たかが世界の終わりの作品情報・感想・評価

たかが世界の終わり2016年製作の映画)

Juste la fin du monde/It’s Only the End of the World

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:99分

3.6

あらすじ

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面…

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面だ。オードブルにメインとぎこちない会話が続き、デザートには打ち明けようと決意するルイ。だが、兄の激しい言葉を合図に、それぞれが隠していた思わぬ感情がほとばしる─。

「たかが世界の終わり」に投稿された感想・評価

kumik00

kumik00の感想・評価

2.0
たしかに、12年ぶりに家族が帰って来たら、みんな浮き足立って変な事言ったり、期待と現実のギャップと、思ったよりうまく噛み合わなくて苛立つし、聞きたいこと話したいこといっぱいあってテンパるし、こんな感じになるかもなぁ。やや激しすぎるけど。
みんな気性が荒くて、初めから見てて疲れた。
くどu

くどuの感想・評価

5.0
なにこの映画、、謎すぎる。
面白いかと言われれば面白くない。

ドラン × 鬼のフランススター陣で組む、冒頭は明け方の機内と騒音、キャップ。
オープニングクレジットは都会的でリズミカル、カットは斬新という期待マックスで始まる。

中盤は「あーフランス映画か(偏見)。」

ヒステリックで落ち着きがないし緊張してて喉が乾く。
会話がつまらない上に長くうるさくてイライラしてくる。全く映像化の持つ力を使っていないクソ。

それ故、突然のPV調の映画らしからぬ、やたら美しい謎シーンが鬼のように映える。音楽の起用が上手い。

ここが大事なんだけど、最後の大したことないシーンの盛り上げよう!「あーこれは何か重大なシーンなんだ。もしかしたら何か見逃してたかもしれない。」と思うままこの映画のテーマも何の話だったかも分からずエンドクレジットに入ってしまう。

謎で理解できないけど深いインパクトがあって惹かれる。チョコチョコ会話にヒントはあるんだけどねー
non

nonの感想・評価

3.0
観てるだけで消耗する。最後の家族間の絶妙というか微妙な距離感バランスがだーっと崩れてくところの皆のいっぱいいっぱいさが本当辛い。
haruki

harukiの感想・評価

3.5
一見の価値がある。と思う。
もう一度最初から回したい気もするけど、時間がないのでごめんなさい。
はー

はーの感想・評価

4.5
独特な映像美と、フランス代表役者の演技のぶつかり合いと、挿入歌で筋を補足する大胆さ。それらが調和し、緊張感のある会話は常にミステリー性を孕み、最後まで引き込まれた。

家族同士ならではの生々しい感情。期待しては裏切られ、くっつくことも、離れることもどちらも同じく難しい。家族とは、究極に割り切れないもの。

理由や原因、結末は観客の解釈に任される。人の数ほど家族への想いは異なるので、正解は無い。

ちなみに兄嫁役は、エラそうな夫や義家族の顔色を伺って控えめに生活するキャラクター。「自立しているフランス人女性」みたいなステレオタイプとは真逆の描写で、「フランスにもこういうのあるんだー」と少々意外だったけれど、どの国だって多様であって当たり前ですよね。いかに一面的なイメージを持っていたか、時に映画は気付かせてくれる。

家族の繋がりに疑問を持ったことのない幸運な方には共感しにくい映画でしょう。説明的で結論の分かりやすい物語に飽き飽きな方にはおすすめです。
「理解できない。だけど愛してる」っていう母親の言葉が全て。こんな映画を撮る監督が自分と同い年って信じ難い。
板

板の感想・評価

2.3
オープニングも映像も音楽も素晴らしいが、なんか好きになれなかった。受け取る側の問題かな。
じょー

じょーの感想・評価

3.0
誰にでも、抱えている悩みもある。

人によってはそれは自分にしまい込んでしまったり、人に当たり散らすことも。

日常は幸せにゆっくり進むものかもしれない。

人と人が生きる基本が家族にあるのかもしれない。

理想とする家族の形はとても脆く、そして繊細な感情で作り上げられているのかもしれない。
ayaka

ayakaの感想・評価

3.0
家族の中の距離感いろいろ
が、すごい伝わってきた ꒰ॱଳ͘꒱
さいごバタバター とするけど、
みんなにとって、どっちがいい
終わりかたなのかなって考えた。
sorararara

sorarararaの感想・評価

2.7
途中で家族が仲直りするかと思いきや…最後まで残念な関係のまま終わってしまうし、1番伝えたいことも伝えられないままなのも後味がすっきりしない。
>|