それでもボクはやってないの作品情報・感想・評価・動画配信

それでもボクはやってない2007年製作の映画)

上映日:2007年01月20日

製作国:

上映時間:143分

ジャンル:

3.5

あらすじ

「それでもボクはやってない」に投稿された感想・評価

あなたは不条理な司法制度に戦慄する。

「手がどう抜けたのか」を何度も繰り返し確認する公判のシーンは、派手なアクションがあるわけではないのに見入ってしまう独特の緊張感に包まれる。

本作公開後…
痴漢冤罪がメジャーになり、より一層告発を窮する被害者女性たち。
示談金目的にアルバイトする女学生たち。
線路内へ逃亡し轢死する男たち。

東京一極集中により増加の一途を辿る混雑率。
身動き取れない程の密着度。いつ勘違いされてもおかしくないと危険を感じる。
混迷を極めた超満員通勤電車の行く末は…
題材がリアル。冤罪の怖さ、世の中の怖さがリアルに描かれている。

ダンブルドア校長は「疑わしきは罰せずじゃ」と言っていましたよ?
Kino

Kinoの感想・評価

3.6
冤罪てこわい。
無実を証明するのも、無罪を下すのも難しいこと。
Shun

Shunの感想・評価

4.4
ここ最近見た映画の中で最強に感情移入しました
なんかもう泣きそうになったし、腹もたったし、たまに喜んだり、主人公の気持ちに共感しっぱなしの2時間半でした


満員電車で女子高生に痴漢と間違われて拘留され、起訴され、しっかり裁判するお話です


・超リアル
周防監督ののほほんとした他の楽しい作品とは違い、日本の冤罪の一部始終をほんとに丁寧にリアルに描いている本格的社会派映画です

ひとりひとりの仕草や表情やセリフまで、ほんとにリアルに感じられ、監督の相当なこだわりが伝わってきました
自然とマイクに口を近付けたり、裁判官の方を向かなかったり、省いても良さそうなことをちゃんと使ってるからこそリアルさがあります

主人公の加瀬亮の演技もお見事で、やってない男の怒りや悲しみ、辛さがとても伝わってきました
裁判で裁判官やほかの証人が話している時に、常に写っていて、その無言の表情も迫真ですごいなと思いました
「それでも僕はやってないんだ!」
という一言が、「こいつはやってないんだ!」という観てる自分の気持ちすぎて感情が込み上げてきます


・自分のみぞ知る
タイトルにもある通り、主人公は痴漢をやってないです
それは最初っから示されます

全くの無実にも関わらずあまりに過酷な月日を過ごさせられ、やってないことにも関わらず有罪か無罪を人に決められます

やってないことをやってないと誠意をもって言い続けてるのにも関わらず認めてくれず犯人だと決めつける人々に、怒りや苛立ちが沸き立ってきます

また、信じてくれる人や助けてくれる人にはほんとに感謝したくなるような嬉しい感情が沸きます

今作ではやってないというシーンも自分は見てる訳ですから被害者の視点から観てる映画です
主人公以外は真実を知るよしはないです

この映画に出てくる信じててくれる人も信じてくれない人も、そのホントについては分からないわけで、
立場とか都合や気持ちなどで信じるか信じないか、どちらかにつき、最終的には公平な立場の裁判官が決めるのです

警察や裁判官は神ではない、事実を知ってるのは自分だけで、裁判は罪を罰するとこではなく、裁判官が有罪と思うか無罪と思うか決めるところ
というのには感心させられました

実際にも、こんな冤罪はあるのでしょう
この主人公は観てる観客にだけでも思いが伝わってるだけでもいい方なのかもしれません



裁判の現実、日本や法律の闇をしっかり考えられる本格的な社会派映画です
自分は「シコふんじゃった」みたいな映画の方が好きですが笑

脚本、演技、演出が全てお見事でメッセージがとてもストレートかつわかりやすい作品です
冤罪、裁判という難しい言葉に惑わされず観てみて欲しい映画の1本であります

このレビューはネタバレを含みます

淡々とした作品だがかなり胸糞。何がって終始被告人が不当な扱いを受けてるところも何だけど、調べてた刑事、検察、最後の裁判官も本当は善良な一市民であるが、司法の歯車を狂わせないために、行動していく姿が悪者に描かれているところ。そもそもどんなに頭が良くても数人によって一人の人生が左右されるってのは無理がある制度だと考えさせられた。
くみこ

くみこの感想・評価

4.0
これは…良映画。
それぞれの立場で考えてみると、全部正しいって思えるんだよね。最後の主人公の言葉に「うんうん」って何度も頷いた。
ぶーば

ぶーばの感想・評価

4.2
勉強になり、考えさせれる映画だった。
結構前の映画なので現在の取り調べや裁判状況とは異なるかも知れない。ただしそこは採点には加味していない。
HUNT

HUNTの感想・評価

2.8
大昔観た。けっこう忘れてたな・・
冤罪はある
でも自分にしかわからないのはほんまそう。
被害者の気持ちもあるし
難しいテーマやとおもう。

加瀬亮ともたいまさこが、裁判所で目線を合わすシーンがなんとも良かった。

ラストは、現実をみた気がしたけど
終わりかたも良かった。
Amazon Primeにて
周防監督つながりで鑑賞しました。公開当時よく耳にしていたタイトルなのでようやく観れたと言う感じです。

勉強になりました。これから満員電車に乗る機会も多くなると思うので、本当に注意して行きたいと思います。

主人公が被告人のため、検事、裁判官が悪く見えがちですが、ああいう物的証拠のない中で色々と判決を決める難しさっていうのが伝わってきます。

冤罪の怖さもわかったし、裁判所はあくまでも完璧な真実ではなく、証拠から判決を下すところだと言うことを忘れずに行こうと思います。
FILM

FILMの感想・評価

4.2
勉強になった。
観るべき映画だと思う。

こんな現実おかしい。
でも、誰にでも起こりうることだ。

冤罪はその人の人生を奪い、心を傷つける。

裁判所は、真実を明らかにする場所ではなく、証拠によって判決が下される場所であるということを知った。全ては証拠というわけだ。

疑われるような行動をしないように自分で出来る限りの注意をしなければいけないと、思った。
>|