ターナー、光に愛を求めての作品情報・感想・評価

ターナー、光に愛を求めて2014年製作の映画)

Mr. Turner

上映日:2015年06月20日

製作国:

上映時間:149分

3.3

あらすじ

不器用で孤独な男が辿り着いた人生をテラス愛と光とは?19世紀、イギリス。若い頃から画家として成功していたターナは、新たなインスピレーションを求めていつも旅をしていた。そんな彼を助手として支えていた父が病で亡くなると、悲しみから逃れるように訪れた港町で、生き方を変える“ある再会”を果たす。やがて並外れた才能は時代の先を行くようになり、その評価は真っ二つに分かれていくが・・・

「ターナー、光に愛を求めて」に投稿された感想・評価

せい

せいの感想・評価

3.1
何となく手にとった作品。静かな感じと主人公の小汚い感じ。
不思議と引き込まれる作品。
邦題からカッコよさげな紳士風の画家が出てくるのかと思ったら、小太りというには膨らみすぎているネズミ顔の中年男性…笑
しかし非常に人間臭くて愛らしく暖かい。
序盤は陽気さもあったけれどだんだんと陰気さが増していったように感じました。あと謎の小汚さ…なんでかな…。
ターナーは光と色に関心を寄せていたんだなと感じられるところがたくさんありました。

カメラが引いた視点での風景がとても綺麗だった。
始まりの小川と水車小屋と太陽のシーンとか移動中の馬車と池のシーンとか窓から見える海の風景とか…挙げ出すとキリがないですね。
水曜日

水曜日の感想・評価

4.0
即興演出のマイク・リー監督が描く史実映画。

ティモシー・スポールは天才ターナーの絵から感じる霊感によって演技でもしてそうな感じさえする。(実際のターナーは知らないけど)
問題は彼の入れ込みと全力が凄すぎて、他の役者さんが全員霞んでしまったことか…。
rilka

rilkaの感想・評価

3.6
ターナー像とターナーの描く絵のギャップがとても良かった。実際、ターナー自身の容姿はあまりよろしくなかったと聞きかじった記憶がある。崇高な絵画を描く画家は自身も美しくなければならないなんてわけはない。
こういった伝記映画にありがちな、駆け出しの若い頃からの苦悩を描くのではなく、既に著名になっていて、あのターナーでさえ落ち目になっていく時期を選んで描くという視点の置き方も新鮮で良かった。
それにしてもティモシー演じるターナーのキャラもさることながら、若き日のラスキンがあまりにもハマリ役で大爆笑してしまった(Modern Paintersを読み終えたばかりだったのでなおさら)。
アート推しの伝記映画かと思ったが、ティモシー演じるターナーが姿だけですでにコミカル、さらに後半に進むにつれ周囲との掛け合いも面白くなってきて、半生をデフォルメして描いたみたいになってた。実際はどんな人柄だったのか知らないが、こんな感じだったのかなー?
Seina

Seinaの感想・評価

2.5
ターナーの時代の日常をのぞき見しているような感覚の映画。映像はターナーの晩年の絵画を思わせる眩しい光と滲むような優しい色合いが混ざり合っていて美しい。
残念な点を言えば、この映画では、晩年だけを切り取っているのがもったいない。どうせターナーという人物を題材とするのなら、アカデミーで評判を得ていた青年期と中年期、晩年の対比を盛り込むべきだったと思う。中年期以降のぼんやりとしたターナーを代表する風景絵画にたどり着くまでを描かなければ、ターナーという人物、そして絵画の魅力を伝えることができないのではと思った。
MINDTHEGAP

MINDTHEGAPの感想・評価

2.0
ターナーの美しい絵と、下品な人物像とのギャップが凄い。
これはあえて映画化なんてしない方がよかったのでは、、と思わせるくらいに。
画家の人柄がわかる映画は初めて観たのでそういう意味では面白かったが。

長すぎて耐えられず、珍しく途中でやめた。
外は雨

外は雨の感想・評価

3.0
素晴らしい画家のターナー。

映画化されたものを見ると、、、うわぁなんか凄く嫌な感じ!!!こんな人物だったのかなぁ?と若干幻滅してしまい。。。

実際どうなんでしょう? ティモシー・スポールが演じてるせいもあるけどw
芸術家の業。1市民としての暮らし。やっぱり太陽は神。
>|