ジュリアンの作品情報・感想・評価・動画配信

「ジュリアン」に投稿された感想・評価

奥さんを支配しようする夫、そしてお母さんを守ろうとするジュリアン。突然「反省してる、生まれ変わった」とか父親が言い出すのは典型的ななDVねとか思いながら見てたけど、ラスト15分は超怖かったー!!!これほど「警察、急いで急いで」と願う映画も久々だった。

ほんと、ホラーだった。ありがとう、お隣のおばさん。

お父さん役のドゥニ・メノーシェって「グレース・オブ・ゴッド 告発の時」では被害者の会を発足させてたのに。。。

車の中でジュリアンが、お父さんが大声だしてビクッとなってるの、本気で怖がってるのではと心配になった。演技だろうけど。

全編、嫌な空気がただよう映画だったー、、、ほんと、よく出来てる映画。


「ジュリアン」観終わって「愛と執着の違いってなんだろう」と考えてしまった。 

自分と相手との関係で相手の気持ちを中心にして考えたり、行動できるのが愛。これが、自分の気持ちを中心にして考えたり、行動するようになると執着になっていくのかな。

あと、自分は間違ってない、ああてとも少しコミュニケーションが上手くとれないだけで話し合えば元に戻れるって気持ちも、執着心に繋がるのだろうなぁ。

ダメなものはダメで、もう二度と元には戻れないことはあるってことを自覚して生きるって大事だな。

「ジュリアン」怖い映画だったな。コレはしばらく引きずるな(笑)
ずっと小さな震えが止まらなかった本当に怖い横で寝ていた娘をずっと抱き締めていた。無音のエンドロール息もできなかった、
しゅり

しゅりの感想・評価

3.9
こんな酷いことはさすがになかったけど、車内での空気感とか幼いことで選択権どころか発言権が無いに等しいこととか幼少期の時に感じてたどうしようもない悔しさとか気持ちの置き所のなさを思い出しながらジュリアンを見ちゃってなんかもうジュリアンのパパに殺意を抱いた なんなんだこいつはまじで 許せん
てか離婚調停の時に子供は話し合いの蚊帳の外になるの、仕方ないのかもしれないけど昔から納得いかない 自分にも大きく関わることなのに
な

なの感想・評価

3.8
離婚した両親の間で翻弄されるジュリアンのお話。

ジュリアンに対する父親アントワーヌの態度が、徐々に横暴になっていく様子がリアルで怖かった。母親ミリアムに泣きすがる時も、自分こそが本当は被害者と思っている様子で心底気持ちが悪かった😩

姉はパーティーの後、どうしたんだろう?

検事の時点で始まって、姉の視点が入ったり最後の隣人の視点で終わるのが表面的にはこう見てるでしょ?あなたならこんな時にどうする?って言われている様に感じた。

父親役のドゥニ・メノーシュは怖すぎて本当に嫌いになってしまいそうだけど、実際には冗談をたくさん言うくまさん🐻みたいな人らしい。とんでもない演技力だ‥

疲れたし、もう観たくない‥。でも間違いなく傑作。でももう観たくない‥。でも色んな人が観るべき。でも私はもう観ない‼︎
かえ

かえの感想・評価

3.5
序盤は何かがひっかかるようなモヤっとした恐ろしさだけど、終盤は怒涛にかける勢いで恐ろしさが増していく。俳優が皆演技が上手なので、母と息子が感じているだろう恐怖を観る側も感じ、恐ろしさで泣きそうだった。
粘着質で暴力的な父親との嫌な関係をただひたすら見せられるような映画だった。
しょっぱな、離婚調停の話から始まり、これはもしかしたらいろんな面があるんじゃないか、と思わせられる。
が、そんなことは何もなくて、あとはずっと父親の異常な愛に対する嫌悪感が続いていく。
Rio

Rioの感想・評価

3.5
冒頭の調停のシーンとラストシーンでのお父さんのギャップが…😱
人の本性ってパッと見じゃ全然分からないし、人の執着心って怖い…
この作品のラストは極端にしても、世の中DVで苦しむ子供たちがたくさんいると考えると、切ない気持ちになる、自分が親になったから余計に。
ぱぷぽ

ぱぷぽの感想・評価

3.5
家庭内暴力を扱ったストレートな一作。
イングロリアス・バスターズではあんなにいい人だったのに、すっかり巨漢のDV野郎になってしまって悲しいわ。笑

という冗談はさておき、なかなか嫌な役を見事にやりきっていて凄い。感情をコントロール出来ない→周りに拒否される→余計に感情をコントロール出来なくなるっていう負の連鎖が描かれていて「どこかで止められなかったのかなぁ」なんて真剣に考えてしまう辺りさすが社会派映画。

あと、お姉ちゃんの存在が結構絶妙。
親の方に近い歳の人は多分、お姉ちゃんの彼氏が嫌いだと思う。ナヨナヨへらへらチャラチャラしやがって!!と。
彼女が自分のために学校サボる事を止めない辺り大人は許せん。それを「仕方がない」って思わせる魅力もないキャラ(大人目線で)にしているのがいい。
お姉ちゃんはそんな彼氏との間に子供が出来て駆け落ちするようですが、次のDV家庭はこうして生まれるんだよ。っていうメッセージにみえて仕方ないです。

可愛いジュリアンはママを守るために嘘をついたりするけど、パパは基本的にジュリアンには興味が無いようでこちらもまたネグレクトだな。ママに会うための道具にされてしまってて可哀想。
お姉ちゃんは諦めたので、せめてジュリアンには幸せになってもらいたい。
るみる

るみるの感想・評価

3.6
11歳の少年が感じる声に出せない迫りくる恐怖がひしひしと伝わってくる。

離婚した父親と母親の間で板挟みになりながらも、必死に母親を守ろうとする健気さ。

家族に執着する常識を逸した父親のDV行動は、もう恐怖でしかない。

平穏な日々がどれほど有り難いことなのか、考えさせられる。
Yun

Yunの感想・評価

3.8
じわじわ胸に迫る恐怖感がとてもリアル。邦題と内容とのズレは否めないが、子役のジュリアンの雰囲気や演技が素晴らしく大きな存在感を放っていた。
>|