たかが世界の終わりの作品情報・感想・評価

たかが世界の終わり2016年製作の映画)

Juste la fin du monde/It’s Only the End of the World

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:99分

3.6

あらすじ

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面…

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面だ。オードブルにメインとぎこちない会話が続き、デザートには打ち明けようと決意するルイ。だが、兄の激しい言葉を合図に、それぞれが隠していた思わぬ感情がほとばしる─。

「たかが世界の終わり」に投稿された感想・評価

あゆみ

あゆみの感想・評価

3.5
この家族の微妙な距離感凄い分かる、そして帰り際夕陽が差し込むシーンがとても綺麗で切なくなった
Megmeg

Megmegの感想・評価

2.2
途中で観るのやめようかと何度も思った。
関西人としてはオチのない会話、それで喧嘩喧嘩喧嘩。
うーん。なんかハマらなかったなぁ。
おさ

おさの感想・評価

3.5
基本ハッピーエンドが好きだから、、観ていてむずむずした。。ギャスパーウリエルが相変わらず美しい。。
けい

けいの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

登場人物たちの根底にあるのは愛なんだけど、それがルイの不在12年の間に疑問と怒りとで歪んでいって、もう昔にはもどれないってのが見応えあった…
よく使われる“映画に愛される”という表現、確かにそう感じざるを得ない監督が稀にいて、その現象が分かりやすいのは例えばトム・フォードや北野武の様に他業種から来た人がいきなり上手く撮れてしまうケース。彼らはいつ出会ったとしても、あらかじめ映画と愛し合う事が定められているのでしょう。(因みに、映画を愛していないのに愛されたいのが松本人志。醜悪。)
で、グザヴィエ・ドランの場合は、もう映画と臍の緒が繋がっていて、とりあげられてすぐディレクターズチェアに座ってしまったのではないか?デビュー作から既に映画の何たるかが分かり過ぎているみたいだと感じたものです。但しその才能の在り様は、漫画家で例えればスピルバーグが手塚治虫のラインだとすれば、グザヴィエは萩尾望都、或いはつげ義春ライン。スーパー私的でスーパーカルト。だから好きな人だけが好きで、苦手な人にはずっと苦手で意味不明。さすが、自分の名前を“X”からタイピングする男。
今作は過去のドラン作品に度々登場するモチーフ“母”“ゲイの青年”“ディスコミュニーケーション”“暴力で支配する男”“病巣としての家”などのメガミックス的な状況を一つの家庭の中に押し込めて、そこに“自らの死を悟った主人公”が12年振りに帰ってくる、という構成で、それはそのままドラン作品の集大成であり、更に過去の私小説的なスタイルへの一先ずの終止符の様に感じられます。
作品で描かれる、まるで消える寸前のマッチがマッチ箱の中に戻ろうとしている様な状況は、本来ならば気も狂わんばかりの緊張感を纏いそうなものですが、何処か全体的に低めのテンションなのは、主人公から滲み出てしまう諦観のせいでしょうか。登場人物がしきりと「暑い」と口走り、シャツに汗を滲ませても、その暑さ・熱が一向に画面から伝わって来ないのも印象的です。彼、は冷め切っているのか。自分の運命すら何処か他人事の様です。まさに『たかが世界の終わり』。
全方位的に細やかに気が配られ、あらゆるシーンが儚くも美しい。反面、『Mummy』に見られたような歪な魂の喘ぎは聞こえにくくもあります。寂しいといえば寂しい。ドランは既に次のステップに進んだのか?
個人的には物凄ーく久し振りに見られたギャスパー・ウリエル(『サン・ローラン』観てません…)が、更に深く憂いまくっていた事と、理性も知性も感じさせ無い(代わりに野性の勘が冴え、家族を守る)ヴァンサン・カッセルの新境地の演技に強く心を揺さぶられました。
映像も音楽も編集のセンスも、どこを切り取っても、良く出来ています。出来過ぎていると言ってもよい。文句は全くありません。が、更なる伸びしろも期待させるので、カンヌがグランプリ止まりなのは妥当だと思います。一方で、順当にパルムドールを獲れる様な方向に成長するのも何処かつまらなくも感じてしまいます。例えば、彼がコメディやSFを撮ったらどんなだろう…。常にフレッシュで、終わりもその先も描き得る稀有な才能、グザヴィエ・ドラン。今後も彼の輝きから目が離せません。
ところでfilmarksで『たかが世界の終わり』を検索すると『ガタカ』が一緒に出てくるのはなんでなのですかね?似てなくも無いかな…。
水素

水素の感想・評価

3.0
日本語タイトル良すぎじゃないですか?
たかが世界の終わり…すごく好きです。
あやか

あやかの感想・評価

3.5
ドランの映画って回りくどいけど夜中にだらだら見るには最適なんですよね。
常盤治

常盤治の感想・評価

1.0
グザヴィエドランが好きだから観たけどえ、どうしたってくらいの駄作
やっぱドランの脚本好きすぎる…

ドランの映画色々見て思ったけど
母から子への愛情の伝え方が好き

2018年40本目
しらす

しらすの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

不安定な家族愛の物語。
一人一人が家族になりきれず、お互いの距離感を図ったまま「家族」の枠に捕らわれてしまっている。
長らく不在にしていた弟が帰省したことにより個々の関係性が浮き彫りになり、宙に浮いた家族関係が崩壊してしまうといった話。

自分を保ちたいがために、家族の側に居たくない気持ち。家に居ると息苦しさを感じる気持ち。家族を愛するがゆえに、とてもよく分かる。

「家族」という看板を背負う人々の中で、なりきれている人はどれほどいるのだろうか。反対に、建前だけの人はどれほどいるのだろうか。

家族になるって難しい。簡単なことじゃない。人とより良く付き合うって難しい。

直接的な描写が無いため、言葉や行動から状況を読み取る場面が多いが、俳優の演技や背景が繊細で淡く、美しかった。

音楽も題材に対する相乗効果が強かった。

ここ最近のベストムービーになりそう。
DVDを買いたい。
>|