たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

Juste la fin du monde/It’s Only the End of the World

上映日:2017年02月11日

製作国:
  • カナダ
  • フランス
  • / 上映時間:99分
    監督
    グザヴィエ・ドラン
    脚本
    グザヴィエ・ドラン
    キャスト
    マリオン・コティヤール
    レア・セドゥ
    ヴァンサン・カッセル
    ナタリー・バイ
    ギャスパー・ウリエル
    あらすじ
    「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面だ。オードブルにメインとぎこちない会話が続き、デザートには打ち明けようと決意するルイ。だが、兄の激しい言葉を合図に、それぞれが隠していた思わぬ感情がほとばしる─。

    「たかが世界の終わり」に投稿された感想・レビュー

    柏エシディシ
    柏エシディシの感想・レビュー
    1時間
    3.0
    グザヴィエ・ドランには新作を観る度に驚かされます。

    ひとりの若い作家が12年間も疎遠だった家族に、自らの死が近い事を打ち明けに帰省する。
    ただそれだけのシンプルなプロット。

    登場人物たちの語る事、語らない事。
    隠そうとする気持ちと隠しきれない思い。
    それを見逃すまいと文字通り肉薄するカメラ。
    ゆったりとしたテンポなのに、あっという間に感じる100分間。
    それは、早く告白してしまいたいという思いと、掛け替えのない時間を大切に過ごしたいという主人公ルイの相反する気持ちと完全にリンクしている様です。

    グザヴィエ・ドランの映画は毎回切り口やフォーマットが違って凄いなと思うのですが、僕にとっては同じテーマを突きつけられている様な気もして。
    それはきっと大切なモノ、大切な人、大切な時間なんて、永遠じゃないって事。
    だからこそ、掛け替えのないのだし、向き合う事を恐れてちゃいけないんだって事。

    言葉にしてしまうと陳腐で使い古された言い回しだけれど、世界中の他のどの若い監督よりも、誰よりもその事を誠実にグザヴィエ・ドランは映画で描こうとしていると思ってます。
    サトシ
    サトシの感想・レビュー
    5時間
    3.3
    わたしはロランスから好きで、少し期待しすぎたのもあり。
    うーん、今回はぐっと来るものがなかったです。
    あまり理解できない映画でした。
    Tamamura
    Tamamuraの感想・レビュー
    5時間
    4.5
    面白いorつまらないといった軸では話せない映画がある。すごいとか、もしくは理解できないとか、自分の価値観や評価軸の外に振り切れてしまっているものがそれだ。ドランの映画を観た時に感じるのはそういう気持ちで、感受性のバケモノを見るような、自分とはまったく別の人間がいるということ。そしてその有り難みだと思う。

    「たかが世界の終わり」で描れるのは、そんなバケモノとうまく渡り合えない家族の物語にみえる。愛しい息子、憧れの兄、理解できないしたくない弟、そして他人。

    そんな関係性を描くのが主題なので、帰省の理由はあくまでマクガフィン。物語としてのカタルシスは皆無。なのに映画としては極上というウルトラc
    かちゃん
    かちゃんの感想・レビュー
    6時間
    3.3
    mommyにがつんとやられてしまっていたので今作は少し物足りない、退屈に感じた
    観終わった後は???
    後からじわじわ
    自分にとっては余韻に浸る、余韻で理解する映画だった
    そういう映画も好き
    現時点では⭐️3.3
    その時々でぐらぐらしそう

    観終わってから
    "これが最後だなんて、
    僕たちは哀しいくらい
    不器用だった。"
    の言葉が効いてくる
    たむ
    たむの感想・レビュー
    6時間
    4.0
    ドランの映画だけが映画なんじゃないだろうかと思ってしまう
    Wonkavator
    Wonkavatorの感想・レビュー
    6時間
    2.5
    この監督は、現代ゲイ映画の代表にでもなったつもりでもないんだろうけど、本人の意図意識するモノとは関係なく、どうしてもそういう趣の作風に少々嫌気がさして来た。

    美しい映像は認めるが、被写界深度が浅く硬度の効いた映像は、出演者全員の顔面キモい祭り。
    マリオン・コティヤールすら不細工に撮られており、それが味にもなっているのだが、どうにも鼻に付く映像。

    そして終始ヒステリックな家族喧嘩を見せつけられる不愉快極まりない99分間。

    おフランス語がこんなにも心地悪く不愉快な言語に聴こえるという貴重な体験
    本作鑑賞後はフランス語嫌いになります。


    ゲイや家族の話を撮らせたら、アルモドヴァルの右に出るものはいないと思うし、ゲイ芸術映画の分野ではデレク・ジャーマンが居れば充分なので、グザウェイ君あまり気張りなさんな...
    といったところか?!
    Chay
    Chayの感想・レビュー
    6時間
    3.5
    マリオンがでているのでみました
    やっぱり、フランス映画はにがて
    日本人の感覚と、合わない、とおもう
    AKI
    AKIの感想・レビュー
    6時間
    3.7
    出演者が豪華。話は期待とは、違う方向へ行ってしまう気がしたけど、音楽と映像のセンスが抜群で、芸術的だった。
    8azuki
    8azukiの感想・レビュー
    6時間
    3.7
    いい映画だったんだけど…そんなに小さく上手くまとめようとすんなよ別にいい映画を撮ろうとすることないよ!!!って思いました
    ペイン
    ペインの感想・レビュー
    7時間
    -
    ここまで人の心の機微を細かく描けるとはドラン監督、やはり流石の一言。

    たしかにわかりやく面白いタイプの作品ではないしラストもすっきりはしないがこれは良作といっていいと思います。

    マリオン・コティヤールとレア・セドゥという2大フランス女優をスクリーンで一緒に観れただけでも◎

    レア・セドゥ、タバコ吸いすぎ問題はあるけど、個人的には女性のタバコ吸う仕草が好きだからありがたかった(笑)

    そしてヴァンサン・カッセルのクズっぷり。こういう役ほんと似合う。“アウシュビッツ収容所に行ってマスかくほうがマシ”ってセリフがあって、こいつ救いようがねぇなと思った。

    そして相変わらずドラン監督は若いのに湿ってるというかジメジメした映画撮るな~と思いましたとさ(良い意味で)。

    #映画 #たかが世界の終わり #監督 #グザヴィエドラン #出演 #ギャスパーウリエル #ヴァンサンカッセル #レアセドゥ #マリオンコティヤール #ナタリーバイ
    >|