ルームの作品情報・感想・評価

ルーム2015年製作の映画)

Room

上映日:2016年04月08日

製作国:

上映時間:118分

3.9

あらすじ

突然の監禁から 7 年の時が経ち、母は全てを賭けた脱出を決意する。奪われた人 生を取り戻すために、何より〈部屋〉しか知らない息子に、〈本当の世界〉をみせるために―。衝撃に胸をつかれ、生きる輝きに嗚咽が漏れる、世紀の愛の物語。

「ルーム」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

女子高生時分に誘拐され、犯人の男の家の裏の納屋(ルーム)に閉じ込められた女性と、その男に孕まされ、生まれてきた男の子。

これだけ見ると子供に対する母親の見方に凄く不安を覚えてしまうんですが、なんのこたぁない、つえぇんすよ愛が。

世間と隔絶されたルームで、二人っきりの生活。
ジャック(男の子)はTVで見る世界を現実とは思えない。
そんな日々が続く中、母親の機転で決死の脱出。
死に物狂いの脱出の中出会う、ルームの天窓越しとは違う、はじめての世界。
脱出後は安寧の日々が待っているかと思いきや、そうもいかない。
世間との乖離、人との軋轢。
母子が、いや、ジャックがルームで過ごした時間は、あまりにも長過ぎた。

それでも少しずつ、少しずつ、本当の日常を取り戻していく二人。

そして、誰もが心打たれるであろうラスト。
過去の彼の全てであったルームに戻り、家具や人形、あらゆる物に名前をつけていたジャックは、それらに別れを告げる。
母親と、共に。

"Say bye to room, Ma."
"Bye, Room."

パーフェクトなラスト!
すごく考えさせられる映画でした。
親子の愛はもちろん、外に出たからと言って、過去の傷がなくなるわけではないということ。
とてもおもしろかったです。

このレビューはネタバレを含みます

部屋を出れたから解決じゃないんだよな〜( ; _ ; )他人によって人生壊されたわけだけど同時にジャックっていう生き甲斐も与えられた主人公の複雑でやりきれない気持ちがひたすらしんどかった( ; _ ; )最後の部屋にバイバイする2人も泣ける( ; _ ; )
ayaka

ayakaの感想・評価

4.0
子供目線でストーリーが進められて行くけど、やっぱり女性だから母目線で見てしまう。こういう事件たまにあるけどやっぱり酷い、子どもが生まれても人生を狂わされた人の子ども、でも自分の子どもだからその子を憎めない、
こういう事件にフォーカスを当てて社会に訴えるのも必要
しげ

しげの感想・評価

4.0
おおまかなあらすじは知っていたのでオールドボーイの親子版かなって位、心して鑑賞しましたが、良い意味で裏切られました。サスペンス要素もあるけどあくまで親子愛と子供のピュアな感情に心揺さぶられる素晴らしい映画でした。
ラストに近づくにつれて、ヤバイ、これまさかの泣けるやつやん!と思いましたが、えっ!ここで終わり?っていうのが正直な感想でした… 
でも、後味も悪いわけでもないし誰でも観られる素晴らしい映画だったと思いますよ。
下調べせずに見た。こんな話だったのかとショックを受けたが、見て良かった。
最初は、いやこんな設定入り込めんわって思ったけど気付いたらずっと泣いてた
Kaz

Kazの感想・評価

4.2
今までの日々に終わりを告げたあとの新たな生活が、決して毎日が幸せなわけではなく、愛すべき人を責め、そこから目を背けたくなる母と、新しい世界を知り、自分を守ってくれる存在がゆらぐ姿に戸惑いつつも、そこで懸命に真っ直ぐ生きようとする子。
そこをしっかりと映しているところに引き込まれます。

大人は勝手で、複雑に考えすぎてしまいがち。
それは自分自身でそうしているにすぎないのかもしれません。

見所は後半から。
自分が子育てで思い悩んでいたら、観てみてください。

このレビューはネタバレを含みます

こういう映画ってなぜ監禁されてるのか等のサスペンス要素に比重を置きそうだけど、そこは坦々と(理由が重たいのは重たいが)前半戦で消化。脱出後の後半戦が本題。

一言で言えばリアル。多分きれいな映画を作ろうとしたら、外界に出て街中の色んなものを見て、経験してきらきら成長してくのが筋だろうけど、7年間も閉じ込められててそんなはずはない。外界でも有りとあらゆる苦悩が待ってる。

インタビューで母親の対応に

子役の男の子がめちゃくちゃかわいかったし、泣いたり怯えたり怒ったりする演技がすごい。
Hanako

Hanakoの感想・評価

1.7
ずっと見たいと思っててやっと見れた映画。あらすじから想像してた物語とは少し違かったけど、色々考えてしまう。自分とは違う境遇の人の体験とは何か一部惹かれるものがあります。
>|