シェイプ・オブ・ウォーターの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

3.8

あらすじ

1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に極秘の実験を見てしまったことで、彼女の生活は一変する。 人間ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛。それを支える優しい隣人らの助けを借りてイライザと“彼”の愛はどこへ向かうのか……。

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿された感想・評価

HIBIKU

HIBIKUの感想・評価

3.5
本編通して演出ないし表現がめちゃくちゃ大味。けど見終わると意外とスッキリ。
色使いが素敵。
Naga

Nagaの感想・評価

4.8
最初のシーンからもう綺麗で、ナレーションとセリフの言葉の選び方とかいいよね。
ハンサムな王子の時代が終わりに近づいたころとか、彼を助けないなら私たちも人間じゃない。とか

あとクリーチャーが本当にイケメン。大きい瞳とムキムキな体。デザイン性高いよ彼。

一見ファンタジーラブストーリーなんだけど、今作1960年代のアメリカを舞台にしていて、トランプが戻りたいって言ってる時代らしい。
一見華やかでキラキラしてるけど、ギレルモ監督が、その時代は人種差別、ジェンダーへの差別とかがはびこっていたっていうメッセージ性を伝えたかったって部分も深いなぁって思った。

シャワールーム満タン水浸しロマンチックで素敵だな。

美女と野獣があんま好きじゃないって言ってるギレルモ監督らしいラブストーリーだった。
アカデミー賞総なめっぽくて期待してたけど期待は超えない。
くせ強め。人魚と人間との恋やけど理解できんかった!異生物間の恋愛ってこんなのね、、
tamai

tamaiの感想・評価

2.5
声が出ない女性と魚男のラブロマンス。
おとぎ話みたいな雰囲気と露骨な性描写が合ってないような気がして、ぼくはかなり苦手ですこの映画。
伝えたいことは理解できるしすごい素敵な話だとは思うけど、いかんせん生々しすぎた。
監督が『美女と野獣』みたいなストーリーが嫌いで、あえてリアルな感じにしたのも知ってるよ。でもドン引きしちゃった。

音楽と演技はすごく良かったです。
Haruka

Harukaの感想・評価

4.0
みなさま、お久しぶりです。
長らくおやすみしていました。

久々のレビューはこの作品から

声を失った1人の女性と、人魚?と思われる不思議な生物"彼"のラブファンタジー The Shape of Water


試験が終わり、お酒片手にゆっくり鑑賞。
夜、お酒片手にゆっくり観るのには最高の作品でした。

かなりクセが強いので好みは分かれると思いますが、私は好きです!

初めてあの"彼"を見たときはなかなかの衝撃を受けましたが…私はだんだん見慣れていきました(苦笑)
(見慣れる≠受け入れる)

鑑賞後は夢見心地になりました。
なんともいえない、このふわふわした感じ、とても心地良かったです。

"愛に言葉はいらない"とはよく言いますが、(個人的にはこの名言に関しては懐疑的ですが…)今作を観るとそうなのかもしれないな〜とも思ったり(笑)

なんと言っても音楽が本当に良い!良かった!この作品の雰囲気にピッタリでセンス抜群。

今作については語るよりも、是非興味を持ったならばぜひ観ていただきたい作品です!!




余談〜
一年もお休みしていたので、一年分の鑑賞レビュー…とても追いつけるとは思えませんが、ゆっくりレビューしていこうと思います。。
mochikun

mochikunの感想・評価

3.1
結論から言うと退屈でした。
自慰をしてたり、グロいシーンは良かったですけど、本作を見て様々なことを考えよう、という気持ちになりませんでした。

僕は物を作っている人には1歩半くらい先を進んでいて欲しいんですけれど、この作品は半歩くらいしか先行っていないように感じました。それどころか後ろにいるな〜みたいな。

アカデミー賞ってたまにそういう作品に賞あげますよね。
にわか

にわかの感想・評価

5.0
ギレルモ・デル・トロ監督のことは何年か前にレンタルしたパンズラビリンスで知って、その造形美、映像美に惹かれてミミック、デビルズバックボーン、ヘルボーイ、パシフィックリムと見ました。
ホラーが最近まで苦手だったので他のがあまり見る気になれずにいたのですが、本作を見て他も見たいと思いました。

クリーチャーの不気味さと美しさ。
映像は透き通るようで、その中にも悲しさを感じさせる。
これこれデルトロ!と思っていると更にプラスして、ストーリーも僕が知ってるデルトロより平和というか愛に溢れているというか…。
これこれこれデルトロ待ってたよ僕ぁ!!!と個人的にはなりました。
とにかく最高でした。

ただ、エグいシーンと性的なシーンがあるので苦手な方は注意して下さい。

僕は見てよかったと思ってます。
これはレンタルで済まさずBD買います。
Donut

Donutの感想・評価

4.0
「あなたの愛が見える。」

そんな風に言えるってステキだなー

赤と緑
AshLynx

AshLynxの感想・評価

3.7
【シェイプオブ人面魚】

はじめて家に人面機関車トーm……ではなく人面魚を連れ込んだ時の軽い達成感と高揚、コトをなした後の生まれ変わった感が愛らしい。ここまで繊細な感情を表現する…中々ないんじゃないかな。

性描写を包み隠さずにストレートに映している点は何かしらの映画技法?普通のストーリーなのに新鮮な感じがするのはなぜだろう。ただのファンタジー恋愛ごっこではなく…映画的に高レベルな作品だと思う。素人目にも作品賞の理由が分かる気がする。


「あなたの姿がなくても、気配を感じる。あなたの愛が見える。愛に包まれて私の心は優しく漂う」
映像はとっても綺麗だけど途中までなかなかストーリーに入り込めずに、評価2かな、と思ってだけど最後は大号泣でした。
>|