レザーフェイス―悪魔のいけにえの作品情報・感想・評価 - 18ページ目

レザーフェイス―悪魔のいけにえ2017年製作の映画)

Leatherface

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:89分

3.1

あらすじ

5歳の誕生日プレゼントにチェーンソーをプレゼントされた少年。 ソーヤー家の異常な環境で育った少年は、農場近くで起きた少女の変死事件により、青少年の更生施設へ送られる。 -10年後、錯乱した未成年の患者達に強いられて、看護師を誘拐して施設を脱走。道連れにされた彼は、狂気に満ちた警官に執拗に追われ、そして、悲劇のどん底へと追い詰め得られていく。 最恐・殺人鬼誕生の裏に隠された衝撃の真実と戦慄の…

5歳の誕生日プレゼントにチェーンソーをプレゼントされた少年。 ソーヤー家の異常な環境で育った少年は、農場近くで起きた少女の変死事件により、青少年の更生施設へ送られる。 -10年後、錯乱した未成年の患者達に強いられて、看護師を誘拐して施設を脱走。道連れにされた彼は、狂気に満ちた警官に執拗に追われ、そして、悲劇のどん底へと追い詰め得られていく。 最恐・殺人鬼誕生の裏に隠された衝撃の真実と戦慄の過去が、遂に明かされる。

「レザーフェイス―悪魔のいけにえ」に投稿された感想・評価

悪魔のいけにえシリーズは一通り観ましたが、当然ですが映像が現代的になっていたのと、惨殺シーンばかりでなくストーリーがちゃんとあって登場人物の感情の描写もあるので、違う映画のようにも感じられました。
惨殺の描写はシリーズの中では弱めな気がしました。
仕掛けがちょこちょこあって、「どっちがジェドなんだろう?」など考えながら観ることができて面白かったです。
horahuki

horahukiの感想・評価

3.5
なかなかの力作!!
ただし面白いかどうかは置いといて(笑)
でも、シリーズファンなら見ておいて損はない作品だと思います。

驚いたのは、名前も含めて『飛びだす 悪魔のいけにえ』の設定を使ってること。完全に無視するもんだと思ってたけど、『飛びだす〜』は本当に今後のシリーズの起点になるかもしれませんね。

そして、旧シリーズの4作目『レジェンド・オブ・レザーフェイス』にまで無理なくリスペクトを捧げてるあたりが凄い。しかも『テキサス・チェーンソー』とリーアーメイへのリスペクトからか、ムカつく野郎の名前がハートマンというのも(笑)しかも保安官。あと、一瞬テキチェンのお母さん役の人が病院内にいたような気がするんだけど、気のせいかな??

本作は、宣伝文句に嘘偽りなくレザーフェイスの誕生を描いています。今まで7作も作られてたのに、一回も詳細な誕生秘話が描かれていないのは、やはりハードルが高すぎるからだと思うんですよね。神(悪魔)の誕生をきっちりと描いてしまうと、一気にレザーフェイスやソーヤー家から神聖性が無くなり、その威厳を地に落としてしまいかねない。でも、今作はそこら辺が非常にうまかった。

人間界の汚さ・醜さをこれでもかと味わわせることにより、レザーフェイスの中で何かが花開いていく。自分が住むべき世界はここ(人間界)ではない。家族が待つソーヤー家(神界)だと。家族は裏切らない。レザーフェイスの1人の男としての成長物語でもあるし、一度地に落とされた神の子が、神界へと舞い戻り、神としてのアイデンティティを手にする物語でもある。ある意味、『悪魔のいけにえ』版『MMFR』。違うか(笑)

誕生譚としては、神聖性を意識した作りになっていてめちゃくちゃ良かった。ソーヤー家の神聖性の重要な要素として家族というものをしっかり見せるあたり、『悪魔のいけにえ』の芯を捉えてる。かなりハードル高かったはずなのに、サラッとソツなくこなしちゃうあたり、モーリー・バスティロのコンビはやっぱり只者じゃないですね。しかも監督らしい血みどろスプラッターもしっかり押さえてる。

あと、シリーズ特有の、下から見上げるような撮り方もしっかり踏襲。リメイクシリーズは少しやりすぎ感あったので、今作くらいがちょうど良いです。でも、物語として面白いかと言われるとチョット微妙かもしれません…。

