長江 愛の詩の作品情報・感想・評価

長江 愛の詩2016年製作の映画)

長江図/Crosscurrent

上映日:2018年02月17日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

父から譲り受けた船で発見された古びた詩集「長江図」。 そこには長江流域の街が記され、導かれるように船は長江を上流へ進む。 男は、行く先々で”美しい女”と再会し、過ぎ去りし記憶に想いを馳せるー。

「長江 愛の詩」に投稿された感想・評価

2018年2月24日、シネマート新宿にて鑑賞。

恵比寿ガーデンシネマで、この映画の予告編を見てから、気になっていた映画。
ようやく観た。

ジャ・ジャンクー監督の傑作『長江哀歌(エレジー)』を思い出しながら観るも、似ているのは「長江と山々の風景のみ」であり、この映画の物語展開は明確に「何か事件が起こる」というかたちではなく、抒情詩的な流れを眺める感じである。

貨物船、長江の河の流れ、そして時々登場する女性。この女優=シン・ジーレイは、非常に綺麗!

映画を観終わって数時間経ったが、未だに、この映画の持つ意味を考えてしまう「余韻に浸る感じの映画」であった。

<映倫No.47460>
紫色部

紫色部の感想・評価

2.5
2018.4.20 アルテリオ映像館(4K上映)

「河の遡行」というヘルツォークやコッポラ的なところから始まり、アンゲロプロス→アントニオーニ→ソクーロフをなぞっていく(?)演出は超スゲーが、演出よりも観念が超先行している感じにそこまでノレず。山紫水明なのに… とりあえず、ダムを越える一連のシーンとか時空を超えるパンとか水墨画っぽいオーヴァーラップとかが超やべー。というか、リー・ピンビン超つえー。
Yuki

Yukiの感想・評価

3.5
予告編を見た時から絶対映画館で見たいと思ってた映画
いまいちストーリーを理解できないまま終わっちゃったし、途中眠くなっちゃった。会話が本当に少なくて、水の音とか自然の音がほとんど。主人公たちが話す中国語、静けさがあって新鮮だったなあ。
大陸の迫力と長江の広大さを前面に表した映像が綺麗だった。知らない国の風景を見ている感じで、見たあと不思議な気持ちになったし、いつか長江を自分の目で見てみたいと思った。
実際の風景だが、何か異世界の風景のように感じてしまう不思議な映像だった。ひとつひとつの詩の世界が描かれているのだろうか?難しい??
最後のシーンは何かを暗示しているのだろうが、それもわからなかった。
映像だけは心に染みた。
momolan

momolanの感想・評価

4.3
山河水域才是真正的主角,流动着的行歌溯回。关于诗、关于旅程、关于消散的记忆、关于长江的逻辑。导演将每一个游魂妥帖安置于江流,也将每一处韵脚轻藏在影像。没有神灵让人信服,所以需要一位女性。没有流逝可以逆转,所以需要一部电影。
skm818

skm818の感想・評価

3.7
船長だった父親を亡くしたばかりの若者が2代目の船長となって運搬船で長江を上流へと遡っていく。その過程で怪しげな依頼を受けたり女性と交わったりするんだけど、この女性ってのが行く先々に姿をあらわす。そんなこと常識的に考えてあるわけないから、これは幻なんだろうとわかる。船長は父親の思い出に囚われているようで、おそらくは父親が若い頃書いたのであろう詩を読み返しながら、父親の寄港した場所をたどって上流に進んで行く。
長江の広さと沿岸の切り立ち具合が凄まじいが、ただそれだけの話であって、正直言ってむちゃくちゃ眠い。最後は長江の源流まで行ってしまってそこでひとつの墓に出会うんだけど、その墓にはこれまで散々出てきた女の名前が刻まれている。
これはどういうことなのだろう。船長にとって父親を乗り越えるための鎮魂の旅だということはわかるんだけど、この女の人は父親の昔の恋人だったのか?  そんでもって一緒に乗ってた船員の人たちは結局どうなったのだろう。どこまでが現実なのかがよくわからん話だなあ。
長江の流れに身を任せ映画に身を任せ、気づけは上流。
1回では理解しきれない。パンフ読んでもう1回見たい。
映画というものは元来、1カット1カットがことごとく見応えがありそれに圧倒され続けるようなものであるべきだ、ということを本作は思い出させてくれる。
正直話はよくわからなくてパンフレットを読んでやっと理解したのだが、それと本作の映画体験はあまり関係ないようにおもう。
sunny

sunnyの感想・評価

3.8
長江の画が壮大。内容は、、むつかしい、、予告見直したり他の人のレビュー見ながら自分なりに解釈中。

このレビューはネタバレを含みます

しんどい
・中国語の耳障りが苦手
・ストーリーありきの映画に慣れすぎてもやもやがめっちゃ残る
・中国の経済発展のスピードがただただ恐ろしい
・古代文明が大河の辺で繁栄した理由がよーーーくわかった
>|