ルーム(2015年製作の映画)

Room

上映日:2016年04月08日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:118分
    監督
    レニー・アブラハムソン
    脚本
    エマ・ドナヒュー
    原作
    エマ・ドナヒュー
    キャスト
    ブリー・ラーソン
    ジョーン・アレン
    ウィリアム・H・メイシー
    ジェイコブ・トレンブレイ
    アマンダ・ブルジェル
    ミーガン・パーク
    ショーン・ブリジャース
    キャス・アンヴァー
    ケイト・ドラモンド
    ジャスティン・マダー
    ジャック・フルトン
    シャンテル・ジョング
    ジョー・ピングー
    ランダル・エドワーズ
    トム・マッカムス
    あらすじ
    突然の監禁から 7 年の時が経ち、母は全てを賭けた脱出を決意する。奪われた人 生を取り戻すために、何より〈部屋〉しか知らない息子に、〈本当の世界〉をみせるために―。衝撃に胸をつかれ、生きる輝きに嗚咽が漏れる、世紀の愛の物語。

    「ルーム」に投稿された感想・評価

    K
    3.4
    TUTAYAのジャケ借り。
    予想外に暗い話でビックリ。
    ジャック良い子すぎる。
    犬可愛い。
    ママも部屋にサヨナラしてでウルっときた。
    ひたすらジャックに救われる映画。

    このレビューはネタバレを含みます

    脱出してからの「犯罪被害者家族の再生」というテーマはこれまでに何度もあるので特筆するような展開はないけど、すごく丁寧に描いている。見てるこちらも一緒になってイライラしたり、穏やかに気分になったりできる。

    しかしなにより、ジェイコブ・トレンブレイの好演に尽きる。凄い子役。

    余談だけど、ツタヤの分類が「ミステリー」になってるのはよくない。見ないで分類してるのか、中央で一元的に決めてるのか。
    母子が脱出するまでの話だと思ったが、話のメインは脱出後だった。
    子供の適応力、母親の葛藤、物語としては重たいが良い作品。
    個人的には息子が初めて「外の世界」を見たシーンが感動した。
    4
    3.8

    このレビューはネタバレを含みます

    重たい。

    世界にはたくさん「場所」がありすぎるよ。全ての「場所」に対してバターみたいに時間を少しずつ薄く振り分けないといけないから、時間が少なくなるんだ。

    っていうセリフがかわいい表現で、かつせつなかった。

    いろんなものがたくさんあるからこそ窮屈に感じてしまうのか。

    閉じ込められてた部屋に行って、ひとつずつ思い出のある家具たちに、さよならを告げるとこが印象に残ってる。
    観たあとはちょっとどんよりした。
    ar
    3.9
    ✍🏻
    もう少し、解放されてからのシーンを多く伝えてほしかったかなあ。
    解放されるまでの映画は過去に何本もあるはずだから、それ以降の葛藤や苦悩を知りたい。
    ゆき
    3.4
    暗い話が苦手なためスコア低めですが良作です!
    部屋にいるだけでは見ることのできない real -現実- の眩さが心に染みました
    可もなく不可もなく。
    優秀なのは脱出に主眼を置いていないこと。
    1つ1つの所作のその意味は如何に。ドアを開くその意味。考えされられる。
    子役がガチですごい。こんなん鬼でも泣きますよ。
    >|