シェイプ・オブ・ウォーターの作品情報・感想・評価

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

3.8

あらすじ

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿された感想・評価

RIKE

RIKEの感想・評価

-
緑色じゃなくて「ティール」が綺麗だった。
股間を凝視してしまったのは申し訳なく思ってる。
よしお

よしおの感想・評価

2.4
映像綺麗やねー
Kuma

Kumaの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

喋れない(耳は聞こえる)地味な女性が、勤務先の宇宙センターに捕らえられた半魚人的生物と心を通わせ、脱走を手伝う話。

面白いけど、終始何かが足りない感。
冒頭のシーンがCG多用すぎて、ゲームOPにしか見えなかった。だいぶ心離れる…。
世界観も素敵だけど、先の先入観があるからどうしてもゲームにしか見えない…。

途中愛の深さを歌うシーンがあるが、スーツアクターにしか見えない。主人公の踊り→手話戻りが見事だけど、ここまでいくと歌わないでほしかった。

宇宙センターにする必要あったか疑問だったけど、かなり話進んでから理解。じゃあ冒頭で時代等ぼかす必要があったのか…。

所々魅力的なだけに、文句言えないからますますモヤっとする。
そしてR15にする必要あったのか?
うまくごまかせた気もするが…。
傑作。ウルトラマン魚のような人間ではない男はかなり強烈な見た目をしていますが、女性は1度たりとも怖がりも警戒もしません。出会った瞬間から放たれる、純粋無垢な興味という、愛。
その愛が生まれる流れがあまりにシンプルでドラマ的ストーリーをかなり省略しているのですが、それによって純粋無垢さが際立ち。子供が見せる優しさに対して抱くような、柔らかいけれど強い感動を覚えます。

今まで出会ったことのない全く新しい強烈な刺激であっても、何故か自分の中にスッと入ってくるもの。
それは人との出会いだけではなく、ファッションや文学、映画。音楽なんて特にでしょうか。周りにアピールをしてもなかなか共感してはもらえないけれど、自分にとっては人生を大きく変化させるほどの刺激になるもの。
私はそういうものの存在に日々感謝をして支えてもらっているので、この映画で描かれる根拠を超越した奇跡の愛が、とても好きでした。未知との遭遇こそ、生きる意味。

音楽はアレクサンドル・デスプラ。様々な立場のマイノリティー的存在が描かれる中で、『大丈夫大丈夫』とでも言いながら包み込んでくれているような、めいいっぱい甘くて優しい音楽が印象的。甘い音楽に、ドラマ的要素を省略した愛の物語。なかなか味わい深い組み合わせです。
音楽ではないですが、女性が手話を激しくするときの手や服が鳴る、意思たっぷり!という音は、とても聞き応えがありました。そういう部分や、常にズームし続けるような動き続けるカメラワークも含めて、全体的にとても音楽的な作品。
内向的且つ割と自分の世界で楽しんでいる女性×絵描きという設定は『アメリ』でもありましたが、映画史上よく出てくる設定なのでしょうか?他にもあるのか気になるところ。
ntk

ntkの感想・評価

3.5
やっと観た。首の傷はそうなるかというラストでした
ゆい

ゆいの感想・評価

3.9
所々気になるところもあるけど、
綺麗な映画だったなぁという感じ。
ささるところもあった。
Rika

Rikaの感想・評価

3.0
題名の付け方素敵
面白いです。オーソドックスな展開に深みを持たせているので最後まで引き込まれて見れました。半魚人の造形も綺麗で良いです。ただ、性描写はちょっとキツかったかな。
うめ

うめの感想・評価

3.7
これは、賞獲ってなかったら、出会わなかった映画かも。だから、純粋に評価が出来ません。けど、終わり方が好き。純粋な愛の物語。
>|