大筋は逃避行的なロードムービー。変わってるのは、その中の誰がレザーフェイスなのかということを終盤まで明示しないところ。特に意外性もないし、あまり意味のない演出ではあるのですが、誰がレザーフェイスなのか想像しながら見るのも面白いかもしれません。

本作でシリーズ完走なので一応好きな順番を。

1位『悪魔のいけにえ』
説明不要の伝説中の伝説
2位『飛びだす 悪魔のいけにえ』
神話の破壊と創造をやり遂げた意欲作
3位『テキサス・チェーンソー ビギニング』
スラッシャーとしての怖さと胸糞を追求
4位『レザーフェイス-悪魔のいけにえ』
神の誕生物語として優秀
5位『悪魔のいけにえ2』
笑えて楽しいチェーンソーアクション
6位『テキサス・チェーンソー』
こちらもスラッシャーとして面白い
7位『悪魔のいけにえ3/レザーフェイス逆襲』
面白いけど、チョット中途半端
8位『悪魔のいけにえ/レジェンド・オブ・レザーフェイス』
絶対にやったらダメなことをした戦犯

全体的に面白かったので、凄く優秀なシリーズだと思います。一作目が凄すぎるから、どうしてもそれ以降の評判が落ちてしまうのですが、一作目を考えなければどれも楽しめるのでは。今後も続いて欲しいシリーズです(*^^*)
toilet

toiletの感想・評価

3.5
本日から悪魔のいけにえの前日譚公開ということで、わざわざ新潟から東京にやって参りました!
(一応、東京に行く別の用事のついで)
とはいえ、ホラーファンとしては外せないだろうなってことで、楽しみにしていた反面、また失敗だろうかと不安な気持ちで観てきました。

これは正直にいうと、よかった!
レザーフェイスの誕生秘話ってことだけど、謎解き要素というか誰がレザーフェイスになるんやっていう考えさせる作りになっていて、単調なホラーではなかったことが良かった。
レザーフェイスってことを抜いても思いのほか悪い作りにはなってないと思うので、観ても損はないかと思います。

まあ、ホラーファンとしてだいぶ甘い評価になっているので、そこは悪しからず!
桑畑

桑畑の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ポスターの豚の頭を被った幼少期のレザーフェイスが印象的で楽しみだったのだけど出てくるのは冒頭のちょっとだけ。残念。
脚本も突っ込み所が多い。トレーラーハウスの死体は偶然あっただけ?とか あんなデブを含めて3人もあんな所に隠れられるわけねーだろとか。3人のうち誰がレザーフェイスになるのかというミステリー要素も1番意外性の無い人だし‥
つまらなくはないけど どうしても『悪魔のいけにえ』と比較してしまうので辛口になってしまうかな。甘めに観てもホラーとして上手くはないと思う。
立川シネマシティの極上爆音先行上映で。役者は大体みんな良かった。タイトな尺にまとまってて見やすく、純粋にビジュアルとしてカッコいいなと感じさせるカットもいくつかはあったものの、全体としてはうーん……。
オリジナルの世界を再現しようという心意気が所々には感じられるものの、トビー・フーパー、キム・ヘンケルがプロデュースしたと言う割には、まだオリジナルへのリスペクト、愛が足りてないなと感じる。 別にこういうのが観たいんじゃない、っていう感じの映画でした。
まあオリジナルがそれ一本でもう完璧だから、これ以上後にも先にも作っても仕方ないということで。いくら作っても虚しくなるだけ、という。”正統な前日譚”とかいう宣伝文句、心底どうでもいいなと。こんなのが正統な前日譚だと言うなら、正直リブート版の『テキサス・チェーンソー』の方が好意的に受け止められるな。普通に一本のホラー映画として観た場合も『テキサス・チェーンソー』の方が良かったと思うしね。
最初はテンションマックスに始まって良いなと思ったけど、その後取ってつけたような警官との因縁の話があって、ロブ・ゾンビ版『ハロウィン』みたいな脱走劇があったと思ったら、スティーヴン・キングを思わせるような逃避行(『スタンド・バイ・ミー』with ナチュラル・ボーン・キラーズ)があって、最後の最後にやっとオリジナルの『悪魔のいけにえ』っぽくなるという構成。
最初と最後の感じだけで全部通して欲しかったし、全ての展開が色んなB級ホラーで観たようなありきたりなものだし、人間ドラマとかミスリードとか要らねえしなー。そんなところを面白がるつもりで観てないんだよっていう。
普通のホラー映画としてはそこそこ面白い方だけど、まあ普通のホラー映画としてもそこそこしか面白くないし、まして『悪魔のいけにえ』の前日譚ということだとねぇ……。
『クラウン』『コップ・カー』のジョン・ワッツとか『ウィッチ』のロバート・イガースとかに監督してみて欲しかったな。まあそもそも作って欲しくないけど、どうせ作るならオリジナル超えはできないと諦めた上でオリジナルへのリスペクトと愛を持ちながら違うアプローチをするしかないよねぇ。っていう漠然としたことしか言えないけど。「家族」の話が観たかったんだよね。『死霊館』のあの母ちゃんも強キャラっぽく登場した割に言うほど活躍しないし。
うーーーん……………。
s

