レザーフェイス―悪魔のいけにえの作品情報・感想・評価 - 18ページ目

レザーフェイス―悪魔のいけにえ2017年製作の映画)

Leatherface

上映日:2018年05月12日

製作国:

上映時間:89分

3.1

あらすじ

5歳の誕生日プレゼントにチェーンソーをプレゼントされた少年。 ソーヤー家の異常な環境で育った少年は、農場近くで起きた少女の変死事件により、青少年の更生施設へ送られる。 -10年後、錯乱した未成年の患者達に強いられて、看護師を誘拐して施設を脱走。道連れにされた彼は、狂気に満ちた警官に執拗に追われ、そして、悲劇のどん底へと追い詰め得られていく。 最恐・殺人鬼誕生の裏に隠された衝撃の真実と戦慄の…

5歳の誕生日プレゼントにチェーンソーをプレゼントされた少年。 ソーヤー家の異常な環境で育った少年は、農場近くで起きた少女の変死事件により、青少年の更生施設へ送られる。 -10年後、錯乱した未成年の患者達に強いられて、看護師を誘拐して施設を脱走。道連れにされた彼は、狂気に満ちた警官に執拗に追われ、そして、悲劇のどん底へと追い詰め得られていく。 最恐・殺人鬼誕生の裏に隠された衝撃の真実と戦慄の過去が、遂に明かされる。

「レザーフェイス―悪魔のいけにえ」に投稿された感想・評価

#みおのオススメホラー映画
「5歳の誕生日プレゼントはチェーンソー」殺人鬼一家ともいえる異常な家庭に育ったジェドはある事件から更生施設にいれられてしまう。そこから10年、施設で暴動が起きクラリスとアイザックに看護師を人質に逃亡を強要され、ジェドを悲劇のどん底へと追い詰めていく。

悪魔のいけにえ、レザーフェイスの過去としてみると、心理的なことがあまり描かれていなくて少しだけ物足りないけど

別物としてみるととても面白い。
終始クレイジーな感じが最高!

最初、バドがレザーフェイスなのかと思った...。。
k

kの感想・評価

-
気分が悪い日には気分の悪くなりそうな映画を、ということで観ました。どんな愛より家族愛でした。
dita

ditaの感想・評価

3.0
@シネ・リーブル梅田  

ポスタービジュアルは2億点。リリ・テイラー大好きなので久々に観られて嬉しい誤算。途中までなんかいい話っぽくてあれあれと思いつつお前ちゃうんかい!と。ゴア描写はちょっと物足りないけどわたしはホラー映画の観客として正しくびっくり出来るほうなので満足。
cleopink

cleopinkの感想・評価

3.8
スティーブン・ドーフが
スゴく良き!

あの瞬間を
もっと感じたかった⚡︎

ホラー映画を極音爆音上映で見れて
たまらなく幸せ😭
masa

masaの感想・評価

3.5
「5歳の誕生日プレゼントはチェーンソーだった…」

悪魔のいけにえの正当な前日譚で、亡きトビー・フーパーの最後のプロデュース作。監督は強烈な作品だった『屋敷女』のジュリアン・モーリーとアレクサンドル・バスティロということで、かなり期待して公開日に観賞。

レザーフェイスの戦慄の過去が明かされる!と盛り上がるほどではなかったにせよ、シリーズ好きな人には嬉しい作品でした。

ソーヤー家の農場で変死した少女が発見され、ジェドは更生施設に収監されてしまう。10年後、更正施設で暴動が発生し、入院患者と共に逃亡するはめになり…

自分的には、なかなか、精神病院からの狂った大逃亡スプラッター楽しめました。
逃亡する入院患者のキャラがそれぞれよかった。

自分の観た回は満員で、ちょっと嬉しくなってしまいました(笑)。
5歳の誕生日にチェンソーのプレゼント!


74年に後のスプラッターホラーに多大な影響を与えたトビーフーパー監督の最高傑作「悪魔のいけにえ」
今作はその伝説的なホラー映画の前日談を描くエピソードゼロ。
狂気的なソーヤー一家のレザーフェイスがなぜ誕生したのかを「屋敷女」で一躍世界にその名を知らしめたジュリアン・モーリー&アレクサンドル・バスティロがメガホンを取った。

