たかが世界の終わりの作品情報・感想・評価

たかが世界の終わり2016年製作の映画)

Juste la fin du monde/It’s Only the End of the World

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:99分

3.6

あらすじ

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面…

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面だ。オードブルにメインとぎこちない会話が続き、デザートには打ち明けようと決意するルイ。だが、兄の激しい言葉を合図に、それぞれが隠していた思わぬ感情がほとばしる─。

「たかが世界の終わり」に投稿された感想・評価

なんだ、このジワジワ染み渡ってくる感じは、、
こんな映画今まで見たことがない。

タイトルに惹かれてレンタルして見たけど、まさかこんなにも考えさせられる作品だとは思わなかった。

見終わってもあまり理解ができず、ネットで解説を読み、理解が深まり、心に染みた。

ちゃんと自分で読み取れるようになりたいなと感じた。まだまだ映画脳になってない。
O

Oの感想・評価

2.5
喧嘩で始まり喧嘩で終わる

気軽にみられる長さの映画
いつ言うのかな…今言えたよ!!
みんな喋りすぎ!!

を繰り返す約90分

ルイの目がとても綺麗でした
なかじ

なかじの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

考えさせられる映画。血が繋がっていても長く離れれば本当に大事なことも伝えられない。伝わらなくなるのかな。
いなば

いなばの感想・評価

3.5
グザヴィエドランの映画見るの3本めだけど3本とも全部しんどかった
レアセドゥもマリオンコティヤールもお美しかったです
orizza

orizzaの感想・評価

3.2
一言で言うと難しい。
鑑賞中は、主人公の言葉の少なさに、モヤモヤ‥。
見終わってから、たまらずネタバレ解説を読み、少しは理解できたかな?
maaa

maaaの感想・評価

3.2
初ドラン。キャスト豪華〜
さざ波みたいな映画でした
わたしには合わなかった
何だかミステリアスな野郎、ルイ。青いビー玉のような目をしている。コイツ、何かを隠している。噛みつきたい欲求と戦っているのか?

ルイ、早く、告げるのだ。家族に告げに来たはずだろ。自分はゾンビになっちゃったと…

不穏な空気の中、家族間で不毛な言い合いに終始する。家族ゲンカのやり方は、こうやるんだと手本を示している。

また、何度もマリオン・コティヤールの横顔がアップされる。よく見ると素晴らしいアゴではないか。今まで気づかなかった。その魅惑的なアゴに。そのアゴに…
Jasminne

Jasminneの感想・評価

2.8
苦手な会話劇だった。
何がきっかけで家族が壊れて壊れたまま12年も過ごしたのか全然わからなかった。壊れてしまった関係は修復不可能なこともあるのだろう。
大事な話が結局出来ないままだった。
扱いに困る作品。しんどいからもう見たくない。
たま

たまの感想・評価

3.0
断絶を綺麗な終点にしたかった主人公と、断絶の後の起点を期待してしまう家族。主人公以外の家族には継続の重みがあって、分離しきれない完全なる異分子として存在する主人公の孤独感がひりつくよう。切りたいけど切れない、切れそうだけど繋げたいもどかしさが苦しく、それぞれがそうとしかできなかったことがことごとくつらい。人の存在は常に周りにさざ波を起こし、その波紋の数だけ複雑に永遠に絡みついてきますね。私も鳩時計の小鳥のようにもがきながらもそこに戻ってしまうのかな。
hase46

hase46の感想・評価

3.6
愛が終わることに比べたら、たかが世界の終わりなんて。

評価するのが難しい作品。
面白かったかと言われたら、うーんとなるし、でも面白くなかったわけでもない。
何か事件が起こるわけでもなく、自分の死を家族に知らせようと12年ぶりに実家に帰ってきた主人公が、それを告白しようと思いながらもなかなか言い出せない話。

前半は家族にイライラしてばっかりだった。とくに兄が話すとほんとに場の空気が悪くなる。自分のことしか考えられないような人ばかりが集まってる感じ。
12年ぶりに帰ってきたんだから、それなりの理由があるはずと察してはいるのだろうが、本題に入られるのを恐れてなのか、意味のない会話が永遠と続く。

こんな家族と思っていたが、確かにお互い愛はあるのだ。でもそれを伝えたり表現したりがものすごく不器用。
家族という切れない絆で繋がっているからこそ、難しいことが確かにあるのだ。

2018.6.16.179本目
>|