レザーフェイス―悪魔のいけにえの作品情報・感想・評価 - 20ページ目

レザーフェイス―悪魔のいけにえ2017年製作の映画)

Leatherface

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:89分

3.1

あらすじ

5歳の誕生日プレゼントにチェーンソーをプレゼントされた少年。 ソーヤー家の異常な環境で育った少年は、農場近くで起きた少女の変死事件により、青少年の更生施設へ送られる。 -10年後、錯乱した未成年の患者達に強いられて、看護師を誘拐して施設を脱走。道連れにされた彼は、狂気に満ちた警官に執拗に追われ、そして、悲劇のどん底へと追い詰め得られていく。 最恐・殺人鬼誕生の裏に隠された衝撃の真実と戦慄の…

5歳の誕生日プレゼントにチェーンソーをプレゼントされた少年。 ソーヤー家の異常な環境で育った少年は、農場近くで起きた少女の変死事件により、青少年の更生施設へ送られる。 -10年後、錯乱した未成年の患者達に強いられて、看護師を誘拐して施設を脱走。道連れにされた彼は、狂気に満ちた警官に執拗に追われ、そして、悲劇のどん底へと追い詰め得られていく。 最恐・殺人鬼誕生の裏に隠された衝撃の真実と戦慄の過去が、遂に明かされる。

「レザーフェイス―悪魔のいけにえ」に投稿された感想・評価

かんD

かんDの感想・評価

3.5
50本目!

テキサスの片田舎に住むソーヤーさん家のジェド君の10年。

さて10年後の話がメインになるんだけど「誰がレザーフェイスになるのか」というコピーの通り直ぐには判らない仕掛けになってるのが面白い。

あと歪んだ正義を振りかざすスティーブン・ドーフ演じるハートマン保安官も良かった。

そして可愛い女の子が沢山出てたよ!
TSUBASA

TSUBASAの感想・評価

3.4
【前日譚として見たら厳しい】74点
ーーーーーーーーーーーーーーーー
監督:ジュリアン・モーリー/アレクサンドル・バスティロ
製作国:アメリカ
ジャンル:ホラー
収録時間:89分
ーーーーーーーーーーーーーーーー
2018年劇場鑑賞41本目。
とても評価が低いですが、それは『悪魔のいけにえ』の前日譚として見た場合であり、単作としてみたらそこそこ楽しめるホラー映画と思いました。まあ大概の方は前日譚と思い見に来てるので致し方ない評価かなとも思えてしまいます。

あの殺人鬼、レザーフェイスがどのようにしてあんなおどろおどろしい存在になってしまったのか。その辺りにメスを入れた作品であるとしてファンからは注目されたでしょう。ただ、多くの方が言及するように、何故あんな風に狂ってしまったのかという根拠が弱すぎる気もしました。結局ソーヤー家の連中が最初からやばすぎたため、レザーフェイスことババ・ソーヤーはあんな風になってしまった、としか言い様がないです。だって、5歳の誕生日にプレゼントとしてチェーンソーを与えるなんて、世界広しといえどそんな家族はないでしょう(あれば大問題ですが)。最初こそ抵抗するものの、子どもの頃に植え付けられた思想、習慣というのは中々剥がれないようでして、最終的に完全なる殺人鬼と化してしまいます。

今作はレザーフェイスを含んだ精神病院から脱出した4人の人物と、誘拐された看護師が中心になり、警察から逃げまくるというロードムービー的要素も兼ね備えています。誰がレザーフェイスと化すのか、という予想をするのも楽しいのですが、完全にミスリードであり、一本取られてしまいました笑笑 追う警察の人も、過去に娘をソーヤー家に殺されているということもあり異常。精神異常者を捕まえるためなら手段を選ばないという荒くれ者であります。

一応R18であるため、それなりにグロテスクなシーンはありますがやや抑えめ。むしろR18にしてはかなり温いかなとも思ったり。鑑賞者に配慮したのでしょうが、はっきり言ってこの作品を見に来てる方は、少なくともチェーンソーで体がぶった切られるシーンがあっても納得のいく方であると思うので、いらぬ配慮だったかなと笑
それでもテンポは良かったですし、終盤のソーヤー家のシーンは懐かしくもありましたので、個人的には及第点。ただ、取って付けたような前日譚ということも否めないので、今シリーズのファンであればあるほど、納得のいかない作品なのかもしれません。
またもやガッカリ…。

