ルームの作品情報・感想・評価

ルーム2015年製作の映画)

Room

上映日:2016年04月08日

製作国:

上映時間:118分

4.0

あらすじ

突然の監禁から 7 年の時が経ち、母は全てを賭けた脱出を決意する。奪われた人 生を取り戻すために、何より〈部屋〉しか知らない息子に、〈本当の世界〉をみせるために―。衝撃に胸をつかれ、生きる輝きに嗚咽が漏れる、世紀の愛の物語。

「ルーム」に投稿された感想・評価

makkies

makkiesの感想・評価

4.0
脱出した後自由を得たと思いきや、親子の愛情の面では以前のルームでの生活のがいいのかなと思わせる。息子の演技が最高だ。脱出するまでのドキドキ感も良かったが、脱出後の方が他の映画にはない展開で面白い。いい映画。
ringo

ringoの感想・評価

3.6
子どもって純粋でどんどん吸収していくし正直。もっとお母さんに対して正直になった方が映画としては盛り上がったのでは?
べりす

べりすの感想・評価

3.4
ずっと監禁されていて脱出できた母と息子。
息子はとてもいい子だ。
母親が同じような普通の子供だと思いたくて、カウンセリングにも嫌悪感を持っていて、こういう母親はにほんにもおおそうだとおもった。
狂ってきたとき、もう母親は母親じゃない道を歩んでいく終わりになると感じていたのに普通にいい終わり方になってなんか終わり方に拍子抜けした。
niwasaki

niwasakiの感想・評価

3.4
もう一度見ないと感想は出てこないらしい。
Aya

Ayaの感想・評価

4.0
主演2人はもちろん、サイドの役者たちも素晴らしかった。
summer

summerの感想・評価

4.3
状況、心理と細部まで表現されてると思う。だけど、推測させるかんじなところもあったりと場所は変わらないのに飽きさせない。
勇気だけじゃぁなんともできないだよね。知識や運も引き寄せる力がないと。
uniuni

uniuniの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

記録。
7年の監禁生活の末、母子で協力しての見事な脱出。世界を知らないジャックにとって、「部屋」はママの愛情に満ちた幸せな空間だった。壮絶な環境下でも、子どもはママの愛情をたっぷりに受け、素直に育つのだ。外に出てからの生活は、中とは違う壁がいくつも立ちはだかる。だけどママと2人、2人なら乗り越えていける、広い世界で、過去を少しずつ消化しながら、楽しく生きていける。母子の絆の物語。
twilight

twilightの感想・評価

4.2
「誘拐されてから救出されるまで」を描いた映画が多い中、この作品はその後まで話が続いています。

救出されて良かった!ではなく
救出されてからの被害者と家族の苦しみが、観ていて辛かったです。
timoya0124

timoya0124の感想・評価

3.7
重くてつらい。当たり前になっている世界(ルーム)は決して当たり前なものではなくて、それに感謝しなければいけないし、いこごちの良い世界は自分たちでつくっていかなければいけない、とも思う。脱出→解放と思っていたものが、実は脱出→崩壊で、崩壊→自立再生の物語だったりする。ジャック役の子が本当に凄い。
>|