ジュリーと恋と靴工場の作品情報・感想・評価

ジュリーと恋と靴工場2016年製作の映画)

Sur quel pied danser/Julie and the Shoe Factory

上映日:2017年09月23日

製作国:

上映時間:84分

2.7

あらすじ

⽥舎町に住むジュリーは、就職難の末ようやく⾼級靴メーカーの⼯場で試験採⽤を⼿にする。そんな中、靴職⼈の⼥たちは迫る近代化の波でリストラされることを恐れ、抗議のためパリの本社に乗り込み騒動を起こす。巻き込まれたジュリーはあやうくクビになりかけるが、ほのかな恋の予感も…。職⼈の意地とプライドをかけてアイデンティティを求める勇ましくたくましい⼥たちとともに靴⼯場閉鎖の危機を乗り越え、ジュリーは本当の幸…

⽥舎町に住むジュリーは、就職難の末ようやく⾼級靴メーカーの⼯場で試験採⽤を⼿にする。そんな中、靴職⼈の⼥たちは迫る近代化の波でリストラされることを恐れ、抗議のためパリの本社に乗り込み騒動を起こす。巻き込まれたジュリーはあやうくクビになりかけるが、ほのかな恋の予感も…。職⼈の意地とプライドをかけてアイデンティティを求める勇ましくたくましい⼥たちとともに靴⼯場閉鎖の危機を乗り越え、ジュリーは本当の幸せを⼿にすることができるのか?

「ジュリーと恋と靴工場」に投稿された感想・評価

タイトルからヒロインが窮地に陥った靴工場をみんなで力を合わせて復活させる!!!的なものを想像して見に行ってしまいました。
全然違います。ただの無職のクズ女がたまたま靴工場に拾われたってだけのくだらない話です。
っていうかなんでこの話を映画にしようって思ったんだろう???
久しぶりに星1つもあげたくない映画でした。
雰囲気はすごい好きだけど、こうしとけばいいでしょ?みたいな製作陣の何かを感じてしまい萎えた。
Tora

Toraの感想・評価

2.2
主人公に全く共感できない
歌とダンスがイマイチ
テーマがブレブレで謎な映画
ナナ

ナナの感想・評価

1.6
いやー!!
つまらなかったーーー
たまに画面がいい感じだったけど、好きっていうほどいいわけでもなく。
初めてのフレンチミュージカル、もっといいの観たかったなぁ。
あんなに真面目に観たのに頭に残る曲なし。
chappy

chappyの感想・評価

2.2
一番始めの歌が良かった!
元気なおばちゃん達が歌って踊る。
社長の服は上から下までメイドインチャイナ。
あの原動機付き自転車ほしい。
ミュージカルやったんかーい!wまあリアルってこんなもんだろう。
いいとこで終わらないフランス映画らしさも下着姿で踊るオバ様もハリウッド慣れした身体には堪える。でもさすがにクライマックスが「押し合い」なのには驚いた。歌えや!w
nori

noriの感想・評価

-
映画館鑑賞。

主人公のジュリーは、全然正社員になれない。
それどころか、仮採用もされない。
なにか、欠点でもあるのか、と落ち込んだところで、手作り靴メーカーの仮採用が決まる。
女性ばかりの靴工場で、すべて手作り。
でも、採算が合わず、工場の持ち主はパリの大手の靴の会社にこの工場を売り、子会社に。
その会社の社長は今どき、手作りなんて、時代遅れと社員たちを辞めさせようとする。
ここで、立ちあがる女性たち。
パリに抗議へ。
ストライキ。
効果は出ず、昔流行った赤い革で白の紐でしばる「戦闘靴」を売り出すことに成功。

やってみなければ分からない。
手作りだからほしいという人だっているはず。

やっと勝ち取った正社員の座。

ジュリーは彼の元へ。
一緒に行っちゃうのかな~
それとも?
このへんが曖昧で行ってしまったら、もったいないって思ってしまった。

この映画を観たとき、私は赤いスニーカーを履いていた。
私も映画にこれからも臨むぞ、と思ったのだった。
KaoruRin

KaoruRinの感想・評価

2.0
結局何だったの?と観終わってから消化できない思いが残る映画でした。フレンチ映画にしては地味で花もなかったなぁと。無理やりミュージカル仕立てにしなくてもよかったんじゃない?と思わざるを得なかったです。
Uji

Ujiの感想・評価

3.0
短いのに眠たかった。

面白くないわけではない。

主人公のジュリーも可愛かったし。

ただ、ミュージカル映画に目が肥えてしまっている自分がいた。

編集のせいか、口パクが目立つ…。

ラストもフランス映画だなという感じ。
shunta

shuntaの感想・評価

3.0
女性の靴職人に近代化の波が。

どう自分たちの職を守るか。

軽いタッチで描くミュージカル。

フランス語のセリフと歌がきれい。

靴のデザインがかっこいい。

色あせない時代を越えたデザインが

いいなって思う。

ただ内容は薄い。単調。
>|