Oh Lucy!のネタバレレビュー・内容・結末

Oh Lucy!2016年製作の映画)

上映日:2018年04月28日

製作国:

上映時間:95分

あらすじ

東京で働く43歳の独身OL節子は、ほど遠くない「退職」と、いずれ訪れる「死」をただ待つだけの生活を送っていた。そんなある朝の通勤ラッシュ。目の前で電車の飛び込み自殺を目撃してしまう。惨事の余韻から抜け出せないまま、仕事に就く節子。突然、節子の姪で 若き自由人である美花(21)から久しぶりに電話があり、話をしたいとランチに誘われる。姉の綾子に美花には関わるなと散々言われたのだが、それは節子に逆の効…

東京で働く43歳の独身OL節子は、ほど遠くない「退職」と、いずれ訪れる「死」をただ待つだけの生活を送っていた。そんなある朝の通勤ラッシュ。目の前で電車の飛び込み自殺を目撃してしまう。惨事の余韻から抜け出せないまま、仕事に就く節子。突然、節子の姪で 若き自由人である美花(21)から久しぶりに電話があり、話をしたいとランチに誘われる。姉の綾子に美花には関わるなと散々言われたのだが、それは節子に逆の効果を及ぼすだけ。節子は美花と会う。姪にはなぜか弱い節子。お金に困った美花を助けるはめに。美花が前払いした英会話クラスを代わりに取り、その受講料を美花に支払うことになる。アメリカ人講師ジョンの教える一風変わった英会話教室が始まる。そこで「ルーシー」という名前と金髪のカツラを与えられ、教室では「ルーシー」になりきるようにと言われる。節子の中で眠っていた感情を「ルーシー」が解き放ち、節子はジョンに恋をする。そんな幸せもつかの間、ジョンは姪の美花と一緒に日本を去ってしまう。自分が置かれた人生に納得ができない節子は、二人を追いかけて、アメリカへ旅立つ決意をする。しかし、仲の悪い姉の綾子も行くと言い出し、同行することになる。嫉妬、秘密、欲望に満ちた旅の果てに節子が見つけたものとは?

「Oh Lucy!」に投稿されたネタバレ・内容・結末

性格悪い節子がルーシーになって人生やり直したい、しかし節子として想いを寄せる人を見つける。物語の骨組みはいいのだが、終盤慌てて展開していくので肝心な場面が希薄だし、それまでの道中も要らない挿話が見受けられる。もっと脚本練ってほしいよ、ガンバレ!
寺島しのぶのあのポスタービジュアルに興味を持ったので鑑賞。ポップながらも不穏な雰囲気が好みっぽかったので。
まさか舞台がアメリカまでいくなんて想像してなかったし、前半の不貞腐れた節子の表情や態度から、女を武器にし始めることも意外だった。でも、仕事も家族も友達も何もない節子にとって、自分の女の部分に価値を見出すことって仕方ないのかも。
自分にもああいう部分がないか、と言われると多少ある気がする。

そんな痛い節子に対して生命力に溢れた美しい姪っ子の忽那汐里がキラキラしてた。ナイスキャスト。

人身事故からスタートしたので、電車が徹度にヒヤヒヤした。人生を自分のタイミングで終わらせることはいつでも出来る。

最後、役所広司と2人でどこにいくんだろうな。
ひたすら切ない。絶対ハッピーエンドで終わらないフラグ立ちまくりで、予想以上に救いのないエンディングでしたが面白かった。寺島しのぶと同世代の私、身につまされました。展開が唐突という意見も分かりますし、実際自分も特に序盤、ずいぶん性急に話が進むなと思いましたが、後半は気にならなくなりました。衝動で行動するミッドライフ・クライシスの女性を描いているのだからこれでいいのだ。寺島しのぶ、南果歩の存在感は流石でしたが、忽那汐里のナチュラルな演技も良かった
キャスティングの良さに内容がついていかなかった感じ。
全てのエピソード、展開が、唐突で感情移入できず。

