海は燃えている イタリア最南端の小さな島の作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • 海は燃えている イタリア最南端の小さな島の作品情報・感想・評価

海は燃えている イタリア最南端の小さな島2016年製作の映画)

Fuocoammare/Fire at Sea

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:114分

3.6

あらすじ

イタリア最南端、北アフリカにもっとも近いヨーロッパ領の小さな島、ランペドゥーサ島。12歳の少年サムエレは友だちと手作りのパチンコで遊び、島の人々はどこにでもある日々を生きている。しかし、この島にはもうひとつの顔がある。アフリカや中東から命がけで地中海を渡り、ヨーロッパを目指す多くの難民・移民の玄関口なのだ。本作は、『ローマ環状線 めぐりゆく人生たち』(ヴェネチア映画祭金獅子賞受賞)のジャンフラン…

イタリア最南端、北アフリカにもっとも近いヨーロッパ領の小さな島、ランペドゥーサ島。12歳の少年サムエレは友だちと手作りのパチンコで遊び、島の人々はどこにでもある日々を生きている。しかし、この島にはもうひとつの顔がある。アフリカや中東から命がけで地中海を渡り、ヨーロッパを目指す多くの難民・移民の玄関口なのだ。本作は、『ローマ環状線 めぐりゆく人生たち』(ヴェネチア映画祭金獅子賞受賞)のジャンフランコ・ロージ監督が、温かくも冷静な眼差しで島の日常を見据えるドキュメンタリー。世界の縮図が浮かび上がってくる、静かなる衝撃作。

「海は燃えている イタリア最南端の小さな島」に投稿された感想・評価

感想川柳「こんなにも 近いところで 交わらず」

レンタル店でパッケージ借りでした。φ(..)

イタリア最南端にある小さな島、ランペドゥーサ島。北アフリカにもっとも近いこの島で友だちと手作りのパチンコ遊びに興じる12歳の少年サムエレをはじめ、島の人々はごくありふれた毎日を送っている。そんなランペドゥーサ島には、アフリカや中東から命がけで地中海を渡り、ヨーロッパへ密航する難民や移民たちの玄関口というもうひとつの顔があった…というお話。

あらすじから少年と難民の交流か衝突を描いた作品になるのかなと思ってましたが、同じ島なのに全く交わらないという感じでした。(;゜∀゜)あくまで少年は少年の生活、難民は劣悪な船から救助されて生き延びる者、息絶える者を映し、双方の共通点は島の医師に診てもらっているということだけ。(*_*)

何かドラマチックな事が起きるわけではありません。(-_-)ただまざまざと現実を思い知らされるだけです。(。´Д⊂)1000ドル近い金を払って命懸けで海を渡るというのがどういうことなのか分かります。(-_-)
miyu

miyuの感想・評価

3.5
イタリアの最南端のランペドゥーサ島に住む少年とアフリカや中東から、狭い船にギュウギュウ詰めでやってくる難民のドキュメンタリー映画。。。

この少年と難民は一切交わる事はない…

少年の、のどかな漁村の生活と
命からがら、この島に大量の難民が船でやってくる様子が交互に描かれる…

かなり、二つの生活にはギャップを感じる💦

医者だけが、難民と少年の両方に関わっている…

難民の過酷さは、画像から痛い程伝わってきた!
また、難民を助ける仕事の人達にも脱帽。。。

若干、ドキュメンタリー映画を撮っている事を出演者はわかっているから、あんなに優しく難民に接することが出来るのだろうか…
って疑問は感じたりしたが…

それにしても
島にあまりにも夥しく難民がやってきて、それを救助したり、医療を施したり、遺体を回収したり〜
あの仕事はキツイと思う。。。
ドキュメンタリー映像なので、この厳しさはヒシヒシと伝わる。

日本に住んでると、難民問題の意識がかなり低いが…
ヨーロッパは難民問題に直面していて、いろんな映画にも描かれていて
それらの映画を通じて、切実な現状を感じる。。。

また、金銭的にも、さぞかし大変だと思う…

アフリカや中東諸国の人々は、自国の状況があまりにも劣悪な為に、イタリアへ出国するのだろうが…
その旅も、かなり過酷な旅…

船室で、折り重なって亡くなっている傷ましい姿を見ると、胸が痛む…

イタリアのこの島に住む少年も
決して、裕福な家庭とは思えなかったが
会話の内容や生活を見ていると
すし詰め状況の難民とは
一線を画してる…

少年におじが船の話をするが、
船に乗ってる状況も、天と地ほど異なるものを感じる…

紛争が絶えない限り、この状況が良くなるとは思えないし…

今、置かれてるそれぞれの国の傷みが
垣間見れた気がした。。。

少年の生活と対比する事で、難民の過酷さを鮮明に描く意図があったのだろうか???

