんまぁ面白い!ここらへんは若干『日本で一番悪い奴ら』の綾野剛をも彷彿させます。まぁあそこまでワルじゃないですが笑
ただ予想外だったのはまさか『孤狼の血』で泣かされるとは!終盤に大きく物語が動くんですが、ここはちょっと堪え切れなかったですね〜これぞ漢泣き!
R-15指定ですけど全然観やすいと思います。エロやバイオレンスがそこまで強烈という訳ではないので、、多分。ちょっと私は感覚バグっちゃってるかもしんないですが。これでまた白石監督の次回作を楽しみに生きていけます。サニーなんて無かったんですよ!アレはきっとまぼろしですよ!そうそう!そうに決まってる!アッハッハッハッハッハ!!!!
白石和彌監督作。

2018年のベスト級の一本でした!!

白石監督といえば今の邦画界で最注目の1人であると思うが、今回もその期待を裏切らない見事な作品だった!
たかし

たかしの感想・評価

4.4
引き継がれる意志

単なるバイオレンスものでは終わらず惹き付けられる。ただ、グロさは覚悟の上で
かわち

かわちの感想・評価

3.5
ハードボイルドな松坂桃李、終始ボコボコにされて血塗れだったけど、かっこよかった。役所広司は、渇きみたいなゲス刑事かと思いきや、ちょっと良い人系で物足りない印象。
白石監督の暴力映画は、観ててスッキリ感があるから好き。
BIN

BINの感想・評価

4.0
関西弁最高⤴⤴
めちゃおもろかった。

江口洋介ふんする、
いちのせもりたか
ちゅー名前に違和感ありすぎた
昭和63年
暴力団同士の抗争の火種がくすぶり、戦争寸前の一触即発の気配漂う呉原市
広島大学出身の新人エリート刑事と違法捜査待ったなしのベテラン刑事のコンビは事態収束のため、ある失踪事件の捜査を開始するのだった

こっっってりした広島弁と油ぎった顔、顔、顔がザラついたスクリーンいっぱいにこれでもかと広がり続ける120分!
アウトレイジ最終章が割とマジでアレだっただけに、ああこういうノワール映画を待っていたと言わんばかりの意欲作です
日本のバイオレンス映画は生きていた!

冒頭から竹野内豊による住宅のCMの時とはまるで違うやり過ぎのヤクザ演技に否が応でも高まる期待(竹野内豊楽しそう)
ギラギラヌラヌラ演技の役所広司はまぁ逆にもう見慣れた感はあるけど、それはそれとして
どんなバイオレンスが今後展開されるのか!

と、ワクワクしたものの
実はそういうYAKUZAテンションで押し続けるワケでもなく、警察の内部事情なんかも絡んだり新米の苦悩が描かれたり上手くテンションの手綱をとられてる感もあり
この辺は個人的な好みとしてはもっと凶暴なだけの映画でもいいのに……なんて思ったりもしました

ただその”溜め”が終盤めちゃめちゃ効いてくるので、やっぱり手綱をとられてたんだな……

暴力描写にダメージ描写、そして何より死体の表現には、その状態の死体をちゃんと表現するのか!と拍手したい気持ちだ
(グロだけど、だからこそその展開の凄惨さとそれに対応するキャラクターの怒りや心情が理解出来る)

「外道は…!外道らしく死ねや!!!」
のセリフなど、たまらん男泥(おでい)臭さ満載で、大満足でしたね

次回作もあるそうなので、次は更に凶暴さを増し増しで是非お願いします
ありがとうございました
役者が皆様素晴らしい。
ヤクザ映画って、こうやってリアルに細かくやると、サスペンスちっくに面白く見れるんだと気付かせてくれる作品