ルームロンダリングの作品情報・感想・評価

ルームロンダリング2018年製作の映画)

上映日:2018年07月07日

製作国:

上映時間:109分

あらすじ

5歳で父親と死別し、その翌年には母親が失踪してしまった八雲御子(池田エライザ)。その後は祖母に引き取られたが、18歳になると祖母も亡くなり天涯孤独に。度重なる不幸で自分の殻に閉じこもってしまった御子のところへ、母親の弟である雷土悟郎(オダギリジョー)が現れ、住む場所とアルバイトを用意してくれることに。しかし、そのアルバイトとは、訳アリ物件に自分が住むことによって“物件を浄化する“というルームロン…

5歳で父親と死別し、その翌年には母親が失踪してしまった八雲御子(池田エライザ)。その後は祖母に引き取られたが、18歳になると祖母も亡くなり天涯孤独に。度重なる不幸で自分の殻に閉じこもってしまった御子のところへ、母親の弟である雷土悟郎(オダギリジョー)が現れ、住む場所とアルバイトを用意してくれることに。しかし、そのアルバイトとは、訳アリ物件に自分が住むことによって“物件を浄化する“というルームロンダリングだった。ルームロンダリングを始めて以来、幽霊が見えるようになった御子。幽霊と奇妙な共同生活を送る中、御子は失踪した母親との再会を果たすが…。見終わった誰もが暖かな気持ちになるステキな物語。

「ルームロンダリング」に投稿された感想・評価

酒とタバコと優しい死

事故物件に入居して、部屋をクリーンな空き部屋にするルームロンダリングを生業とする少女の話。その少女が実は霊感がありまくりというところから、話が転がっていくのだが。。。

ホラーのように思われるかもしれないが、内実はハートフルコメディー。なかでも、登場する幽霊達のイキイキさ(監督のインタビューでもあったが)が本当に愛らしく、その存在に親近感さえ湧いてくる。中でも「死んでいる」という表現が切実に現れた酒とタバコのシーンはお気に入りだった。

また脚本のユニークさもさることながら、柔らかく温かみのある映像とクラシカルなラグタイムの音色に何時間でも観ていたくなるような居心地の良い映画だった。
私はすごく好きな映画だった。
飛行機つかまえたり、部屋のカーテンが可愛かったり、ゆるゆる感がたまらない。

ミコはひとりぼっちって思ってたみたいだけど、ちゃんと愛されてるんだよな。幽霊にだって。

幽霊の蟹ぼうやはこれからもミコに会ってくれるのかな?それとも安心して天国へ行くのかな?後者だとすると、少し寂しい気もするけど、自分に都合よく解釈しておこう(笑)

最後にオダジョーは安定のオシャレおじさんだった。素敵。パンク野郎もコスプレお姉さんも好きだよ。
Izumi

Izumiの感想・評価

3.5
序盤の雰囲気と音楽が良かった。
きみひこが良い人で可愛くて好き。
後日譚が長い
テープの流すタイミングと上手いこと合わせて欲しかった


話として独白合戦になってしまうのは必然なのですが、延々と心情吐露を続ける映画としては中々面白かったです
にしても口しなくていいセリフ多いですけど

自信とか勇気とか、生きてるうちに振り絞ってみようぜっていう
死んでから後悔はしないようにしようぜっていう
いい話でした
死んだら後悔できんのかって話ですけど

カニの服着たガキは最初こそ鬱陶しかったのですが、キャラクターの造り込みが凄くいいので結構好きでした
掘り下げる甲斐がありそうなキャラクターだと思いました


個々の部屋のエピソード(とは言っても二つぐらい)に直接的な繋がりを感じにくいので、一応絡みはするんですけど、なんとなく次に行った感は否めない

顔だけ写したカットを反復するようなシーンが、よりによってクライマックスの大事な場面で使われるので、テレビドラマ感のような一種の安っぽさは、ある
でもその安っぽさも悪くないかな
芸人出してるし観やすさはある


話が評価されて映画化されたことには、それなりには納得ですが、もうちょっとだけ重さを感じる作品にしてもよかったとは思います
ディテールに拘りが強く見えて、映像作品として面白く仕上がっている部分もあるので、満足しました
りー

りーの感想・評価

4.0
ワクワクしたし、なんといってもエライザちゃんが可愛い。
後悔ないように生きないといけない!
デミ夫

デミ夫の感想・評価

3.8
死んじゃなんにもならないけど、記録は残る。池田エライザ可愛い
レオン

レオンの感想・評価

3.9
書き出しが秀逸。田口トモロヲの語りの演劇性、語り部として非常に良いと思ったんだけど本編に絡んで来てしまって残念。方向性が違う幽霊と共に複合ジャンル映画でありながら音楽とファッションの色彩が映画全体に統一をもたらしてバランスは良い。演者のレベルのばらつきと本のキレが中盤落ちることで中弛みは激しいけれど総じてみれば良い映画。池田エライザもおっぱいぷるんぷるんだけじゃなくて魅せる俳優だ。
新宿武蔵野館
カメラを止めるな、を観ようと30分前に行ったが満席、仕方がなくのルームロンダリング!
訳あり物件(事故物件)のアパートに住ませ、クリーンな状態にして次の借り主に引き渡すルームロンダリング。
そんな言葉や仕事って本当にあるのか?
映画の世界なのか?
分からないけど、そういう所には住みたくない!

作品は、亡霊?が出てきても怖くないし、緩~い流れです。
見終わった後は、何だかホッとしました。
アメブロを更新しました。 『「ルームロンダリング」ストーリーが良く出来ていて、霊に逢えるものイイかもって思ってしまいました。』 https://t.co/ElCloiuOf3
>|