ルームの作品情報・感想・評価

ルーム2015年製作の映画)

Room

上映日:2016年04月08日

製作国:

上映時間:118分

4.0

あらすじ

突然の監禁から 7 年の時が経ち、母は全てを賭けた脱出を決意する。奪われた人 生を取り戻すために、何より〈部屋〉しか知らない息子に、〈本当の世界〉をみせるために―。衝撃に胸をつかれ、生きる輝きに嗚咽が漏れる、世紀の愛の物語。

「ルーム」に投稿された感想・評価

れいな

れいなの感想・評価

2.9
まぁいいけどわたしならもっと早い段階で逃げれる
TIFFANY

TIFFANYの感想・評価

3.9
じーんときた。。普通の世界って素晴らしいなと思った。
はち

はちの感想・評価

4.5
これはなんだか胸にくるものがありすぎてなみだとまらず。

生まれてから外の世界を知らずに生きてきた五歳の息子、狭い部屋に閉じ込められている事実さえも知らずママとの時間を毎日大切に過ごしてる。
一方7年とゆう歳月の監禁の中での子育てに、辛い過去と共存しながらなんとか生きている母。


前半の狭い部屋での2人の世界でなんとか生きている母親はとても強く何か芯のあるものに思えました。


世界に飛び出してからは、
うまくあの部屋から抜け出せず、
苦しんでいる母親がとても弱く
今まで知りもしなかった世界で、なんとかママとあの部屋の中で生きてたみたいに必死に生きようとする息子の強さと、

あぁ、大人は選択肢がたくさんある分逃げ道もたくさんあって、とても弱い。

子供は選択肢がない分逃げることも知らずとても強いのだと思わされた。

今日も明日も大切な人とこうして当たり前の世界で生きていけることに感謝しようと思う。
ぺれ

ぺれの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

すごい待ち望んでたため期待して鑑賞。
実話を基にしているということですごく驚いた。
親子の愛の強さ、親が子を守る強さ、家族の絆この要素が大きいと感じました。
ジャックは部屋の中の世界しか知らない、脱出した時の初めて外の世界を見た瞬間のシーンでは鳥肌が立つほど感動した。5年間外の世界を見ることのできなかったジャック、その世界へ慣れるまでのさまざまな困難に押しつぶされそうになってしまう。しかしそういうときこそ家族の絆というものは大きく力を発揮する。
ぶっちゃけ最後のほうは集中力がもたないこともあったが、とてもよい映画だったためこの評価にしてみた。
tsuruta

tsurutaの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

脱出の風景、ナイスプレーな警官、バァバのナイスガイな再婚相手、色々あるだろうけどこの家族は何だかんだ乗り越えてくれそうっておもわせてくれる王道なハッピーエンド。多くを語らずスタイルでとても良かったです。
子供にとっての世界が広がっていく過程をしっかり見せている

天窓越しではない空を初めてみたときの表情演技が良い。


そこまで感情移入できなかったが、主人公や主人公の周りの人々のリアルな反応などが生々しく表現されていた
空を見た瞬間のあの目。あれが全てだと思った。

このレビューはネタバレを含みます

<頑張るための活力をもらえる映画>

テーマは暗いですが、映画の方は明るいように感じました。
明るいというのはコミカルという意味ではなく、映画自体が良い結末を目指そうとして、最終的に良い結末になったから明るくなったという意味です。ポジティブと言った方がいいのかもしれません。
この映画でブリー・ラーソンはアカデミー主演女優賞を獲得しましたが、ジェイコブ・トレンブレイも名演技でした!
この二人の名役者の共演は、リアルな親子の姿を映し出すとともに、拉致監禁という現代社会が抱える深刻な問題もリアルに映し出していました。
こういう経験をされた人って何人もいるんだろうな、もしかしたら今現在監禁されて苦しんでいる人もいるんだろうな、そんなことを深く考えさせられました。
拉致監禁といったようなことがこの世から消えてくれることを願います。
映画のラストでこの親子が「ルーム」にサヨナラして、監禁された過去と決別します。そして与えられた日常に戻ります。
自分も今日あった嫌なことは忘れて、より良い明日を迎えられるように、そしてその明日も頑張って乗り越えたい、そんな活力をこの映画は与えてくれました。
『ルーム』は頑張るための活力をもらえる素晴らしい映画だなと感じました。
観て損はない、心に強く残るヒューマンドラマ映画です。
Maeda

Maedaの感想・評価

3.5

よくある脱出系の映画だと思ったら
その後により深いドラマがあった。

親子の色々な葛藤がなんか儚い…

2段で楽しめた。
naro97

naro97の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

脱出するだけの映画だと思ってたら脱出がメインではなく、親子の脱出後に繰り広げられる変化した世界との葛藤などがメインのようだった。母親には地獄のような場所がジャックにとっては自分の居場所で世界だったという親子の部屋への考え方の違いになんとも言えない悲しみと苦しみを感じた。
これが実話に基づくなんて、、自分がこの立場だったらと終始考えてしう映画だった。
>|