シェイプ・オブ・ウォーターのネタバレレビュー・内容・結末

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

3.8

あらすじ

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿されたネタバレ・内容・結末

イライザの友達の黒人がいいキャラしとった
種族も愛は超える!
そもそも人間同士ですら愛し合うのは難しいのに
映像は観ている人に安心感を与えるような柔らかい雰囲気に包まれていて美しかった。
主人公の表情の機微が上手く表現されている
ユダヤ人の教授が殺されるシーンは生々しすぎでは、、、
これは愛の物語ではなくてわがままの物語かなと思った
愛がわがままを内包するかもしれないけど みんな方向性のあるわがままを持っていて 魚人がデウスエクスマキナみたいに巻き取っていったような感じがする
ミュージカルシーンあたりで本当は魚は腐って死んでしまって 画家の夢の演出のような物語としてあとが消費されたのかもなとも思う
それにしてもギレルモデルトロ、作るものは綺麗だけど性癖があわねえなあ〜〜!
あとパイ屋のお兄ちゃんはほんとにhotでかわいいなあ〜〜!
まさか妖怪と人間がリアルに恋愛するとは思わなかったので予想外のストーリーだった。発想が面白い。ハラハラさせられた。
1962年冷戦時代。

主人公イライザは子供の頃ある事で話せなくなってしまう。政府の機密機関・航空宇宙センターの清掃員。

同じアパートに住む友人ジャイルズは大学教授の年齢・風貌だけど画家。
パイレストランの若いカウンタースタッフのことが好きで足繁く通う日々

ある日、職場にアマゾンから謎の生き物が運ばれて来た
体は完全に人間で顔はトカゲ🦎ぽい
イライザは何故かこの生き物に好意を持ち、誰にも内緒で独自の交流を始めた

暴力を振るわれて心痛めるイライザ
更に解剖される事を知り、同僚のゼルダ、研究を行なっていたホフストテラー博士、友人のジャイルズの協力のもと、彼を脱出させ逃がしてやることに

研究所からギリギリ脱出に成功するも偽のIDを見破られ警備員の首に注射を打つ
ストーリー上はただ眠らせれば十分だったのに毒針で殺しちゃったらしい

このあたりから共感するには程遠いモノになっていった

この警備員はただ警備という仕事を全うしようとしただけ
誰と恋愛するのも自由。だけどその為に殺人犯して知らん顔っていのはどうなのか

警備員も悪組織の一員みたいなものだから殺しちゃえって、命に対して雑な感覚に嫌悪感

何か正義のためっていうより、恋愛感情からの脱出劇な訳でしょ?

そもそも友人ならまだしも、ソ連との二重スパイするような人がこんなヤバいことに首突っ込むはずない。ソ連のスパイなめ過ぎ。

今作一番の見せ場である浴室いっぱいに水(お湯?)をためての行為シーン

私の住む地域では深刻な水不足で芝生の水やりも制限されていた時期があり、ここの水道料金は超高いし、水の貴重さを知っている者からすると、たた快楽のための資源の無駄遣いにしか感じない

実際たくさんの人が真似するようなことがあれば資源云々だけでなく隣人にもかなりの迷惑をかけることになるよ
どうしてもやりたいなら海でやればいいんじゃないの?
というか、人間は水の中でなんて苦しくてできないよ、普通に。

湯船の中でも出来てたならそれでいいじゃないかと思う

現実的でない主人公の朝の日課や、ストーリーと関係ない悪役夫婦のベッドシーンなど、監督の性感覚は不気味

音楽も含め全体的な雰囲気は好みだったのに残念
面白い映画と聞いていたが、途中あたりから、「ん?...ん?...おぉ....まじか」という感じで観ることになった。
内容は、簡単に言うと魚人と人間が恋に落ちる物語。出逢い→別れの危機→末永く幸せにハッピーエンドの定番のシンデレラパターン。内容が薄い。そして恋が狂気的すぎる。
僕が不快に思った3ポイント
① 生理的に無理な描写が多かった。
そもそも魚人の造形がかなり気持ち悪い+ダサく、そこにリアリティーを求める必要は無いだろうという印象を得た。
②イかれたヒロイン
ヒロインは初めて運命的な出逢いをし、純粋な心の通った恋をする女性として描写しようと意図していたのかもしれない。ロミオとジュリエット的に、壁が厚ければ厚いほど恋は燃え上がる論で物語を運びたかったと考察するが、魚人と人間とまでなると、魚人に必要以上に依存するヒロインは、イかれてた女性にしか映らなかった。
③ 役の危機感のなさ
魚人をアメリカから脱出させるというのが裏で支える物語の柱のはずが、作戦の描写も明らかにカットし過ぎ、魚人を長い間部屋に匿いすぎ且つおじさんのバスルームを勝手に水槽にして平然とするヒロインには驚いた。芝居とは解っていても、余りにも現実と離れた役のそういった危機感の無さが観ていて正直イライラした。
よって、スコア1.0!
イライザよ。

まず毎朝、規則正しく
◯◯ニーすなっw


魚人のスタイルが良すぎ。


あの魚人が、
高身長細マッチョか
ずんぐりむっくりかによって

恋に落ちて
助けてもらえるか否かの、
運命が変わりそう💧


ほんでファンタジーなのに、
ヒロインの性欲強めという
アンバランスw


黒人さんのパート仲間さん
優しい〜親切〜肝っ玉姉さん♡


あと、なんで魚人の食事は
ゆで卵なの…w


なんで、
バリエーション増えずに
ゆで卵の数だけ増えてゆくの…w

板東さんなの…w
前からみたかった期待分を差し引いても、まあなんかふーんという感じだった。
ダンスのシーンはあんまりすきじゃなかった。ダンスは人間が作り出したもので、あの件の神様が踊るとなると話が違くないか?と。神様がすんなり踊れなくて、ステップも間違えて、足を踏んじゃったりして、『あなたと、わたしが大好きなダンスが踊れなくたっていいのよ』っていう方が本質的なメッセージのような気がする。
彼らは認められづらい繋がりをたぐり寄せているからこそ、彼らでいられるのであって、他のかたちに同化してはなんかチープな感じがする。
でもバスルームを閉め切って海の中で抱き合っているシーンはすきだった。きもちよさそう。
ハッピーエンドでよかった〜〜!

エライザが魚人と出会ってから表情や仕草がどんどん可愛くなっていく
言葉を介さなくても気持ちが通じ合うのって素敵

結構グロい
エライザは社会的にマイノリティーで孤独だったから、同じく孤独な魚人に惹かれたはずだし、言葉を介さない二人の愛情表現の描写が良い。(特に水の中のシーン)

ただ半魚人?がなかなか気持ち悪くてエライザに感情移入出来ないのが残念なのと、冷戦時代を舞台にしてることもあり雰囲気が暗めなのが、自分に合わなかった。

あくまで寓話として見ればコンパクトにまとまっているけど、かなり大人向けな作品に感じた。
>|