海は燃えている イタリア最南端の小さな島の作品情報・感想・評価

海は燃えている イタリア最南端の小さな島2016年製作の映画)

Fuocoammare/Fire at Sea

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:114分

3.5

あらすじ

イタリア最南端、北アフリカにもっとも近いヨーロッパ領の小さな島、ランペドゥーサ島。12歳の少年サムエレは友だちと手作りのパチンコで遊び、島の人々はどこにでもある日々を生きている。しかし、この島にはもうひとつの顔がある。アフリカや中東から命がけで地中海を渡り、ヨーロッパを目指す多くの難民・移民の玄関口なのだ。本作は、『ローマ環状線 めぐりゆく人生たち』(ヴェネチア映画祭金獅子賞受賞)のジャンフラン…

イタリア最南端、北アフリカにもっとも近いヨーロッパ領の小さな島、ランペドゥーサ島。12歳の少年サムエレは友だちと手作りのパチンコで遊び、島の人々はどこにでもある日々を生きている。しかし、この島にはもうひとつの顔がある。アフリカや中東から命がけで地中海を渡り、ヨーロッパを目指す多くの難民・移民の玄関口なのだ。本作は、『ローマ環状線 めぐりゆく人生たち』(ヴェネチア映画祭金獅子賞受賞)のジャンフランコ・ロージ監督が、温かくも冷静な眼差しで島の日常を見据えるドキュメンタリー。世界の縮図が浮かび上がってくる、静かなる衝撃作。

「海は燃えている イタリア最南端の小さな島」に投稿された感想・評価

素朴な島民の生活を淡々と捉え、素朴過ぎて間が持たんと感じ始めた頃に決死の覚悟で海を渡ってきた難民の救助される姿が映し出される衝撃。しかも、それすら淡々と見つめ続けるカメラワークで、半端なく何気ない日常との表裏一体ぶりがじわじわと伝わってくる。
子供とはいえイタリア人だってパスタはすするという驚愕の真実と、テンコ盛りの難民船は途中で死んでも乗せっぱなしという事実に愕然とさせられたり。イヤ確かに、アノ船の中は軍人じゃなくて他人の集まりなんだから当然だろうけど。
救助された難民のその後は撮られてなかったけど、「助けて」だけじゃ助からない……なんて、思わずどんよりしちゃうそんな一作。
マト

マトの感想・評価

2.6
えらく静かで穏やかなドキュメンタリー。難民が次々と押し寄せるのに単純に「おまえらちょっと、もう来んなよ」ってなってないところがすごい。普通こんなのとても面倒見きれないやん。しかし船底で息絶えた人たちの人生っていったい…
アフリカ人のリズム感とファンキーさハンパない。イタリアの少年、我々日本人以上にパスタめっちゃ啜って食べててわろた。
tcitr

tcitrの感想・評価

-
金色のペラペラの掛け物
いきなり静かになる海中
海より緑が好きな男の子

曇った空が印象的だったな〜
Toku

Tokuの感想・評価

3.6
気になった音楽たち
Fuocoammare/Giuseppe Fragapane
Amuri di carritteri/Pino Villa
メグ

メグの感想・評価

3.2
北アフリカから最も近いイタリアの小さな島ランペドゥーザ島を舞台にしたドキュメンタリー。

透き通るほど綺麗な海と青い空という一見平和な島に頻繁にくるアフリカや中東からの難民の船。

小さな船にぎゅうぎゅうに押し込まれ、不衛生な中で水も食べ物もなく、亡くなったり脱水症状になったり、文字通り命をかけて海を渡ってくる。時には船ごと難破して360人以上が死亡。この20年で1.5万人が溺死していると知って背筋が凍りました。

救助する島の人達は(どんな病気を持ってるかわからないので)完全防護服とマスクに身を包み、救助したり死体を運ぶ様はもはや戦争と変わらないのではと思うほど。

島の人は医者だけにフォーカスした方が軸がぶれなかったかなと思いますが、難民が命をかけて目指す現実は知ってよかったです。
スーズ

スーズの感想・評価

3.5
少年と難民が接点持つのかと思ってたけど何の交流もなく。あ、医者が同じか。難民たちはあの後どうなるんだろ?政府も市民も大変だな…夜にサッカーでうるさくされたら日本だと苦情殺到だろうね。

救助された船の上にいわゆる白人の団体が居ましたよね?あの人ら何?