伏線の回収も甘く思う。

残念賞で。
目を背けたくなる映画

予告編に騙された、とまでは言わないが
開始すぐに「あっ…」と絶句するシーンがあり、
ただの大人のラブコメじゃないんだなと悟った

忽那汐里ちゃんかわええのう(*´ω`*)
と思ったらあんな事に…

ほんの少しの希望はあるが、
犠牲になったものが多すぎて気が重い

どこに転ぶか読めない展開は、映画としてとても良かったと思う

人間関係ってやつは本当にめんどくさい
「いいやつばかりじゃないけど、悪いやつばかりでもない」って歌詞が浮かんできた
「やらないで後悔するより、やって後悔するほうが良い」という言葉がある。
がこれは、ひょんな偶然からなけなしの勇気を振り絞って新しい挑戦をした主人公が、やることなすこと全て裏目に出て、一人の大人としても女性としても無惨に傷付いてしまう話。

それでも不思議と然したる不快感や絶望感を感じなかったのは、パンドラを開けたかの如く、災厄の山の奥底に一縷の希望が示されたことと、主演の寺島しのぶさん演じる、女であることをやめられない中年女性の執念の色香に眼を奪われたからか。
コメディ描写も多少はあるが、尺としてはごく一部。

ラストが割とあっさり幕切れしており、上映時間もなんと90分足らずだが、このぐらいの歯切れの良さでその後を想像させるぐらいで丁度良かったと思わせる小品。
寺島しのぶさんを観たくて
なんとなく、ハートフルコメディかと勘違いして鑑賞🎥

ずーんと重い気持ちで映画館を出ることとなった
ラストは少し希望があったけれど、それまでのあんまりなエピソードの印象が強くて、プラマイゼロにはならなかった

ジョシュハートネット久しぶり✨
【ドラマ版を鑑賞】
桃井かおりさん主演の短編の方もかなり気になりますが、NHKで放送された海外との共同制作のドラマ版を視聴しました。

東京とアメリカ。ひとりの男をめぐるふたりの女。そして、ハグと電車、群衆と孤独、その対比。
愛ってなんでしょう…幸せってどこにあるんでしょう。。。探して見つかるものなんでしょうか、なんて聞きたくなっちゃいますね。

姪っ子の代理で英会話教室に通うことになるOL、そこで新しい自分に目覚めて…なんて、なんだか素敵な展開を期待して見始めたら、とんでもなかった。
随分と痛いところをえぐってくる映画。それでも、目が離せなくなるのは、どこか覚えのある感情がそこにはあるからかもしれない。

かつて男を取り合った姉妹。男と一緒にアメリカに逃げちゃう姪っ子。姪っ子の好きな男を追いかけてアメリカまで行っちゃう女。

恋に生きて、追いかけて、追い詰めて、愛されたくて、何かを間違う。ぶつけ方を、感情のもっていき方を、頑張り方を、間違えてしまう。賢くないのかな、いや、そうじゃないよね、いつも、欲しいのは愛だけだったはずなのにね。誰かを傷つけたかったわけじゃない。

痛いほどわかる女の気持ち。そこに寄り添ってみてしまう。幾つになっても女は女。ああ、私にもある、そんなドロドロとした気持ち。そう認めてしまえる。

だから、ラストは一緒に涙してしまった。

どこか人間として大事なことを心に押し込めて、ダイヤ通りに狂わず動き進み続ける電車たちのように人は、生きられないはず。
車内の狭い空間で息のかかるほど近くにいるのに、心は全く触れ合わない。貨物のように人が運ばれていく。そんな非人間的な日常は、心を少しずつ蝕んでいく。孤独は深まっていく。自分の心の痛みにも人の心痛みにも鈍感になっていく。

ひとつのハグがそれを、変える。

それを恋と間違えた彼女を誰が責められるだろう。
ハグは世界を変える。
私はトムのように優しいハグのできる人になりたい。