たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

Juste la fin du monde/It’s Only the End of the World

上映日:2017年02月11日

製作国:
  • フランス
  • カナダ
  • / 上映時間:99分
    監督
    グザヴィエ・ドラン
    脚本
    グザヴィエ・ドラン
    キャスト
    マリオン・コティヤール
    レア・セドゥ
    ヴァンサン・カッセル
    ナタリー・バイ
    ギャスパー・ウリエル
    あらすじ
    「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面だ。オードブルにメインとぎこちない会話が続き、デザートには打ち明けようと決意するルイ。だが、兄の激しい言葉を合図に、それぞれが隠していた思わぬ感情がほとばしる─。

    「たかが世界の終わり」に投稿された感想・評価

    家族というもののどうしようもない閉塞感・息苦しさが見事に表現された秀作。
    撮影の角度や会話劇の描き方や役者の演技は独特だったり良さがあるのだけど、別にそれだけだった。話としては何でもないし、大きな出来事は何もないし。最後の最後にどう爆発するのかと思ってたけど、肩どころか腰までたっぷりスカされた感じ。面白くはない
    2017.03.06 京都シネマ◇008
    もう、みんな不器用すぎでしょ。
    自分がもうすぐ死ぬということを伝えに来たのになかなか切り出せないルイ。
    家族たちはルイが戻ってきてくれて嬉しいってこと、ずっといてほしかったってことを伝えたかったんだろうのにそれもぜんぜん上手くいかない。
    最初から最後まで息が詰まりそうな時間が続いて辛かった。
    どうしてそんなにみんな伝えるのヘタなのと思いながらも、すごくわかるなあとも思って。
    ルイもきっと家族のこと嫌いじゃなかったけど、でもやっぱだめなんだよね。切なかった。
    たかが世界の終わりだった
    この監督のは、音楽がほんといい(内容はキツいけど)。

    …みんな、家族って色々あるよね。
    なんて息苦しいんだ…。今までだって、分かり合えない人々を散々描いていたけれど、でも、主人公以外の目線だって忘れていなかったし、分かり合いたいから辛いのだと思っていたけど、主人公からの目線でしか描かれないこの世界はたかがと思ってしまうほど諦めに満ちすぎていて辛すぎる
    観たには観たがコンディション悪すぎた。
    もう一度観る。
    ヒット曲がまるで違う印象で入ってくるのがおもしろい
    いい音響でみてほしい
    そして画面の人との距離感が絶妙だな、
    画面の作り方も、なんだかずっと湿っているような感じがあった
    あえてミステリー的な映画の仕掛けを引用してるようで常にざわつき、ファンタジーじゃないから何も変なことは起きないだろうにザワザワし続けた

    内容は映画として作り込まれているというよりショートストーリーのような短編感はある、「ある男の物語」というより、「という男がいた話」みたいな、
    だからなんとなく自分の環境とかに当てはめて見れる部分があった
    主人公の口数が少ないのもその要因だろう

    家族について考えるというより、人との関係、その延長に血筋という関係がある感じ
    何を伝えるか、何を言葉にしないか、どんな言葉や間を選ぶか…コミュニケーションについて再考する

    広告でラブストーリーかと思ってたら全く違った…
    タイトルがいいな〜 たかが世界の終わり
    そんなに内容としっくりきたわけではないが
    >|