オー・ルーシー!の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

「オー・ルーシー!」に投稿された感想・評価

PAO

PAOの感想・評価

3.6
完全にマンネリしきった毎日のループにいた40代独身せつこに突如現れたジョンという新しい風。
と同時に得た“ルーシー”という新しい名前と金髪のカツラ。そして知った欧米のハグの温もり。
その瞬間から彼女の中で何かが動き出し、何かが狂い出す。
ただ毎日を消化するだけのつまらない自分と“きっと私の人生なんとなくこんなもの”を捨てる勇気。それがこの映画の醍醐味なのかな。
その結果が上手くいけばサクセスストーリーになるけど、失敗したらただ痛い奴って言われてしまう…だけど果たしてそうだろうか?
一歩踏み出して失敗した奴が一歩踏み出す事もできずなんとなく生きている奴らにバカにされて良いものだろうか?
(まぁせつこの場合は言動で、人を傷つけるものも多くあったからそれはダメだけどね。そこまでしてでも人生を変えようとした勇気だけは認める。)
『PKを外すことができるのは、PKを蹴る勇気を持った者だけだ』とイタリアのサッカー選手ロベルトが言ったものだけど、まさにそれ。
チャレンジした者には、痛みは付き物。
しかし何もチャレンジしない日々は苦しいほどに無痛で無快感。
どちらを選ぶことが幸せなのだろうか。
haruka

harukaの感想・評価

5.0
もう心が痛すぎる。
節子が痛すぎて途中苦しくなった。

刻まれた愛の刺青は
消してたけどたぶん
消えないしずっと残り続けるけど
愛しい人も姪も姉も仕事も
失った彼女はそんじゃそこらの
女とは違った強さで生きて行くの
だなと思うと羨ましかった。

このレビューはネタバレを含みます

ジョンのクズ男っぷり、ルーシーの痛さ、お姉さんのババくささ、ミカの無鉄砲さ
abemathy

abemathyの感想・評価

2.0
私、こういう「スイッチ入ると強気になる人」が苦手なんですよね。ハロウィンとかスポーツの応援とか旅先とか。だからルーシーにも寄り添えない。

このレビューはネタバレを含みます


let's ハグ 節子さん

このハグで全てがひっくり返った(´∀`)

だれか、ハグして 笑笑(´∀`)
まあまあ面白い。役所広司、チョイ役というほどでもないが、ああ、そういう出かたもあるんだ、という感じ。ジョシュハートネットも出てるんだな、と後で気づいた。忽那汐里いい感じだけど、何よりも寺島しのぶ、ね。いいです。
NAOKI

NAOKIの感想・評価

3.7
ひどすぎます…
あんまりだ…
不快だ…

この映画を文字通り見たままに受け入れるとこう思う人が多いだろう。おれもそう思った。
だから考えてしまう。
なぜだ?
なぜわざわざそんな映画を作る必要があるのか?

普通、そんなこと言わないだろ?そんなことやらないだろ?のオンパレード…

普通?
そうか…この映画はディフォルメされているんじゃないか?…

【ディフォルメ】
その対象を変形して表現すること…つまり大げさにしたり盛ったりするってことね…

映画の冒頭、人で混雑する朝のホーム…マスクして死んだ目の「オバチャン感」バリバリの寺島しのぶ…後ろの知らない男が「じゃあ行くね」と彼女に耳打ちして電車に飛び込む!

普通…こんなこと起こる?絶対ないとは言えないけどもこれをディフォルメと考える…

もちろん寺島しのぶはほんとはめちゃ色っぽい美しい女性…それがディフォルメされた「痛いオバチャン」を演じる…
駅のホームで起こることはせいぜいちょっとぶつぶつ独り言を言ってる変なやつが「もういやだぁ!」とか叫んで走ってどっかに行ってしまう…この程度…

これならおれたちの日常でも起こりそう…

このオープニングで監督が示してくれたこの公式をこの映画すべてに当ててみる…

英会話スクール講師がジョシュ・ハートネットって💦
せいぜい若いイケメン

ロスやサンディエゴはせいぜい隣町…

この映画でみんなが口にする激烈な言葉は心の声で実際には言ってない…

カツラは髪形変えること…
「愛」のタトゥはコースターの裏に書いた電話番号…
セックスはただの会話で…ハグは?
せいぜい微笑みあうことかな?

こう考えるとどう?
とんでもなく不快であり得ないと思ったこのストーリーはすんなりおれの…そしてあなたの物語…日常でしょ?

姉の南果歩なんてあり得ない!と思ってもあの台詞が頭の中で考えてるだけだと思えばよくある家族…
姪っ子なんてデップー2のユキオじゃん😁💦

こうしてこの映画にこの公式を当てて…あのラストを考える…

いい映画だったね…少し泣きそうになった😁💦

じゃあさじゃあさ…
ピンポン玉くわえてるこのポスターってさ…あのディフォルメなの?

そーです😁💦
寺島しのぶが痛い女を熱演。コメディ要素もあり、救いのなさも感じたり…結局節子のような女にはなりたくないとだけ思った(笑) 役者陣の演技はリアルでよかった。
peanutchy

peanutchyの感想・評価

3.9
不思議な感覚に包まれた作品だった。
寺島しのぶさんはやっぱりすごかった、としみじみ思う。
そこまで多くのシーンがあるわけではないが、ルーシーとトムの距離感というかやり取りが面白い。
現実、人は二面性もしくはそれ以上に多面的な空気、感覚、性格があると思うが故、英会話に限らず海外でのことも、節子のふわっとした気持ちだったり、ぶっ飛んだ行動も分かるような気がした。感覚的であるけれど。
Shiho

Shihoの感想・評価

4.5
こういう自暴自棄で衝動的なのは若いうちだけだと思っていたから、歳を重ねても猛進するし痛々しいしってサマを見てると、辛くて悔しくて、酒がすすむ。
美しくてなめきってる自由なみかに腹がたつ、とことん節子に入り込めて痛くて辛くなる。
ハグの威力ってすごいよなー。