孤狼の血の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

孤狼の血2018年製作の映画)

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:126分

4.0

あらすじ

昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会 社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。

「孤狼の血」に投稿された感想・評価

じーた

じーたの感想・評価

4.5
いい映画でした。
割と初めてみるタイプのバディ物で、なかなかエグかったけど、二時間があっという間。何度も何度も予想を裏切られ続けた。

あとやっぱり広島市に描写映ると場所がわかってしまう。何よりキャストが広島弁マスターしてたのに感動した
Meke

Mekeの感想・評価

-
「日本には牙のない男が増えすぎた」
「警察じゃけぇ、何してもええんじゃ」
・最初から最後まで痺れる。見終わった後牙剥き出しの人生を送りたくなる。
・松坂桃李の演技の振れ幅
・役所広司の本物感
・江口洋介の溢れ出る男気
・竹野内豊の吠え
・中村倫也の狂犬ぶり(朝ドラとのギャップ)
アライ

アライの感想・評価

4.8
スゴすぎる。役所さんの広島弁は忠実すぎるのか聞き取れない箇所が多すぎた。松坂桃李が徐々に覚醒していく感じたまらない。最期は怪演。
scarface

scarfaceの感想・評価

4.1
待ってました!これを現代日本映画界に求めていた。アウトレイジとも違う。東映の本気が見たかった!しかし、仁義なき戦いとも違う。その違いは残念な部分もあるが、現代の役者スタッフを考えれば、ほぼ肯定できる。ごちそうさまでした!ありがとう!!
sn

snの感想・評価

3.5
レイトショーで観ました、怖かったです。

野暮なこと言いますがやはりアレと比較してしまいます。
アレはオールスターキャストで、やくざ映画だけどソリッドでどこかおしゃれな感じです。
こちらは、渋い俳優さんはもちろん揃ってますが、泥だらけで汗臭くて、ヒューマンドラマで、怖いです。
アレがエンターテイメント性の高い現代やくざ映画としたら、こちらはドキュメント的な怖さがありました。

役所広司さんファン的には、こういうワイルドな役も素敵ですが、淡々としつつ狂気を持った役どころの方がハマるような気がして、今回のキャラクターは少し単調に感じてしまいました。
tomo

tomoの感想・評価

3.5
海に向かって鉄砲を撃つシーン、アウトレイジ最終章でもあったので、北野作品へのリスペクトかなとも思いました。
ratstalus

ratstalusの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

2017年ベストムービー更新。

呉弁×ヤクザはもう最高過ぎます。仁義なき戦いの醸し出す昭和の汚さは昔のフィルムや音響でしか出せないものと思っていましたが、冒頭の脂ぎった顔と照明使いに豚小屋で呉弁ぶつけて拷問するシーンで「これは汚い」と確信しました笑

そこに仁義なき風の地の文が入り、もう100億万点が確定です。

最後の落とし前の付け方も最高です。ガミさんの意思というか。これは警察がヤクザをおっぱじめる話ですが、筋の通し方はヤクザそのもの。最高です。

役者陣もよかった。役所広司、松坂桃李はもちろん良かったのですが、個人的には竹野内豊が素晴らしかった。頭悪そうなのに、何故か余裕とカリスマ性があって生き残ってく感じ。ブラッドピッドの凄みを感じました。もっと出番増やして欲しかったな。

女性陣もむちゃくちゃエロい。汗や雨で終止濡れています。またカメラと照明が絶妙で、普段なら見えちゃいけない毛穴がはっきり見える。CMや映画で綺麗な姿で見る女優達が絶妙に汚エロい感じで、完璧な任侠女になってました。

ちなみにサントラもクソかっこいいです。
azffy

azffyの感想・評価

4.0
こういったジャンルの映画を映画館で初めて観ました。

グロシーンが苦手なのですが、冒頭から…大画面でのグロシーンはすごいですね、
目を隠さずにはいられませんでした。笑

役者さんの演技が本当に凄かった!
映画館で観てよかった!!

もう観れる自信がない!笑
おもち

おもちの感想・評価

4.0
松坂桃李がとても良かったです。
岩永ジョーイもとても良かったです。

色々勉強してからもう一度見たい映画でした…。
しげ

しげの感想・評価

4.4
もはや任侠は時代劇、と思って見たら最高のエンターテイメント映画。
ヤクザ映画にリアリティなんか求めたら楽しめるものも楽しめない。
感情と感情のぶつかりがそこにはあって、わざとらしい広島弁の応酬には感動すら覚えます。

最高に楽しめた!
最後はハッピーエンドで気持ち良い結末。
日本映画はこういう映画ばかり作るべきだな。
いちいち役者が良い。
映画館で観てよかった。