難民のドキュメンタリーだけで
良かった気がした。。。
Zoloev

Zoloevの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

星の数ほどは大袈裟だけど、数々のドキュメンタリー映画は観てきたが、どうも自分には、この映画監督の手法が好きになれないって言うか違和感さえ感じる。それは同監督のローマ環状線と言う作品でも同じで、無駄に撮りっぱなし手法なのか?もっと撮って訴えたい事があるだろおぉ〜〜(≧∇≦)と思ってしまう。

イタリア最南端の小さな島にはアフリカ本土、つい最近まで激戦を繰り広げてたシリアから沢山の難民が粗末な船にすし詰め状態で押し寄せてくる。半年くらい前か?シリア難民の小さな子供が海岸に打ち上げられて警備隊に抱かれてる写真が世の中からの注目を集めてた事も記憶に新しい。

そんな島の住民もラジオで難民が来て、何人かが死亡とかニュースで流れても、可哀想だねと漏らすだけで日常茶飯事なのか麻痺してる光景が逆に恐ろしい。

映画後半になって粗末な船で大量の難民が押し寄せ、劣悪な環境からか?脱水症で虫の息の人、既に折り重なって生き絶えた人の山が映像として出てきたけど、難民が施設に入ってその先にどうなるの?と言う「難民」だけにスポットを当てた方が映画としても締まると思う。

島の住民と押し寄せる難民と言う構想も、ただただ焦点がボケた映画でしかならなかった気がします(≧∇≦)
slow

slowの感想・評価

3.8
アフリカにほど近い、地中海に浮かぶイタリアの小島。この人口5500人ほどの島に、その10倍以上の難民が押し寄せているという。しかし、島民の穏やかな営みと難民の命がけの切迫感は交差することなく、島にはラジオの音楽が流れ、広い空には無邪気な銃声が響く毎日。

まるで別世界の様子を交互に映し出し、静かに物語る。ナレーションに頼らない潔さが何とも職人気質というか、監督らしい。
このドキュメンタリーがオルミ監督の『楽園からの旅人』へと繋がっていくのかも、などと勝手な考えを巡らせてみると、ややとっつきにくかった問題との距離が少し縮まったように感じる。砂浜に難民の子供が打ち上げられる、という衝撃的なニュースが世界に発信されたが、それは起こっている出来事のほんの一部。そして、本作の出来事もほんの一部なんだろう。
私たちは既にこの映画にキャスティングされているということ。その意味を理解しなければならない。
Yuya

Yuyaの感想・評価

3.7
すっごくタイムリーな時事ネタだけど
冷静な数値やデータでの検証を武器に
或いは怒りや悲しみを前面に押し出したドラマ仕立てで 突いてくるのではなく
監督が培ってきたドキュメンタリーという畑で 丁寧に愚直に無農薬のまま育てられた素材全てを使って
"今そこに目を向けるべき理由"
をダイレクトに伝えてくれる とてつもない力を秘めた作品

ひとつの島を舞台に 島民の少年と海上に漂う船の難民という2つの視点が 一切交錯する事もなく淡々と進行してゆく展開に 今日世界がどれほどに分断されて 無関心さがどれだけ蔓延っているかを 嫌が応にも認識させられざるを得ないし
彼の片目の視力の回復や 暮らしとは無縁の監視船に挟まれる緊張感 そして反比例するように悲劇を軽快な歌に変える難民達の姿
あらゆる構図に隠喩を含ませる演出は 一度や二度の鑑賞じゃ到底理解しきれはしないんだと思う
そして それがそのまま 世界を見つめるという事に直結してるのかもしれない
ひとつのニュース ひとつの正論で わかりきれる世界など もうどこにも存在してはいないのだろうから
ペイン

ペインの感想・評価

3.0
“映画偏差値かなり高め”

ものすご~く賢くてご立派な映画ですね。イタリアの映画ってフェリーニ師匠を筆頭にそういった類いの映画が多い気がします。

アフリカやシリアから欧州に向かっている移民たちを、島のごく普通の少年と対比で描いた本当に淡々とした社会派ドキュメンタリーでとにかく“余白”の多い映画。

なので空白を埋める作業を観ている側は常にしないと置いてけぼりを喰らってしまい眠りに落ちてしまいます。

正直、自分も何度もウトウトしました。

ただ質はものすごく高い作品で
普段、IQが低いようなハリウッド映画(褒めてる)ばかり観ている身としては観終わった後いろいろ頭を抱えましたし考えさせられました(笑)

移民の方が移動するまでのトラブル以前に移民しなきゃいけなくなるような国の環境をまず整えなければいけないなと思いました(自分には何も出来ませんが)。

ただそれでもやっぱりイタリア映画は今一つハマりきれないところがあるな~
ぷりん

ぷりんの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

イタリア最南端の島での生活と、生死をかけてアフリカからやってくる難民の現実を 淡々と映し出している。それらの二つの世界は この映像の中では決して交わることはなかった。強いて言うなら ラジオから 沖合でボートが遭難したというニュースが流れ キッチンに立つおばあちゃんが「かわいそうに…」とつぶやく、それだけだったのではないか。
評価は とてもつけがたい。かなり意識を能動的に画像に向けないと 映像をどうとらえていいのかわからない。

涙すら出てこない絶望の淵にいる人々と私を分けているものは いったい何なのだろう。

映像の中で 幾度か少年たちが 空に向けて機関銃を打つまねをするシーンがあった。たわいない戦争ごっこではあるが そのはるか延長線上に 難民を生んでいる暴力の辺縁とつながる細い糸を見ていたような気がする。
海の上で起こっていることを知らずに 彼らの生活は淡々と過ぎていく。
boliwa

boliwaの感想・評価

3.9
电影给你带来成倍的人生。
就像现在这样逃避自己的现实。
鶴次郎

鶴次郎の感想・評価

1.3
映画IQ低い僕には理解できず
一見交わりのないような人たちが同じ地に生きている。
その重大さを嫌というほど思い知る。

他者とは何か。
私自身も他者でしかない。
>|