少年のパートなしでもっと濃いドキュメンタリー作ってくれたら見たいと思った。あと、少年のスパゲッティの食べ方がめっちゃ吸ってた…海外の人はすすれないって嘘やん(笑)

点数付けるの難しいな。
(1万5千人の溺死)ではなく(人ひとりの溺死が1万5千回)も生じたシチリア海峡を「映画の海」として掬い上げた。  土本典昭「海盗り 下北半島 浜関根」と同様、(海の映画)として記憶されるべき傑作  
ジャンフランコ・ロッシ「海は燃えている~イタリア最南端小さな島」

ゴムで弾をを標的めがけて弾くパチンコ作りに熱中する二人の少年。
島内放送のディスジョッキー。
難民治療に勤しむ医師。
そして難民救助隊と数多(あまた)の漁師たち。
70年代~80年代にかけて活躍した土本典昭の系譜を受け継ぐように全ては個人の言動に執着しております。
何より凄いのはドキュメンタリーでありながら登場する島の方々がご自身に向けられたカメラの存在を忘れているように画面を乱すこともなく堂々としている点。
佐藤真の大傑作「阿賀に生きる」の時にも触れましたが、これは被写体に心震える撮影者が対象とする者から心を開いて頂かなければ有り得ない現象です。
出演している方々がプロの俳優であるわけもないのに、細心の演出を受けているかのようにワンシーンワンショットの中でその地に生きてきた者の貌を魅せてくれる、という生体はただただ感動的。

そしてもう一つ凄いのが海の風景。
才能ある方は(海)さえも演出できるのか?と思えるほど生き物のような(海)が目の前に広がります。
ジャンフランコ・ロッシ自身による空気のようなカメラワークが、欧米難民危機に揺れるランペデゥーザ島で漁船、漁師、救助に勤しむ島民たちの姿を文字通り、重く閉ざした扉の1つを開けたように解放する。
そんな瞬間に立ち会えば、まずまともな感性の持ち主であれば誰もが身震いするのみ、です。
昨年、アスガル・ファルハーディー「セールスマン」が無ければジャームッシュ「パターソン」とこの作品を同率でベストワンに推していた事でしょう。
apbp

apbpの感想・評価

2.5
日本で生活していれば、難民、不法移民問題に触れ合う事はほぼ皆無。それでも生まれた国の違いだけで、こうも過酷な脱出劇をしないと生活できない問題を、改めて考えさせられる作品。
社会派ドキュメンタリーだが、映画としての評価は微妙。
khr

khrの感想・評価

-
明日があることを微塵も疑うことのない人たちの生活と、もしかしたらあるかもしれないという明日への微かな希望のために命を賭けていまを生きる人たちの生き様を交互に提示する。小さな船に800人ほどの難民が乗り込んでいて、目的地に着く頃には、空気も水も無い下層の空間で押し重なるように死んでいった肉体を静かに映すカメラ……。同じ人間なのに、生まれた場所が違うだけで、なぜこんなにも、というやるせない感情が残る。医者の、「こういう人たちを救うことがすべての人間の務め」という言葉が頭から離れない。
love1109

love1109の感想・評価

3.5
いかなる人間も生まれる場所は選べない。ターコイズブルーの美しい海のそばで静かな日常を営む人々と、祖国を追われて命からがら海を渡ってきた、あるいは、ぼろぼろの船の中であっけなく命を落とす難民たちとの間に、一体、どんな違いがあるんだろう。ドキュメンタリー映画は決して答えのでない問いかけをいつも私たちに投げかけてくる。
>|