たかが世界の終わりの作品情報・感想・評価

上映館(1館)

たかが世界の終わり2016年製作の映画)

Juste la fin du monde/It’s Only the End of the World

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:99分

あらすじ

「たかが世界の終わり」に投稿された感想・評価

miumiu

miumiuの感想・評価

4.0
グザヴィエ・ドラン作品を初鑑賞。

自分がまもなく死ぬことを家族に伝えるために、12年ぶりに里帰りした劇作家ルイと、家族の姿を描くストーリー。
グザヴィエ・ドランが監督・脚本も手掛けつつ、元になった舞台作品があるらしい。 

役者の表情を的確に捉えるカメラワークが素晴らしかった。アップが多いのにそれが不自然ではなく、観たい部分をしっかりと切り取ってくれる。繊細な演技をたくさん観られて大満足。
役者の演技もみんな素晴らしかった。豪華キャストなだけある!

ほぼ全員が観ていてキツくなるほどの自己主張の強さ、アクの強さ。
マリオン・コティヤール演じる兄嫁のほうが冷静で落ち着きもあり、血の繋がりはないのに分かり合えるのとか、まさに家族あるある。

泣き出しそうになるやるせない瞬間と、「家族ってそんなもんだよね」と良い意味で諦めて受け入れようと思う、そんな場面と気持ちとが入り混じる映画だった。
家族って難しいな。

離れているから逆に良かった。
近すぎて言えないこと。

腑に落ちる感覚がある。


役者のアップを多用した映像が綺麗。
なご

なごの感想・評価

3.7
すげー設定。究極
面白かったけど、みんながみんな重大な部分から逸れようとしてるという感じは分かりにくかったかも
ykp

ykpの感想・評価

5.0
"たかが世界の終わり"、ただそれだけの事。ドランが見せる愛の表現の仕方、人間っぽい不器用さだったり真っ直ぐさ、隠したいリアルが本当に好きだわって切に思いました。毎回見終わった後考えてしまう「愛」について、
「人は誰しも愛し愛されたいのです、
分かり合うのは難しいけど いつかきっと届くはず」
anna

annaの感想・評価

3.6
会話劇を中心とした作品
自分の死を告げに12年ぶりに家に帰ってきた息子。話したいのに話せない息子と、話す機会を与えない家族。
漂う緊張感、怒り、不信感、目の動きの描写が印象的。
家族のことはなんとなく察することができたり、それでいて察することができていなかったり、そんな掴みどころのないフワフワした作品。
たかが世界の終わり、It's only the end of the world、良いタイトル。
Fumi

Fumiの感想・評価

3.8
期待しすぎたかな〜、とか自分の考え方が甘いのかな〜とか色々考えてしまったけど見て損ではないと思った。

皆自分の明日で精一杯で、いくら側にいようと血の繋がりが近かろうと気持ちが遠ければ遠い存在なんだな〜、って感じ。
mmmman

mmmmanの感想・評価

5.0
閉塞的で絶対に重なり合うことのないそれぞれの想い
届きそうで届かない歯痒さと、沈鬱とした空気感
制御不能に発する言葉の破壊力
生も死も愛も罪も真実も嘘も全てを含意するあの瞳

こんなにも近くにいるのに、こんなにも遠くに感じる

(2019.9.2)
なつみ

なつみの感想・評価

3.4
相変わらず曲のセンスがとても良い。けど苦しい場面が多かった。
ドラン作品の中ではあんまりしっくりこなかったのは、経験が足りないから?
arch

archの感想・評価

3.0
ちょっと今作は分からなかった。
でも、これはどうしようもなく大人になってしまった彼らの物語で、今の自分には分からないで当然なのかもしれない。

家族と違う時間を過ごしたルイ。帰省して改めて実感するその家族との隔たり。それでも話を切り出そうとする。だが、結局は言い出せない。
家族も何かを察するが口に出せない。
そういった崩壊した家族はそう簡単に再生しないし、多分もう再生するまでのリミットは残されていない。

一部説明過多で、肝心なところは隠していて掴みどころのない宙に浮いた作品になっていたように思う。
今作は5人のフランスの名優達で作られている。
「ロングエンゲージメント」のギャスパー・ウリエルを始め、マリオン・コティヤール、レア・セドゥ、ヴァンサン・カッセル、ナタリー・バイの名演技が光っていた。特にヴァンサン・カッセルはほんとに大好きな演技をしていてそれだけで満足気味ではあるが、やはり魅力のない作品になっていた。
やっぱりドランの描くものだと思った、ほかにこんなにロケ地少ない映画ある??と思うくらい映像はほとんどが家の中、場所は全く動かないけど、登場人物の心の中は、かなり揺れ動きまくってる… 映像で語られるべきところと、語らず鑑賞者に想像させるところの見極めが彼はほんとうに上手だと思う、( 実際にはもう少し説明が欲しいところがなくはないんだけど ) それが合わない人はこの作品ほんとうに終わったあと「………で??」ってなる…

キリスト教はまったく詳しくない私が鑑賞後に思いましたが、まだこの映画を見てなくて、これから見るよという人は、ルカによる福音書 放蕩息子のたとえ のストーリーを頭に入れておくといいと思います、内容は複雑ではないし、この映画を理解する手助けになると思います

12年間帰郷しなかったルイが、自分に死が近づいていることを伝えるために家族に会いに行く話、ストーリーはたったこれだけなんですけど、登場人物の目線、仕草、言葉、話し方、もちろん話す内容、これらが全部見逃せないです、( っていうことに話が進めば進むほど気付くという ) 彼は、彼女はなぜ、あのときにこんなことを言ったのか、それは憎しみなのか、それとも愛?それかただの興味?誰の何を思っていたのか、何かを知っているのか、知らないのか…… もう推理小説に出てくる探偵ですね、どうしても細かいところまで探って見ていきたくなってしまう、そして感じ取りたいと思う、決して1度ではすべてを理解できない作品でした

母と息子の話でも当然あるけれど、家族の話でもあるんですが、家族って改めて、なんなんだろうって思いました、血の繋がりだけで一緒にいるのが奇妙でもあり、そして奇跡にも思えてきます。言ってることめちゃくちゃだと思うかもしれないですが、結婚する人同士は、パートナーは、選べるとして、親も子どもも兄弟も、お互いを選べない。でもほとんどの場合、一緒に時を過ごすことになる、たまたま一緒になっただけなのに… 巡り合わせですよね、だから家族だからすべてを分かり合えるなんて幻想なんだと思いました、こんなこと言ったらすごく冷たい感じがするんですけど…

家族に自分の何かを理解してもらえなかったとき、一番近い家族に理解されないという事実に落ち込んだけど、別に落ち込まなくていいんじゃないかとも思えました、私たちのこの家族という集合体は、分かり合えるものが同じもの同士で構成されたものではないんです、だから別にわかってもらえないこともあるよなって、妙に冷静になれました、結局は他人なんですよね…

やっぱりどのキャストも完璧で、これ以上続いてほしくないシーンも、心の中がぐるぐるするシーンも、不安になるようなシーンも、好きになれないシーンはいろいろあるけど、もう一度見たいと思う、なんていうか、不思議な気持ちです
>|