ルームロンダリングの作品情報・感想・評価・動画配信

ルームロンダリング2018年製作の映画)

上映日:2018年07月07日

製作国:

上映時間:109分

ジャンル:

3.5

あらすじ

『ルームロンダリング』に投稿された感想・評価

ゆるくまったりした雰囲気の映画です。
家でゆったりしながらみるのがいいかもです。
奥

奥の感想・評価

3.5
「口から落とした爪楊枝は自分で拾って持って帰ってください」

亡くなった人の声を聞くこと。

地味だけど笑えるし、幽霊はいいヤツだし、なんか地味なんだけど、感動しました。

ほっこり。

心を許せる人がおらず、他人と上手く関わることが出来ない御子が、「ルームロンダリング」という不思議な仕事を通して出逢う、どこか憎めない不思議な幽霊達。

彼らを前にして、始めはただただ無難に過ごそうとしているだけだった御子が、彼らの未練に触れるうちに、次第に少しずつ自分から心を開いて変わろうとしていく姿は、どこか切なくも心が温かくなります。
えな

えなの感想・評価

3.5
可も不可もなくといった感じだけどたぶん10時間くらい余裕で観られる。
映像のかわいさとパンク男の良さ。
御子が読んでる児童文学がなつかしいのあったり読んだことないのは読んでみようかと思ったり面白かった。
あーこのひとがエライザさんか〜
なかなか顔を覚えられないけど、声すてき

このレビューはネタバレを含みます

もっとミステリーな感じかと思ったらコメディやった(笑)

オダギリジョーがとにかくカッコいいね。うん。
幽霊が見える家系。
最後お母さんと会えたのは良かったのかな?
sato

satoの感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

ホラー要素なく、軽い気持ちで観れる
この人なんだっけ…2択刑事の人!ってみんななってる気がする
神樂

神樂の感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

池田エライザちゃんが可愛い。絵うんま笑 あれは違うイラストレーターが描いたんだろうけど、御子ちゃんアーティストになれる。
オダギリジョーイケメン…。芝居もクールでかっこよくて心地いい。叔父さんのヤクザ的立ち位置も作品の中でいいアクセントになってる。

幽霊が見える女の子が事故物件の浄化のために最初の住人になる。父が事故死に母が失踪、祖母が死に、叔父に引き取られるという不運続きの人生に孤独を抱える御子ちゃん。叔父さんは自分の商売のために若干御子を利用してる感もあるけど、唯一の家族でもある御子には優しいし甘い。良い…。
誰も必要としてくれないし自分には何もできないとネガティブな性格だったが、住んだ家の幽霊たちと関わるうちに少しずつ気持ちに変化が。新居の隣人の青年にも心を開き始める。楽しく過ごせそうになってきたところで、再び引っ越すことになり、再び気持ちがダウン。けれど最後だから、自分にしかできないこと(幽霊の未練を晴らしてやること)をやり遂げる。御子は引っ込み思案でネガティブだった自分から少しだけ殻を破り外へ出始めた。これからもっといろんな扉を開いていくだろう。
未来が明るいエンドでした。

画面の色がカラフルで見てて楽しかったし可愛かった。エライザちゃんのホワホワした雰囲気も部屋の雰囲気にマッチしてた。
特に派手な展開もなく激しいアップダウンもないストーリーだったけど、ちょっと疲れた時に見ると元気になる、良き映画でした。

これのエンタメ要素は御子ちゃんが幽霊と話せるという特殊能力。幽霊たちがユニークなキャラ(売れないロッカー、視察されたコスプレイヤー、カニの被り物を被った全身タイツの少年、20年間地面に這いつくばってミニカー探してるおじさんなどなど)、叔父さんがアウトロー系の仕事の人。
なつこ

なつこの感想・評価

3.6
アトムの童のオダジョがホントムカつくので(笑)悪者じゃないオダジョがみたくなってこちらを。

オダジョのあの見た目と情の深いおじさんというコントラスト最高ですね。
エライザちゃんとオダジョってだけで眼福ですが✨
あのあひるのランプ可愛いなぁ、欲しいなぁ♡

伊藤健太郎くんも含め、キャストみんな良かったんですけど、なんと言っても渋川さんがめちゃくちゃ良かった!
しかも渋川さん演じる公比古の曲、浜崎くんが作ってたのね!エンドクレジットみてびっくりした!(FLYING KIDS世代笑)

タイミング的に、母親の残した思い出という意味で、アヒルのランプがすずめの椅子と重なって見えてしまった(混ぜてはダメですねw)

さて、今日も感じ悪いオダジョ観ますか(笑)
何だか好きなんだが。
荷物のセンスとか流れる音楽とか。
ポップだけど落ち着いてる感、好き。
ゆるく見られる幽霊コメディ

エライザの闇ある演技が好き


とりあえずはぐむがかわいい
ライトに観れるコメディ。爆笑もなければ、ほっこりすることもないけど、嫌いじゃない感じ。
>|

あなたにおすすめの記事