母という名の女の作品情報・感想・評価

母という名の女2017年製作の映画)

Las hijas de Abril/April's Daughter

上映日:2018年06月16日

製作国:

上映時間:103分

あらすじ

海沿いの家に二人で暮らす姉妹。17歳の妹・ヴァレリアは妊娠しており、姉・クララは離れて暮らしている母親・アブリルを電話で呼び寄せる。お腹の中の子供の父親は、クララが経営する印刷所でアルバイトしていた17歳の少年・マテオ。姉妹の元に訪ねてきたアブリルは、クララやマテオと会話を重ね、ヴァレリアの不安を和らげるように接し、母親に不信感を抱いていたヴァレリアも徐々に母を信用し、そして無事に女の子が生まれ…

海沿いの家に二人で暮らす姉妹。17歳の妹・ヴァレリアは妊娠しており、姉・クララは離れて暮らしている母親・アブリルを電話で呼び寄せる。お腹の中の子供の父親は、クララが経営する印刷所でアルバイトしていた17歳の少年・マテオ。姉妹の元に訪ねてきたアブリルは、クララやマテオと会話を重ね、ヴァレリアの不安を和らげるように接し、母親に不信感を抱いていたヴァレリアも徐々に母を信用し、そして無事に女の子が生まれ、カレンと名付けられる。ヴァレリアの代わりにカレンの世話をしているうちに独占欲がアブリルの中に芽生える。カレンを自分の管理下に置こうとするアブリルに反発しはじめるヴァレリア。娘との関係が悪化していく中、ついにアブリルは深い欲望を忠実に遂行していく。

「母という名の女」に投稿された感想・評価

PORK

PORKの感想・評価

4.1
これがアバウトタイムへの俺たちのアンサーよ。ありがとうミシェル・フランコ。

17で出産してもうた娘のために母ちゃんが一肌脱ぐで〜〜〜からのちゃーーーんと現実が牙を剥いてくれる。いや本当にこれをレアケースでなくて現実と言ってくれる映画の有り難みたるやね。それでいてあのお姉ちゃんの存在意義がバッチシな訳。

『ある終焉』で喰らってから、人物や車が移動するのをグイーと追ってくのが怖すぎる。息が詰まるとはこのこと。

映画の新規性を大事にしてるってなんかのインタビューで言ってたけど、今回のお題は色々と私はタイムリーでした。ミシェル・フランコに映画撮らせるために、これからもたくさん社会問題浮上してくれよな!
ホームビデオのような距離感を保ち続けるカメラ。人物の内面にガッと食らいついて行かない。BGMもなく、平凡な日常の観測視点に徹している。作家性を排する作家性。それは自然というよりちょっぴり意固地に見える。妙な監督さんだなー。

男を骨抜きにするフェロモンが抑えられない熟女オカンと、若さをパチパチはじけさせる17歳の娘のマウンティング劇。(というか、オカンのほうが一方的にずっと馬乗りなんだが)

とにかく、どんなにタルんだってまだまだ現役の女であり母なのよというオカンの情念が最高、いやサイコ。手練れのエロテクを発動させ若い彼氏を寝取ったかと思えば、歴戦の母の経験値をタテに娘の赤ん坊をさらう。もちろん、衝動的で後先など考えない。

支離滅裂、複雑怪奇な女心の脳内シーソーゲームに付き合わさせる観客(特に男)は、なんとも言えない疲労感に襲われることでしょう。

これ、バーホーヴェンやフィンチャーにリメイクしてほしい。
みつこ

みつこの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

斬新な作品だなと思いました。
観客の視線の動きをサポートする
映しかたでは無かったので、
ドキュメンタリーっぽく感じます。
最後、結局誰の今後もわからなくなって
しまったのは面白い終わり方だなと
思います。
伏線もあまり無いように感じたので、
色々考えずに観ることができました。
女でも、あの母親には腹が立ちます。
lp

lpの感想・評価

3.3
昨年のカンヌ国際映画祭のある視点部門で、審査員賞(平たく言うと、同部門の2等賞)を受賞したメキシコのミシェル・フランコ監督の新作。

ミシェル・フランコ監督について少し触れると、長編1作目(日本では劇場未公開のため未見)がカンヌの監督週間に出品。長編2作目の『父の秘密』がカンヌのある視点部門でグランプリ(平たく言うと、同部門の1等賞)を獲得。続く3作目の『或る終焉』が、今度はカンヌのコンペで脚本賞を獲得というキャリアの持ち主。今作で3作連続のカンヌでの受賞ということで、現在世界から注目されている脂が乗った映画監督の1人と言っても過言ではないはず。

