たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

Juste la fin du monde/It’s Only the End of the World

上映日:2017年02月11日

製作国:
  • カナダ
  • フランス
  • / 上映時間:99分
    監督
    グザヴィエ・ドラン
    脚本
    グザヴィエ・ドラン
    キャスト
    マリオン・コティヤール
    レア・セドゥ
    ヴァンサン・カッセル
    ナタリー・バイ
    ギャスパー・ウリエル
    あらすじ
    「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面だ。オードブルにメインとぎこちない会話が続き、デザートには打ち明けようと決意するルイ。だが、兄の激しい言葉を合図に、それぞれが隠していた思わぬ感情がほとばしる─。

    「たかが世界の終わり」に投稿された感想・レビュー

    milktea
    milkteaの感想・レビュー
    9時間
    2.5
    深い話なんだろうけど、怒る人が苦手だから、あまり好きになれなかった、、
    でも、もう1回ちゃんとみたい。
    きみどり
    きみどりの感想・レビュー
    15時間
    4.0
    わたくしごとになりますが、現在マリオン・コティヤールの立ち位置でちょっと似た状況に身を置いているため、可笑しいような胃が痛むような…ファミリー・ホラー・エンタテイメントでした。

    ここでこの曲使うのか! に始まり、女優の顔や爪にのっけた化粧の配色センスに至るまで、これだからドラン好きなんだよな。

    ところで、ドランってどうも男性(とくに若年層)のウケが悪いらしいことに最近気づきました。
    この映画を観た人を性別・年齢層・家族構成でアンケート取ったらどんな結果になるかしら。

    あ、あと、もうじき手を離れる年ごろの男子がいるので、あんなおかーちゃんにならないよう自戒したいと思います。
    ササキ
    ササキの感想・レビュー
    16時間
    4.5
    愛したいけど、愛されないけど愛してるって難しいんだろうなー。理解できないけど愛してて、理解してほしくて、
    常に、『たかが世界の終わり』の意味考えながら見ていた。ルイが帰るときの顔と鳥の意味!!!不思議だし、苦しい切ない。
    ドランの映画は音楽がとにかく素晴らしい。
    nr
    nrの感想・レビュー
    19時間
    1.0
    8月の家族たちを越える胸くそ悪い映画だった。そう思わせれる俳優の演技がいいんだろうね。フランス映画は私に合ってないみたい。好きな人は好きなんだろうね。
    ユンボム
    ユンボムの感想・レビュー
    1日
    3.3
    ザヴィエドランの歩いても歩いてもを観たような、、私はロランスをこえる映画はないかもね
    田上
    田上の感想・レビュー
    1日
    4.0
    密度の濃い群像劇でした。
    ドラン監督らしい若い感性の視点をたくさん感じられて新鮮でした。

    張り裂けそうな空気感の中にとても繊細で細かな部分に注目させる演出がおもしろかったです。
    ほとんど何も起こらない話なのに、グッと惹きつけるものがあって、ドランもすごくなったなぁって思いました。
    時にシュールに映るくらい独特で、俗に言う"空気"を画面にしっかり表して見せてた。
    コレはすごいと思うし、ドランの若さならではなんだと思いました。

    俳優陣もとてもよかった。
    1流俳優陣の普段見れない表情や雰囲気が楽しめた。
    特にマリオン・コティヤールが結構好きでした。

    退屈になりそうな感じだけど、全然退屈じゃなかったです。
    こういう映画好きですね〜。
    ゆりな
    ゆりなの感想・レビュー
    1日
    3.8
    「理解できない、けど愛してるわ」これが全て。

    わたし「人の名前覚えるの苦手なんだよな〜」って言う人は百歩譲るのだけど、「人に興味ないんだよね〜」って自分で言う人がなんとなく嫌。
    ほんとに人に興味ない、持てない、他者からそう誤解される人もいるんだよ。……っていう映画。

    途中3回くらい自分の過去とか気が遠くなるような経験とか思い出して泣けるのだけど、多分これは誰しもがあるはず。

    タバコ、汗、田舎、古い家。この映画の中の世界はどんな匂いがするんだろう。
    ゴダールの方が時代は前だけど、ゴダールが目指したテイストがこれ、って言ってもおかしくなさそう。
    百聞は一見にしかずだから、みんな観て〜って映画。長くなってしまった。
    マーマレード
    マーマレードの感想・レビュー
    1日
    3.8
    ドラン作品はすべて好きです。そして、いつもすっかりは分からない。何かが心に引っかかったままになる。キャストの顔にクローズアップしたシーンが続く。目の動き、ちょっとした表情の変化、汗・・・、すべてに意味があるように感じさせる。そして、この人たちは本当はどう思っているのだろうと、もやもやしたまま。でも好き。
    yum
    yumの感想・レビュー
    2日
    3.5
    この作品を観るために他の作品を色々と見てきた。その中で自分が世界観を理解するまでに時間が掛かったのが「マイマザー」なのだけれど、映像や音楽の様子はどっちかというと今風だが(分かりやすい)、内容は個人的にそれを超えて一番難しいように思う。
    それぞれの感情が爆ぜる。想像よりも上手くいかない。平気なふりして空回る。結果ぶちまける。うまく言えない。恋愛、でこうなるのはあるけれど、絶対的な愛がある(はず)の家族でこの感情を取り扱うのは圧巻。因みに、これ、恋愛と言ったが、本当にそうやって考えたら感情をぶつけられる相手側(ルイ)はその愛を理解出来てない事が多いような気がするけど、どうだったんだろう。電話の感じや冒頭に歌の歌詞のからしてやっぱり伝わりきってないのだろうか。

    コメントにもう少し。
    nagasakijet
    nagasakijetの感想・レビュー
    2日
    4.0
    不器用さや本当の事を知る怖さが家族の会話から伝わりました。
    家族であっても理解できるとは…
    >|