孤狼の血の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

孤狼の血2018年製作の映画)

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:126分

4.0

あらすじ

昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会 社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。

「孤狼の血」に投稿された感想・評価

Tateo

Tateoの感想・評価

4.0
映画でしかできないもの、見れないものでした。
凄まじい熱量。
ぐいぐい引き込まれて水さえ飲むのをわすれた。

バイオレンス映画、ヤクザ映画ではあるがそれだけではない信念を感じた。
主人公のキャラクターの信念も然り、東映という映画会社の信念を感じた。


グロい描写おおいし苦手な人は多いかも、、(自分も得意ではないしきつかった)
けどそれ以上にストーリーとかメインどころの俳優さんの芝居力とかはかなりクオリティ高し。


おわってからも余韻がすごい!
okudejunk

okudejunkの感想・評価

4.0
演技も話の展開も昭和な雰囲気もキャラクター達の個性も予想以上に最高過ぎてビックリした。最高傑作!
最初から見てて痛かったけど、真珠はかなりきつかった。度胸ある人って、俺が思ってるより世の中にはたくさんいるみたいだ。もっとおとなしく生きないと、どこかで指ちょん切られるかも。
最近の邦画では中々みられないような骨太の映画だった。役者陣の演技は、もう文句なし。個人的に発見だったのは阿部純子。
 ただ、バイオレンスシーンは音で誤魔化している感じが終始して、のめり込めなかったのが本音。
 
sas

sasの感想・評価

3.8
任侠警察もの。
話のテンポがよく、見せ方も上手い!刑事ものの作品では久しぶりに面白いと感じた。
そら

そらの感想・評価

-
地元ということもあって初日から2回観に行きました。
それでも懲りずに何回も観に行きたいです。

映画の感想と少しズレますが、
活字やスクリーンになると、慣れ親しんだ言葉や風景に違和感を感じることってありますよね、
標準語に近いと思っていた(←かなり勘違い)広島弁や呉弁がドスの訛りが凄い怖い方言なんだと改めて感じました。

映画では俳優陣の呉弁がネイティブすぎて
さらっと聞き取れてしまいましたが、
みなさんのレビューを見て

「え?!ガミさんのセリフとか聞きとれんのんじゃ」
「大河ドラマのせごどんばりに何を言いよるんかわからんってこと!字幕いるじゃん」

と、思ってしまいました。

DVDだと字幕が付きますね。
迫力半減ですが、

昭和の街並みとして撮影している呉の風景ですが、今もあんな感じです。

「あ、そっか、昭和の風景なんじゃ」
「新しいビルはないけど、ええとこよ」

子供の頃も堅気じゃない方もたくさんいましたが、お祭りを盛り上げてくださったり仁義を重んじる男気溢れる方々は映画でも同じです。

普通だと思っていたことが、
普通じゃなかったんだなと、
客観的に映画を観て思いました。

そんな慣れ親しんだ呉の街を
「この世界の片隅に」に引き続き
「孤狼の血」でも迫力ある男気溢れる映画でカッコよかったです!!

それにしても流石、
役所広司、松坂桃李、江口洋介、
ばりかっこよかったわぁ!!

個人的には音尾琢真と中村倫也の
振れ幅が凄い!!

ガミさん風に言うと
「呉はのぉ、えぇとこじゃけぇ、来てくれぇやぁ」
RYO

RYOの感想・評価

4.0
原作未読でよかったかも。なんといっても役所さん、素晴らしい安定感、何やってもうまいよ〜。軸がドンとしてるから、あれだけ大盤振る舞いな個性派俳優が周りに従えても立体的なバランスがとれてる。だからあえて一人だけ平成的な美しい松坂くんが映えてくる。オープニングからラストまでテンポよくスピーディーに展開、どこまで見せる?とハラハラシーンも随所にあって楽しかったし、名言も多かった!鑑賞前に続編決定のニュースは見てたけど、えっ、続編どうなんの?これでできるの?と心配になったな。でもとりあえず、これから原作読もう。
 この映画が参考にしている、どころではないであろう任侠映画をまったく知らんので、そういう部分では評価できない。話だけ抜き取ってみれば結構面白い部類だったけど、それって原作のおかげだし、こういうときはだいたい原作のほうがよい(マンガのときにも言える)。
 
 話がよくても正直ちょっとダレたのは、画面が面白くないせいだと思う。正確にいうと、昭和感(といっても80年代末)という意味ではかなりよく出来ていた。美術・衣装・メイク・小道具の徹底した時代考証が窺われるとともに、フィルムっぽい質感や発色、照明がまた古い感じで、理想化されていない押しつけのない昭和感だった。登場人物もみんな神経が図太そうで21世紀になって人は繊細になったよな、とか思った。主人公の松岡はそんな時代にタイムスリップした現代人で、観客が感情移入しやすくなっている。
 
 そういうフォトグラフィックな側面と俳優陣はよかったけど、運動と展開にかかわると全体的にキレがない。冒頭からショッキングな映像で注意を引こうとするものの、肝心のアクションがいまいちだった。まぁ日本映画って結局そういうのは無理なのかな。生首も2回使うとインパクト薄れる。それと途中から多用されるスローモーションが壮絶にダサい。
 
 お話もまったくケチつかないわけでなく、展開はおおむね予想の範囲内にとどまるし、湿っぽい人情話で役所広司の好感度あげるのが中だるみ。分かりきった濡れ場も退屈きわまりない……まぁあれは、別れ際の後ろ姿をあのタイミングでフラッシュバックさせたことからみても、父性的存在からの自立=大人の階段のーぼるー(脱童貞)ということだろうけど。
 
 とまぁケチつけまくりだけど、それなりに没入できるくらい面白い映画なのは確か。バディもの、世代交代劇、昭和から平成へという時代転換、を重ねて、社会性もうるさくない程度に盛り込んであるのがうまい。
miya

miyaの感想・評価

-
役所広司がダーティな警官役でヤクザとの間を渡り歩き、なんでもアリの捜査を行い、それに振り回される部下の松坂桃李演じる正義感の強い警官。広島弁でドンパチする映画。痛快。松坂桃李の演技力に驚き、印象が変わった
mofu

mofuの感想・評価

4.2
評価が高くて、松坂桃李が出てることが理由で鑑賞。

結果的に見てよかった!!最初から豚のシーンで びっくりしたけど、役所広司の広島弁での演技、松坂桃李の若くて必死に食らいついてる感じかっこよかった〜

他にも俳優さんは、出てくる人、出てくる人みんな豪華で見ていて楽しかった。

話も ヤクザと警察のことやけど、2時間すぐに過ぎるくらい、飽きずに見れた。最後の日本刀のトイレでのシーンが 衝撃的で 目にも頭にも焼き付いてる。

ただ、女性が1人で見に行く映画ではなかったな〜。