シェイプ・オブ・ウォーターの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

3.8

あらすじ

1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に極秘の実験を見てしまったことで、彼女の生活は一変する。 人間ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛。それを支える優しい隣人らの助けを借りてイライザと“彼”の愛はどこへ向かうのか……。

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿された感想・評価

影山

影山の感想・評価

4.5
素晴らしい。

すこしデル・トロの変態性が他作品より足りない気がした。クリーチャーの気持ち悪さ、美しさのバランスをもっとギリギリのラインまでせめてほしかった。
干し芋

干し芋の感想・評価

3.6
雨の日に観たい映画。レトロな音楽の余韻が気持ちいい。あり得ない話だけど、フランス映画のような切ない感じがいい。

このレビューはネタバレを含みます

猫ちゃん頭から食べられた時はショックだったけど、頭のない猫ちゃんが横たわってるシーンちょっと『ぷっ』てなりますw
わかめ

わかめの感想・評価

3.1
個人的には好みではなかった。
半魚人とのラブストーリー。
映像に美しさを感じる場面はあった。
だまこ

だまこの感想・評価

4.0
劇場の上のマンション、レトロな雰囲気のテレビ放送、主人公のタップダンス。
映画の世界観を作ってるもの全てがどれもステキで、すっかり夢中になりました。

ちょっと個人的にOh…と思うシーンはあったけれども、それ以上に主人公が魅力的な映画だった。
Syk

Sykの感想・評価

3.1
苦手意識があったが、後半はすんなり。おとぎ話風なファンタジーSF...?
Yちゃん

Yちゃんの感想・評価

3.4
愛に言葉は不要だとか、愛の姿や形は多様だとか、多分色んなことが組み取れる映画なんだと思った。

緑や青っぽい冷たい描写から少しずつ色味が足されていく。最後の赤いコートは本当によく映えて、映像美や表現美はやっぱりすごかったです。
かし

かしの感想・評価

3.7
映像美。雨の音やレコードの音楽が合ってた!

深夜に見終わった余韻は心地良い。

でも内容を理解しようとするには私はまた子どもだったのか、、難しいな。
映画を見慣れている人であるほど楽しめる映画のような気がする。
ぽのけ

ぽのけの感想・評価

4.0
手話でF**kするとこ大好き 指こわい でも良かった 綺麗やった
デルトロ監督が好きすぎるので、待ちに待った感じでした。賛否両論あるみたいですけど、好きな映画。いつものように現実とファンタジーな物語が徐々に合わさっていき、不思議な雰囲気を与えてくれる。現実逃避したい自分が映画に満たされて救われています。