sの感想・評価

-
先行極爆上映。

レザーフェイスの生い立ちなど知りたくない!知ってはいけない!あの「悪魔のいけにえ」から始まって、彼や彼ら家族の生い立ちなどあるようでないんだ!!というのが正しいな..と感じる今作。
むしろ、家から出たことが一度もないが故に家族はあの一家しか知らないし、おもちゃはチェーンソーと生き物だけ。生き物と話すし接するけど、気に入ればそれなりに吟味するし、オシャレするようにフェイスマスクを交換する。
外を知らない、だからこそ獲物が逃げた時に思いっきり走って、夕陽を浴びて、気持ちが良くて大声を上げながらチェーンソーと踊り狂う....って方がわたしはよかったと思うのだけど。

トビーフーパーをきちんと知らなかったわたしが初めて見た作品で、なかなか思い出深いから見に行ったけど、全然 ITやドントブリーズ、ゲットアウトの方がそれぞれの強く印象づけたい、やりたいことが明確で良かった。

娘を殺された復習を果たす父親のどっちつかずな描き方と、誘拐されたヒロインの立場の曖昧さが無意味に感じた。
ひろ

ひろの感想・評価

3.5
怖くない、が面白い!
途中までは、あれっ違う映画と思ったけど終盤に向けて盛り上がってくる(強引かもしれないが)
チェンソー痛い。
なんということでしょう
人間を材料にして生計を立てていた人肉加工職人のソーヤー一家から食料の1人が逃げ出したことから人間どもの自警団によって屋敷に火をかけられ総ては灰になったはずであった。それから20年後1人の女性の元に財産の相続の手紙が届いた。心当たりのない主人公の女性はりょうしんに尋ねると実はお前hs実に子供ではないと言われ傷心の為自分のルーツ探しに旅立つのであった。実は彼女はソーヤー一家の末娘で自警団の1人に助けられていたのだった!ソーヤー家のお祖母さんは別の屋敷に暮らしていて無事だったのです。そして地下にはソーヤー家の最終秘密兵器のレザーフェイスが隠されていたのです!そして自分の一家を殺した自警団を1人また1人と殺害していくのです。地の濃さが成せるのか主人公も共感していつしか協力して行くのでございます。仲間が1人また1人と殺されていくのに業を煮やしたかつての自警団のボスで現在の市長は保安官と結託してソーヤーの血を根絶やしにするために主人公を捉え殺そうとしてレザーフェイスをおびき寄せ総てを抹殺しようとしますが罠だとわかっていても妹思いのお兄ちゃん死地へチェーンソー片手に乗り込むので御座います。我らがヒーロー食料でしかない人間になど負けるはずがございません!妹の協力もあってチェーンソーによる食肉解体ショーの始まりでございます!そしてレザーフェイス兄妹の解体業者の誕生の瞬間でございます
悪魔のいけにえシリーズの中ではスプラッターゴア表現抑えめでアクションに力を入れてるのでゴア入門にも最適ですよ。一作目のエンディング後から話が始まるので一作目は観ておいたほうがよろしいかと思います
★誕生日のお祝いが生け贄過ぎ
★悪魔誕生の秘話が家族愛に溢れ過ぎ
★いちいち農場に散乱するオブジェがアート過ぎ
★年端もいかない息子を英才教育で育て過ぎ
★家族みんながナチュラルボーンキラー過ぎ
★年端もいかない息子が家族みんなからの狂気の期待を背負い過ぎ
★牛のダミーで獲物を捕獲、あんな所に寝転んだって誰も引っかからなさ過ぎ
