囚われた国家の作品情報・感想・評価・動画配信 - 46ページ目

「囚われた国家」に投稿された感想・評価

ANA機内にて。これ評価低いけど、展開読めなかった自分からしたらかなり衝撃のラストシーンだった。宇宙人侵略後の政府と反政府との人類の攻防って設定も好き。ただ、1つの作戦を細かく細かくって内容だから全体像が見えないのと、展開遅く感じるのはマイナス。極端に台詞が少ないのが面白くもあり、分かりにくくもあった。
ラストあたりでなるほどねとは確かになるんだけど、一回だけではちょっとわかりにくいかも。

設定含め魅力的なところも多々あるし、邦題決まって翻訳も整ってからもう一度観たいな。
Shimpei

Shimpeiの感想・評価

2.8
最初が入りづらい。
あと最後のオチは途中で強く匂わせ過ぎで展開が読みやすかった。
敵の姿カタチが映像が暗すぎて分かりづらいのも難点。
Ketchup

Ketchupの感想・評価

2.5
一回じゃなかなか難しい。自己犠牲のダークヒーロー物なのか?誰が主人公なのか?エイリアン物でもないし。ちょっと目指すところが見えない映画。シリーズの中盤とか終盤なら分かるけどこれ単品で見ると、うーむ。となると思う。世界観に入り込む前に終わる。
Palak

Palakの感想・評価

2.5
SF設定で政府vs反体制派の攻防をリアリスティックに描くという、意外と見たことない映画だった。しかしリアルに描こうとしすぎてSF設定が浮いてしまってて、試みは有意義だけどやっぱり難しいんだなーという印象。
Kado

Kadoの感想・評価

2.3
機内で見たためか暗くて映像がよくわからなかったし、ストーリーもよく分からなかったです。

最後もよく分からなかった。
moto

motoの感想・評価

2.0
駄作。
最後まで観るのが精一杯。
そして最後まで観て、時間の無駄だったと後悔。
(国際線:成田→ダレス)
大好きなヴェラ・ファーミガが出ているとあっては観ないとだ。全体的に映像が暗くて、ストーリーにあまり抑揚がなく、少し眠くなった。ヴェラが出てくる所ではナット・キング・コールの「Stardust」がかかるのがレトロで渋い。異星人モノにしては少し地味かなぁ。宇宙船も岩でできた脳幹みたいな形で。
機内で鑑賞(英語字幕)。
予告編を見て、雰囲気が好きなので少し期待はしていたのだが、一言で言うと画面が暗すぎる。
リアルに描きたかったのだろうが、盛り上がりのないまま終わる。
渋いといえば渋いし、音楽も効果もカッコいいのだが、クライマックス的な華がないので「えっ!?これで終わり?」感が否めない。
過去をフラッシュバックしたような映像(エイリアンと人類の戦いとか、抵抗も虚しく圧倒的な力で人類をねじ伏せるシーンとか)を少しくらい織り交ぜてほしかった。
フィルムフェスティバルに学生が出品した低予算映画のような出来。
Ryoji

Ryojiの感想・評価

-
好きなジャンルなので期待したいところだが、この手の映画はほぼ裏切られてる。日本公開するんかな?
ネフリでもいいから観てみたい。