再びリブートされたレザーフェイス誕生にいたる前日譚。
のっけから基地外一家の基地外教育を受ける少年はまだまともそうw

前半はこの少年が入れられた養護施設での10年後から始まり、元の名前を変えて生活しているため、誰がこの少年なのかわからないw (予想つくけど)
そして後半、誰が少年なのか判明し、レザーフェイスになるまでの凶行…。

最後にレザーフェイスにしなくてはいけないことが足枷となり、前半とキャラがブレてる気がしました。
人を殺める事に躊躇いがある少年が、いかに狂っていくのかがしっかり描かれれば良かったのだけど、ちょっと唐突すぎかな。
この過程に巻き込まれる看護婦との関係による心理変化などがもっと深く描かれたら良かったと思います。

いや、「悪魔のいけにえ」という世界であるならば、もっと理屈の無い狂気の塊みたいなパワフルな残虐性がないと、また今作のような盆弱なホラーにしかならないと思います。

「悪魔のいけにえ」という事を気にしなければ、退屈せずに楽しめる作品ではあるかなw
いち麦

いち麦の感想・評価

4.0
場面転換やジェドを“隠す”演出で中盤のダレはない。狂人達の饗宴を味わう単体スリラーとして充分楽しめる仕上がりだが、殺人鬼誕生の物語としては心情変化を深めるべき。ゴア度ももう一寸欲しかった。
ふざけんなよ、久しぶりに酷い映画を見た。酒飲んで文句言いながら観る映画なのか?ジェイソンと間違えて作ったんだったら許す、いやそれでも許さん。監督こそチェーンソーでぶった切られるべき
k

kの感想・評価

3.2
途中から別物ホラーと思って観てました。R18のわりにグロさはないので物足りない。普通のよくあるホラー。
たいき

たいきの感想・評価

2.1
テキサスシリーズに求めてるのはストーリーとかじゃなくてさ、もっとこう、閉塞感とか絶望感とか、臓物とか、パニックとか…もっとあるやん!物足りねーよ!後、展開読め過ぎました。
昔、W★ingっていうプロレス団体がありました。デスマッチをメインにしたインディーズ団体。そこの売りのひとつがホラー映画のキャラクターをリングに上げる、というものでした。

レザーフェイス、ジェイソン、フレディ、クリプト・キーパー、などなど。レザーフェイスとかしっかりチェーンソーもって入場してきたりしてね。ジェイソン対レザーフェイスとか結構面白い試合するので、夢中になって観たもんです。

レザーフェイスはどっちかというとW★ingでファンになったかもしれない。

「悪魔のいけにえ」はVHSで観てて、でもその時は全然面白いと思わなかったんですよね。DVDの時代になって見直そうと思っても、超高額のプレミアついててなかなかみられなかった。再発DVDで観直して「悪魔のいけにえ」再評価した、って流れです。

プロレスありきでファンになったレザーフェイスはその後、いそいそ新作が公開されると観に行っております。シリーズ中には良い出来のものもありますしね!

というわけで、今作は「悪魔のいけにえ」で登場したレザーフェイスが如何にしてレザーフェイスになったか、ってお話。

R18ってのもいいですよね。何でもアリな感じで。

とか思いつつ、観始めたんですが。。。

まあまあ、面白かったかな(^_^;)
あくまでもまあまあ。

ストーリー的にも、スプラッタ描写にしても、エロさにしても、そこまで印象的なシーンはなくて。
R18ならいろいろと思いきったことしてほしかったな。

演出的にもそんなに怖がらせようとかびっくりさせようとかはしてなかったですね。音楽はおどろおどろしいですけどね。

フランス人の監督ってのもなんか違う気がするんですよね。テキサス舞台のアメリカンな映画なんだし、バリバリのアメリカ人に監督してほしかったな。

あ、少年の誕生日プレゼントにチェーンソー渡すファミリーの基地外っぷりは笑らいました。

レザーフェイスに思い入れがない人が観ると、ちょっと物足りないだろうな。。。

公開館が少ないのもなんかわかる出来でした。

ヴァネッサ・グラッセさんが美人さんで良かった。他に何にでてるのかと調べてみたら「ロボシャーク対ネイビーシールズ」だってf(^_^) なんか作品に恵まれない感じですね。。。
クソつまんない
見せる気のないゴア描写にひたすら萎える。
あのお爺ちゃんがハンマーを振り下ろすオープニングだけ良かった。
レザーフェイスシリーズは、観てないです。

5歳の誕生日にチェーンソー!
重たいだろ!

豚は雑食だが、生きてる人間は襲うのかな?

まぁ、どんなに嫌な家族だとしても
ママを馬鹿にされたら怒るわな!