プラットホームの作品情報・感想・評価・動画配信

『プラットホーム』に投稿された感想・評価

zhenli13

zhenli13の感想・評価

4.0
1979年から始まり、しかし年代の変遷がはっきりと示されるわけではなく、人民服に近いもっさりした服装や髪型で毛沢東翼賛の公演をしていた「文化劇団」が解散し、「ラッパズボン」を穿いたりパーマをあてたり、劉少奇や鄧小平の名がラジオから流れ、村に電気が通って「共産党に感謝しよう」とアナウンスが流れても誰も聞いてないふうで、サッチャーの名が人々の口にのぼり、妙な性教育アニメーション映画が上映されてて、いつの間にか車がたくさん往来し女性もワンピースやタイトなズボン姿になっている、そういう微妙な変化が時代の流れを見せるがまさか天安門事件も終わってる1991年までの話とはわからなかった。

『旅芸人の記録』と比較されてるが、『プラットホーム』はアンゲロプロスの長回しロングショットにおける途方もない魔法のような体験とは違うしそれほど長回しでもないんだけど、はっとするようなショットが何度も出てくる。草木もない山を臨むがれきの平野みたいなところの水辺で、右端のほうでだんだん火が燃え上がるショットなど。
そして『旅芸人』と同じく音楽映画でもある。テレサ・テンが流れ、いいかげんな歌詞でジンギスカンを歌い踊る若者たち。「ロックンロール・エレキバンド」の超ダサパフォーマンスが最高(アピチャッポンのエアロビおばさんに匹敵)そして本作から20年以上にわたってジャ・ジャンクー作品のミューズとなるチャオ・タオがやはりここでも流行歌に合わせて優雅に踊る。

いままで観たジャンクー作品は『世界』『罪の手ざわり』『山河ノスタルジア』くらいでなんとなく文法が馴染まない感じがあったのだけど、この『プラットホーム』が一番馴染んだかもしれない。
目を見開いたカメラから聞こえる生々しい息遣い。いくつものダンスシーンと色彩が美味しい。
Omizu

Omizuの感想・評価

4.2
【2001年キネマ旬報外国映画ベストテン 第7位】
『長江哀歌』『帰れない二人』のジャ・ジャンクー監督作品。ヴェネツィア映画祭コンペティション部門に出品され、カイユ・ドゥ・シネマのベストテンにも選出されるなど世界的に高い評価を得た。

あー、やっぱりジャ・ジャンクー大好きだ。始まって数秒でもう、これは好きなタイプのジャ・ジャンクーだ!となった。最高。

幼馴染の四人を主軸にした青春もの、とされるが、そこに中国の実情や問題点を密かに込めるあたりは流石としか言いようがない。

映像のダイナミズムとリアルな役者陣のアンサンブルに惹きつけられ目が離せなかった。

最近の作品まで出続けているのが彼女だけというのもあり贔屓目に見ているのかもしれないが、やはりチャオ・タオは素晴らしい。単純な美人、というともうひとりの女性なのだが、チャオ・タオには惹きつけられる演技と存在感がある。どうしても彼女を目で追ってしまう。

引きで捉えられた美しいショットの数々は本当に素晴らしく、ジャ・ジャンクー十八番のあえてのダサい音楽シーンも最高。今作はこれまで観たどれよりも音楽が多い気がする。

演劇団の四人は時代の波や家族の問題、経済、恋愛といった荒波にもまれて散り散りになっていく。中国独特の人情とドライさがいいバランスで保たれている。

バスやトラックでの移動シーンが多いが、タイトルのプラットホームのある電車には彼らは経済的に乗れないようだ。そこも皮肉というか。でも四人がプラットホームに立って、人生という電車に乗るか乗らないかという躊躇いを描いているとも言える。
べん

べんの感想・評価

4.0
早稲田松竹にて。ほとんどアンゲロプロスみたいなショットに唸った記憶。
miku

mikuの感想・評価

-
まったく近寄らないカメラに、タバコの煙や吐く息の白さにぼやけた世界。長回しの連続で、そこで起きる出来事をただ映し続けるのみ。意味があるのかないのか。随分とぶっきらぼうな映画だなあ。ただ雪の中でトラックを動かすところと、城壁の上で出会う男女がよかった。映画内で見たバンドの中で最もダサいバンドが観れます。
Jimmy

Jimmyの感想・評価

3.0
早稲田松竹にて鑑賞。(ジャ・ジャンクー監督作品2本立て)

この2時間30分を超える映画、物語を把握するのが難しく、市井の人々の些細な物語の積み重ねで地味。

見所は、赤い服のフラメンコ娘か。
歌も「♪ジン、ジン、ジンギスカ~ン」という聴いたことある歌が出てくる。

汽車が通るだけで大騒ぎする若者たち、村に電気が来たと喜ぶ人々は、時代を感じる。
当時の田舎の風景。

そのうち、ロックンロール・エレキバンドなる旅芸人のような若者や、トラックの荷台をステージにして踊る若い女性2人。

この映画のストーリーを把握しづらいのは、若者が数人出てくるのだが、最初のうち、彼らのアップシーンが少ないのだ。
常に、集団で居る場面が多いので、顔と名前が一致しない。

「若さのエネルギー」は感じたが、物語の解りづらさが致命的だった。
また観たら、よく分かるかもしれないので、機会があればまた観たい。リベンジで…。
ジャジャンクー版「旅芸人の記録」。て程の途方も無さはないがそんな感じ。腐れ縁と思われた4人がいよいよ散り散りになっていく様と不可分な時代。。否、髪型の変遷。。

そこまで間延びしない超遅速パン振りも、豆粒過ぎない引き画もいいのだが、主役のメガネがザ・ボンクラて感じでいい。
たかや

たかやの感想・評価

3.5
結構好き。
なんだろうかこの何も大きなことは起きていないのだが、目が離せなくなる感覚は。

時間だけが過ぎていく彼らの青春をとらえる長回しが心地よい。

たばこたばこたばこって感じで煙の映画なのだが、歌やダンスなど全てが突然でこれが人生なのかも。
Dantalian

Dantalianの感想・評価

4.4
电影院
橱窗 照片 (芳华)
邓丽君 茶花女
吃醋
普希金 爱一个人就要爱他的全部
1980年 (再过20年是2000年)计划生育
改革开放了不假,可是思想观价值观还得好好改造 计划生育宣传队
广州 フラメンコ
刘少奇平反 枪毙 抽烟 化妆
钟萍 张军
城墙 死角
花花世界真好!
自制舞厅。。。粤语歌
英语磁带
吉他 爸爸出轨
堕胎 周围都是男人
邓小平阅兵
墙上的字 站台 贾樟柯
いとこ
黑煤矿 合同
刘克《站台》 火车
オフィスで一人で踊る 税务局
ロックの流行 デニム 飛んでくるバナナの皮
长发的张军
再会 橱窗的照片
結婚 出産
西川(出演) 欧阳江河
jamming

jammingの感想・評価

4.6
ワンホンウェイとチャオタオの
壁のシーンは宝物になりそう。

ワンホンウェイは無二のキャラ
>|

あなたにおすすめの記事