シェイプ・オブ・ウォーターの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

あらすじ

1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に極秘の実験を見てしまったことで、彼女の生活は一変する。 人間ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛。それを支える優しい隣人らの助けを借りてイライザと“彼”の愛はどこへ向かうのか……。

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿された感想・評価

Minshit

Minshitの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

ララランドを感動したという人はモテる人またはモテてた人、それかモテてると勘違いしてる人が多い気がする。だから私はあの映画はさっぱりはまらなかった。
しかし、シェイプオブウォーターは孤独や疎外感を感じたことある人なら絶対共感できると思う。私たちと地球外生物が恋愛をする日も近そう。途中からずっと涙してたが、収納式ペニスは吹いた。猫ちゃんが食われてかわいそうだったからマイナス0.2だけど、ラブストーリーとして満点でした。
yuien

yuienの感想・評価

4.0
どんどん多様化する現代のメルヘンの形、または、古典的なお伽話への21世紀のアンサーなんだと、そんな風に思う。ここには誰からも愛される可憐なお姫様も人々から慕われるハンサムな王子様も登場しない。スポットを当てられているのは1960年代当時のアメリカで蔑ろにされた社会的弱者たちである。けれど、この作品は単なる懐古的で奇異なラブロマンスではなく、アレゴリーを美しく施した現在進行形の話でもある。個人単位の差別に対する問題意識がだいぶ改善されているものの、まだ充分に寛容的とは言えない現代の社会でこそ必要性を感じるロマンチックな寓話で、トランプ政権に対抗するデルトロ監督の力強い意志も所々感じ取れた。

shape of water とはshape of loveであり、形のないもの、形に囚われないものでもある。また、自分とは異なるものとのコミュニケーションに直面する時、水のような柔軟さ(或いは包容力や寛大さなど)をもって、臨むべきなのだ、とそう感じた。
ncobain

ncobainの感想・評価

-
ゴールデングローブ 監督賞
表彰式でのデルトロのスピーチは
ほんとに胸を打たれた。
映画を作る人間達の日常こそ
なによりもドラマチックで刺激的で
スリリングなんだろうなあ

これからもギレルモワールドを貫いて
素晴らしい映画を作っていってほしい
おめでとう👏👏👏
muu

muuの感想・評価

3.9
モンスター系の作品がノミネートというのに驚きつつ、すとんと素直で分かりやすいストーリーでとても観やすかった。監督らしいファンタジックな世界観だけれど、リアルさとのさじ加減がちょうど良い。音楽も効果的で良かった。唯一無二の純愛ストーリーです。
Moeka

Moekaの感想・評価

4.2
こうゆうラブストーリーをまってた。中身が大事とか行って結局最後イケメンとか美女に戻る作品に中指!!!異形のものはそのまんまでいてこそ美しいのに!!
有色人種にゲイ、日の目を浴びることのできなかった声無きものたちの逆襲と救済の物語であり、純愛から生まれる芸術、卵を味わう物語でもある。デルトロ監督の愛と執念が素晴らしい作品を産んだ。個人的な好みもあるけれどとても好きだった。グロテスクでエロティック、性と食、じめじめした雰囲気に鱗!鉤爪!好き!笑 しかしこれは現代の物語と監督本人が仰っているから、賞をとるべき作品だったのだろう...
Sharksta

Sharkstaの感想・評価

4.2
もろ私好みの映画でした。
制作面での人工的な印象は薄く、世界観、色調やトーンもまとまってて、何よりも音楽が効果的だった。
Golden globeの結果が楽しみだ。
ILC

ILCの感想・評価

2.5
微妙。設定上しょうがない部分もあるけど全体的に画面が暗い。というかほぼ全編暗いから人物の表情や仕草、展開がわかりづらい。
テンポもトロくて音楽もほんわかしてるから何度か寝かけた。あと物語の舞台が限定的で行動範囲が狭いから途中で飽きてしまった

バスルームが水槽みたくなるまで水いっぱいにしてその中で抱き合うシーンは幻想的で良かった。
すん

すんの感想・評価

4.8
※猫好きの方はこの映画を観てはいけません


傑作だった。美しい映画。

差別をテーマにしてるというよりは、もっと得体の知れないものへの肉欲的なエネルギーが爆発している映画といった感じ。

どういう展開になるのか最後までわからないまま釘付けになって、いつのまにか終わっていた。

エロティシズムもバイオレンスもグロデスクもあるし、ロマンチックなダンスシーン、60年代(?)的古き良きアメリカの風景に、怪獣?妖怪?ものというアンバランス感が良い。
スリリングだけど、ど真ん中を行くのはラブストーリー。
ただデート向けかどうかは僕には判断致しかねます。

F.U.C.K
リトルマーメイドの男女逆転版?美女と野獣の美女が出てこない版?はたまたE.T的な異種間交流であり、恋愛スリラーであり、大人のファンタジー。
水の中の幻想的な夢のオープニングから、冴えない主人公の女性の起床とゆで卵、バスタブでのマスターベーションと連なる冒頭の数分は何を見させられているのやらという奇妙な感覚に陥るが、この伏線が物語全般のキーとなっている構成力はさすが。
美術やクリーチャーデザインもデルトロならではのダークさとポップさを織り交ぜた絶妙なグロテスクさ。この辺りもしっかりと物語に活きてくるから脱帽。
主人公が話せない孤独な女性であり、それ故にクリーチャーと心で繋がるという構造は多少の強引さがあるなと思っていたが、ラストで見事に結実する設定になっており、強引さを上回る感動に大いに貢献している。この辺りもデルトロの見事さとなっており、非常に見応えがある。
クリーチャーと主人公が心身ともに繋がる最大の見せ場まで来ると、グロテスクさを通り越したエロスへの興奮が喚起されるから畏れいる。
2017年の締めくくりに相応しい稀有な傑作。
変態お姉さんとshall we dance...?
とても良くまとまっていて一見変な設定に見えて、いい意味でシンプルで実はハリウッド映画の王道ど真ん中って感じの物語で分かりやすく楽しめた。そんな中でユーモアのセンスだけは全編通して少し変わっていていいアクセントになっていた。そして唐突なエロやグロもけっこうあって対比として本筋のラブストーリーを引き立てていた気がする。
ただ、欲を言うと主人公の女性と魚人のカップルがお互いに惹かれ合うのにもっとドラマがあると感情移入しやすかったと思った。恋をするのに理由は無くてもいいがその後の二人に感情移入するにはすれ違いや障害を乗り越えたりする描写がもうひと押し欲しかった。差別をテーマにしていたとしてももっと踏み込めたとも思う。