孤狼の血の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

孤狼の血2018年製作の映画)

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

あらすじ

「孤狼の血」に投稿された感想・評価

HaradaM

HaradaMの感想・評価

5.0
汗、汗、汗。渇き。以上に荒ぶる役所さん。松坂さんも、新しき世界ばりに覚悟を決めていく。すごい活力。レッドブルじゃなくスッポン。続編も見たい!小説も読みたい!なるほど続編は平成か!
HIDEKI

HIDEKIの感想・評価

4.0
内容とストーリーはとても面白かったが、表現がリアルでエグかったです。少しわかりずらい内容もありましたがキャストも豪華ですしなかなか見応えありです
RikiFujita

RikiFujitaの感想・評価

4.0
緊迫と弛緩のバランスが良い。

豪華キャストも見どころですが
そこまで全面に出しすぎないところがまた良い。

最後にはなんかスカっとした気分になれた。

けど見終えたあとの疲労感はあり。
それがまた心地よかったりもする。笑
面白かった!でも最初の指詰めとか豚小屋でのシーン、見てられなかった…
実際警察とヤクザってこんなに密接に関わってるの…?初めて見る世界の映画で、本当に新鮮だった。
松坂桃李の演技、さすがでした!
東映のアウトレイジとかなんとか。


全然違うなぁという感じ。
めちゃくちゃきっちりしてるし比べて派手じゃない。

俺はどっちも好き。

めちゃくちゃいい映画だと思う。

筋の通った破天荒ってカッコいい。
へいゆ

へいゆの感想・評価

4.9
すげぇ良かった!

あのベトっとした質感は東映にしか出せないよ最高。細部の描画にすごくこだわっていて観ていて昭和の終わりの空気が体にまとわりついてくる。
演者の脂ぎった顔、肌感がたまらんですね。男だけどいちいちエロいの感じる松坂桃李惚れてまうわ。

ストーリーも比較的分かりやすい。ヤクザものたくさん観ているわけではないですが平成最高の任侠映画かと。

タイトルフォントもカッコいいよなにこの「血」のフォントデザイン好きすぎる。

夜ご飯食べながら観たんだけどいただきますと同時に豚のクソ口にぶっ込まれるシーンで食べてたお肉おぇっ!てなった。みんな注意しような。
takam44

takam44の感想・評価

3.8
久々にヤクザ映画見たけど、映画館で観たのは初めてかもしれない。エグい映像多いけど、やっぱりヤクザ映画好きだなって思った。
江口洋介や竹野内豊など、普段ヤクザ役をやらない人がやってるのが意外に良かった( ≧∀≦)ノ
今年のベストかと迷うほど好きになった。
仁義なきオマージュがそこらに散らばっていて特に大友勝利っぽさのある竹野内豊にニヤリ。
江口洋介カッコえぇ。
原作これから読みます。
masa

masaの感想・評価

4.0
熱い!熱い!熱い!
『仁義なき戦い』のあのむさ苦しいほどの熱さが甦る。ファンの人は涙ものだし、役所広司演じる常識外れの刑事に心を鷲掴みにされる。「警察はなにやってもエエんじゃ」
さすが白石和彌監督。

暴力団対策法施行以前の広島県を舞台に、すさまじい抗争を起こしている暴力団と彼らを追う刑事たちの戦いを映し出している。
思わず人物相関図を片手に観たくなってしまう。ナレーションも『仁義なき戦い』をもろオマージュ。

脇を固める松坂桃李、真木よう子、滝藤賢一、田口トモロヲ、石橋蓮司、ピエール瀧、中村獅童、江口洋介らも豪華ですね~。竹野内豊がちょっと影が薄かったのがもったいない気がしたが、これだけの豪華キャストなので仕方ないか。

昭和63年、広島の呉原では暴力団組織が街を牛耳り、新勢力である広島の巨大組織五十子会系「加古村組」と地元の「尾谷組」がにらみ合っていた。
ある日、加古村組の関連企業の社員が行方不明になる。ベテラン刑事の刑事二課主任・大上章吾(役所広司)巡査部長は、そこに殺人事件の匂いをかぎ取り、新米の日岡秀一(松坂桃李)巡査と共に捜査に乗り出す。

役所広司のまさに孤独な狼の生きざまが壮絶だ。
yamasan

yamasanの感想・評価

4.0
かつての仁義なき戦いシリーズを彷彿させる
熱い邦画に久しぶりに出会いました!
マル暴刑事の役所広司さんは、役所広司さんであるにもかかわらず、本物の刑事に見えました。
これぞ役者なのでしょう!