孤狼の血の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

孤狼の血2018年製作の映画)

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.0

あらすじ

昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会 社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。

「孤狼の血」に投稿された感想・評価

湿気の強さとむさ苦しさが最高。ドラマの湿度の高さも古き良き邦画感があってよかった。
いちか

いちかの感想・評価

4.0
2018.09.17

かっこよすぎるだろ
かっこよすぎるよ
osyamanbe

osyamanbeの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

石橋蓮司の死に様、似合い過ぎ。
中村倫也さん、朝ドラのときとキャラ違い過ぎ。
ヤクザ怖い。ほんとに生かさず殺さずなのかな?現実世界でたまに一斉摘発されたりするのも、背景考えたら面白いかも。
バイオレンス〜〜〜
エグいで〜〜
と見せかけて描こうとしてるのはど真ん中ストレートの「格好いい」だなと思ったよ

松坂桃李かっこよろしいなあ
AiHojo

AiHojoの感想・評価

4.5
最高傑作
若き天才白石監督にスタンディングオベーションを贈りたい
マーチ

マーチの感想・評価

4.0
《2018年公開映画特集》


【省略レビュー🐺】

こんな映画を待っていた!
血生臭い東映の復活だー!!

冒頭から容赦なく観客を攻め倒す白石和彌のバイオレンスな演出の数々が、規制や倫理で緩み腐った平成最後の日本映画界に本当にこれでいいのかと鉄槌を下す🔥

血は受け継がれ、脈々とその遺恨を引き継いだ若い世代が新たなストーリーを紡ぐ…くぅ…シビれるぜぇ……

太鼓に合わせて日本刀を振りかざす江口洋介のかっこよさ、狂気の赴くままに銃をぶっ放す中村倫也を背後から追いかけるショットなど、腑抜けた様子は一切見せないキメキメの男汁ダラダラショットの連続に影響されて、鑑賞後は通行人に睨みを利かせながら新宿の劇場を後にしました… 笑


【p.s.】
忙しくてレビューをしっかり書く機会が無いので短めに今年観た作品のレビューを投稿しています。
暇があれば正式なレビューと入れ替えますが、きっとそんな瞬間は訪れないでしょう。
だって、私ですからね。
USK

USKの感想・評価

4.0
ヤクザvsマル暴警察。リアルな描写と画作りがとてもよかった。役所広司の演技がとにかくすごい。久々に血がたぎりましたわ。
riesuu

riesuuの感想・評価

3.0
とにかく怖い。原作面白すぎて観たけど、自分がこういうのは苦手なの忘れてた。
型破りな叩き上げベテラン刑事・役所広司と理想に燃える大学出の新人・松坂桃李による、見事なまでのバディもの映画だった。

見どころは松坂桃李であった。宣伝は役所広司の悪ぶりをアピールしていたが、どうにもテンプレート的なアウトローで、うすら寒い感が足りなくて、しかもきっと悪い奴ではないと予想できてしまうものだから、弱く感じてくる。対して松坂桃李は、最初の頼りない青二才がトラブルを抱えるたびに表情を変えてきて徐々に存在感を上げてくる。イイ役者だなあと感じ入った。

さすがに暴力が嫌いな人には観るのは無理だが、やくざ映画だからと敬遠するのはもったいない。
こういう映画を観ると、警察も形を変えた暴力団でしかないということがわかる。裏の世界にも表の世界と同様にルールがあり、そのルールを破ると恐ろしいしっぺ返しがくるということも。