たかが世界の終わりの作品情報・感想・評価

たかが世界の終わり2016年製作の映画)

Juste la fin du monde/It’s Only the End of the World

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:99分

3.5

あらすじ

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面…

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面だ。オードブルにメインとぎこちない会話が続き、デザートには打ち明けようと決意するルイ。だが、兄の激しい言葉を合図に、それぞれが隠していた思わぬ感情がほとばしる─。

「たかが世界の終わり」に投稿された感想・評価

2度観たのにまだ掴めてない 1度目はとにかくレアセドゥの美しさ 2度めはそらぞれの痛みとやはりレアセドゥの美しさ
やっと観れました!毎回ドランさんの映画観ると、この人幼少期になんかあったのかなって思っちゃう笑 役者が変わったら何か変わるのかと思ったけど特に大物が出ても変わらないね笑 それって監督としては優秀ってこと?
青星叫

青星叫の感想・評価

2.5
しゃべくりで進む映画ってのは
邦画しかだめだな

洋画のそういったのはすぐ飽きちゃう

まずタイトルが好き
もう、この言葉反芻するだけで数ヶ月浸れる
たまらねえだ

生産性のない会話、独りよがりな反抗、的を得ない指摘、
家って心落ち着く場所なんじゃないの
観てる中でチクチク溜まっていく不快感

こんなに有名になって、影響与えるもの生み出して、人に賞賛される大人になったのに、
その成長なんて、なんてことないじゃないか
結局、何もかもがどうせ意味のないことなんじゃないか

映画まるまる通して、空虚な気持ちに突き落とされる
本当、
たかが世界の終わり
iceblue

iceblueの感想・評価

4.3
核心を避けるように騒々しく振る舞う家族のやりとりに萎える。けれど。
互いの複雑な感情が加速し、
かろうじて保っていた均衡が崩れ、
それぞれの愛の形がみえてきた時に
そのいびつさに胸打たれる。
お互いを求め合うからこそ辛くなる、それが家族なのかも知れない。

全員演技派なので見事なアンサンブル。特に、大人げない人物ながら複雑な胸の内を感じさせるヴァンサン・カッセルが圧巻。最近観た‘モン・ロワ’も、役にぴたりとはまるところが素晴らしかったし、並外れた役者さんだと改めて思いました。
雰囲気のある映像と、緊張感に満ちた会話劇にまとめあげた若い監督の感性に驚きです。
家族のような近い存在でも究極は他人である。他人のことはどれだけ努力しても理解できないという事実をこの映画を通りして追体験することができる。しかもとても鋭利な形で。

マンチェスター・バイ・ザ・シーでも似たような感覚を受けた。
nagiyama

nagiyamaの感想・評価

2.8
初めてのドラン

ひたすら会話劇で
平坦に物語が進む

観終わった後は
おん、、って感じで
とりあえず解説を読む
解説読んで、なるほどと納得ができた

感情移入があまり出来なかったのが
楽しめなかった原因かなと思う

終始映像は綺麗なんだけど
時折入る激しめ挿入歌が微妙、、
育

育の感想・評価

3.9
表現手法が極められていて素敵だなぁ。
時と光の操り方が美しい。

「内」と「外」の関係性を時間と感情を織り交ぜながら、音楽と画面の表情とで刻々と描いていく感じ、すごく好きです。
最後の鳩のシーンが印象的だった。外に出て、傷ついたけれども、家に帰れず床で死んでしまう。きっとあれは「私の家には窓がない」っていう冒頭のワンフレーズともかかっているはず。
eriok

eriokの感想・評価

3.5
個人の欲望を追求するのを良しとする社会の家族像。家に残った凡庸な兄弟の焦燥、羨み、憧れ、苛立ち。いくら日本よりマイノリティに寛容なカナダ、(いや、ここはフランスか?)とはいえ、成功したゲイのアーティストが死に際にノスタルジーとともに実家に戻っても、12年の空白で頭の中で肥大した恋しい家族は、生々しい狂気で迎えるしかない。美しいな、ギャスパー・ユリエル。あの口元がたまりません。家族の配役も良かった。兄役ヴァンサン・カッセルの気持ち、わからんでもない。
90年代なら、死因はHIVというパターンだけど、昨今は違うのかな?
geru

geruの感想・評価

3.4
映画としてはとても美しいものの、見ていてとても苦しくて不快な作品。もどかしい。
>|