長江 愛の詩の作品情報・感想・評価

長江 愛の詩2016年製作の映画)

長江図/Crosscurrent

上映日:2018年02月17日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

父から譲り受けた船で発見された古びた詩集「長江図」。 そこには長江流域の街が記され、導かれるように船は長江を上流へ進む。 男は、行く先々で”美しい女”と再会し、過ぎ去りし記憶に想いを馳せるー。

「長江 愛の詩」に投稿された感想・評価

彼女は長江の分身だったのかな。そして魚?千と千尋のハクみたいだった。むしろこっちの方が白龍があってたかも。

素晴らしい映像。川を上るにつれて変化する景色、雄大さ、数々の史跡。中国人の長江への愛が感じられる。白帝城見逃したかも。ダムが出来る前に行ってみたかった。

三峡ダムを扱う映画は多いが、「小さな中国のお針子」はダムで沈む前の美しい村が描かれていて良かった。
nakaji

nakajiの感想・評価

2.4

このレビューはネタバレを含みます

長江をさかのぼる男は
行く先々で同じ女性と再会する

初っ端の港町の風景
名画を観ているようで息をのんだ

ずっと暗いシーンなんだけど
素人ながら、芸術に触れさせていただいた気分です
明るい映像も観たかった

撮影監督と言うんですか
カメラマンの域を超えちゃってるんですね

リー・ピンビン

すごい人です
是枝監督の空気人形の撮影も彼だったんですね
納得です

ストーリーは
はっきり言って邪魔です
足を引っ張っている

川を時間の流れにたとえているとか
三峡ダムが自然破壊だとか
わけのわからない父親の詩とか

最後は死んだ母親の墓ですか

何度も出てくる彼女が
女郎だったり、不倫妻だったり

主人公は
客だったり、間男だったり
てゆうか
近親相関ですね

若者が夢精する時に見る夢

みたいなものですか

観光するように観てください
(ヤン・チャオ監督)

映像監督にまるごと、おんぶにだっこです🙀

なら、邪魔しなければいいのに😳
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

2.5

ジャケットの表紙がすごく美しくて長江一度足を踏み入れたい場所だが…お国がお国だから行きたくない。映像確かにきれいに感じるが正直な話、超巨大なスクリーンで見るのと家の80インチのテレビで見るのとじゃあ感動は天と地の差…ベルリン国際映画祭でも銀熊賞受賞してるから気になったんだけどねちょっぴり残念。
リン

リンの感想・評価

3.8
天翻地覆的美,充滿想像又冷靜,與詩篇內容貫徹一致。平靜的開始又平靜的落幕,太喜歡了。
Yusuke

Yusukeの感想・評価

3.6
レビュー書いた後に、「長江圖」が、主人公本人による詩集と判明。
-------------------------------

死んだ父が残した、詩集であり、また地図でもある「長江圖」に導かれながら、長江を上海からその源流まで遡る。闇取引のために、得体の知れない魚を運ぶ主人公(以下、彼)は船の運び屋であった。

長江上流へと遡るように、彼は時間を遡る。船に乗せてしまった、死んた父の霊と共に。


「長江圖」に書いてある土地に停泊する先々で、彼は、上海で見かけた女に出会う。そして、その女から、その土地の忘れらた死者の声をも聴いてしまう。

彼の父が残した詩集は、長江での商売、あるいは、もっと抽象的に、人間の生命を罪と考える父が、自らの贖罪のために書いたもので、また彼自身も、同様の思いにあった。彼/父には、圧倒的に贖罪のための詩が必要だった。

彼の出会う女は、蛇行極まりない長江を整備し、自然を人間の支配下へと改造してきた文明以降の「歴史」の中で、生きる意味を見失い、死んでいったたくさんの人々の象徴のように描かれる。

そういった「歴史」を作る人間の業の深さを知りながら、それを知らぬ顔をして船に乗り、さらには闇の運び屋を生業とする彼は、出会う女を、必死に追い求める。彼女と会話し、食事をし、抱いてしまう。悪の運び屋としての罪の赦しを得るための、まるで自慰行為のように。俺は罪人だ、わかってくれ、と言うように。

父の「長江圖」の導くままに、長江を遡る中で、彼はますます父に同一化していき、父の崇高な内面を知ってゆく。死んだ父の魂を十分に鎮めることができた暁に、彼は「長江圖」を捨てることに成功する。贖罪意識に苛まれてきた父を乗り越え、彼に詩は必要でなくなった。

その直後、彼は闇の仕事を失敗したため、殺され、あっけない死を遂げる。この死の意味はなんだろうか。

闇の商売から足を洗って生きていこうと決意していた彼の意思は敗れ、結局、彼の魂だけが、長江の源流を訪れ、彷徨うことになる。


映画のラストカットは、業から逃れられないと説く、長江を見つめる仏たちの後ろ姿であった。
--------------------------------
Tak

Takの感想・評価

3.6
これはもうリー・ピンビンの映画だな。
悠久の長江の流れ。
圧倒的な映像叙事詩。

これは劇場で観たかったなぁ。
ささ

ささの感想・評価

4.1
長江行く前に観た。
綺麗な時間がながれる〜〜
川の流れをみてると、時間の流れを感じる。それはながれる。しかし、逆らったら??

日本語字幕付きでもう一回みたい。
Vega

Vegaの感想・評価

4.4
弔いの黒い魚
意志なく船を継ぐ男
幻のような女
仏閣、信仰
ダムの近未来感
沈む町
闇に光りに表情を変える長江

悠久の大河の遡行は文明や歴史を辿る旅のようでもあり、個人的な記憶の回想のようでもあり。

全てを思い出すことができないけれど全てが詩だった。

もう一度観たいな。
すごくすごく良かったんだよね。
ただただ風景を、景観を、味わおうと臨んだものの観念だかなんだかよく分からないものが邪魔してありまして。

だったら観なければよかっただけのハナシだとは重々承知で御座いますがそれでもどうしても、うっせえなぁこの作者、と思ってしまいましたよ、と。
時の流れとともに川を遡る。
不可思議でロマンチックな素敵な映画。改めて再見しても面白そう。
>|