★幼年期と青年期の俳優が驚きにもソックリし過ぎで実際の年月を費やしているかと思ったリアルな設定・背景に傑作品のオーラ放ち過ぎ
★いきなり病院施設で一見脇役っぽいヒトが要注意人物過ぎ
★ヴァネッサさんの登場が衝撃的過ぎ
★ヴァネッサさんの一挙手一投足に目が離せなさ過ぎ
★ヴァネッサさん、ヴァネッサさん過ぎてチェンソーヤローもうどうでも良過ぎ
★ストーリーが人間ドラマ過ぎて「良い話やんかーぁ」て「ホラー」路線から脱線し過ぎ
★ヴァネッサさんそこで着替えるのか、看護師姿じゃマズイのか?過ぎ
★ヴァネッサさん人質で、サイコカップルもミクスチャーしての愛の逃避行過ぎ
★いびつな彼らの図らずも美しき友情がスタンドバイミー過ぎ
★トレーラーハウスがゴミ過ぎ、そこでやっちゃうなんてお前たちもゴミ過ぎ
★腐乱したお前さんもゴミ扱いされ過ぎ
★サイコのおねえさんに腐乱したお前さんオモチャ扱いにされ過ぎ
★早くそのまま逃げればいいのにヴァネッサさん行方がどうなっちゃうのか気になり過ぎ
★ヴァネッサさん、他にどんな作品出てたのかって映画そっちのけで検索かけ過ぎ
★ヴァネッサさん殆ど無名の下手くそな演技で、チェンソー男の初恋の相手か?もしかして過ぎ
★中盤いきなりの主役と思っていたヤツがあっさり死んで消え過ぎ
★これかなりのネタバレ過ぎ
★言っちゃってから気づいたゴメンもはや遅過ぎ
★レヴュアー愛の逃避行に困惑し過ぎ
★レヴュアー美しくも醜い友情と裏切りの物語にソロソロお怒り気味過ぎ
★更にグロ場面なんてそんな無いから安心して鑑賞、それが悪魔のようなファン達からまた反感買い過ぎ
★追跡者のシェリフが役不足過ぎ
★え?ってことは誰がって、ストーリーしっちゃかめっちゃか過ぎ
★まさかのハッピーエンド?実はヴァネッサさんを最後まで守り通したヒーローものだったなんてオチは誰も期待してなさ過ぎ
★オチなんかじゃなかった、やっとホラーっぽくなった逃亡シーンがなんかなんか過ぎ
★予測不能のチョッパーヘッドに愕然とし過ぎ、ちょっと、ちょっと過ぎ
★それはないでしょう、マジ(しばらく立ち直れなかった)
★トンデモ無いオチにみんな唖然となり過ぎ
★裁縫が上手過ぎ、冒頭のアートシーンが最後へ来て花🌷開き過ぎ
★モノフェチがキモ過ぎ最後だけに今更過ぎ
★オリジンだって宣伝関係なさ過ぎ、オリジナルに対するリスペクトなさ過ぎ、監督ヤンチャ過ぎ
★評価悪く付けてるレヴュアーのやったぜ期待を見事に裏切り過ぎ
★特に「誰も知らない様なホラー作品を紹介」とかって得意になってるレヴュアー、一つもそんな作品紹介してない自分だけが知らないと思って得意になってる、世間知らなさ過ぎ、映画ファンなめ過ぎ
★分析・語りモードの低評価レヴュアー、さっさとそのまま置いて次の映画へGO
★ちょっと、5点満点って点数底上げし過ぎ
★オリジナルのポスター・デザインだけは近年類の無い一品過ぎ
★ヴァネッサさんに満点を捧げます。「巨大蟻・アンツパニック」インチキ過ぎて馬鹿っぷりが素晴らしかったです!ついでながら「ロボ・シャーク」も馬鹿らしくて素敵でした。
mel

melの感想・評価

2.0
悪魔のいけにえリメイクは比較的あたりが多いのですが、これは前日譚として見ると駄目ですね。別物として見るなら☆3。レザーフェイスの個性が全く出ていません。