止められるか、俺たちをの作品情報・感想・評価・動画配信

止められるか、俺たちを2018年製作の映画)

上映日:2018年10月13日

製作国:

上映時間:119分

3.6

あらすじ

「止められるか、俺たちを」に投稿された感想・評価

主人公が映画の世界に足を踏み入れていく動機がよく分からなかったけど、それが若さなのか。どうか。ただ、足立正生役の山本浩司がめっちゃ良かったので。あとなぜか高良健吾も出てる。
chan

chanの感想・評価

3.5
映画に魅せられて
映画を武器に闘い
映画に命を捧げた
者達の青春群像劇

自分は何者なのか
追い求めて彷徨う
苦悩と葛藤と闘争

泣き笑い飲み語り
生と死のせとぎわ
内に秘めた情熱を
燃やし駆け抜けた
栄光と挫折の記録

溢出る熱量に圧倒され
熱情の有無を問われる
torakkichi

torakkichiの感想・評価

3.7
若松孝二を白石和彌が描く…ワクワクするような、楽しめなかったらどうしよう!ショック受けちゃう!とか色々思いながら観始めたらなんのことはない、普通に面白かった。

最高だったのは撮影シーンと屋上のシーンとプールのシーン。

若さがはじけてて、ナニモノにも代えられない瞬間だったね。

終盤一気に政治色強くなるけど、それもまた若さの表れかなと。

実際に若松孝二の監督作品は『連合赤軍』『キャタピラー』『千年の愉楽』などのつい最近のしか観たことないし、プロデュース作品も『愛のコリーダ』『戒厳令の夜』しか観たことないから大きなこと言えないんだけど、このプロダクションは熱量がハンパない熱い人たちの集まりだったんだなと。

そしてその中でめぐみさんがああいう道を選んだのも分からなくもない。

女を捨ててまで周りの男たちと対等に仕事して、仲間たちから信頼を勝ち得ていくんだけど、やっぱり女であることからはどうしたって逃れられない現実ををつきつけられて儚く散ってしまった…。

残酷だけど、熱い熱い青春映画だった。
虫

虫の感想・評価

-
夢中で頑張れたことがまだなくて、ずっとくよくよしてたんだけど、自分的に結果それは必死ってことではあるんだけど、頑張れよお前、がむしゃらにやれよって言われて。それでまたしんどくなったりして、わかってるよ、そのやり方を教えてくれよって思うしかなくて。コンプレックスだなぁと。止まってんのかね、自分は。うらやましいよ。希望を感じたとするなら、若松監督の叫び。 映画を見てみたいと思った。

いわゆる社会のレールを外れながらも、挑戦をし始めた私ですが、さぁ、どうなるかなぁ。
主人公は男子にして欲しかったです。監督の作品を知っている人にとっては懐かしいのでしょうね。自分はリアルタイムではないので。特に前半、映画を作っている人たちってこんなに大変な思いをして映画を作っているんだ!と分かって良かったです。
熱さは伝わってくる。ただ、その熱さを押し付けてきている感じがして、うーん。
misuzu

misuzuの感想・評価

3.7
青春映画。
あの時代の映画や若者達、社会全体の熱を感じられる作品だった。
三島由紀夫役で白石監督も少し出演されている。
氷

氷の感想・評価

4.2
あー情熱に生きるってすげえや
わたしも夏のむさ苦しい夜にセックスしてみたい
つよ

つよの感想・評価

3.0
情熱を持つカリスマ性のある映画監督に弟子入りする女子。
赤塚不二夫が出てきたりで、実話なのかなと。
当時こういう雰囲気だったのかなと面白く。
貝崎

貝崎の感想・評価

3.5
あの男臭い煙臭い生臭い70年代前後の人々の感じ、すごい好きなんだな。アングラばかり追ってたからかもしれないけど、男も女もみんな不良で自由奔放なのが憧れだった。

若松プロの女性助監督ってだけでもすげえ根性座った強い人なんじゃないかって想像してしまうくらい、若松孝二のイメージっていうのがなんかあって、でも本当に普通の女性として描かれてて好感だし、若松孝二役の井浦新がイメージにないからこそめちゃくちゃ味だし、若松さんのイメージをちょっと壊してる感じもする。いい意味で。若松組の役者陣が沢山出てるのも良いです。

内容は実際に存在した女性の仕事への葛藤だったり、妊娠してからラストまでは女性としてどう生きてくか、普遍的なことが描かれていて、知らなくても全然見れる。淡々と描き出すからこそ、そこにある熱い気持ちや不安や悔しさを強く感じることができる。若松さんの思想や怒りをぶつける一風変わったピンク映画、観てみたくなった。
>|