孤狼の血の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

孤狼の血2018年製作の映画)

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.0

あらすじ

昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会 社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。

「孤狼の血」に投稿された感想・評価

msh

mshの感想・評価

3.5
普段あまりヤグザ映画は見ない。トチ狂った中村倫也やヤクザというよりなんか安っぽい竹内笑えた。役所広司と松坂桃李の関係性やその心情変化がとてもよく、ストーリーもよかった。汚い。グロあり。
あさみ

あさみの感想・評価

3.8
まさかヤクザ映画おもしろいと思う日がくるとは!笑

凶悪→彼女が〜→日本で一番悪い奴ら→孤狼の血の順で白石監督の作品鑑賞。なかなかグロくて、目瞑ってしまうシーンも少なくないけど、ストーリーは見入ってしまう面白さ。

キャストの豪華がゆえに、相関図は覚えやすい。

一番最後のシーン、かっこいい終わり方!
rirye

riryeの感想・評価

3.8
白石監督のこの手の作品はやっぱり面白い!
広島弁とヤクザと、久々の男臭い熱量のある映画だった。

役所広司のヤクザよりタチの悪い警察官が最高に似合っている。
松坂桃李含め、キャストがまた良かった。ちょっと目を背けたくなるシーンもあったけど、楽しめた。

ただ、小説を先読みしてなければもうちょっと楽しめたかも。
この小説は凄すぎて…。
glassman

glassmanの感想・評価

4.5
「理性が保てんからヤクザやっとるんじゃ!」的なセリフがあったけど、まさにそんな狂気がスクリーンから伝わる久々に見応えのある作品。

イントロで広島ヤクザ抗争の新聞記事のフラッシュにナレーションを被せていく。
あぁ、70年代深作監督による文太さんはじめ当時の東映が誇るヤクザオールスターキャストの面々が浮かぶ。
今作はその中身から「県警対組織暴力」がベース。
当時と同じく娯楽性の他にも、マル暴で今の経済ヤクザの様に地下に潜る事の危険など、[必要悪の在り方]といった社会性にも触れている。

役所さんヤクザ慣れしてないのに歳イッテから芸域拡げてさすが。

痛い、臭い、汚いが苦手なほとんどの人へ、映画ならOKです。
 
ayakatsuki

ayakatsukiの感想・評価

4.0
久々に熱量のある日本映画。役者の演技がよかった!役所広司さんはもちろん、松坂桃李くんも最近一皮二皮剥けた感じで素敵でした。
ぢん

ぢんの感想・評価

-
グロ多め、ジェットコースターみたい
キャスト陣は異様に豪華ですごい
さんし

さんしの感想・評価

3.7

ヤクザ映画を観たのはこれが初。


ヤクザ映画に対するイメージはとにかくハードボイルドで仁義!というかんじだった。


ただこの映画、ヤクザ映画のようでいて、いままでの同じジャンルの映画と比べて、ヤクザと一定の距離を置いている。言ってみれば、「ヤクザ」とか「仁義」とかというものを、松坂桃李というフィルター越しに俯瞰して観ていたような感覚だ。



つまり、普通に役所広司とほかヤクザが主体の映画になると、従来のヤクザ映画の枠組みの範疇というか、ハードボイルドもいいところでこういう映画に免疫のないぼくら20代前半のヤングには刺さらないし、かっこいいと思えないし、なんならちょっと引く。



でも松坂桃李という、「一般人目線」をもったキャラが一人入ることでこの映画の見え方はガラッと変わる。松坂桃李というフィルターを通してヤクザ映画の世界をずいぶんマイルドに味わうことができるようになる。




こういった理由もあり、ヤクザ映画の世界への導入としてはすごく優れた作品だと思うし、今や古典と言っても良いだろう、「仁義なき戦い」シリーズ、それから「仁義」以前のいわゆる「任侠映画」など見返してみて初めてこの映画の、このジャンルにおける立ち位置みたいなものがわかる気がするのでこれからヤクザ映画見まくります。
あっこ

