孤狼の血の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

孤狼の血2018年製作の映画)

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「孤狼の血」に投稿された感想・評価

「アウトレイジ」に対する東映の答え…とか言う文言を見かけて気になってたけど、普通におもしろかった。
警察官が主人公の映画だけど、暴力シーンの描写はアウトレイジ以上かも。異常。調べると「凶悪」の監督なんやね。そら残虐だわ。
個人的には「アウトレイジ」村瀬役の石橋蓮司と花田役のピエール瀧(「凶悪」も好演でした!)が、やっぱりいい感じで満足だったけど、真木よう子のクラブのママっぷりも個人的にはよかったかな。
「アウトレイジ」の片岡(小日向文世)との警察官対決ではガミさん(役所広司)の方がまだ好感が持てるかな。片岡もいい味出してましたが。
竹野内豊の超脇役扱いがビヨンドの中尾彬的(笑)贅沢。
yoshi

yoshiの感想・評価

4.2
役者陣の迫力がものすごい映画だった。グロテスクなシーンや過激なシーンもあるが、昭和の時代の抗争などを正面から描いた作品。
凄かった、凄く面白かった。
DVDの発売を待つ。

『孤狼の血』柚木裕子(2015/KADOKAWA)
・1988(昭63)暴力団対策法成立以前の広島
ゆきさ

ゆきさの感想・評価

4.0
こんなキャスト陣でこういう作品が今観れて嬉しかった。ヌルさゼロ!
斜陽

斜陽の感想・評価

3.8
いよいよヤクザ映画の『本格派』だと思った。
どのシーンも本気。残虐描写も、何一つ手抜きなし。
役所広司の聞き取れないくらいドスの効いた広島弁が印象的だった。。
殺伐とした雰囲気も、独特のかっちょいい演出も、初代仁義なき戦いのそれ。ただ主役は警察というだけで。それもヤクザより、もっと恐い...。
piceus

piceusの感想・評価

4.8
昭和六十三年にタイムスリップしたかのようなリアリティと、暴力的な呉弁の心地好さ。個人的に鰻のシーンがハイライトでした。
個人的にはアウトレイジより好き。

こういう男臭い映画、もっともっと増えてほしいな。

次回作も楽しみ。
「県警対組織暴力」と一緒に観ると演技の重みが…と感じてしまうが、現代でこんな魂揺さぶられる映画を作るなんて!感動しました。特に主演の2人がかっこよかった!オマージュもありながら現代受けするようなストーリーに仕上がっていた。

あと、赤ペン瀧川先生がでてた!
深作欣二の『県警対組織暴力』と二本立てで観てしまったせいか、真木よう子の安易なキャスティングやストップモーションで静止画にする瞬間のコマから物語の描き方に至るまで日本映画はこうやってつまらなくなったのか〜という気持ちになってしまったけど、最後のガンギマリ江口洋介を見てパルプフィクションでブルースウィリスが日本刀を選んだ理由が分かった気がした。
うわー、深作欣二『県警対組織暴力』との二本立ては素晴らしい企画、、親愛なる新文芸坐様。だがしかし、並べてしまうとこちらはヌルさが際立つ!明らかに意識されオマージュがふんだんにあるからこそヌルい。「もっとやれるだろ!」という文芸坐からのエールも含んだ二本立てに感じました。あと、真木よう子も江口洋介も竹野内豊もすごく下手に見えたのは私だけでしょうか。