シェイプ・オブ・ウォーターのネタバレレビュー・内容・結末

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

あらすじ

1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に極秘の実験を見てしまったことで、彼女の生活は一変する。 人間ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛。それを支える優しい隣人らの助けを借りてイライザと“彼”の愛はどこへ向かうのか……。

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ララランドを感動したという人はモテる人またはモテてた人、それかモテてると勘違いしてる人が多い気がする。だから私はあの映画はさっぱりはまらなかった。
しかし、シェイプオブウォーターは孤独や疎外感を感じたことある人なら絶対共感できると思う。私たちと地球外生物が恋愛をする日も近そう。途中からずっと涙してたが、収納式ペニスは吹いた。猫ちゃんが食われてかわいそうだったからマイナス0.2だけど、ラブストーリーとして満点でした。
超絶大傑作。
ギレルモ・デル・トロの集大成的作品。これまでの作品の良い所を活かしつつ、更なる新境地を開拓してしまった、完全に一つ上のステップに上がった印象。
作風は、官能的であり、情熱的であり、それでいて非常に叙情的。デル・トロがマイノリティーも含めた全ての人間という存在、そして現代社会に向けて贈る私的ラブレターとでも形容すべきか。
鑑賞中は勿論のこと、鑑賞後にジワジワと心に染み渡ってくる作品。
美しすぎる〜〜〜〜〜〜
ビジュアルが解禁されてから思ってたけど、ほんとうに、この一言に尽きる。タイトルも最高。shape of water て…… うつくしーーー。

そんで、青と緑と雨と水という大好きな要素ばかりで、、 大きなスクリーンで観ることができてほんとうによかった。美しい〜〜
デルトロさんが言ってた『「愛と映画」を愛する映画』という言葉がぴったり。

最後の詩がたまらんかったな〜
東京国際映画祭で。一般公開されるまではネタバレフラグ立てておきます。
世界でお客さんを入れて上映するのは今日が初めてということでした。プレミアはヴェネツィアだったんですね。
最高にロマンチックでグロいところもありつつ、全体的にはおとぎ話でした。泣いた。60年代で航空宇宙局でオクタビアスペンサーっていう既視感。とにかく美術が良い。そして、魚人が本当にイケメンでした。これは恋するわー。色々大人向けのところもあったり、匙加減が抜群に良い。リチャードジェンキンスがこれまたとても良い、声が素敵だ。マイケルシャノンは一貫してイヤーな奴でした。私はパンズラビリンスよりこっちが好きだなー。ビスタサイズ、好きよね。そして、上映前にデルトロからのメッセージが流れたり、とても良かったですよ。今週は疲れているので立田さんのQAは失礼してきました。余韻を味わいたい。
字幕翻訳/稲田嵯裕里
コメディとスリルとロマンスの緩急が気持ちよかった。映像も音楽も良かった〜! Rついてるけど上品な映画だった。でも猫好きな人は観ないほうが良いかも。以下ネタバレです。

【字幕】
「ロシア人や韓国人を殺す」のところ、声だとKoreanって言っていて、訳すとしたら韓国人じゃなくて北朝鮮人な気もしたけれどどうなんだろう。あの時代って宇宙競争の進み具合からして五十年代だし(宇宙と犬の話をしていた)、だとしたら韓国はもう存在してるけど、発言主が敵視してるのは北朝鮮では……。

【舞台】
ヘアスプレーの舞台のボルチモアだった。ワシントンから近かったんだね! ドリーム(ヒドゥンフィギュアズ)とほぼ同年代でオクタヴィアスペンサーがいるから少し面白かった。

【人魚姫】
人魚姫の逆バージョンで、声を出せない主人公が王子(と語り手である男性に呼ばれている)と恋に落ち、キスによりヒレを取り戻す話だった。

【マイノリティの描写】
イライザ(で名前あってます?)は政府の研究施設で掃除人をしており、友達はアフリカ系の仕事仲間であるデボラ(で名前あってます?)やゲイで売れない画家である男性(名前忘れた……)などマイノリティが多く、マイノリティや女性の描き方にこだわりのある監督らしいと思った。
実はこの画家の描き方は最初「オシャレでアーティスティック」というわりとゲイのステロタイプ寄りで危ういかと思ったのだが、うまく人間味があるように描けていたと思う。職を失った理由はあえて描かれていないが、セクシャリティが原因かもしれず、そうだとしたらステロタイプのそもそもの原因である「人との繋がりがなくとも自営できるアートの世界以外にゲイは存在しにくい(のでその世界に多く見える)」まで描写しているのかもしれない。
私はこの人がゲイなことはメタ視点から序盤でなんとなく察していたため、男の人口説くのに女の子連れていくのはメッセージがあやふやになるのでは? と心配してしまった。
デボラもいわゆる「マジカルニグロ」のテンプレートとは違い、作戦の根幹には関わらない、地に足のついた友人だった。
画家は「自分と同じかつ自分をありのまま理解してくれる恋人」というものの大切さを実感した上で、デボラは面倒見の良さと連帯意識から、イライザを助けてくれる。このデボラと主人公の女性同士の連帯が素敵で、もちろんベクデルテストも楽々とパスしていた。

【「美しい」と言う人たち】
『パシフィック・リム』での研究者二人組にあたるのが今回ソ連のスパイのディミトリくんで、王子を「美しい」と守ろうとする人なのだが、(ちなみに画家も美しいと発言する)、この人と画家とは監督の分身だ……と思った。もしかしたらイライザも分身かもしれない。

【王子】
「服従せぬもの」こと王子はすごく可愛かった。威嚇のときにエラが広がるところとか、光るところとか、まぶたが膜なところとか。
猫食べるところなんて「人間ではない……!」ってテンションあがったもんね。異文化交流も可愛い。
東京国際映画祭

圧倒された…

半魚人と人間が愛し合う、その奇想に映画的興奮を覚え、鑑賞し作品がその通りの内容で見事に成立し、映画的興奮が全く損なわれていないばかりか、より深い普遍的なテーマに落とし込まれていることに驚愕するほかない。

ペニーズ・フロム・ヘブン
カイロの紫のバラ
狩人の夜