ルームの作品情報・感想・評価

ルーム2015年製作の映画)

Room

上映日:2016年04月08日

製作国:

上映時間:118分

3.9

あらすじ

突然の監禁から 7 年の時が経ち、母は全てを賭けた脱出を決意する。奪われた人 生を取り戻すために、何より〈部屋〉しか知らない息子に、〈本当の世界〉をみせるために―。衝撃に胸をつかれ、生きる輝きに嗚咽が漏れる、世紀の愛の物語。

「ルーム」に投稿された感想・評価

わや

わやの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ママのためにヘヤから脱出したジャックが勇敢で感銘を受けました。世界に戻ってきたことで急な環境の変化に襲われたママとジャックにとって、それは大変なことだ。失った時間は、取り戻せない。だけど、ジャックは最後にヘヤとお別れした。それは前に向けて進むため。これからの生きる時間を大切にするように。
ジェイコブトレンブレイ可愛すぎ…!
女の子かと思った!
このまま美しく成長してほしい

この映画のストーリーもなかなかだけど、実際にあったモデルの事件がひどすぎて憂鬱な気持ちになった
まるこ

まるこの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ジャックが世界を知って、理解していくところ。広い世界を知って、へやが狭いことに気づくところ。へやにお別れを告げてるところ印象的。ママは世界を知ってからあのへやに来たから、閉じ込められたへやから帰ってこれてすごい嬉しいけど、それと同時に友人や親の時間は進んでいてへやに閉じ込められた時で止まってる。テレビに出演もしたけどインタビュアーに子どもを逃がす選択をしなかったのは?と聞かれ自分を責めてしまう。ママの葛藤が見ていてつらかった…

ジャックがおばあちゃんやレオに懐いてきて、笑顔も見せるようになったころには私もホッとした。"よくないママだね""それでもママだよ"

このレビューはネタバレを含みます

いきなり世界に放り出された5歳の男の子の繊細な心の機微に、「みんな心の声に気づいてあげて」とハラハラしながら見ていた。
odasu

odasuの感想・評価

4.0
お母さんって強い!!母親の強さって他と比べたりすることもできないくらい尊いわ。ジャックも本当に頑張った。きっとすごく強い子に育つ。
この手の映画に出てくる記者って見てるの嫌になる程嫌い。言葉の暴力だよ。ひどい。自分が相手の立場ならって気持ちを持ってないと良くないね。
お母さんの表情が、娘であり親であり被害者でありぐちゃぐちゃな心境が伝わってきた。おばあちゃん大好きの一言には泣かされた。
Masa

Masaの感想・評価

3.4
現実の「フリッツェル事件」をもとにした作品。前半部分は非常に見てて心が痛むが後半に向けて次第に明るくはなるが、それも黒から灰色になるくらいの変化である。
2TBB

2TBBの感想・評価

3.8
とても〝広い〟とは言えない空間に二人の人間がいる。
今日も同じ朝が来て、同じ1日を過ごす。
その場所から変わらない同じ空を見て、〝外の世界〟に夢を馳せる少年。
それを横目に、いつか〝外の〟空気を吸う事が出来たらと希望を捨てない母親。
週1度やってくる〝あいつ〟はその時必要な物を買ってくる。
その夜になると少年はクローゼットの中で一夜を過ごす。
扉越しに見る〝あいつ〟は得体の知れない大人の男。
この空間には決まりが数多くある。
そうでないと〝あいつ〟を怒らせてしまうからだ。
何事も起きないように、刺激しないように暮らすのはなかなかストレスフルだ。
ある時、母親は決心する。
〝ここ〟から出る。
5歳の息子に全てを託す。
ハラハラドキドキトラブルの連続。
少年が行き着いた場所とは…
その手で手にした自由の代償とは…。
親子、家族、本当の幸せとは何か。
愛を感じて下さい。
sat

satの感想・評価

4.2
まさに今年5歳の子がいる私としては想うこと多々。


ただただ胸が締め付けられました。







母が精神的に落ち込む気持ちもわかる。

子が戸惑いながらも適応能力があるのも育てていて実感する。

部屋に帰りたくなる気持ちもわかる。



「ママもサヨナラして」



執着する必要はどこにもない。
Shoji

Shojiの感想・評価

4.0
2段構成の、今までにない視点から描かれたミステリー&ドキュメンタリー。
子役と母親役の演技に見入る。
“Mama says bye-bye the room”
「ママも"へや"にサヨナラして」

子供って本当にプラスチックなんだなあ と思う。
>|