私が鑑賞した範囲で作品の特徴として言えるのは、何れも淡々と事象だけを切り取って映すスタイルで、登場人物の感情や思考は観客が汲み取る必要がある。そんな「やや難解」な映画を撮っている。
しかし、スタイルこそ取っ付き難いけれど、映画の内容は「娘の復讐に駆り立てられる父親」を描く『父の秘密』に、主人公が異常なまでに仕事へ没入する『或る終焉』と、比較的に分かり易い。また、何れの映画でも最後に名状し難い後味を残すことも、ミシェル・フランコ作品の特徴である。そしてこの「後味」が妙な癖になり、『父の秘密』で知って以来ミシェル・フランコに嵌まってしまった。

さて、枕が長くなったけれど、ここからは今作『母という名の女』の話。
一言で表すと、今作もまたミシェル・フランコ節全開のドラマだった!上述の過去作に通ずる特徴は、全て今作にも引き継がれていた。

ある2人姉妹が17歳にして妹が妊娠したことを機に、疎遠になっていた母と再会する。母は最初こそ献身的に妊娠した妹の世話をするが、妹が出産してからは、徐々に何かが変わっていく・・・という話。

過去作から人間の負の感情の「暴走」を描いてきたミシェル・フランコは、今作でも母娘の間で負の「何か」を暴れさせる。「何か」って何だ?と思われるかもしれないけれど、名状することが難しいので仕方がない。母性・愛情・性欲・嫉妬など、思い浮かぶ単語はあるけれど、どれも微妙にしっくり来ない。ものすごく大枠で捉えるならば「欲望」になるかな。
とにもかくにも、この母娘間の対立には妥協が一切なく、話は想像の斜め上を転がっていく。余白たっぷりに、感情や思考を直接的には映さずに話が展開するので、今作のストーリーを巡る解釈は観た人によってかなり変わってくるはず。ちなみに、個人的には「血は争えない」というテーマを軸に解釈を巡らせています。

演出面ではミシェル・フランコの安定した手腕が光る。冒頭数分の姉妹の些細なやり取りだけで、家庭内の不協和音を提示する手際の良さからして素晴らしい。
また、母親・姉・妹・妹の旦那の4人による狭いコミュニティでの話にもかかわらず、4人の内の3人以上が同時に画面に映るシーンは僅か。こういった所からも、今作の不気味さが伝わってくる。

やや重たい映画ですが、ミシェル・フランコ監督作に挑戦したい方はぜひ。
AS

ASの感想・評価

3.4
M・フランコにしては饒舌過ぎる作品。朝食の準備をする姉、アンアン言ってる妹、シーツを交換する姉、この導入部の流れこそが監督の真骨頂。残念ながらそれ以降の展開には全くついていけず、らしさ全開のラストショットに思わず唸らされるものの時すでに遅し。
禁欲的な画面の中でこそM・フランコの演出は冴え渡る
いち麦

いち麦の感想・評価

4.0
欲しいものは何でも手に入れたがる短絡的な母親の、余りに未熟な精神構造に呆れ果てる。お人好しで主体性ない恋人、同情はするが不甲斐ない姉にも不満。その分、娘が次第に母としての自覚と強さを持っていく姿が際立つ。
ゆー

ゆーの感想・評価

2.0
前半はグイグイ話が進んでいき面白かったんだけど後半につれて何したいんだろ?と思いだし最後はなんだこれ⁉️で終わった…赤ちゃんが泣きすぎて疲れた
リョウ

リョウの感想・評価

2.4
母、恐るべし!
最初は何がそんなに恐ろしいかわからなかったけど次第に明らかになっていく彼女の支配欲。。。
まずは赤ん坊がさらわれ、とうとう娘の恋人まで(汗)
しかし娘は立ち上がる!愛する娘を取り戻すために。
キーワードは「●●」。
果てしてイカれた母親が最後にとった行動とは!?娘が下した決断とは!?
junpa1

junpa1の感想・評価

5.0
予告の雰囲気から勝手に期待していたイメージと違ったけど切れ味はとてもあざやか。
9g9g

9g9gの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

3人の女の中で、
定期的にヨガをし自己管理ができている、ようにみえるアブリルは、欲望を抑えきれず“淫ら”に生きていて
子供を産む母としてはふさわしい、とされるふくよかな体をもつクララは、一度もカレンを抱かなかった、体型を気にしていて下剤をのんでも痩せないし食事制限もうまくいかない、でも3人の中では1番冷静というか、文句があっても口にせず静かに立ち去ったりだったな、
若くて細くて美しく、母と言う言葉から1番遠く離れている、ようにみえるバレリアは、子供を産んだ
女のからだについてたくさん考えたこうあるべきなからだって何だろうとなった。
>|