ボンジュール、アンのネタバレレビュー・内容・結末

ボンジュール、アン2016年製作の映画)

Paris Can Wait

上映日:2017年07月07日

製作国:

上映時間:92分

3.6

あらすじ

アン(レイン)は人生の岐路に立っている。長年連れ添った映画プロデューサーの夫マイケル(アレック・ボールドウィン)は、成功を収めているが妻には無頓着。ある日、夫の仕事仲間のジャック(アルノー・ヴィアール)と共に、カンヌからパリへ車で向かうことになる。ただの7時間のドライブのはずが、美しい景色、おいしい食事とワイン、ユーモアと機知に富んだ新たな発見の旅となり始める。

「ボンジュール、アン」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ラブ苦手がまた出ちゃったかなぁ〜💦
正直言うと全く面白くなかった。
途中、寝落ちしそうだったのが2、3回😅
退屈すぎ…。
ロードムービー好きの私もこれはダメ出ししちゃう。
良かったところは、フランスの田舎町の風景と目にも美味しそうなお料理とワインだけ。
ストーリーもありがちだし、ダイアン・レインの良さが全くなかったと思う。
男性のキャラをダイアンがやった方がずっと魅力的だったろうし、ストーリーも面白くなったと思う。
ありがちな内容にも華がでたんじゃ!?

恋に落ちる要素が見当たらないのに無理やりそういうストーリーにするのはどうなのよ。
フランス男のなせる技ってことを言いたかったのか?
人妻がこんなに簡単に恋に落ちてたら世も末じゃーー(笑)

ダイアン・レイン、今も綺麗で可愛いらしい魅力的な女優さん♡
ジョンが何者なのかよくわからないまま進んでいって、結局よくわからない。
ピクニックしたいな、ワンピース欲しいな、チーズ食べたいな…と思うばかりで途中退屈しましたが、さあ、あなたなら行く?行かない?という問いかけで終わるところは、よかった。
チョコレートが食べたくなって、映画の帰りにチョコレートケーキ。
んーーお腹すいた!!


強いメッセージ性があるわけではないけど、
最初から最後までじっくり楽しめるストーリーだった。
最後に旦那さん出てくると思ったけど、予想外れたー

素敵なレストランで
美味しいものを食べて
オススメのワインを一通り飲む
そんな人生に したいなぁ。

ついでに言えば
いつまでも男性にエスコートされる 魅力的な女性でありたいものだ。。。
かなりざっくりな感想を述べると、
おしゃれ不倫映画。

中年男女が、美味しいワインと料理、素晴らしいフランスの景色とともに、忘れていたときめきみたいなものも思い出しちゃう。
こんな感じなら不倫も許されるんじゃない?って思ってしまう。いやダメだけどね。でも、うん。いいんじゃない?
って思ってしまう映画でした。
ラストも良かったよ。
フランスとダイアンの魅力満載な作品
そして、新しいデジカメが欲しくなる作品

フランス人運転手(ジャック)の、各観光地の歴史のよもやま話、ワインのうんちくを聞きながら、カンヌからパリまでの壮大な寄り道を描く

ところで、このおっさんが終始際どい。
人生を楽しまなきゃと、あの手この手でアンにアドバイスするんだけど、猛烈に口説いていたのが、だいぶ後になってわかった
(疎すぎる。。?)

最後の数分間、ええ、、そうなっちゃうの?な展開からの、ラストシーン
アンがパンストの輪っかでポニーテールを縛って、チョコレートを齧るシーンがたまらなくいい。
表情がパッと明るくなって、彼女が彼女自身でさらに人生を輝かせる予感に溢れてる。とにかくおしゃれなラストが素晴らしい

(泥沼離婚も…というツッコミは、この際野暮です)
カンヌからパリまで向かうロードムービー。

パリに真っ直ぐ向かうはずだったのに、運転してくれるフランス人のジャックは寄り道してばっかり。
それも、今自分のクレカが使えないから貸してなんて胡散臭すぎる。仕事の話があるからと、立ち寄った博物館の女性と消えていって、どう見ても仕事の話をしてたんじゃなさそうな様子で出てくる。

早くパリに向かってほしいのにと思うアンだけど、だんだん楽しくなってくる。
フランスの美味しいワインと食事を楽しんで、車いっぱいのバラをもらって、夫にも見せていない自分の写真を褒めてくれて。
お互いに自分の人生の話、辛い話も打ち明けた。

ドライブの途中で映るフランス各地の美しい風景や建物が素敵で、アンがカメラを手にして切り取るフレームがまた素敵で、出てくるお料理がどれもこれも美味しそうで、観たら絶対旅に出たくなっちゃう。
ようやく着いたパリの、シャンゼリゼもエッフェル塔も美しすぎて、フランスという国も一つの主人公であるみたいだった。

こんな旅がしたい。フランスに行きたいし、いろんな国に行って、そこのお料理を食べて、お酒を飲んで、気に入ったものは写真を撮って、ふらふらっとするのもいいな。
ちょっとふらっとするのも、いいでしょ?って最後のシーン、アンに笑いかけられたような気がした。

あと、アン目線の映画だからフラ語には字幕なしだけど、ちょっとだけ聞き取れて感動!
いや~フランス男ですね~
奔放で口説き上手。上手いなぁ‥
そんな男性と二人の旅に妻を出したことをひたすら心配し後悔する夫の、相手はフランス人だぞ!と繰り返す感覚が、偏見なのかもだけど、凄く解る。
アメリカ人は日本人からしたらすごく自由な気がするけど、それ以上にイタリアとかフランスとかは自由で個性的。特に恋愛に関して。

それに追い打ちをかけるようにコート・ダジュールの美しい景色や遺跡。美味し料理。魅力的過ぎる旅よ。
誰だってしてみたいわよね。
そして、甘い言葉をささやきながらも一応踏み込んでこないし。

だけど、最後の最後の自分への約束・・はズルいな。
女心をくすぐる事にかけては、フランス人には誰も敵わないんじゃないかな。
それに惚れるかどうかは別問題ですけどね。

自分の価値を、魅力を取り戻せる旅。
皆込んだ旅を一度はしてみたいですよね。私はしてみたい。
旦那の仕事のパートナー"ジャック"との男性が、パリのアパートまで車での送りにつくことになって

その道中、アンはジャックに観光とグルメを案内される

いやいやながらも、ジャックのペースに引き込まれつつ

旦那と違う魅力に恋を抱くのか

とても、観ていて
素敵な料理に、観光される場所に興味を掻き立てられ

とても、楽しめた!
ただ、不倫はだめです!
惹かれるものあるかもだけど

アン役のダイアンレインは、子育ても終えた女性ながら魅力的でした。
たまにこんな映画も良い

とにかくフランス男の
返しが粋で、勉強になる(笑

彼女は素敵に歳を取っている
いろんな表情を見せられ
やはり綺麗だなぁと実感

最後も何も起こらず、無難に

フランス男が凄い悪で、
どうしようもなくなるくらいの
過激なラストであれば
おもしろさ倍増だったかも

彼女の微笑みで終わる
カットはわざとらしくて嫌

シスコで再会したのかな?
お互いに好きなのはわかっていつつも、 
最後まで一線を越えない方が
好みなんだけどなぁ。
チューしちゃったからなぁ。
残念…。