たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

Juste la fin du monde/It’s Only the End of the World

上映日:2017年02月11日

製作国:
  • カナダ
  • フランス
  • / 上映時間:99分
    監督
    グザヴィエ・ドラン
    脚本
    グザヴィエ・ドラン
    キャスト
    マリオン・コティヤール
    レア・セドゥ
    ヴァンサン・カッセル
    ナタリー・バイ
    ギャスパー・ウリエル
    あらすじ
    「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面だ。オードブルにメインとぎこちない会話が続き、デザートには打ち明けようと決意するルイ。だが、兄の激しい言葉を合図に、それぞれが隠していた思わぬ感情がほとばしる─。

    「たかが世界の終わり」に投稿された感想・レビュー

    なるやん
    なるやんの感想・レビュー
    1時間
    1.7
    全然良さがわからなかった自分は黙ってキングコングとかワイルドスピードとか見るね。
    kominka
    kominkaの感想・レビュー
    1時間
    -

    家族という近しい間柄だからこそ、伝えられないことってある。もどかしいことも、感情的になることもある。

    瞳だけで語られてるシーンも印象的だった。
    とりにく
    とりにくの感想・レビュー
    1時間
    4.4

    このレビューはネタバレを含みます

    いったい彼の頭の中って
    どうなっているんだろうか…。



    今回は家族の愛のかたち。

    単刀直入にいうと
    今までのドランの作品の中で
    一番難しい内容だったと思う。


    みんな不器用で、
    大声だしてぶつかり合うけど
    本当の心には触れ合ってない
    近いのに遠い。


    「お前は沈黙を恐れて作り話をしている。」
    この言葉に直接共感することはないけど、
    この場面のお兄さんの言葉が
    すごく心に残った。

    「居心地の良い不幸よりも、幸福を選べ」





    これはもう一回劇場で観る予定。
    m
    mの感想・レビュー
    2時間
    3.9
    家族なのに、じゃなくて
    家族だから、なのかな。



    邦題のセンス好き
    pomme
    pommeの感想・レビュー
    3時間
    3.6

    このレビューはネタバレを含みます

    家族は家族としか言えない。とドラン監督は話していた。
    家族とはひとつとして同じ形はないと思う。私の家族はこの家族とはかけ離れているし。また、家族であってもお互いを理解できているとは言えない。なかなか世の家族がどうなっているか見ることは出来ないので、こういう家族もあるし、これでいいのか、と少し安心したところもある。
    母親役のナタリー・バイがよかった。どぎつくておしゃべりでフランスの母親感があってリアルだったし、それでも息子が帰ってくるからとオシャレをしたり、息子たちのことを気遣った言葉をかけてあげたり、香水どう?という口実でハグしたり…愛情の深さが垣間見えて少し羨ましくもあった。

    原作 舞台劇 ジャン=リュック・ラガルス『まさに世界の終わり』
    面白い映画を観たい舞
    面白い映画を観たい舞の感想・レビュー
    4時間
    4.0
    難しくて苦しい映画だった。でも、自分の中で動いたことのない感情が動いたような気がした。
    マナベ
    マナベの感想・レビュー
    8時間
    -
    カンヌって感じでした。
    こういう映画を観て自分なりに意味付けできるようになりたい。ちゃんと考える力を養っていきたいと思った。
    keisuke
    keisukeの感想・レビュー
    9時間
    -
    素晴らしくて激疲れ。。
    AzumiOmae
    AzumiOmaeの感想・レビュー
    9時間
    3.7
    レアセドゥ、ヴァンサンカッセル、マリオンコティヤール
    フランス人気役者勢揃いで画面が美しすぎたけれども
    なんとも言えない。重みとあっけなさ。
    難しいようですごく簡単。
    Naomu
    Naomuの感想・レビュー
    10時間
    3.6
    前売りを買ってまで見たかった作品。感想を語るのもなんと言っていいか難しい作品でしたが、個人的には面白かった!良かった!
    ドラン節が炸裂していたのはもちろん良かったですが、前談がない分、良くも悪くも観る人を選ぶ作品だっかなと。。。あの100分程度で徐々に登場人物の性格や関係性が理解できてくるのは、所謂大衆映画にはない良さ。
    個人的には、ヴィンセント・ギャロの作品を彷彿とさせる気がしました。
    >|