Oh Lucy!の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

Oh Lucy!2016年製作の映画)

上映日:2018年04月28日

製作国:

上映時間:95分

あらすじ

東京で働く43歳の独身OL節子は、ほど遠くない「退職」と、いずれ訪れる「死」をただ待つだけの生活を送っていた。そんなある朝の通勤ラッシュ。目の前で電車の飛び込み自殺を目撃してしまう。惨事の余韻から抜け出せないまま、仕事に就く節子。突然、節子の姪で 若き自由人である美花(21)から久しぶりに電話があり、話をしたいとランチに誘われる。姉の綾子に美花には関わるなと散々言われたのだが、それは節子に逆の効…

東京で働く43歳の独身OL節子は、ほど遠くない「退職」と、いずれ訪れる「死」をただ待つだけの生活を送っていた。そんなある朝の通勤ラッシュ。目の前で電車の飛び込み自殺を目撃してしまう。惨事の余韻から抜け出せないまま、仕事に就く節子。突然、節子の姪で 若き自由人である美花(21)から久しぶりに電話があり、話をしたいとランチに誘われる。姉の綾子に美花には関わるなと散々言われたのだが、それは節子に逆の効果を及ぼすだけ。節子は美花と会う。姪にはなぜか弱い節子。お金に困った美花を助けるはめに。美花が前払いした英会話クラスを代わりに取り、その受講料を美花に支払うことになる。アメリカ人講師ジョンの教える一風変わった英会話教室が始まる。そこで「ルーシー」という名前と金髪のカツラを与えられ、教室では「ルーシー」になりきるようにと言われる。節子の中で眠っていた感情を「ルーシー」が解き放ち、節子はジョンに恋をする。そんな幸せもつかの間、ジョンは姪の美花と一緒に日本を去ってしまう。自分が置かれた人生に納得ができない節子は、二人を追いかけて、アメリカへ旅立つ決意をする。しかし、仲の悪い姉の綾子も行くと言い出し、同行することになる。嫉妬、秘密、欲望に満ちた旅の果てに節子が見つけたものとは?

「Oh Lucy!」に投稿された感想・評価

スケ

スケの感想・評価

3.0
つらい


ジョシュ、こういうかんじのアメリカ人講師いますよね…


こんな役柄でも女優さんたちの肌のシミのなさ脚の細さ凄くてこれはほんとの現実とはさらに違うレイヤーで行われてることなんだ…現実は…もっと…
みつる

みつるの感想・評価

3.8
with4

たまたまチャンネル合わせたらちょうど始まったとこで、そのままつい見入ってしまった。思いがけず、いい時間を過ごせた。ドラマ版だけど、映画とどのくらい違うんだろう?
しか

しかの感想・評価

-
テレビでやってて見た。

英会話の先生の白人男性に惚れちゃうってよくあるあれだけど、ジョシュハートネットならまあ誰でも惚れるよね〜。
もっとこう、アメリカでこいつにナンパされたらついて行かねえな、みたいな中途半端な男だったらエグかったと思う。
ceu

ceuの感想・評価

4.0
ドラマ版?をみたからちょっと違うのかもしれませんが、

寺島しのぶさんは、やっぱすごい女優さんだなあと、、

愛を求めるのが爆発して行く感じが
面白かった。すごい


ジョシュハートネットが英会話の先生やったら
恋するわなというどうでもよい感想もそえて、、
frenchblue

frenchblueの感想・評価

4.0
NHKドラマ版鑑賞。
痛々しいけど、解き放たれた感もあり羨ましくもある。
R

Rの感想・評価

4.5
毎日が同じことの繰り返し、ゴミ屋敷のような部屋の中で、溢れるほどの物に囲まれながらも、心の中は空っぽで常に孤独だった節子は、たった一回のハグで救われてしまう。滑稽にも見えるカツラを被るという行為も引き金となって、それまで留めていたのであろう誰かを愛したいという願望が呼び起こされ、別人格が生まれたように、一心不乱な愛をどんどん加速させてしまう。最後にはほとんど狂気的なほどに。


姉に恋人を取られ、そのまま結婚されてしまう人生ってどんなだろう。そのあたりの事情やそれぞれの心情はほとんど明かされず、どちらかと言うとそんな過去からすれば被害者とも思える節子の方が歩み寄ろうとしてるのに対し、ひたすら冷淡な姉。
娘のことをもう死んだものと思うことにする、と言い捨てることのできる姉と姪の親子関係。実は離婚暦のあったジョンは離婚してて家族には完全に拒絶された孤独な存在。この映画には崩壊した家族像しか描かれていない。無条件の愛など存在しないかのように思える世界で、節子は愛を渇望し、自らの愛を暴力的なほどにジョンに投げ打つ。

キャットファイトが多く、全員が体当たり演技。女はマウンティングし合って牽制しあうことでしか生きられないのかもしれない。この世で女たちは常に戦っているのだという事実を突きつけられたような気持ちになった。

すべての演者の本当に素晴らしい演技によって映画内の世界観がしっかり構成されていて、非常に味わい深い作品だった。

カンヌの批評家週間にて、舞台挨拶と共に鑑賞したが、拍手喝采のスタンディングオベーションで終わっていて本当に感動した。