シェイプ・オブ・ウォーターのネタバレレビュー・内容・結末

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

3.9

あらすじ

1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に極秘の実験を見てしまったことで、彼女の生活は一変する。 人間ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛。それを支える優しい隣人らの助けを借りてイライザと“彼”の愛はどこへ向かうのか……。

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿されたネタバレ・内容・結末

不思議な感じの映画なのかなって思って観ましたが、意外と性が出てくる映画でした。内容に差別意識が織り込まれていて、それでも主人公を含め、周りの人達は何か問題を抱えている中で支え合って理解しあって生きている。悪役は悪役でしだが、そこが観てて良かったって思いました。リアルすぎないファンタジーさも心地よかったです。ラストは色んな見方があるのかなと。
主人公のファッションが可愛かった。華やかではないけど、オシャレを忘れない感じ。

この監督が作る作品ってめちゃくちゃ残忍なクソ男が一人いて、そいつから逃げることが多いきがする。

そいつのセックスシーンでモザイクあったけど、モザイクするくらいならセックスするなや、、、とちょっとガッカリする。

半魚人は以外とカクカク動いてて、初期のスターウォーズみたいだった。あれはわざと?

半魚人と主人公が愛し合うシーンは素敵だと思った。
美しい水の表現とそこにある少しの不気味さにまず惹かれた。
主人公と怪物の純愛。
・同性愛者も黒人も白人も化物でも障害者でも平等だって感じた
・R18だろこれ
・水中の表現美しい
・美人も美形もいないから普通の中の異常って感じ
・彼の歩き方すごい
・泣くと思ってなかったのに最後気づいたら泣いてた
・多分ダメな人もいる

フライヤーと題名から想像してた雰囲気とは全く違う映画だった。

イライザと画家のお爺さんのコンビが素敵。あとゼルダのお調子者だけどいい人で絶対的イライザの味方のところとか。

レトロな映像と服装、音楽の作り出す雰囲気が独特で、でも見ているうちにどんどん吸い込まれていく感じ。
ところどころ苦手なタイプのグロさがあって直視できなかったけど、、、

You’ll never know that just how much I love you.
最後まで彼が何者かわからなくて、そのあと二人はどうなったんやろうってふんわり終わるのもまたなんか不思議な雰囲気
彼女声がでないんだね
それでも必死に訴えようとする姿が印象に残る。
思ってたのとは違かった
18禁なのねこれ

水が綺麗
美女と野獣のような感じでしょうか。
最後のシーンが、わたしの好み的な問題であまりすっきりせず。
もともとファンタジー含まれていたけど、
殺されて、キスで息吹き返して、海の中で生活…?happy ever after?えー…。
なんだかとっても芸術的な映画だった。
監督のTwitterで解説されていたけど、緑は未来を、赤は命や愛、色に意味を持たせているのもなんだかアートぽい。

見た目だけの美しさが美しさではないという分かりやすいメッセージだったと解釈。
最後はイライザの首の傷がエラになってしまうところがよかった。それと詩。
shape of water タイトルの良さを引き立たせてたな。

ネコちゃんを食べちゃうシーンはたいへんなショックです…(´・_・`)
気になって、DVDで見ました。

水の表現がすごく綺麗で、雨だったりお風呂場だったり川だったり

冒頭の部屋が全部水の中にあって、
家具がゆらゆら揺れて イライザがその中で目覚めるっていう演出がとても好きでした。

感動して泣くことはなかったし、
所々えろかったりぐろかったりで
手で画面隠した〜〜。。

あとなんとなく彼に感情移入できなかったりね、、
多分私自身の問題かなーー

でもほんとに映像の色使いは良くて、
バスとか車とか小物とか出てくるものすきでした

恋してるイライザ可愛かったなぁ!
最後、銃で撃たれて復活出来るなら途中の苦しがってたのはなんだったんだ。
主人公の首の傷がエラに変化するのは、都合よい設定すぎ。

魚人がグロい。友人にはなれるが、性交渉は...想像したくない。
とてもファンタジックなおとぎ話、なのに妙なところで妙にリアルな不思議な作品。ティム・バートン的なおとぎ話テイストあり、ミュージカル映画的な要素もあり、B級モンスター映画みたいでもあり。それらが合わさって独特の雰囲気を醸していた。

美男美女以外の恋愛譚としても興味深い。男性側は不気味と言えば不気味だが、スタイル抜群(?)なので何か格好良くも見えてきたり?気のせい?種を超えた愛というのは、例え美男美女でなくともロマンティックに感じさせる何かがある。

ラストはハッピーエンドと私は捉えました。主人公の親友がナレーションで語る「その後」はあくまで「希望」だとは思うけど…あのナレーションを抜きにしても、ね。共に水に飛び込むという事実が愛が通じ合った証明となっていたから。
>|