それでもボクはやってないの作品情報・感想・評価・動画配信

それでもボクはやってない2007年製作の映画)

上映日:2007年01月20日

製作国:

上映時間:143分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「それでもボクはやってない」に投稿された感想・評価

はね

はねの感想・評価

3.9
満員電車での痴漢冤罪で逮捕。
目の前に居た女子中高生のスカートの中に手を入れて...その女子中学生がドアが空いた時に【痴漢したでしょ?⠀】と手を捕まれたのが、加瀬亮が演じた主人公。

痴漢はやってなくても疑いをかけられたら最後だとよく聞くけど、これがまさにそう。

痴漢をしてなくても痴漢と間違えられるような動きをするのは本当に男性は気をつけなければならないし、女性も痴漢だ!と手を取るのも間違ってはならない。

正義が必ず勝つ訳では無いという、厳しい現実を教えてくれる映画。
なす

なすの感想・評価

-
信じてくれる人がいる事だけが唯一の救い。自分があの状況になって必死に動いてくれる人が果たして何人いるのか。

見て暗い気持ちにはなったけど
なんせ加瀬亮好きって事に変わりはない。
ぴ

ぴの感想・評価

3.7
加瀬亮!!!大好き!!
声を出さずに表情のみで演じる場面が多く、かっこよかった。
あやか

あやかの感想・評価

3.5
胸くそ悪い結末。
本当に現代日本の司法はこうなんだろうか。
法曹に進んだ友人に聞いてみたい。
冤罪をかけられる側にもなりたくないし、冤罪を生む側にもなりたくないな。
la

laの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

なんだかなー見ていて気持ちのいい作品ではなかった
たんたんと進んでいくから没入感はなくて流し見してしまった
冴えないフリーターが痴漢として疑われてやってない、と言い続ける話

この映画の何が怖いって日本の裁判の曖昧さもそうなんだけど、その痴漢のシーンが実際はどうだったのかが映されてないことだと思う
主人公の視点、被害者の予想、その2点でしか電車のシーンがないから、実際のところどうだったのかが分からないんだよな〜
主人公の言い分通り第三者がやったのかもしれないし、被害者の勘違いかもしれないし、主人公がやってないつもりでやったかもしれないし、見ている側も決定打がないまま進んでいくので主人公に感情移入しやすいけど、裁判長は情で判断しちゃダメだから有罪判決になってしまうのはしょうがないな〜と思った

この映画の救いは主人公の無罪を心から信じて行動してくれる人がいることだと思う
信じてくれる人がいるって恵まれてるし、そしてその人たちが行動してくれるってなかなかない事だと思う
そういう人たちがいなかったらもっと早くに主人公は諦めてたと思うな

この主人公がやったかやってないか以前に痴漢、という行為が本当に気持ちが悪いのでな〜
最低だわ本当に
のり

のりの感想・評価

4.0
ふと見てみたくなりアマプラでレンタル視聴。
痴漢は絶対ダメだけど…
冤罪かけられたら自分でもは?ってきっとなる。
絶対に痴漢してない証拠を皆で集めて、目撃者にも証言してもらってる上での有罪判決は流石に自分が当事者だとしたら、もう闘う気力も無くなると思う。
ただただ胸糞映画
最後の主人公の勇気に救われるけど…今の社会も同じなのかな
tulpen

tulpenの感想・評価

3.5
さえないフリーターが満員電車で痴漢に間違われる。
やってないと言っても誰にも信じてもらえない。
やってないのだからどんなことを言われてもやったとは言えない。
だから拘置所から出られない。

映画を観ながらずぅ~っと考えていたのは自分がもしこういう冤罪事件に巻き込まれてしまったら…ということ。
あたしの「あたしはやってない」を信じてくれる人がどれくらいいるんだろうか…暗い気持ちになったのは言うまでもない。


東宝CINE2にて。
2007.1/30 (11) 通算961
ナ

ナの感想・評価

3.3
自分の事じゃないから可哀想だなって思うけど、もし自分がこの立場になったらたまったもんじゃない何年苦しみ続けなければならないんだ
mizuki

mizukiの感想・評価

3.7
中学の頃授業でみたけどこの時初めて冤罪っていうことが存在することを知った
同時に裁判についても深く知った
冤罪が無罪になる確率は0.1%って聞くけどその0.1%の可能性にかけてる人もいるんだなって思うと弁護士さんとかすごいなって思う
まいこ

まいこの感想・評価

3.9
この加瀬亮とアウトレイジの加瀬亮とスペックの加瀬亮は全員別人だと思っている。
>|

あなたにおすすめの記事