たかが世界の終わりの作品情報・感想・評価・動画配信

たかが世界の終わり2016年製作の映画)

Juste la fin du monde/It’s Only the End of the World

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:99分

ジャンル:

3.5

あらすじ

「たかが世界の終わり」に投稿された感想・評価

2度目。室内劇、今ここで起こっている事には喧嘩でしか向き合えない家族の愛憎。
かえで

かえでの感想・評価

4.2
鮮烈な印象のタイトルに惹かれて鑑賞しました。
観ていて虚しさで気持ちが苦しくなるけど、映像の美しさと圧巻の演技で見続けてしまう。
家族のというものについて深く考えさせられました。
aya

ayaの感想・評価

1.8
豪華キャストをドランがどのように演出しているのか楽しみに見たが、苦手な作品だった。
家族全員の不協和音の描き方がとてもうまくて、人が言い争っている状況が苦手なのでかなりのストレスだった。こういう人もいるだろう、素直になれないこともあるだろう、この言い争いが伝えたいことは何だろうと頭を使いながら見ていたが、掴みきれずに終わってしまった。
時々差し込まれるMV風の演出も好きではなかった。

このレビューはネタバレを含みます

ラストシーン見て救いがないように思えた。解釈は人によって違いがあるんだろうけど。
久しぶりに家族に再会して傷つけ傷つけられる。人に対して無関心が一番悲しいことなんだと思う。
12年ぶりに実家に帰ってきた息子。家族は、たまに来る絵葉書と彼の作家としての活躍を影ながら見ていたが、どうにもうまく噛み合わない彼ら。彼は何を伝えに戻ってきたのか。

結論から申し上げますと、彼はじきに死んでしまうことを告げにくるのです。ですが、なかなか言い出せず、兄に出ていけ!!と言われ、その日の内に家を立ち去ります。

顔をアップで撮った緊迫したシーンと、そこにあったものが色褪せていくようなリアルな感覚があったような気がしました。
蝋

蝋の感想・評価

4.8
どうしていつもそうなんだ もったいぶった言葉、虚しい話 
僕は34歳になったよ 居心地のいい不幸より
dee

deeの感想・評価

-
久々ドラン❤️
これでドラン作品全制覇

オープニングですき〜
レア・セドゥでててすき〜
(なんかお見送り芸人みたいなった)
なんでこう言葉にできひんもやっとした
空気感とか感情とか
こんなに表すんうまい?
ジョン

ジョンの感想・評価

4.0
「人生は続く いつもと同じ今日が続いていく」

濃密な会話劇

家族だからこそ話せないこと
家族だからこそ許せないこと
家族だからこそ察せること
血が繋がっていないからこそわかる気持ち
確信をさけるための気づかないふり

目の動き 表情 ちょっとした会話の間
俳優陣の演技が本当に素晴らしい

「居心地のいい不幸より幸福を選べ」

観た後すごく疲れた
一瞬の表情や無言の心の声を聞き逃すと話がわからなくなってしまいそうだから

そういえば、昔年賀状は必要以上にでかいプリントを選んでたな 
「今年もよろしく」の一文で済むように
あの妹のように気づかれてたな きっと

母親最初からずっとルイの事わかってたんだな

好みではないけど重厚な会話劇に惹きつけられた
🎬
演劇のようなシンプルな舞台設定で、演技力が光ります。バックグラウンドの説明があまりない感じ好きやけど、解説読んでさらに奥行きのある設定だったのでなんとか作品の中で伝えてほしかったかも。閉塞感漂いまくってるなぁ。世界の終わりだって、たかがになっちゃうんか。
hinano

hinanoの感想・評価

3.5
『恋のマイアヒ』が使われていた。ヴァンサン・カッセルが額の狭さステータスを野卑さ粗暴さに全振りしててそれはそれでありかなと思った。主人公がもうすぐ死ぬという設定が作品内のどこで語られているのかわからなかった気がする。
>|

あなたにおすすめの記事