孤狼の血の作品情報・感想・評価 - 3ページ目

孤狼の血2018年製作の映画)

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:126分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「孤狼の血」に投稿された感想・評価

古き良き東映を現代に蘇らせようとした努力はいい。けれど物足りない!もっと過激に、もっと震わせてほしかった。ヤクザ映画なんだけどヤクザ映画風で終わってしまっているというか。拭えない作り物感。
評価高かったので、期待値高めすぎたかもしれません。

松坂桃李の死んだ目がいいと思いました。
ALOHA

ALOHAの感想・評価

4.1
オモロいやんか。
原作読みたくなった。

昔の日本にはホントにこんな刑事がいたのかな?

役所さんはさすがです
松坂桃李のビフォーアフターもなかなかです。
一方、エグッちゃんには迫力感じなかったなぁ…。
竹野内は良くも悪くもいつものと全然違ってた。
それより何より、MEGUMI。出てた?えっ、あの子?いい具合に頭悪そうでエロい女優だなぁと思ったけど、アレがMEGUMIか…。やるじゃん。
NN

NNの感想・評価

3.8
原作を読んでから鑑賞!原作にはなかった展開やシーンにも楽しめた!大上さん、本と違って、ちょっとエロオヤジとして書かれてたけど、かっこよかった…そして、竹野内豊の無駄遣い…
最後の松坂桃李のセリフ、しびれました。
タクヤ

タクヤの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

序盤から淡々と掟破りが始まり、狂気に満ちていて笑えるシーンも多かった。その点は『地獄でなぜ悪い』に近いものを感じた。

松坂桃李の成長(?)ぶりが、さながらサイヤ人編でピッコロに鍛えられた孫悟飯のようで、一番見応えがあった。

暴力やエロ描写も見応えがあり、豪華キャストなだけあると思った。
美人局役の女優、初めて見たけどすごく良かった。
音尾琢真、重要なシーンということもあり、滅茶苦茶痛そうだった。

欲を言えば、全体的にもう少しアクションが見たかったかな。

任侠映画、全然観られてないからこれを機に色々観ていきたい。
松坂桃李は顔より演技力で魅せるタイプだ!めちゃめちゃ格好良かった!

役者全員スキイ!!!
HamuHamu

HamuHamuの感想・評価

3.5
映画自体は良かったけど原作との違いが気になった…。終始暴力丸出しだけど、アウトレイジより生々しくて見応えあり。続編小説も出たから映画化期待。
セミがうるせえ。暑い。
白石監督への信頼が深まる。

周りを固める役者はもちろんすぎるんですけども、松坂桃李いいね。表情がなんならやりすぎてるぐらいに良い。
阿部純子さんには普通に惚れる。

任侠モノはお恥ずかしながら初めてで、
ジャパニーズギャング。極道。
筋ってもんがあるんだわ。
すごい文化ですよね。五輪、万博に乗じて世界に発信していきたい。忍者、侍、寿司、ヤクザでしょ。
カタギには難しい世界です。
が、そこに立ち向かう男のかっこよさよ。危うく警察の話だと忘れるところでした。
終わり方も痺れるね。
血、つながり、遺伝、伝承。

ナレーションがめちゃくちゃかっこ良かった。
個人的にはウルトラマンっぽく感じて、ずれてはいるけど、時代性の作りの1つとして機能してた気がする。
任侠モノって全部ナレーションあるんですかね。
そんなことはないですよね。
なんせ任侠モノに着手するほかない。続編までには任侠を深めます。

ヤクザはディスのセンスがないとできなさそうですね。
モノホンの人は、おうちで練習したり、オリジナルのパンチラインを考えたりしてるんですかね。

広島弁を操りたい。
興奮という言葉がよく似合う映画。
mu

muの感想・評価

3.9
真木よう子がちんちん触りまくる映画です(嘘)

警察官目線のヤクザ映画

多少グロあり
おれ

おれの感想・評価

4.0
役所広司はもちろん、後半になるにつれ松坂桃李が素晴らしかった。序盤はちょっととなーと思っていてもどんどん引き込まれていきました。70年代~80年代日本映画を今風にカスタマイズし、なおかつ上手く継承した作品だと思います。重厚さが最高。
孤狼の血めちゃくちゃおもしろかった。そして泣いた。こういう男の血生臭い涙大好き。
「日本で1番悪い奴ら」の監督と脚本同じ人で期待かなり上がってたけど案の定超えてきた。

俳優、女優陣みんな爆ハネしてた。特にスイッチ入ってからの松坂桃李ね、アカデミー賞の男優賞あげてほしい。それほどに凄まじい。

役所広司のrolexのかっこよさとか真木よう子のエロさ、山本高広の江口洋介のモノマネが本当ににとるんやなっていう話も描きたいけど男は多く語りません

熱くなりすぎて余韻がやばい
とにかく予告観て映画観てくれじゃ