シェイプ・オブ・ウォーターの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

シェイプ・オブ・ウォーター2017年製作の映画)

The Shape of Water

上映日:2018年03月01日

製作国:

上映時間:124分

3.9

あらすじ

1962年、アメリカとソビエトの冷戦時代、清掃員として政府の極秘研究所に勤めるイライザ(サリー・ホーキンス)は孤独な生活を送っていた。だが、同僚のゼルダ(オクタヴィア・スペンサー)と一緒に極秘の実験を見てしまったことで、彼女の生活は一変する。 人間ではない不思議な生き物との言葉を超えた愛。それを支える優しい隣人らの助けを借りてイライザと“彼”の愛はどこへ向かうのか……。

「シェイプ・オブ・ウォーター」に投稿された感想・評価

shory

shoryの感想・評価

2.5
人間と未知なる生物の欲がこれでもかってくらい鮮明に描かれてた映画。
コミュニケーション取れる人同士が出来なくて、主人公と怪物がコミュニケーション取れるって矛盾してるなと思った。本当に人間って欲にまみれると出来ることも出来なくなるって部分を全面に出してた映画でした。
いヴ

いヴの感想・評価

3.3
「箱の外へ」型の、綺麗な終わり方
いろんな解釈をしてみたくなる

こんなに寂しくて仕方ない気持ちで毎日過ごしているのは、この世界で私だけという訳では無いのかも、もしかしたら他にもおんなじような人がいるのかも
という気分になった

恋で(この場合の恋はとてもポジティヴな意味で使う言葉です)日々が色付いていくところも、あきたりな筈だけど胸が詰まった
you'll never knowを手話するところやキスシーンはずるい…
ドクターの「美しくて複雑な生き物」という表現が印象に残っている

私はいつも、どんなものをみても大抵そう思うけれど2人がその関係になるまでの過程の描写が、観終わってすぐはやっぱり全く物足りなく感じた
どうして恋になるの?いつの間に?どこに惹かれたの?っていつも思う…その仕組みが分からなくて混乱する
恋愛になることの必要性を感じられないというか…

でも確かに、寧ろ当事者たちにとってみればそういうものなのかも
ひとたび噛み合ってしまえば、異様な程の速さで急激に縮まる距離、構築される2人きりの世界…
これは人に説明してもらって納得したことですが。

雨の日に観て良かった
透き通るような青緑と揺れる水面模様の反射は私の大好きな要素で、それだけでも良かったくらいだけど

あと私もあの透明な鍋が欲しい🥚

「偽りの海に身体委ねて恋のよろこびに溢れてる」じゃん。「2人は箱の外へ 未来と別の世界」じゃん。と思って帰ってからフェイクファーを聴きました
mako

makoの感想・評価

3.5
フランス映画みたいな雰囲気とテンポで頭空っぽにして観られる。
切ない恋というよりは、新しい愛の形のお話だなあと。
★ 雨粒のダンス。
  くっついて、離れて、またくっついて。

アカデミー作品賞受賞とか。
種族を超えた愛のベーゼだとか。
異形への愛に満ちた監督渾身の怪獣映画とか。
色々と耳にしていましたが、なるほど。これは“ホーム”に帰る物語だったのですね。

または世界的に有名な童話…その異聞。
そう考えるのも面白いかもしれません。その童話は悲劇的な結末に至りますが、視点を変えてみれば“ホームに帰ることができた”わけで。それが本作に繋がっているのかも(童話の件はネタバレになるのでコメント欄に)。

そう。どんなときでも大切なのは“ホーム”。
何も言わずとも存在を認めてくれる場所。
これから“多様性”を尊重した社会へと舵を切るならば、尊重すべき価値観なのです。

だから、本作が毀誉褒貶激しいのも当然の話。
百人いれば百通りの解釈があるわけですからね。愛の物語も、怪獣映画も、多様性に道を作る作品でも…どれもが正解。どれもが間違いなのです。

また、解釈は無限にあれど。
唯一無二で炸裂しているのが、ギレルモ・デル・トロ監督の趣味嗜好。綺麗で残酷で切なくて。監督さんがこれまで追求していた世界観からブレていません。まさしく初志貫徹。見事な限りです。

しかも、監督さん特有の“毒”が本作にとっては良いアクセント。適度に好奇心を刺激してくれます。…ただ、モザイクが掛かるほどの性表現については…ちょっと首を捻りたくなりますけどね。

あと、特筆すべきは音楽。
物語世界を見事に具現化した旋律は感服です…なんて思っていたら、こちらもアカデミー賞を受賞していたのですね。正直なところ、本作における楽曲の比重は大きいと思いますので、その結果に納得です。

まあ、そんなわけで。
楽曲に誤魔化された感は強いですが、なかなか見応えのある作品でした。…が、モチーフがモチーフだけに人を選びそうですね。主人公と《彼》の出会いについては物足りなさもありますし。でも、あの場面がシンプルであればあるほど、彼女が×××であることに説得力が生まれると思うのですが…。
R

Rの感想・評価

3.9
想像以上の描写多数あり
でも可愛くて真っ直ぐで綺麗だったなあ
水の描写が好きだし、なんてったって美術衣裳が可愛い
ゆで卵が食べたくなるよ
暗い夜、地下の映画館で観れたのも良かったなあ
パンズラビリンスと同じ監督だと思うとあー納得って感じ。見ててトラウマになるグロシーンがちらほら。
痛いの嫌なので目つぶってました。
正直、この作品がアカデミー作品賞及びベネチア金獅子賞なのか・・・と思いました。
一言でいうと未知なる生物が迫害され、それを助ける心優しい人間との交流を描いた映画ですが、 (以前アバウト・タイムのレビューでも書きましたが、)小学生や中学生の頃ならいざ知らず、大人になった今では感動するものはほとんどありませんでした。(あっ!この映画はR-15だったから、小中学生は見れないんだった。)
つかだ

つかだの感想・評価

4.0
王道で壮大な恋愛モノかと思ってたら、とっても独特なお話
画面のトーンと音楽がおとぎ話感を演出していて、目で見ても耳で聞いても楽しい映画だったな〜
独特な青の世界観。
圧倒的愛の深さ。
すべてのマイノリティーに優しい、大人のおとぎ話。
Usamaru

Usamaruの感想・評価

3.7
作品賞を取ったと思ってみると、作品全体のなんとも言えぬ雰囲気におおっ!ってなります。

でも賞を取ってないと仮定して観ていたら、むむむむ( ゚ε゚;)となった気もします。

かなり独特な世界観でした。


初見で感じるおどろおどろしい感じを解決するには足りないと言えるほど、不思議な生き物の概要に関しては、さほど説明がなされぬまま話が進んでいってしまうのが良い意味でもどかしく、観終わるまで不思議な感じでした(´゚ω゚`)
>|