たかが世界の終わりの作品情報・感想・評価

たかが世界の終わり2016年製作の映画)

Juste la fin du monde/It’s Only the End of the World

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:99分

3.6

あらすじ

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面…

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面だ。オードブルにメインとぎこちない会話が続き、デザートには打ち明けようと決意するルイ。だが、兄の激しい言葉を合図に、それぞれが隠していた思わぬ感情がほとばしる─。

「たかが世界の終わり」に投稿された感想・評価

舞台っぽかったな〜。ラストの夕陽とかね、ああいう照明よくみるもの。

故郷の小中高一緒に通った腐れ縁の男を思い出した。今でも遊ぶんだけど、どうしても相入れないんだ。彼の事はわかったつもりでいるし、向こうもそう思ってる。お互いの価値観をなんとなく掴んでいるが、認めるわけにはいかない。それを認めてしまったら、自分の人生が無意味になるって事を知ってるからだ。あんまり関係ない話。すいません。

今日、俺は花火を見に行くつもり。親友ともう1人、あんまり気が合わないと思ってた同郷の子。 スゴく楽しみだし、スゴく怖い。
描き出された田舎的家族像に拍手。テーマ起点のフィクションとしてというより、作者が掬い取った、現実的な田舎のリアルを見た、というつもりで見てました。よくこれを改めて一つの世界観にできるなと感動。田舎の家族ってほんまにこんな感じで、そこに居るナイーブな芸術肌の少年の息苦しさも、実際にこんな感じだと思う。
ooyan

ooyanの感想・評価

4.0
鳩時計が出てきます。
後悔郁

後悔郁の感想・評価

3.5
あっというまに終わっちゃった 実家にかえった主人公のよそよそしさ、10年以上はなればなれだとここまで距離があいてしまうんだな
かおり

かおりの感想・評価

3.2
先にあらすじ知っておかないと理解できないこの映画(笑)
映像の綺麗さとか音楽のかっこよさは感じたけどストーリーわかんなくて???ってなった(笑)
もっかいみたらわかるかな…
1号

1号の感想・評価

3.6
なんともいえない後味。
音楽が絶妙にカッコいい。
前情報無しに見るとかなり難解な映画。
実験4号

実験4号の感想・評価

2.8
離れて暮らしていても、近くにいても
家族は面倒くさい。
他人であれば気にならないことも家族だと気になってしまう。
フランス人でも日本人でも、それは共通認識なのだなあ、と、そして、母親の息子を想う気持ちも万国共通なのだなあ、と思った。

にしても、わかりにくいことこの上ない。
フランス映画が嫌いな人にはオススメできない。

ドランの撮る映像は相変わらずカッコいい。
pappo

pappoの感想・評価

2.5

このレビューはネタバレを含みます

これは想像だけど、弟がゲイだと知っているのはこの家族の中では兄しかいないのではなかろうか?
母も妹も兄嫁もそのことは知らず、兄だけが知っている。兄が知っていることを弟自身は知らず、兄は弟がゲイだということを未だに受け入れきれてない、、、そういう背景がこの家族の根底に横たわっているような気がした。
2017(119)
距離も会話もそれぞれのエゴも窮屈で煩わしく塞ぎ込みたくなる
空間がギューっとなっていくのが今回は視覚よりも聴覚によって、彼らのがなり合いを引き立てるような演出であった
>|