一礼して、キスの作品情報・感想・評価

「一礼して、キス」に投稿された感想・評価

小森

小森の感想・評価

-
相手を自分色に染めたいボーイVS彼氏に支配されたいガール。人生初の弓道映画なんだけど、随分ヘンテコな青春ラブストーリーだった。まずイケメン彼氏が相当怖くて、アプローチの仕方がサイコじみてる。でも彼女はそれを引くどころか満更でもない感じで受け入れているので、観ていて凄く居心地悪く、違和感のある不思議な後味の映画になってた。この演出敢えてやらせてんのか?凄え監督だ。池田エライザちゃんは相変わらず可愛いです。
akology

akologyの感想・評価

1.5
原作の漫画を読んでいたので実写版も鑑賞
まぁ、こんなもんかな、と。
池田エライザがめちゃくちゃエロ可愛い。そんな事は分かっていたものの、やっぱり可愛い。

これ2017年公開の映画か……。
知ってる方は知ってると思いますが、その年の個人的ワースト『ピーチガール』に並ぶクソ映画だった。基本的に僕は映画を観る時、全ての作品に対して「映画を作ってくれて、ありがとうございます!」と思ってしまうので自ずと評価も高くなってしまうのだが、途轍もなく酷い映画(スコア1.0)に2017年だけで2本も出会ってしまうとは…。

とりあえず「は?」の連続。訳がわからん。どうでもいい。アーチェリー経験者から言わせてもらうと左腕の痛みは理解出来るのだが、勝ち進んでいる人がそんなんで悩まない。弓道というものは書道と似ていて、精神状態によって結果が変わってくる。だから主人公の恋愛の悩みが弓道に影響を与えるという事を伝えたかったんだろうけど、「は?」。
親子関係「は?」。
大学生なってからの主人公「は?」。
大学の先輩「は?」。
そして主人公の男の子「は?」。

でも、それでも2017年公開映画は『ピーチガール』がワースト。
あおい

あおいの感想・評価

2.6
想いを矢にのせ、放て…

池田エライザとジュウオウイーグル主演のスポーツラブストーリー。意味不明であったり、犯罪まがいのシーンが多いですが、特撮戦隊俳優がめちゃくちゃ出てます!

ストーリーは、
最後のインターハイを3位で終え、弓道部を引退した女性部長。その部長のことを気にする次期部長の2年男子は、引退したにも関わらず次の大会に彼女をエントリーさせ、、後輩なのに、強気な男子が強引に先輩に詰め寄る…

まぁお話はこんな感じです。とにかく、後輩男子が良くも悪くも強引!勝手に大会にエントリーなんか可愛いもんで、押し倒してからの「このまま何するか分からない」と発言したり、家に誘い込んだり、キスを強要したり、これが女子の憧れる肉食系なのかと思うとすこしゾッとしました( ^ω^ )

それでも池田エライザは、弓道にも後輩男子にも真っ直ぐで、「ReLIFE」の時より演技下手になったような気がしました。あとは、無駄にドアップのシーンが多い!そんな顔見せなくていいやん!

ありなくてあまり面白くないですが、「ゴーバス」の鈴木勝大、「ルパトレン」の結木滉星が出てたのは驚きでしたね。

Amazon Video#417
mai

maiの感想・評価

2.4
池田エライザがひたすらに可愛い。

映画全体は変にキャピキャピすることもなく、突拍子も無い展開(例えば三神くんの親友ゆきくんが死んじゃうとか)もなくってストーリーの展開的にはすっきりとまとまってるように思いました。
ただ、三神くん…狂ってるくらい杏のことが好きというよりも、、、もうサイコパスに近かったです。笑
めちゃくちゃ好きなのは分かるのですが、いかんせんよく分からない理由で突き放したり…急に理性取り戻したり…好きと伝えられたことに対して大きな感情の変化もなさそうに「嬉しい」と言ったり…何考えてるのか分からなさすぎて、サイコパス寄りになってしまってるのが個人的に残念でした。そして、最後はあんなに頑なだったのにすんなりと収まりますし…。

キスシーンとかはザ・恋愛映画!という展開でいいのですが、本当それが一番の盛り上がるシーンで、後はよく分からない三神くんにひたすら杏が答えていくという映画です。
まぁ杏が三神くんのどこに惹かれたのかは若干謎ですが…あんだけ言い寄られて、なのに勝手に突き放されたりとかされたら嫌でも気になってきちゃいますよね。普段は三神くん、良い人ですし。

池田エライザと三神くん役の人にはあと少しだけ演技を磨いて欲しいのですが、それ以上に周りの登場人物たちの魅力の薄さは異常です。
三神くんのライバルなのかな〜と思っても、あまりにも言動に動きがなく…友人や先輩も取り敢えずいるだけで、ストーリー自体にはさして深くは関わってこないので、モブ化しちゃってます。そこが凄く勿体ないなと思いました。唯一生きていた登場人物といえば、杏の親友の女の子とゆきくんくらいじゃないでしょうか。先輩も絡んではくるけど、なんだかよく分からない立ち位置ですし。いきなりキスはよく分からない。笑

全体的に、登場人物たちの感情が伝わりにくい場面が多くて、恋愛映画にとって大切な「共感」の部分が薄いような気がしました。けど、映画としては凄くまとまってるし、魅力的なシーンは結構あったように思います。

このレビューはネタバレを含みます

すごい期待してた分、残念すぎて泣いた。早送りしてみた。何これ、ほんと違う。
CUT

CUTの感想・評価

2.2

この手の、少女マンガ実写化映画をちゃんと見るのは初めてかもしれないんですけど、色々とツッコミを入れつつ楽しみながら鑑賞しました。

主人公、相手の男に好き勝手にやらせて受け身すぎて、ヒロイン自身が元から変な人に見えてきました。ほぼ無理矢理キスされといて異性として意識する相手に変わるって、若いからとかそういうレベルで済む問題じゃないと思います(笑)
人として。

でもなんていうか、ストーリーのまとまりある方ですし、ちゃんと見れる作品だと思います。
ramachi

ramachiの感想・評価

-
これいつの間に実写化されてたの(笑)エライザの演技(笑)漫画が面白いねぇ

このレビューはネタバレを含みます

確かに「サイコパス」と云う意見も判るが、或いは父親との確執についてもう少し踏み込んだ描かれ方をしていたら、また違った印象になったかも知れない。まぁ、それにしても些か苦しいところもあったけれど。
弓道に関する説明的なシーンや台詞を極力省いたのは英断だったと思う。
久しぶりに学園ラブストーリーを見ると色んな意味で面白かった。
>|