孤狼の血の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

孤狼の血2018年製作の映画)

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:126分

4.0

あらすじ

昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾とともに、金融会 社社員失踪事件の捜査を担当する。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団組同士の抗争が激化し…。

「孤狼の血」に投稿された感想・評価

おもち

おもちの感想・評価

4.0
松坂桃李がとても良かったです。
岩永ジョーイもとても良かったです。

色々勉強してからもう一度見たい映画でした…。
しげ

しげの感想・評価

4.4
もはや任侠は時代劇、と思って見たら最高のエンターテイメント映画。
ヤクザ映画にリアリティなんか求めたら楽しめるものも楽しめない。
感情と感情のぶつかりがそこにはあって、わざとらしい広島弁の応酬には感動すら覚えます。

最高に楽しめた!
最後はハッピーエンドで気持ち良い結末。
日本映画はこういう映画ばかり作るべきだな。
いちいち役者が良い。
映画館で観てよかった。
nko

nkoの感想・評価

4.0
少し見苦しいシーンが多いですが役者さんの演技に見入ってしまいます

ちゃんと呉の風景も綺麗に生かして下さってるので満足です
馬子

馬子の感想・評価

4.0
このレビューには大変不適切な表現が数多くあります⚠️ご注意下さい┌︎○︎ペコリ

持ち込み可能な劇場だったんで、近くのモスバーガーでお昼を買って入場したんですよ ・ω・*)ノ
オニポテ食べてたらあっという間に本編始まって、一気に初期欲失せましたね…
初っ端からエグ過ぎ!!

缶ビールのセパレートタイプのプルタブや、白の33ナンバー(までは未確認)のマークII、昔の薬局には必ずいたケロちゃんとサトちゃん…
懐かしき昭和時代、最高でした✨

「凶悪」を見た後しばらくはお酒が飲めなくなったんですが、今回もあのシーンは見ていてとても胃が痛くなった💦
◯を食べさす等、精神的にくる拷問シーン(ネタバレになるので控えます)
目を背けたくなる描写がいくつもあり、2度は見たくないかなと思いつつ嫌いでは映画ではない

竹野内豊はいらなかったかなw
ゆう

ゆうの感想・評価

4.5
まず役所広司の 荒ぶった演技が最高だと思った 渇きの時から 思ってたけど 狂気的で暴力的なおじさんが めちゃくちゃ似合う俳優だと思った!!
この映画は、暴力シーンやえぐい描写が多いけど 熱くて感動した、!!
松坂桃李が、このメンバーの中では
真面目で 普通な刑事の感じだったけど
最後は いい意味で裏切られた
豚小屋のあのシーンは、 本当に鳥肌がたった 映画館で観てよかった!!
最後は松坂桃李が主人公になった 映画だった!!
これを観た人と 語りたいと思えた映画でした
ten47

ten47の感想・評価

4.0
アメリカやヨーロッパのマフィアやギャングものや韓国ノワールに負けない日本のカッコ良さ
最高とまではならなかったけどドキドキワクワク〇〇〇〇〇が止まらなかった笑
意図した訳ではないんですが、豚繋がりの作品になってしまいました。(笑)
(๑•🐽•๑)ブヒ

わが田舎でもやっと15日から公開になり、待ってたよん♪とばかりに映画館へ…

本日レディースデイだったのですが、当然の如く、これを観るレディースは私1人!(友達は嫌がりました〜)
後はおっちゃんが1人で、ほとんど貸し切り〜好きな席座り放題でした。

かなりグロいと聞いていたので、ワクワクドキドキしていたんですが、グロいシーンは思ったほどはなかったかな?と(笑)


ドラマ「あなたには帰る家がある」のカレー屋のマスター(駿河太郎)が、冒頭から豚の💩食べさせられ、拷問されるんですが、「ソドムの市」で💩食べるの散々見せられた過去もあり、豚の💩ぐらいでビビリませんでした。(o´罒`o)

でも、私は食べるの嫌ですからね!

(੭ ‾᷄ᗣ‾᷅ )੭⁾⁾ お断りだぜぇ

豚に始まり、豚に終わった印象で…

だからってワケではないのですが、今夜の夕飯は、豚汁と豚のロース焼きになってしまい、豚豚な一日に終わったのでした。(笑)

豚様に感謝!🙏🙏


そして、今更ですが、役所広司さん、松坂桃李さん、そして、キャストの皆々様、
最高にかっちょいい‼(。˃ ᵕ ˂ )b
でございました!

いつもの如く、言いたい事まとまらないので、雑なまま失礼致します。
2018年鑑賞no.69(劇場鑑賞no.54)

新宿バルト9 シアター9 E-18

白石和彌監督作品なので早く観たいと思っていた。
レディースDAYにもかかわらず、この男臭い作品を鑑賞。

原作未読。

極道エンターテイメント作品。
流石白石監督、期待を裏切らない見応え!
役者が輝いていた。

安定の役所広司。
マル暴の刑事も合っていた。

松坂桃李は最近キテる!
個人的なツボにはハマらない桃李くんの芝居から目が離せない。
真面目で普通の感覚を持った広島県警の若きエリート警察官、日岡秀一も彼だから成立すると納得させられた。
特に、大上の日記を見つけて変化する後半は震えた。

個人的に一番は、尾谷組の構成員永川を演じた中村倫也。
狂気に満ちた芝居が好き。
だけど、電話ボックスの中の画が印象に残った。


全体的にスピードや衝撃的な描写が白石監督っぽさが感じられて良かったが、大上が居なくなってからの展開が好きだった。
なお

なおの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

元々そんなに見たい!と思っていたわけでは無く、見た作品だったので、そう言う意味では期待していなかっただけに面白かった。こう言う系の作品はあまり見たことがないだけに、衝撃的ではあったものの(表現として正しくないが)面白かった。
これまで、どの作品を見ても役所さんは役所さんで優しい感じが滲み出ていて、あまり良くなかったが、今回の役所さんはとても素晴らしかった。普段と違う方言での会話がより一層彼とは別な人を作り上げたのかもしれないが…。松坂扮する日岡はどうなるのか、次作『凶犬の眼』も映画化とのことなので、期待。
個人的に一番ツボにはまったのは、江口さんの役名が「守孝」って(笑)
それにしても、中村君はカメレオンだな。出演していたのを忘れていてエンドロールで気付いたが、わからなかった。

このレビューはネタバレを含みます

地元広島を舞台にした映画、しかも白石和彌監督の本格ヤクザ映画ということで期待して観に行った。
出来は期待通り。
ナレーションや冒頭のカチコミシーンの手ブレカメラなど仁義なき戦いを意識して撮られた映画なのは一目瞭然だけど、監督もその覚悟を持って撮ったのがビシビシ伝わる。

生々しい容赦ない暴力。銃を使わない暴力描写は時折ユーモアを交えてバリエーションに富んでいる。あの真珠摘出シーンはよく撮ったなあ。あれガッツリ写しちゃっていいんだとドキドキした。
役所広司の顔面力は流石だが、下っ端のチンピラまでキャラが立ってて素晴らしかった。

唯一ケチつけるなら、終盤はもっと縮めてもよかったかも。ただ全体的には久々の本格実録ヤクザ映画の堂々とした傑作で大満足。これ、続編もやるみたいだけど、重要人物の大半が退場したなかどうやって作るんだろう?