シェイプ・オブ・ウォーターの作品情報・感想・評価

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

3.9

あらすじ

1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に極秘の実験を見てしまったことで、彼女の生活は一変する。 人間ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛。それを支える優しい隣人らの助けを借りてイライザと“彼”の愛はどこへ向かうのか……。

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿された感想・評価

RIKE

RIKEの感想・評価

-
緑色じゃなくて「ティール」が綺麗だった。
股間を凝視してしまったのは申し訳なく思ってる。
なまこ

なまこの感想・評価

3.9
途中のモザイク気になる…
木葉

木葉の感想・評価

3.0
しっくりこない作品であった。
ギレルモデルトロのパンズラビリンスを当時劇場で観た時から、デルトロにしか作れない世界観でこの人はもっと凄い作品を作るのだろうと思い、それにシェイプオブウォーターは該当するのだろうが、アカデミー賞受賞や、評価が高い理由が納得いかなかった。なぜなら、パンズラビリンス同様、ヒロインにデルトロ本人を投影しているように感じるからである。
原題の意味が、デルトロが現代に投げかけたメッセージである。
水の形、水の形なんて存在しない、形や見た目なんて重要なことではないと。
冷戦時代のアメリカ、夜の世界に生きる非リア充の主人公が半魚人の彼と恋に落ちる。観客は、弱いけど信念を持つ主人公に感情移入し一気に物語にのめり込む。
暗い時代、鬱憤がたまり、未来がどうなるかわからない中で、ヒロインと半魚人との恋、そして半魚人を救おうとする姿に観客は、夢や希望を見出す。
デルトロが描きたい世界観は美しく、奏でる音楽も儚げで幻のようだ。
冷戦時代にも通じる、暗く、人種差別が甚だしく、世界情勢が混沌する現代へのアンチテーゼが込められ、理想形の美しい映画だ。
傲慢で強い人たちに対して弱者が正義を翳し立ち向かう映画は、ロマンチスト、日頃ない何かを求め、マイノリティだけでなく、マジョリティーに受ける映画である。
映画に夢や希望を見出す、もしくは空想の世界を作ることで自分を保つことは必要なことなのかもしれない。
Cooooom

Cooooomの感想・評価

-
音楽と色が印象的。
ティール色か…
たうん

たうんの感想・評価

3.7
おとぎ話のようなスッキリとして柔らかな映画。淡い色彩とか、多くを描写しない感じが正に絵本でも読んだよう。終わり方も文句なし。まあでも、イライザのぶっ飛んでる感、研究所の甘すぎるセキュリティー、過激でグロテスクな姓描写。色々ひいてしまう。
うに丼

うに丼の感想・評価

4.0
こんなモンスター映画(褒め言葉)がアカデミー賞を?と当初は疑問に思ったが、最後まで観て、いやなるほど、と腑に落ちた感じ。意外と大胆なヒロインの濡れ場に予想以上のグロ描写は完全に大人向け。マイケル・シャノンの憎々しいけど憎み切れない悪役も良かった。
Bambi

Bambiの感想・評価

4.5
名作!出てくる役者の演技が素晴らしくて、あの人達が他の人生生きてるとは思えない。登場人物の描き方や音楽が秀逸。レトロが溢れてる。ストーリー楽しい🎶
ドキドキしたり、目塞いだり、心から祈ったり、叫びそうになったり、愛に酔いしれたり、笑ったり、映画らしい映画🎬
でも、グロが苦手でした…
chinatsui

chinatsuiの感想・評価

4.0
終わり方もよかった!
高史

高史の感想・評価

4.2
素晴らしかった!
ギレルモ監督らしいダークでエグい描写と設定に反し、純粋なラブストーリーが見事にマッチしてた。半魚人がだんだんイケメンに見えてきてありなんじゃないかと思えてしまった(笑)
>|