止められるか、俺たちをの作品情報・感想・評価・動画配信

止められるか、俺たちを2018年製作の映画)

上映日:2018年10月13日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「止められるか、俺たちを」に投稿された感想・評価

役者やカメラの動きは、そのまま当時の時代の動きと連動している。警官を殺そうが浦島太郎をピンクにアレンジしようが何でもあり、映画ってなんてダイナミックなのだろう。本人がインタビューで語ってる通り、井浦新の若松孝二役は誰がやっても損な役回り。それでも彼がああやって演じたのならば、それ以外の正解はないのだと思う。
若松孝二監督率いる若松プロに所属した、吉積めぐみという実際の人物の3年間を描いた作品。当時はピンク映画も盛んで、今のAVみたいにズバリそれをみせるのではなく、裸とSEX シーンが多い、一応物語がちゃんとある映画だった。中には名作といわれるものもある。新進気鋭の若者たちが登竜門的にピンク映画を撮って、メジャーになっていき、自分のやりたい映画を製作していった。
そんな時代にこの世界に飛び込んだ吉積めぐみ。まだまだ男社会だった時代に女を捨て、映画に取り憑かれ、のめり込む様子、その大変さ、苦労、酒とタバコにどっぷりの当時の映画製作の流れが分かり、楽しめた。話は少しそれるが、自分自身もテレ東で土曜日の深夜に放送されていた枠で日本映画にはまり、毎週楽しみにしていた。そこで「サード」、「遠雷」、「絞殺」などのATG作品にも触れたし、様々な日本映画に熱を感じていた。この作品にも同じような熱を感じ、ワクワクして鑑賞出来た。吉積めぐみは女を捨てたが、妊娠をしてしまい、女であることに縛られてしまう。最後に母親に電話する場面がなんとも切なかった。吉積めぐみの選んだ最後は悲しいが、映画に全てを捧げる人間の熱を感じられるパワフルな作品だった。
marino

marinoの感想・評価

3.0
井浦新目当てで観ましたがイマイチでした。
若松監督に特に思い入れもなかったからかもしれない。
格好良い井浦新にはこの役はあってない。
若色

若色の感想・評価

3.9
白石和彌監督大好きなのに、全然見逃してたこの作品…。
映画愛がジワリと漂う名作。
でも暑苦しくなりすぎないのは、青春の若さを清々しく描いているからか。

オープニングの音楽めっちゃかっけー!と思ったら曽我部恵一さん音楽で納得。

わたしにはわからなかったけど、井浦新さんは実在の若松監督に寄せてたのかしら。よう雰囲気でてたなー

この時代の映画を観たくなった。
ジョー

ジョーの感想・評価

3.6
白石監督が衝動に駆られた映画がこちらであるfrom本人より。

フレッシュな作品であった。実際に白石監督の師匠である若松監督が一番活躍しているときに、影で支えていた女性を主人公に描かれた映画。

昭和のレトロの雰囲気や途中に組み込まれる撮った映像は少しだけ面白いカメラワークだった。

門脇麦は昔の女性の役をお願いする時はこの人しかいないと思った。『浅草キッド』でも同じ頃の女性を演じていたが、似合う。
その

そのの感想・評価

4.5
ずっと、「映画と〇〇」で話が進んでいて1番映画を感じられました。
「おおぉお前も出てくるのかぁ!!!!」な俳優方で痺れました。
映画人。
本気で映画と向き合い、戦った人達
めちゃめちゃかっこよくて、美しくて
み

みの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

めぐみにどこか危なっかしさをずっと感じてたから最後にああやっぱり、て気持ちになってしまった
睡眠薬と酒の主張のせいなのかな…
きっとこれからも観る側でしかないけど、1本の重みの感じ方が変わった気がする
個人的にこの井浦新はあんまり好みではない
mns

mnsの感想・評価

3.5
映画を観るのと作るのとでは180度違うんだそうな。それはそう。私も撮りたいものも作りたいものもないけど、でも漠然と良いなぁやってみたいなぁって思っちゃった。
D

Dの感想・評価

-
自分の想い(怒り)を映画にぶつける。
自分は抱いたことのない感情
ただ、映画を観るものとして問題意識を持つ鑑賞者という姿勢は崩したくないと思う
>|

あなたにおすすめの記事