がっこうぐらし!の作品情報・感想・評価・動画配信

「がっこうぐらし!」に投稿された感想・評価

ごまこ

ごまこの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

原作、アニメ視聴済み。思っていたより良かった…。みーくんとくるみちゃんのルックスもイメージ通り。しゃーないけど体育祭のシーンはシュール。
鯖

鯖の感想・評価

2.5
引き戸を物を置いて押さえようとしたり、誰が撮ったかわからんポラロイドがあったりツッコミどころ満載だけど、B級ゾンビ映画としてはそれなりに観れる。

高校生ゾンビのエキストラの中にオッサンが混じってる
SEKAI91

SEKAI91の感想・評価

2.6

このレビューはネタバレを含みます

私立巡ヶ丘学院高等学校・学園生活部。シャベルを愛する胡桃、ムードメーカーの由紀、リーダー的存在の悠里、この部活に所属している彼女たちは学校で寝泊まりし、24時間共同生活を送る「がっこうぐらし」を満喫していた。屋上の菜園で野菜をつくり、みんなと一緒にご飯を食べて、おしゃべりをする。そんな楽しい彼女たちの学園生活が、校舎にはびこる「かれら」の存在によって一変する。大量の「かれら」の襲撃に、彼女たちだけで立ち向かうこととなるが、、

かれらが現れた最初の発端はなんだったんだろう、、
ホラーなのかコメディなのかよくわからなかったしストーリーが薄い、、

ツッコミ所としては普通ならもう何回も噛まれてるね、、笑
推しとおそろのリストバンドつけてるの見ただけで具合悪くなった例の映画
山椒

山椒の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

原作を知らずに
ラストアイドルすきなので
それだけの理由で見た映画

演技力はおいといて
私はラスアイ好き、ということだけで
3.0スコアですが
それでも途中まだあるのか…と
思ったのでラスアイ知らない人には
結構しんどく思えそうな映画かも

ひょっこりはん出てきたのは笑った

おのののかは
まぁ死んでるんやろなって
だいぶ序盤からわかる感じ

ゾンビメイクが結構
凝ってていいじゃん!!
って思ったけど
ゾンビが続々出てくるところで
メイク甘いゾンビも多くて
そこちゃんとやったげて…ってなる

途中途中アイドルのために
弱くなるゾンビもね、ご愛嬌ですね

阿部菜々実の9頭身を
見ているだけでも
見応えは個人的にありました〜
でもツインテールより
ポニーテールの方似合うと思うんですが
それは原作のキャラ寄せなのかな?

最後の曲は
愛しか武器がないよりは
一期生が出てるわけだから
一期生の曲の方良かったのではと
思いますが色々発売時期とかの
大人の事情もあるのかなと🤔
sato

satoの感想・評価

3.0
思っていたよりも普通に見ていて楽しんでしまったー!!!笑

足立梨花に似てるーー!って思ったら
足立梨花だったーー!使い方!w

みーくん推し笑
爆裂BOX

爆裂BOXの感想・評価

4.2
「まんがタイムきららフォワード」で連載していた学園サバイバルホラーマンガの実写映画化作品です。原作は既読で、アニメも視聴済みですが、秋元康プロデュースの演技経験ゼロのラストアイドル主演、監督が「リアル鬼ごっこ」の柴田一成、予告編やキービジュアルのネタバレ全開感など情報出るたびに萎えさせる情報が多かったんですが、見てみたら意外や意外、アイドル映画としてもゾンビ映画としても結構優等生な作りで楽しんで見れました。
原作の5巻までの「高校編」を上手く100分程度にまとめていると思います。ゆきの「日常を送っている」シーンは流石に原作やアニメほどのインパクトはないですが、主人公達のコミカルな日常シーンとゾンビが襲って来たり戦うシーンは割と真摯に作ってあるのでゆるふわ日常系とゾンビホラーが合わさった原作の世界観を上手く表現してるんじゃないでしょうか。主人公達もビジュアルはそこまで原作に寄せてないけど見てるうちに「ゆきやくるみ、りーさんやみーくんが動いてしゃべってる」と感じさせてくれるのは良かったですね。みーくんもアニメよりも原作の加わった当初のとげとげしい感じがでてたとおもいます。りーさんのしっかり者のリーダーに見えて精神的にもろい所のある感じもちゃんと出てましたね。後、おのののか演じるめぐ姉も保険医になってましたが、最後に明らかになる行動などしっかりめぐ姉だったと思います。めぐ姉関連のサプライズは原作でもそうですけど映画でもわかりやすいんですぐ気づいた人多いんじゃないですかね。
アニメファンは太郎丸出番ないのは不満かもしれませんが、元々原作でも回想で登場するチョイ役だったので問題ないかな。原作ではゆきが主役ですが、映画ではくるみが主役になっています。だからか原作では本当にチョイ役だった先輩が結構フューチャーされてますね。みーくんが合流するのもショッピングモールから校舎の別棟に変更されてますね。
演技未経験だから仕方ないですけど、ラストアイドルの演技はアレですが、順撮りで撮ってるから後半になるにつれてちょっとづつましになっていった感じはします。主役の阿部菜々実はすらりと伸びた手足がスコップアクションで映えてたと思います。ゆき役の長月翠も結構ハマってたと思います。
ゾンビのクオリティも悪くないと思いますが、ゾンビ物としては物足りない所があるのはゴア描写が全くないからでしょうね。でもこれはアイドル映画なので仕方ないと諦めるしかないでしょう。終盤で学校に突入してきて封鎖された教室の扉倒してあふれ出して迫ってくるゾンビ達に主人公達が追いつめられる絶望感は中々の物です。やっぱりゾンビは物量で攻めてこそだなぁ。
ロメロが「ゾンビ」で描いた「滅んだ世界で自分達で築き上げた有限の楽園を謳歌する」というテーマと「その楽園に唐突に終りが来る」シュチエーションをショッピングモールから学校に置き換えてしっかり描いて居りゾンビ映画ファンとしてはそこも嬉しいですね。やっぱこういう世界が滅んだ後の世界で自分達で楽園作って楽しむというシュチエーションは楽しいし好きですね。
崩壊した楽園から「進学」として次の場所へ向かって「卒業」するラストもさわやかな後味を残してくれて良いですね。
アイドル主演の青春ゾンビ映画としては中々の完成度の作品ではないでしょうか。
アニメ版を見た流れで視聴。
大体の設定は同じで、まとまった感じはありました。
グロさが少ないB級ゾンビ映画として見ると良いと思います🤔
どらみ

どらみの感想・評価

2.4
公開前から酷評されてはいたけれど、原作を上手いことまとめたとは思う。
ラストアイドルの子たちがまだまだうぶで、おのののかの演技が上手く見えた。
鶴

鶴の感想・評価

2.5
B級ゾンビ映画としてはなかなかの出来だと思うが、漫画原作の実写版と考えるとあまり…。話の時間軸がよくわからないし、もう一回見たいとは思わないかなぁ。
>|