海は燃えている イタリア最南端の小さな島の作品情報・感想・評価

海は燃えている イタリア最南端の小さな島2016年製作の映画)

Fuocoammare/Fire at Sea

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:114分

3.6

あらすじ

イタリア最南端、北アフリカにもっとも近いヨーロッパ領の小さな島、ランペドゥーサ島。12歳の少年サムエレは友だちと手作りのパチンコで遊び、島の人々はどこにでもある日々を生きている。しかし、この島にはもうひとつの顔がある。アフリカや中東から命がけで地中海を渡り、ヨーロッパを目指す多くの難民・移民の玄関口なのだ。本作は、『ローマ環状線 めぐりゆく人生たち』(ヴェネチア映画祭金獅子賞受賞)のジャンフラン…

イタリア最南端、北アフリカにもっとも近いヨーロッパ領の小さな島、ランペドゥーサ島。12歳の少年サムエレは友だちと手作りのパチンコで遊び、島の人々はどこにでもある日々を生きている。しかし、この島にはもうひとつの顔がある。アフリカや中東から命がけで地中海を渡り、ヨーロッパを目指す多くの難民・移民の玄関口なのだ。本作は、『ローマ環状線 めぐりゆく人生たち』(ヴェネチア映画祭金獅子賞受賞)のジャンフランコ・ロージ監督が、温かくも冷静な眼差しで島の日常を見据えるドキュメンタリー。世界の縮図が浮かび上がってくる、静かなる衝撃作。

「海は燃えている イタリア最南端の小さな島」に投稿された感想・評価

左目が弱視の少年は、治療用眼鏡を使うことで左目も徐々に見えてくる。

両目で見れるようになったいま、難民をどうとらえるのか。
nori

noriの感想・評価

-
漁師の息子、彼の日常は平凡。
まだ、船に乗ることはないけれど、きっと父の跡を継ぐ。
慣れる練習を始めた。
島の人々は、彼のように海とともに生きている。

片や、アフリカからの難民船が、この島目指してやってくる。
これだけよく人が乗っていたというような船に乗って。
連絡があれば、救助に向かう人たちが常駐している。
移民を収容する施設もある。
やっとたどり着いた希望の地だが、彼らはこの先どうなるのだろう。

島に住む人と移民が交わることはないようだ。
そういう島が、地中海にはあるのを知った。
たくや

たくやの感想・評価

2.7
ナレーションが何もない。だから、ある程度事情を知っているヨーロッパの人なら見ても分かるが、事情が分からないものにとっては映画の意味が分からないのではないか。
大量の難民が押し寄せた小さな島のドキュメンタリーだけど、実際は難民の話。ドキュメンタリーとしては遠回しな感じのドキュメンタリーなので自分好みではなく、あまりインパクトない。
この映画に出演している男の子が地中海でゴムボートに乗ったり診察を受けているところがアフリカ難民が経験している事柄を重ねて描いている所が評価されたということなんだろう。見た限りではそのように思った。
ドキュメンタリー映画である。少年と医師の眼を通して描かれる島の現状とは?舞台はイタリア最南端の島、そこで起きる日常を淡々と描く。
全然関係ないかもしれないけど(いや、あると思うんだけど)、改めてペドロ・コスタは偉大だったなあ、と…。
そんなことを思いました。
片目をつぶってみていた物事を、両目で感じるようになること。
投げ出された死体の山。足りなかったのは、水か、空気か、お金か。
一筋の光に向かって、こぎ出す真っ黒の海。
漁師の島だから、海から来るものは受け入れると言っていた言葉が、漂い続ける。
マ

マの感想・評価

3.4
これ、ドキュメンタリーって知らされずに5分くらい見せられても多分分からない。画面ぶれないし、陰影は決まってるし。夜のシーンはどれも美しくて、小学生の男の子がただただ遊んでるのは、『友だちの家はどこ?』とか思い出した。それと過酷な移民の暮らしの対比のさせ方が、エグいところもあるけどあくまでも上品。
島の穏やかな日常と多くの難民が次々に流入してくる厳しい光景が交互に映され、しかし2つは交わらないことで難民受け入れに関する現実の二重性を感じられるようになっている。とても難しい問題だけど難民を全然受け入れようとしない日本でこそ観るべきではないかと思った。
521号

521号の感想・評価

-
うーん、どうしてとは言えないけど、

傑作だと思います。

パワーがある。
Soh

Sohの感想・評価

3.4
音楽を排除することにより波の音などの環境音が強調される。海を渡ってやってくる難民、何気ない日常を送る島民、両者は交わることなく淡々と時は過ぎる。その両者と関わる存在が医者である。
>|