シェイプ・オブ・ウォーターの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

3.9

あらすじ

1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に極秘の実験を見てしまったことで、彼女の生活は一変する。 人間ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛。それを支える優しい隣人らの助けを借りてイライザと“彼”の愛はどこへ向かうのか……。

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿された感想・評価

えらいおとぎ話、ロマンス。よく作ったな。黒人のおばさんは心強いぞ。
ほぅ…と ため息が出るぐらい
美しい映画…。美しい愛。
水の中でのハグやキス
ロマンチックすぎる、、。素敵
映画館でみたら圧倒されるとおもう。
自分も水の中にいるみたいな気持ちに
なれそう(*´ω`*)
カスミ

カスミの感想・評価

3.9
期待とは少し違った。
半魚人?ってあまり馴染みがない設定なのにも関わらず、展開に驚きがなかったところかな?
スポットが当たるシーンは名作の名シーンを詰め込んだ感じがした。
夜寝る前に観たけど、素敵な水の中の映像と音楽でなんだか気持ちよく眠れそう。
もっと芸術的な(悪く言えば退屈な)映画だと思ってたけど、結構テンポも良くて飽きなかった。

初めて映画でモザイクを観たが、それでもエロいよりは意外とグロいシーンの方が多い。モザイクシーンは特に物語に関係なかったので、冒険してまでなぜ入れたのか疑問。

結末が思ってたのと違くて、結構好みのエンディングだった。
ロマンチックだし、後味もいい。

全体的に音楽も画もレトロで綺麗。
典型的なテーマが重たくて、暗いオスカー映画よりはこっちの方が断然いい。
nobu

nobuの感想・評価

3.5
・「愛のかたち」

・サリー・ホーキンスの演技が素敵

・映像美って難しい。。。 

・アカデミー賞って難しい。。。

・オクタヴィアさんまたお会いしましたね!
ファンタジーな割に時代背景がはっきり描かれてていまいち入り込めない。そこが評価されてるポイントではあるんだろうけどな~
驚くほど、何も感じられない映画で、ぼうぜんとしている。こんなことってあるんですね。好きも嫌いもなく、共感はおろか違和感すらない。

まるで自分が、半魚人になったようだった。あ、でも、彼はいろいろと反応してたから違うか。

では、半魚人女性に、私のは反応できるか…? という問いに絶句するということは、私もレイシストの可能性が高いのだろう。

半魚人男性から見た人間の女性って、人間の男性から見た半魚人女性のようでないと、ちょっと危ないぜよ。というのが、唯一、思ったことだった。

追記:
思えば、『アバター』がそれをやってました。心と体は矛盾するけれど、決して自由ではないと私は思う。
グロマンチックムービー。雰囲気とか色使いがギレルモぽい。配役と演技が素晴らしくてファンタジーなのにリアリティ感。
Alice

Aliceの感想・評価

3.7
なんだろう、この感覚が初めてすぎて良い映画とも悪い映画とも言い難い
ロマンチック。。。なのかな?
個人的にあの半魚人の姿がすこし苦手で入り込めないとこがあった
風呂の水のシーンは綺麗だった
でもまあこの映画が伝えたいのは愛はすごいってことなんだろう
パンズラビリンス、グリムゾンピークの監督ね納得
見たあとに残った感想がサリーホーキンスがリリーのすべてのエディレッドメインに似すぎてるということ
半魚人じゃなくても雪男でもイエティでも何でも良かったんじゃね?と思うレベルの恋愛映画。