あっこの感想・評価

4.3
ヤクザ映画って俳優さんの役へのはまり度がすごく気になって観てしまうのですが、役所広司はさすがにすごい!私の中に深〜く残っていた、こはぜ屋の印象を完全に払拭してくれちゃいました😛
逆に無理があったのは江口洋介。江口洋介はまらなかったなー。この人はいい人の役をやりすぎたのかな。
この手の映画だと必須の拷問シーンも多々有り。ストーリー性もしっかり。私好みのディープで骨太な映画でした👍
msy

msyの感想・評価

3.8
仁義なき戦いを見ていない私には
「太陽に吠えろ」の方が思い出される
カッコいい刑事ものだった!
おい、広大!
はい、ガミさん!

しかし昭和はテレビでももっとポロリに
寛大だった記憶もあるので、
その辺はだいぶ物足りなかった。
冒頭、MEGUMIの谷間と
滴るかき氷の汁で
ワオ!期待できるじゃん!って…
ちょっと思ってしまったんだけど…
その先はなかった。
売れっ子でも肌出せる
両立できる女優さん求む!切実に。

真木よう子は
ガミさんの過去の語り部ともいえる
大事な役回りでありながら
真木よう子が真木よう子にしか見えないのが本当に残念だった。
生きるためになんでもやった、
でもそんなもの飲み込んで
店を続ける強い女、というには
暗い声でボソボソ喋るだけでは
越えられない高い壁がある。
彼女にその片鱗だけでも見てとりたかったが今回は残念な印象だった。
だだし彼女の美貌は
均一的な韓国美女よりはるかに魅力的だし
韓国よりときめく邦画のために
もっと頑張ってほしい。もっと頑張れって
本当に私、何様というもの言いですが、
でも心底ときめきたいんです、邦画に。
切望します。
例えば過去に度肝を抜かれた
「オアシス」のムン・ソリ、
あのレベルの役者さんが、もっと
出てきてほしいです。
目標は高く!
やれば出来る子いっぱいいるはず!涙

松坂桃李、ちょっとラブシーンが
さらっとしすぎじゃ?と思ったけど
ガミさんの舞台に引っ張り上げられて
死にものぐるいで踊る姿が
めちゃくちゃ良かった。
ワシぶっきらぼうやけど実は君のこと
こんなに見てたんやで、のくだりで
涙を流す場面は、
これが昭和の親切な説明入り刑事もの
っぽくていいんかもな。

他の役者さんはヤクザ映画に出れてるのが
嬉しくて仕方ない感じだったが
そういうチラッと出てしまう
自我を封印して全員
石橋蓮司ぐらいになってほしいんだ。
何言ってるか分からんけど
でも続編が超楽しみです。
絶対初日に観ます。
来夢

来夢の感想・評価

4.0
『孤狼の血』柚月裕子による同名小説を、「凶悪」などの白石和彌が映画化。昭和の東映極道映画好きにはたまらない。北野武の「アウトレイジ」はスタイリッシュっで静かに湧き上がる感じであるのに対して、こちらは泥臭くて、これぞアウトローって感じ。どちらも全く別のかっこよさがあるので、暗に比較するようなものではないね。それにしても役所広司。日本映画界の宝だね。かっこよすぎる。この映画の9割くらいは役所広司で出来ていると言ったら言いすぎですかね。そんなことないよね。松坂桃李もはまり役だったと思うし、江口洋介も。江口洋介は岩井俊二の「スワロウテイル」での役が好きで、絶対ヤクザな役の方が合うのに何故みんな真面目な役ばっかやらせるんだ!って言い続けてきた俺は正しかったよね。そう思ってるの俺だけ?他にも大御所がごろごろと。出番が少なくても皆インパクトあったね。良い映画監督って圧倒的に役者の使い方が上手い人のことだと思っているので(それだけじゃないけれど)、白石和彌監督は良い映画監督なんだなぁきっと。今後も要注目。原作はシリーズ二作目もでたのでそっちもチェック。