今回はスプラッターホラーというよりはサイコスリラーに近い部類となっている。なので、「悪魔のいけにえ」シリーズの代名詞であるゴア描写はかなり控えめ。

ファンにとっては「レザーフェイス」という人物像が過去作でイメージがついてしまっているので、「これが後のレザーフェイス?」となってしまうのが正直なところだろう。

「悪魔のいけにえ」シリーズの前日談としてみるならばなかなかの消化不良ではあるが、一つのサイコスリラーとして見るのであればなかなかの面白さ。

更生施設内では悪影響を及ぼした家族に会わせないため全員が本名ではない借り名をつけられており、更生施設から逃げ出した男女の逃避行がメインに物語が進んでいくのだが、最後の最後まで誰がレザーフェイスになるのか?がわからない。
そこが今回の最大の見所の一つで、どんでん返し要素もある。

ソーヤー一家に合流して、完全なる怪物になってしまったジェドの覚醒っぷりはようやく「悪魔のいけにえ」シリーズが帰ってきた!という感じ。

好みは分かれると思いますが、内容的にはなかなか面白いサイコスリラーで、出てくる人物の8割が頭のおかしい連中です笑。



最後に!
新宿シネマカリテにて鑑賞したのですが、「レザーフェイス」特設コーナーに水槽があって、「レザー!革!剥ぐ!カワハギ!」という吹き出しポップの横でカワハギが悠々と泳いでいる水槽にはセンスが良すぎてめっちゃ写真撮りましたwww
yumeko

yumekoの感想・評価

3.6
レザフェくんの心理描写とかそんなに描かれてなくて成長過程としてはあまり。。
けど、サイコな若者たちの大脱走スプラッタームービーとしては面白かった!
自主的にやった初めてのチェーンソー使い、お見事でした〜〜!
所々ちゃんと悪魔のいけにえに繋がるところあるよ。楽しかったよ。
零

零の感想・評価

3.2
海外版BDで既に2回観てるが、劇場で改めて鑑賞。
今作の画面全体にかかる古っぽい色味が凄く好き。
大筋は逃避行的なロードムービーでその中の誰がレザーフェイスなのかということを終盤まで明示しないのも見所の一つ。

テキサス・チェーンソーシリーズとしては残虐性とゴア描写は抑え目かな~
キナ

キナの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ここ一週間程度で、リメイク含め悪魔のいけにえシリーズを予習してきた。
レザーフェイスに対して、「デカくて知恵遅れで力強くて少しドジ」というイメージを持ってからの今作鑑賞。

ジェドがいかにしてレザーフェイスという殺人鬼になったか、という前日譚的な話なので今までとは話しの流れが全然違ってくる。
そのため絶対的な敵が不在で力関係がコロコロ変わるので、理不尽な恐怖やスリルはあまり味わえなかった。

その点をリカバリーすべく色々な人が色々なことをやらかしてくれるので、見た目に楽しいゴアシーンは多めでバリエーションも豊富で良かった。
メインの登場人物が大体頭おかしめで、誰が何するかわからない状態なのが面白い。
バドがアイザックの頭踏み潰すくだりが唐突で、ストーリーがダレないようにこの辺で殺したろ感が強くて好き。

少々太り過ぎな気はしつつ、途中までバドがジェドだと思っていたらまさかのジャクソン。
まんまとしてやられたわ…。
バドが死んでソーヤー家に帰ってからの覚醒ともいうべき彼の暴れっぷりはギャップあって良かった。
憎しみを込めたハートマンの殺し方も、想いを振り切ったリジーの殺し方も好き。

単体のストーリーとしてはどんでん返し的な展開で面白みがあるんだけど、どうしても、スラスラ喋って割と聡明だったジャクソンと今まで観てきたレザーフェイスの印象が結びつかないのはしょうがないかな。
このバドの死と一通りの事件を経て狂っていったんだろうとは理解できるんだけど。イメージの問題。
あと体型や髪型もだいぶ違いすぎる気もする。
まあまだ15歳の設定だしこれから急に成長期が来ると思えば良いのかな。

個人的な好みとしてはレザーフェイスには幼い頃からソーヤー家の徹底教育を受けたような閉塞的な設定で、今までのイメージ通りでいてくれた方が好き。
シリーズ未見でもあまりにも定番のキャラとしてレザーフェイスは在ったので。
最近初めて観た私ですらそう思うので、シリーズのファンであればあるほど納得いかない人も多そう。

気になる点はありつつも、悪魔のいけにえシリーズのアナザーストーリー的な位置として普通に楽しめた。
露出の多い美女がいないのは残念だけど、今までの作品を彷彿とさせるシーンもちょいちょい挟まれるのが良い。
ポルコ

ポルコの感想・評価

3.9
変態人間バトルロイヤル。90分間、不気味な緊張感が途切れない。出番は少ないけど、母親が強烈。