孤狼の血の作品情報・感想・評価 - 4ページ目

孤狼の血2018年製作の映画)

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.0

あらすじ

昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会 社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。

「孤狼の血」に投稿された感想・評価

無類に面白い悪徳警官vsヤクザ映画。原作小説のファンなんだけど原作から改変した部分が全部ハマりまくってる。原作小説は「県警対組織暴力」なのに映画は「用心棒」になってるとでも言うべきか。
映画的な興奮と爽快感をもたらす大改編で原作小説を読んでいる人ほど楽しめる脚本構成は見事の一言。
ラストのラストのオリジナルのひとひねりにも思わずニヤリ。
えみ

えみの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

役所広司はもちろんだけれど、松坂桃李の表現力がすごい。
最初はエリート新卒警官だったのに、大上の考え方に感化されて途中から目つきとか全然違ってた。
添削みて号泣するシーンは大上の遺志を受け継ぐ気持ちが表れてたなあ(´-`).。oO
なによりラストはとてもシビれた、、続編が楽しみ。

切ったらほんとうに真珠が出てくるシーンは怖いけどおもしろくて笑ってしまた。

観終わったあとは、そのへんの物陰から拳銃持ったヤクザが出て来そうな気がしてビクビクしてしまう、そんな映画です。
9位

9位の感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

おもしろかった
大上は綱を渡りはじめたが最後、もう歩みを止めることはできない
警察側にもヤクザ側にも肩入れできない。
両者の間スレスレを歩きながら生き抜いてきた
うーん、なんてかっこいいんだ

全て投げうって文字通り命をかけている人に惹かれるのはなぜだろう
そのためなら命をも捨てられると思うほどの強い信念を、わたしが持っていないからかなあ
ちょっと憧れる、いや、なりたくないけど。

ガミさんが死んだ後、同僚たちが口々に「ガミさんがいなくなったらどうすりゃいいんだよ」と言っていたのが印象的。

先駆者は、得てして孤独だ。

オオカミ→オオガミか!って今思った。
ポスターを見て、ガチガチのヤクザ映画だと思って観てみたが、意外とこの作品は人間ドラマの色が濃い。
添削シーンの号泣などはその最たるシーンで、その他にも師弟愛、人情を絡めたシナリオが多かった。
個人的にはアウトレイジのような、無機質でひりつく空気感を期待していたので、その点は少し拍子抜けだった。
裏社会の人特有の、何をしでかすかわからない狂気みたいなものが劇中にほとんどなく、それもなんかしっくりこなかった理由か。
ちなみに、役所広司の演技とカメラワークやらLocationはとっても迫力があって良かった。最後まで飽きずに見れた大きな要因。
かっこいい、けどすっごい血生臭さ。男の人なら一度は憧れるかっこよさなんだろうな…
ysm

ysmの感想・評価

4.4
エグい、痛い、広島弁聴きとれない、の三拍子だったけど、めちゃシビれた。役所広司かっこいいねえ〜!松坂桃李も俳優としてちゃんと観たことなかったけど、すごく良かった。日本の映画ももっと観たいなって思った。
アメリカだとトレーニング・デイになり、日本だと孤狼の血になる? 筋書きはほぼ一緒でも、極悪刑事へのアプローチは見事に真逆なのがおもしろい。
さくら

さくらの感想・評価

5.0
松坂桃李と中村倫也、断トツでかっこいいけど全員かっこいい
めちゃくちゃ面白かった…
久しぶりのヤクザ映画。個々のハマり感と仁義感と色々良かった。
平成最後の夏にこんな映画が見れるとは…!見終わった後無性にヤクザ言葉使いたくなる。
なんか松坂桃李くんのホノカアボーイみたいな映画があったら見たくなった。