永遠のジャンゴのネタバレレビュー・内容・結末

永遠のジャンゴ2017年製作の映画)

Django

上映日:2017年11月25日

製作国:

上映時間:117分

あらすじ

1943年、ナチス・ドイツ占領下のフランス。ジプシー出身のギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトは、パリでもっとも華やかなミュージックホール、フォリー・ベルジェールに出演し、毎晩のように満員の観客を沸かせていた。まさに音楽界の頂点を極めるジャンゴだったが、一方で、ナチスによるジプシーへの迫害は酷くなり、パリをはじめ各地でジプシー狩りが起きていた。多くの同胞が虐殺され、家族や自身にも危険が迫り、絶望に…

1943年、ナチス・ドイツ占領下のフランス。ジプシー出身のギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトは、パリでもっとも華やかなミュージックホール、フォリー・ベルジェールに出演し、毎晩のように満員の観客を沸かせていた。まさに音楽界の頂点を極めるジャンゴだったが、一方で、ナチスによるジプシーへの迫害は酷くなり、パリをはじめ各地でジプシー狩りが起きていた。多くの同胞が虐殺され、家族や自身にも危険が迫り、絶望に打ちのめされるジャンゴだったが、そんななか、彼にナチス官僚が集う晩餐会での演奏が命じられる…。

「永遠のジャンゴ」に投稿されたネタバレ・内容・結末

戦争下では、何をするのも命懸けだった。
どんな人気者でも、実力のある音楽家でも。

ジャンゴはお気楽に生きているように見えて、ジプシーの出身と言う事でやっぱり迫害を受けているのね。
それでもユダヤ人よりはマシと言う悲しい状況。


音楽を聞いたら体が動き出すのに。皆、踊りたいのに。
音楽を制限されるのは、嫌ね。

何より悲しいのは、あの美しい作品が一部しか残っていないと言う事。
1943年フランス。当時、ドイツ政府は欧州制覇の為に、ユダヤ人、共産党員、ソ連軍捕虜といった様々な民族へ弾圧を行っていたが、特に、同じアーリア人のルーツを持つロマ族に対しては「劣等民族」として、ユダヤ人以上の迫害を行っていた。
そのロマ族の血を引くベルギー出身の天才ギタリスト、ジャンゴ・ラインハルトは、家族と共に居住地域を変えながら、演奏で生活をしていたが、度々、ドイツ派遣部隊の弾圧に遭い、身分証でロマ族と知れると不当逮捕されたあげく「ドイツ人将校達の前で慰問演奏するなら、自由にしてやろう」と言われる。プライドが許さず憤慨したものの、ジプシー狩りが激化したことを受けて、ジャンゴは家族を守るために、スイス亡命と引き換えに地元レジスタンスと取引を行い、慰問会に参加することにした。ジャンゴが情熱的な演奏を奏でている裏で、レジスタンスが負傷した英国兵を逃すのだ。優雅で美しい旋律はやがて激しい旋風へ。この音色はジャンゴの復讐の音色だ。ドイツ人達はその熱気にやられ、徐々に、そして激しくフロアーを踊り回る。

混沌とした時代だからこそ音楽の力を思い知る。音楽の前では民族の垣根なんてない。仲間思いで、音楽に愛されたジャンゴ。戦争が終結するとレクイエムを作曲した。
ロマ族には様々な才能に長けた人達がたくさん居たが、多くの芽が戦争という狂気に摘み取られていってしまった。歴史上では『ポライモス』と命名されている。戦争がなりを潜めている現在でもロマの生きづらさは変わっていないという。

「俺は音楽を知らないが、音楽は俺を知っている」

このセリフが1番ガツンときた。きっと仲間はもとより、全ての人々に音楽を通して、自由に生きることを鼓舞していたんだと思いました。体たらくな姿があっても音楽に対しては真摯だったジャンゴ。とてもカッコよかったです。。