オー・ルーシー!の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

「オー・ルーシー!」に投稿された感想・評価

LAGUNA

LAGUNAの感想・評価

3.5
WOWOW鑑賞

寺島しのぶ演じる節子 がかなり痛い。
英会話教室でジョシュ君が先生だったらいいなぁ~(笑) ハグされて、惚れちゃうっていうのもなぁ(^_^;)
アメリカンネーム、ルーシーと名付けてもらい、一回教室いっただけで、先生は姪っ子とアメリカへ。
それをおいかけるルーシー。
登場人物が、みんな身勝手すぎる。
日本人の喋る英語もまじ、痛い。
あんな感じなんだろうね~
日本人がアメリカいったらあるあるな感じも面白かったし、40代独身女性の痛さが…でも、あれはないなぁ。ジョシュ君もひくのがわかるけど、これまたダメンズで。
姉役の南果歩とのケンカシーンも凄い(笑)ほんとに仲悪そうと勘違いしてしまう。

途中からの展開が、えーっと驚いた。
それまで、ニヤニヤみてたのが…
でも、面白くみれた。
唯一、役所広司演じるトムだけが、なんとなく救い。

私も英語の名前ほしいなぁ(笑)
トコ

トコの感想・評価

-
ロンドン行き飛行機の中
思っていた内容と違ったが寺島しのぶはうまい
モミの木と言う絵本があるのだけど、今を大事に行きなさいと教えてくれる。
この物語もそんな感じ、屁理屈ばっかで誰かに嫌われてやろって思って生きるより素直に生きた方が誰かに愛される。
素直に生きた時の自分が未来の自分を救ってくれる事もある。
yochinoir

yochinoirの感想・評価

3.7
特段山場があるわけでもなく面白さには少しかけるけど、ラストシーンのトムのたどたどしい英語とハグに泣いてしまった。

ひとりで生きてきて、なんとなく誰かの役に立ちたくて、英語とジョンとトムに出会い、恋をして、タトゥーまで。

おそらくほんの数ヶ月間の間で
傷ついてぼろぼろで何もなくなってしまった節子。若い頃の悲しい経験や、自業自得の部分ももちろんあるけど、からっぽになってしまった感覚。ぺちゃんこになってしまった感覚。
みててほんとにくるしかった。

寺島しのぶと役所広司、いいな。
役所広司演じるトム(本名忘れちゃいました)以外は、まぁ自分の事しか考えてない人間ばかりなのであまり気持ちのいい作品ではないけれど、最後まで観させてしまうのは寺島しのぶはじめ役者陣が素晴らしいからか。

コミュニケーション苦手でプライド高くて繋がりたいけど繋がれない、そんな悶々とした人間がふとしたキッカケで欲望の捌け口を見つけたら……節子のように暴走してしまうかも?!

ラスト、トムさんのハグで本当に救われた。ハグ最強。

あと、1番地獄と思ったのは節子の会社の雰囲気。お局のおばさん、本当はみんなに疎まれてるの知ってたんだろうな、KYと言われようとなんとかあの輪に加わっていく事があのおばさんの社会で生きる術だったのでは。

結局、皆多かれ少なかれ演じてないとやってられないよね、この世の中。
kiki

kikiの感想・評価

3.5
英語教室は面白かったんだけど。

自殺がテーマ?
簡単に飛び込むなよ〜

どこにオチがあるんだか?
危機管理コンサルタントか?
DON

DONの感想・評価

-
ことばと他者をめぐる鋭敏な洞察力。その眼差しで見つめられた現実は滑稽で仮借ない。だが、監督はそれらをひっくるめて抱擁してみせる包容力と優しさも持ち合わせている。とても良かった。
OLのある意味ハチャメチ日記だが、寺島しのぶが演じる事で生きてる感が増し、なかなかの出来に。役に命吹き込むとはこういう事か、と思ってしまう。狭い中での展開も、役所広司他演技陣皆冴え、深みある正に役者で魅せる作品に。Tatooいいじゃないの。‬そして救い。
ぶん

ぶんの感想・評価

3.4
怪しすぎる英会話教室だけど意外と会話が頭に入っていくかも(^^;
そしてロサンゼルス。思わずラッキーなロケ!ウラヤマ~とひたすら客観視してしまうのだ!
ポテトフライも笑えた、
私はコーラーだった。そして2回目にラーの発音を抜いてみて通じたのを思い出した(笑)

ストーリーよりも何だかそんな事ばかり観てました。
外人男性に弱い日本人女性のバカさ加減がちょっと恥ずかしいけど、これは絶対アメリカ人にもウケる作品だと思う。
ひろ

ひろの感想・評価

3.5
とても褒められたものじゃないけれど、必死すぎる姿が滑稽で哀しかった。自分も同じ環境だったら暴走もすると思う。最初から詰んでる恋は見ていて辛い(泣)